読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

ガックリして寝てたんですけど、ピンポーンて鳴って彼が会いにきたのでドアを開けて、部屋の中に入れて話し合ったんですけど、お互いの誤解の部分を全部解決できたので、一緒にいることになりました。「お前の過去は大したものだよ、不幸だよと俺が言ったら言ったでそれもどうかとおもうよ」みたいな感じでホントのところを多少冗談も交えつつ一つ一つ話し合って解決していったので、今は元通りというか、むしろ以前よりもまた一歩前進といった感じです。心の中の暗雲が晴れてゆく気持ちでした。私の生活や性格が不安定なところを放っておけないし、このままだとお前は駄目になるから、俺に任せてくれと言ってくれました。こんな借金のあるおばさんに、なんでそこまで真摯に向き合ってくれるのかよくわからなくて、私なんか魅力ないのにどうしてなのかと何度も聞いたけど、自信を持てない私に彼は、大丈夫だと言ってくれました。なので、たとえば彼の真面目な今の頑張る姿や、私に向けてくれる笑顔を信用してみたいと思いました。私はどうしても彼と離れる答えを出せませんでした。何故か、離れてはいけない人だと思えたからです。

殺人未遂の前科者の彼に向かって「子連れの主婦を殺してやりたい」と言った結果

メシも食わず、煙草を消費しながら考え続けていたので、地味に極限状態です。悩みを聞いてください。

彼は元極道の今はカタギで、殺人未遂の前科がある。それ以外の罪もあるようだけど、性犯罪は犯していない。

付き合い始めて間もなく聞かされたが、付き合っている段階では特に問題ないと思っていた。

私が許せないのは性犯罪だけであり、他はどうでもいい。

性犯罪を除く、殺しも含めたあらゆる犯罪歴は、私にとって怒りを感じるポイントではなく、むしろそうした異常性があった(今も……?) ということに、興味を持ってしまう。そうした人と一緒にいることは、スリルと常に隣り合わせで本当に気が休まることがないので、自分が元気な間は、関係に飽きることがない……

だから元犯罪者にも嫁がいたり子が出来たりするのだろう……そうした元犯罪者をあえて選ぶのは、自分の中に潜む内なる狂気・異常性を認めているからで、呼応しあう喜びと、犯罪を犯したいのに実行できなかった自分の願望を叶えてくれる救世主のように思えてしまう。

「俺でいいのか」

「後悔しないか」

「もう一度よく考えてみてくれ」

今まで何度もそう繰り返されてきた。昨日も、その意味を考えて過ごした。

前述もしたが、彼の犯罪歴に魅力を感じた。どうしようもなく、その部分に……

人を傷付けるのは間違っている、だけど人を好きになるのに善悪など関係ない、その影響がこの身に直接及ばない限りは……

罪を犯した手が、この肌に触れるたび、いままでにない興奮を得た。

この人なら大丈夫だろうと思い、借金や風俗歴についてを話した。「なんでそんな話をした?」「今後はそのことは言わなくていい、お前が辛くなるだけだから」「生活のことなら俺がなんとかしてやるから、お前は安心して暮らせばいい」と言いながら、貯金を切り崩しながら、たくさん美味しいものを食べさせてくれた。

今までの男にない色気があった。

一緒にいたくて、だから、大丈夫か?と問われても「大丈夫、気にしない」って伝えてきた。

だけど彼は、それを毎日確認する必要があるようだった……

「俺が物珍しい、興味本位なだけじゃないのか」「後悔しないかもう一度よく考えてみてくれ」「俺なんかよりもっといい男が将来現れるだろう、その時は俺など忘れてその男のところへ行けばいい」

楽しく過ごしていても、あえて突き放すような言動をとることが多い。……いい加減に、遊ぶだけなら、そんなこといちいち聞いてこない。お前の将来を考えている、という気持ちが伝わってきた。

だから、毎日会わないと彼はいなくなってしまうと気持ちが焦っていた。

私の父に、恋人が出来たことを話すと、「お前、ヤクザだけはやめておけよ」と言ってきたので、まだ彼がそうだと話していないのに、空気で感じ取っていたらしい。

過去の犯罪歴のことは、親への説得も含めて、後でどうにか嘘を吐いてでも誤魔化すつもりだった。

普段の彼はいたってマトモで、常識のある部分も多くて、礼儀作法については逆に学ぶことも多かった。どこもおかしくない、いや、おかしいのはむしろ私のほうだと思える。

なるほど……

過去に犯罪を犯した人間でも、誰かを幸せにすることはできるのかもしれないな……

何故ならば、彼らにとっては、犯罪は過去のものとなり、おそらく未来ではないのだろうから。

自分が思うよりもはるかに身近に、元極道の人間や、犯罪歴のある人間は潜んでいて、本人らがカミングアウトしない限りは、薄々「この人そうじゃないかな」と思っていても口に出すことはないので、ほんとのところはわからないままで終わる。

……。

長くなりましたが、とうとう一昨日は、もう別れるんじゃないかと思うような重い空気が漂っていたので……それで私は、不安定になり、頭がおかしくなっていた。どうせ終わるのならすべて出してしまおう。

あとは前記事の通りで、幼児期に受けた性的虐待についてを話す時は声が震えた。そうした過去があるから元夫とも上手くいかなくて子供がいないのだということを伝えた上で、私が放った言葉が、彼の逆鱗に触れました。

「だから本当は子連れの主婦を殺してやりたいと思っているんだよ……」

その時、二人でソファに座っていたのですが、幼児虐待や元夫の話は黙って無表情で聞いていた彼がスッと立ち上がり、窓の近くに移動すると、今まで見たことのない笑みを浮かべながら、「お前ナメとんのか」という言葉を絨毯の上に吐き捨てました。

「人を殺したい?」

「……それを言う相手を間違ったな」

いや、私は、殺したわけではなく、殺したいという願望を言っただけで、それもあなたを殺したいと言ったわけではない。

その後は、実際に人を殺しかけた人間に、人を殺すとか簡単に言うなという類の説教を受けるという奇妙な構図になっていた。「本当に人を殺す時はそんなもんじゃない」とか言われたけど、いや、私は実際に計画的に誰かを殺そうとしたことなど一度もなくて、誰でも生きていれば思うだろう狂気の部分を「殺してやりたいと思っている」という一言で表現してみただけなのですが……

嗚呼、ネットの影響ですね……誰もが簡単に「殺す」という言葉を使う昨今では、「殺す」という言葉の意味も随分軽くなりました。

「殺す?」

彼は、「殺す」の一点に拘っているようだった。普段とは明らかに違う声音を使い、三白眼でこちらを睨んでくるし、あきらかにそれは脅迫の態度だったので、思い出してみれば、今まで聞いてきた彼の話はすべて、私に対する脅迫だったのではないかとすら思えてきた。

その時の彼の姿は、風俗時代に私を脅迫してきた店長と寸分違わず、極道の息のかかった人間はどれも同じだ。最後には私の幼児期の性的虐待を加えられた話も「そんなのいくらでもいる、俺はお前よりもっとひどいことされたやつを見てきた」「そんなの大したことない」と、私の過去を一蹴しながら、後は持論を述べるだけだった。

悪いことをして罪を背負って生きる人間のほうが大変であり、悪いことをされて今も苦しんで生きる人間はそれ以下だと思っているんだろうか……それは違うと思うんだけど……多分、元極道とは話は通じないので、余計なことは言わないようにした。

私が受けた虐待の重さが、あなたにわかるはずがないのに何故他人とわざわざ比べようとするのか、と言い返したかったが、私は怒りを堪えて、ここで死ぬわけにはいかないので、情けないが、相手に合わせるしかないと思い、耐えることにした。思えばいつもそんなだ。私は何も悪くないのに、悪いことばかりして生きてるやつらの持論を聞かされて終わる。ここで戦えばいいのか?死ぬかもしれないのに?冗談じゃない……

何故なら、生きることのかけがえのなさを知る、被害者だからこそ、今はたとえ負けたとしても戦う必要はない。

加害者である彼の重い過去の前では、被害者である私の長年の苦労など、とるに足らないということか……

加害者の罪が、被害者の苦しみを、推し量ろうとしている奇妙な状況を作られたことで、私の中で、これは戦う意味もないし、命をかける価値もないと切り捨て、後は彼の話に合わせて、なんとかその場を上手に切り抜けることにした。

今思えば、犯罪歴のある人と一緒になるのは最大の親不孝だ。私の親は真面目に生きてきたのに、犯罪歴のある人が家族にいて、しかも元極道で、いつ殺されるのかと怯えながら生きなくてはならなくなる……

悪い人間ほど魅力的で、いい人間は悪くなれないから、悪との接点を心の奥では求めている。困った時に自分を守ってくれる後ろ盾が欲しい。だけどそれは諸刃の剣で、仲良くしている間は確かに心強い味方でいてくれるかもしれないが、たった一言で敵になってこちらに向かってくるような人たちなのだから、やはりフツーの人と繋がりを持つようにしたほうがいいな。

昨日は齊藤さんとnikoさんが心配して声かけてくれました。

特にたんぽぽさんにはたくさん相談乗ってもらいました。たんぽぽさんは子供の頃に性犯罪の被害に遭われている方で、私の話を親身に聞いてくれました。

以下は、彼が元犯罪者であることを話す前にいただいた言葉なのですが(載せる許可は事前に得ています)、子供の頃に受けた性被害の話は、大事な人には今後はしないほうがよいだろうなと、改めて思いました。

f:id:kuroihikari:20170406084416j:plain

f:id:kuroihikari:20170406084417j:plain

f:id:kuroihikari:20170406084418j:plain

f:id:kuroihikari:20170406084420j:plain

f:id:kuroihikari:20170406084421j:plain

こうした言葉の数々をいただくことで、心が救われました。彼についても以下の一言で、私にはその覚悟がないと思ったので、彼にこれ以上金銭的な支援をしてもらう前に離れることにします。

f:id:kuroihikari:20170406084419j:plain

多分いままで私のために食費含めて短期間で20万~30万は使ってくれてると思うので、生活を助けてくれて感謝しているのですが……それが大事な人であるからこそ人間て、たった一言で終わるんです。失敗した後に、嘘の笑顔と言葉で取り繕う日々に意味はないです。その一言を喰らった時に感じた怒りと絶望が根源にある限り。

過去を否定されたので彼と別れるかどうか悩んでいます

心が弱っているので文章滅茶苦茶ですが、聞いてください。今付き合っている彼氏が、過去の話を聞かせてくるので、付き合うからには、自分だけの過去を語り聞かせるのではなくて、当然相手の過去についても知っていなければおかしいと思うのです。だから私もそれなりに大変な思いをしながらここまで生きてきたことを伝えようと思いました。

昨日、彼に、私が幼児期から小学校低学年の間ずっと、従兄弟に監禁されて性的虐待を加えられていたことを話しました。

その直後の彼の反応は、「で、何がいいたいの?」ってだけで、そのさらに後には「そんなのいくらでもいる」「自分だけが不幸だと思ってるのか」「お前ナメとんのか」など、かなり傷付く言葉の数々を投げつけられました。

すぐに服を身に着けて荷物をまとめ始めていたので、部屋を出て行くんだなと思いました。

結局、彼は戻ってきてくれましたけど、でも私の人生を否定されたような気持ちは消えることはなく、もう無理かなと思っています。

さらに、「お前、相手を間違えていたら殺されていたぞ」とも言われました。

私は今まで生きてきた中で、誰にも暴力をふるったこともなければ、金を奪ったこともありません。人には優しくしてきましたし、自分が傷付けられても仕返しなどはしていません。

傷付けられるだけの人生で、その苦しみがあったという事実を、たった一度語るだけで、逆切れされて、さらに傷付けられて新たな傷が増えるくらいなら、もう誰とも一緒にいないほうがよいとすら思いました。

私は彼の過去をすべて受け入れました。ですが彼はそうではないのです。何度も「そんなのいくらでもいる」と言いましたし、私の幼児期の性的虐待の体験を「そんなの大したことない」と言いました。もう無理です……自分のすべてが否定されたような悲しみで、今まで彼には良くしてもらいましたし、たくさんお金を使っていただいたことには感謝もしているのですが、自分の過去を否定するような人と一緒にいるわけにはいかないのです……過去は過去ではありません、その人を構成する大切な部分だからこそ絶対に否定してはならないのです。昨日は眠る彼を包丁で刺して、自分も死のうかとすら思ってました。誰も信じられない、ただ一人信じられるのは、過去から今まで傍で見守っていてくれた自分の分身が、この体の中から囁きかけてくる声だけです。

人が人を糾弾したい時、弱者を用いたがるのは何故か

テロや事件で誰かが負傷したり死亡するとすぐに「罪もない子供たちが」のような報道を行い(たとえば子供が負傷した写真を一面に使用したり……) 同情を得ようとするために大人たちが子供を利用しているのに、汚さを感じる。

人が人を糾弾したい時、自分のことは持ち出さずに、すぐに、誰の目にも明らかな、都合のいい弱者(子供など) の存在を持って、正義を語りたがる傾向を見聞きするたびに、綺麗事だなと思う。

罪もない大人たちが……とは言わないので、大人は罪もないとは言い切れないってことか。生き続ける中で大人はどこかの地点で薄汚れているという自覚を持つ者ほど、自分にとって都合よく扱える弱者(子供など) をすぐに盾に取ろうとする。だけど、大人になっても、人間として超えてはならない一線を越えずに生きる人々の存在があるってことを忘れないでほしいし、薄汚れた大人と、そうではない大人を混同して欲しくない。

子供ってまだわけもわからず生きてるだけじゃないですか。

自分のことを振り返ってみても、幼稚園に通うまでの記憶なんてほとんどないですよ。

だから色んなことを経験してきて、人生の蓄積がある大人たちが、負傷したり死亡することを軽視しないでほしい(いや、軽視してないんだろうけど、子供ばかりにスポットを当てる海外のニュースが多いので)。

たとえばテロや事件が起こって現地で大人と子供が倒れている場合、子供のほうを優先するんですか?

人間は、ただ生まれただけで価値があるとか尊いというわけではないと思うんですよ。長く生きてく中で、どれだけ他人に優しくできたか、他人を傷つけずに人間らしく生きられたかのほうが尊いと思うのです。

この世に生まれて、どのあたりから、自我が芽生え、本当の意味で世界を認識するようになっていたのか。
世界を認識するようになってからが、本当の意味での人生のスタートかもしれない。アルバムの写真の中で、いくら笑っていても、泣いていても、まったく身に覚えのないことについては、ただ、なんとなく、この世界に身を置いていた、というだけで、生きていると呼ぶには、頼りない。

この世に生まれ落ちて、私の記憶が、どこから始まったのかはわからない。
幸い私は、親にはまあまあ大事に育てられたので、アルバムの中には何ページにも渡って、幼い頃の写真が沢山納まっています。ですが、覚えていないのです。

写真の中にいる、お前は誰だ…
まったく身に覚えがないのに、それは私だってことになっているらしい…
写真の中から、今の自分に何か大切なことを伝えるためのメッセンジャーのように思える。その口が動くことはないけれど…

貴方は、何歳くらいから自分の行動や、誰かから与えられた影響を感じ取れるようになりましたか。

おそらくそれを自覚できてからこそが、人生の始まりだと思うのです。

自分の子供が同じ目にあってみなければお前らにはわかんねーだろ

苦しみを加えられた人間が、必ずしも他者に危害を加えたり暴力をふるうわけではなく、過去にどんな被害を受けていたとしても、暴力行為に実際に及ぶ者は、所詮それだけの人間だったということだと思う。つまり我儘。

精神病を理由に事件を起こす人間も、それもただの我儘。

つまるところ、戦争以外で、他人に暴力を加えたり危害を加える人間は、その人生に如何なる理由があるとしても、単に我儘な人間なだけ。

だからわざわざ法律で裁く必要もない。

私は、しょっちゅう、人を殺してみたいと思いながら生きているけど、実際にやることはない。せいぜい妄想の中で楽しむくらいだ(人を殺してみたかったとか言いながら本当に殺したカスとは違う)。
小学生のリンちゃんが裸死体で見つかった事件を知ってからは……本当のことを言うと、小さな子供たちがのうのうと、何の危害も加えられずに歩いてる姿や笑顔が許せなくなった。

なんでリンちゃんは(おそらく)犯されて、それだけに飽き足らず殺されて、さらに裸で不特定多数の頭の中でさらし者にされなきゃならないのか。不平等だ。日本国内のすべての女の子が同じ目にあえばいいのにと思ってしまう。

リンちゃんと同じくらいの女の子たちが太陽の下のうのうと笑顔でいるのは許せない……と思うことが多いんだ実は。自分は殺されたわけではないのに、記憶や悪夢にもし続きがあるとしたら、という仮定が現実味を帯びて怒りの感情で腹の中が煮えたぎってることが多い。

過去に起きていた子供が殺される事件の中でも、特に今回の事件が一番、自分の中の怒りを燃え滾らせている。

自分の子供が何の危害も他者に加えられることなくのうのうと生きていられるような親たちなんて大したことない。みんな同じになればいいんだ。本当はそう思っている。

やけに輝いて見える子供たちの煌めきが、けして穢してはならない光だからこそ、何故、この怒りの感情を表に出すことが許されず、抑え込まなければならないのかの不条理の中で窒息死してしまいそうな時がある。

見なければいい。子供たちを見なければいい、だけどやつらは許可なく私の目に飛び込んできやがる。

対象をあえて子供に的を絞って、殺したいと具体的に思うのは、自分が子供との接点をまるで持たずに生きているからであって、もしも、子供たちが私にいつも笑顔を向けてくれたなら少しは違ってくるかもしれない。だけど、どの子供も、ママ、パパ繰り返すだけで、私が近くにいてもまるで異物を見るような目で見やがる……

子供を可愛いと思わない大人なんていない、だなんて幻想抱いてんじゃねえよ……地獄見せてやろうか。

それに、一番の苦しみを背負うのは、危害を加えられた子供であって、親ではない。

子供が殺されるようなニュースを観て、何も出来ない不特定多数の大人たちなんて存在価値すらないんだよ。だから世間は、無能の集まりで、結局、何の罪もないのにいたぶられたり殺されたりする子供たちを救うことなんて絶対にできやしないし、今後もこういった事件は永遠になくならないし、だからそれならば、いっそのこと、皆で悲しみを共有すればどうかと思うことが多いんだよ。そうだよ、すべての子持ちの親たちの子供が、同じように他者に暴行受けて、同じ気持ちを味わってみればいいと思うし、子供たちだってそうだよ。

のうのうと生きてんじゃねえよ、もっと苦しめよ。リンちゃんと同じ目にあってみればいいんだよ、そうしないとおめーらにはわかんねーだろ。

まつげエクステで自分に少し自信が持てるようになった

まつげエクステ(マツエク) をしてから、すぐに彼氏が出来ました。だけどマツエクしたから男運が急に上がるってわけじゃなくて、もともと気になっていた女性がある日マツエクをして綺麗になったのを見たときに、心を掴むことが出来るのだと思います……

50歳以上の人でもマツエクしてる人を見た。男の人でもしてる人いるらしい……

初めて施術をした直後は特にカールが効いてるので、、やりすぎたなあ……恥ずかしいと思って、今すぐ取り除いて元通りになりたいって思ったけど、数時間経って落ち着いてくると、けしてやりすぎではなかった(ちなみに施術後、数時間は顔を洗えない)。地味な自分が当たり前になっていたので、急に水商売みたいに目だけ派手になったのが恥ずかしいと感じただけでしたが、新しく男を捕まえるためには、それなりのサインを出していないと、まず声かけられることもないですから……性格が内向的な女なら尚更、見た目でサインを出さないと、この子、男に興味ないのかなー?と思われたまま、あったかもしれないチャンスも逃してしまうかもしれないし……(ブッサイクやなこいつ、と思うような女でも男がいるのは、それは積極的だからじゃないですか……)

今は、マツエクしてない自分は受け入れられないほどに気に入っているし、彼にも好評です。一緒にお風呂に入っても、まつげがちゃんとあるので、間近で見つめられても平気ですし……

一か月くらいは、クレンジングオイルで顔を洗ってもほとんどとれませんでした。ゴシゴシこすらずに、優しく撫でるように洗います(シャワーは直接あてないほうがいい) 私はいつも横向きで寝ますが、とれません。激しいセックスでもとれません。後ろから突かれながら枕に顔こすりつけていてもとれません。そんな感じですが、ちょうど一か月経つくらいに、ほんの少しずつ抜け落ちていたけど、いきなりたくさん抜けるわけじゃないので、一か月くらいでメンテナンスに行けば、前回付けたマツエクの使える部分は残して、そろそろとれそうな部分は付け替えてくれてるので、マツエクのメンテに欠かさず通う限り、もう、まつげのない顔を見なくていいんです……さらに下まつげも付けることができるようです。

私の行っている店では、メイクは、アイメイク以外はしたままで施術してもらえました。施術中はとても静かなので、終わるまでの間は寝てます。一回目やってみて、長持ちしなければやめるつもりでしたが、一か月経ってもほとんど残っていたし、目に異常も出てませんので、毎日マスカラ塗る手間を考えれば、数千円で一か月ラクを出来るので安いです。

今はネイルが気になってる。彼氏に、どんな色が好き?って好きな色を聞いたので、それを買ってきた。今夜は爪のお手入れです。

これからはリアルの自分に興味を持って、見た目を改善してゆこうと思います。彼に、綺麗だねって言われる自分でいたいから……