heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

女を本気で誘うならまず名刺をくれるだろう

この間、会社で一本だけ吸うつもりで休憩していると、たまに挨拶するだけのおじさんがふらふら近付いてきて、今度、二人で会いませんか?と誘われることがあった。

なにも魅力を感じない男性に誘われる時は、断り方も難しくなる。そのことがあった後も、会う度に話しかけてきて、もう二人で会うのは確定のような勘違いをしてしまっているのか、困った……と思っていると、人の目に付かない場所で急に手を握りしめられていた。

こちらが仕事を円滑にするために愛想良くしてたら、この人もしかして自分のこと好きなのかなとか都合よく思ってその思考のまんま相手に伝えてしまう人って危ないな……

気になる人に気持ちを伝える時は慎重にやらないと、もともとどうでもいいというかさして興味もないだけの存在だった自分が、猛烈に嫌われてしまう可能性が高い。へんに付きまとったり、無駄に声をかけて嫌われるくらいなら、勘違いをしたままで毎日それで楽しく仕事していたほうがいい。相手にとっては空気と同等の存在でいたほうがまだいい。誰しも内情を覗いてみれば、面倒な問題の一つや二つある。その人の背負う人生と、面倒なことに一切立ち入る覚悟がないのなら、迂闊に声をかけてはいけない。そんな軽い存在などこの地球上に誰一人として存在しないのに、楽しいことばかり考えているようなくだらないやつは、いざ相手の込み入った話を聞いた途端逃げ出す。

気になっているのが会社の人であるなら、声をかける前に、その人が今忙しい状態にあるのか、あと一体何時間会社にいるのか、様子をよく観察してからにしたい。貴重な休憩を奪えば、その後の仕事にも支障を与えてしまう。ただそこに休憩しているからって、気安く話しかけていいってもんでもない。特に煙草など吸っていると勘違いされやすい。暇そうに見えたとしても基本、無駄なおしゃべりをしている時間ではないケースがほとんどで、その一本を吸うためにわざわざ仕事を抜け出してきているだけかもしれないのだ(私もそうだ)。一服の休憩中、一言二言以上に会話をしてもいいと思える人は実際そんなにいない。挨拶程度ならするけど。

あーほんと勘違いは怖い。会社の中に、嗚呼いいなと思う男性なら何人かいるけど、妄想の中だけに生きていたほうが幸せな場合もある。如何にも孤独だろうとしか思えないような時間帯に働いていたとしても、たとえ自分に微笑みかけてくれたとしても、そんな人には最低条件として彼氏や彼女くらいはいるだろう。そこをブチ破って自分の方向に気を向かせるのはハードルが高いように思う。実際、今私が二股をしてしまっている状態の中にいる会社の男性は、いきなり私を誘ってきたわけではなく、それ以前に互いを思い遣る小さな努力を重ねてきたからで、その人は、まだ二人だけで会う以前の私の言動一つ一つを驚くほどよく記憶していた。好きでないと、自分達の貴重な休日を割いてまで会おうとは思わない。

声をかけてきた人が、いい人なのか悪い人なのか、そんなことどうでもよいが、まず、男ならば名刺も渡して自分のステイタスをきちんと示してから誘うのが信用だと思う。私の大本命な会社の素敵な男性は、名刺の裏に電話番号書いてズバーンと渡してきてから誘い出してきたし、肩書もきちんとしていて信用のおける方だった。元夫も付き合う前に確か名刺をズバーンと渡してきてそれを見るだけで嗚呼仕事の出来る人だなとわかったので、そういうことが出来ないで女を誘う男は信用出来ない。

二股をしていると結局自分が幸せになれないのでどちらかに決めようと思っている。

二股すると相当大変だということがわかった……

会社の男性とラブホ行った後で、遅刻しそうになりながら彼氏と会ってひたすら謝る……みたいなのが続くと、両方の信用を失ってゆきそうで。

いい感じで過ごしているのに、時計を見ながら、あー彼氏が待ってるのでそろそろ帰りますか?とはなかなか切り出せない。答えは簡単で、帰るか、帰らないかで自分がどちらを好きなのかを伝えることは出来る。その様子をきっと観察されている……だって、帰る時間いつもギリギリだよ。

悩み聞いてもらえるかな?

こないだのは実話だよ。会社で好きになった男性とセックスをしたので毎日そのことで頭がいっぱいになって、胸が詰まるような想いで、でも話せる女友達がいないから自分のブログに書いたんだよ。

ネットに興味ない彼氏がこんな辺境のブログに気付くわけはないけど、見つかるのが怖くなったのでフィクションってことにしただけで……

既にこれまで二回セックスした。生まれて初めて、男性に対して本気で恋をした。

そうしたことをしている最中に、汗まみれの背中にそっと触れると、どうしてこの人を、自分の都合のいいように、心も体も独り占め出来ないのだろう……と痛みも感じた。

キスをしていると軟体動物になったようにとろけそうで、そんな柔らかさの中で、ゴム付けずに生のままで、ぬるぬるになって、ぐちゅぐちゅになりながら、前からも、後ろからも、斜めからも、その人のそれを体の奥で受けとめながら、あまりの気持ちよさに心がふるえて、気持ちいい……って何度か伝えると、相手も、うん、気持ちいい……って言ってくれたので、このまま世界が潰れても構わないとその時ばかりは思った。今までの人生の中で、一番「いい」と思える瞬間が、抱かれている間ずっと。

本当は終わった後もくっついていたいけれど、どうなんだろう。私その人にずっとまとわりつくようにしていても迷惑でないんだろうか。だから、できなかった……終わった後に体に触れることが……

あんなにセックスをしている時は一つになれたと思ったのに、また元通りの、容易には触れられないピシッとした空気を作り出していた。それは彼氏がいるからなのか、もともとそういうタイプの人なのかはわからない。

魂が吸い取られてしまいそうに、こちらは横顔を見つめていることしか出来なくて、疲れた表情や、冷たい香りをほんの少し嗅がされるだけで、心の中は不安でいっぱいになる。

自分の心が定まらなくなるというか、抱かれていたその時間の記憶だけに毎日生かされているような、どうしていいかわからない気持ち。

次の機会を失わぬよう、自分にとって精一杯の「私があなたを好きなんです」アプローチをできる隙間を探している時間に、なんかお腹が痛くなってきて屁が出そうで、それを我慢していたら最後まではっきりとしたことは伝えられなかった。

それどころか、今の彼氏の話をして何度も墓穴を掘る。

彼氏の話をする時は、その人もあまり表に露骨に出さないけど、時々苦しそうな顔をする。

その表情を見て気付いてきた。

この人、遊びじゃなくて真剣なのかなと。

その表情を何度か見るまでは、てっきり遊びかと思っていた。

話を聞くと、付き合うことを考えてかなり勇気を出して声をかけてきたようで、そうなると、彼氏とその人を二股するのはよくないのでどちらかに決めたほうがいいと考えるようになった。このままではどちらの心も裏切っている。

幸せになるための二択が目の前に突き付けられている。これ以外にほぼ選択肢はないだろうと思えるのは、自分がもう歳だからだ。

彼氏の笑顔や優しさを想う時、涙が出てくることもある。離れたくないし、心にかすり傷でも付けたくないと思うのに、自分は最低なことをしている。だから二股などせずに、なるべく早く結論を出そうと思っている。

幾夜の妄想を経て、好きな人に、待ってようやく抱かれた時の気持ち。

息が詰まりそうなこの想い。……浮気してしまった。この人と。

まるで、叶わなかった過去の片想いが再来したような想いを持て余している。体が、思い出すだけでどうかなってしまいそうで……思い出すと胸が苦しい。息が詰まりそうな時もある。

私のほうがその人を好きだと自覚して、まるで病気になってしまったかのように、その人を感じた時間を思い出しては、今も一人でふるえている。

助けてくれと言いたいほど好きで好きで毎日その人のことを考えているが、お荷物になりたくないのであまり頻繁にメールは送れない。

クリスマスも近いし、外はとても寒いので……何処に行くのかということで、話をする場所は車の中以外にはラブホしかない。門をくぐる直前まで、本当に入るのかどうかはわからないので、私のほうも無難な話を時折上手く混ぜていたが、余計な話をしすぎたのでホテルの前をうっかり通り過ぎてしまい、嗚呼どうなるのかなと思ったら、その先でグワオーンとカッコイイ車をUターンさせて目的地に向かう姿に男らしさを感じてしまった……嗚呼この人、とにかくカッコイイです。運転もとても上手で、駐車する姿を横目で見ながら、この時点で濡れた。

前回会った時に何度もラブホの前を通り過ぎたけれど、そんな気配まったく感じなかった……それが、どうしてそういう気分になったのかということは、わからないままだった。

部屋を選ぶ時にも、本当にいいんだろうか、彼氏の信用失うと思いつつ、好奇心に勝てなかった。私は駄目な人間です。二人を同時に好きになってしまうことってあるんでしょうか……

その人と趣味が合うところが見つかったので、それについて話している間は全然その後でそんなことする雰囲気でもなく、なにもせずに、二人で話すためにここに来たのかな、なら煙草でも吸うかなという感じで断りを入れて火を付けた。で、相手が先に浴室に消えてくと、体を洗うってことは、えーと、なにかするのかなと、想像付くけど、その人が本当に何考えてるかわかんないので混乱もしていた。一人残され平静ではいられなくて、ついにこんなとこに来てしまったんだが……彼氏がいるのにいいのか、いや絶対よくない。

そして自分もシャワーを浴びて、洗面台の前でどうするか悩む。今度は彼氏のことではなく、単純なことで悩んでいる。いきなりバスタオルだけ巻いて私を食べてくださいとばかりにジャジャーンと登場なのはやる気満々すぎて怖い。とりあえず下着も身に付けガウンを羽織り、相手がこれまた何考えてるのかわからない普通な表情でテレビを観ているベッドに、少し間隔を開けて隣に座ってみた。

どうでもいい番組が流れていた。照明はまだ明るい設定で、とてもそんな空気ではない。

同じベッドですぐ隣にいるのだから……そうなることは予想出来ていても、タイミングがとても難しかった。それは、ここまで来て、嫌われたくないという想いがそうさせていた。

手を繋ぐ、体の何処かに触れる(いきなり?それはマズイんでないか)、抱き着いていいですか?と問うてみる(なんで?と聞かれたらどうしよう)、勇気がないので自分の脚を少しずつガウンから自然な動作ではだけていった。

とても怖かった……

このまま何もなかったらそれほど自分は魅力のない人物なのかとその日はノイローゼ気味になる。

まるで大昔に片思いで終わった人と一晩中自分のベッドで寝ていて、指一本触れられなかった壮大な悪夢が蘇る瞬間もあった。

もう昔の私とは違う。

抱き合えば、幾千の言葉を紡ぐのに悩むより、互いの気持ちが少しは解るようになる。そう信じている。だけど、あと何分我慢したら……

追い詰められる。相手は会社の人で、だから言葉に気を付けなければ……

嫌われたくない。

その迷う時間が、気持ちを滅茶苦茶高ぶらせていた。

照明の加減を変えよう的な流れになって、部屋を薄暗くしたら、急にガラッと空気が変わって、二人の間隔がなくなって、抱かれていた。あっという間だった。

その人が、この体を覆うように体勢を変える時に、……体がゾワワアッ……ってなった。こんなのは、初めての感覚だった。

好きな人に、待ってようやく抱かれた時の気持ち。

覆いかぶさってくる直前に、彼氏いるの的に聞かれたので正直にいるって答えたけど、そういうことになった……

自分がいけないことをしている自覚はあった。今付き合っている彼氏とは上手くいっていて、セックスも会う度にしている。それで充分だと思っていたのに、この人が私に声をかけてきてから、世界が一変してしまったように感じる。

体も心も抗えなくて、新しい感覚を追い求めることに頭を付いてゆかせるので精一杯だった。

とにかくその人が上手だった。

指先でなぞられて気付くほど、ぬるぬるになっていて、恥ずかしかった。

片想いで終わってもいいかと諦めかけていたので、こういうことしてるのが、信じられなくてかなり混乱していたかもしれない。

相手にはあまりこういった気持ちは伝えないようにしている。

借金もあり仕事内容も大したことしていない自分は、その人と釣り合いのとれる存在ではない。準備は整っていないし、これから先その人に言える時が来たとしても私は老いている。想いを言えない自分が苦しい。

好きな人のそれが、自分の体の中を一定のリズムをとりながらかき乱している時に、自然と腰が動いてしまっていた。

迷いなく喉の奥近くまで銜えながらこの人のことを好きだと感じた。相手が願うなら一日中銜えてもいいくらい好きなのだ……

ただ興味があるというだけで、ここまで毎日その人のことを考えるようになるだろうか……

よくわからないことのほうがまだ多くて、この先どうなるのかはわからない。私がその人にとってどんな存在かということよりも、会えなくなることのほうが怖い。

どうでもいい相手だったらこんなの迷わない。

すみません、これはフィクションです。浮気はしてません。お、俺の文章力ならばこんな妄想話簡単に作れますんで……

将棋と囲碁の人に国民栄誉賞を与える検討をしているらしいが、こいつら何か世の中の役に立ってんのか?

官房長官の記者会見で今日は、将棋の羽生、囲碁の井山に国民栄誉賞を与える検討をしている報告を一番にしていたのだが、どうでもいい。将棋自体よくわからんし。

将棋の人って、自分の趣味で、ただ遊んでるだけのようにしか見えていないんだが……

こんなやつら世の中の何の役にも立たんのではないか。

こいつらが、何か国民の役に立つことしたのか。教えてくれ……

そんな娯楽に大量に時間をつぎ込んでる暇があるなら、実際に人の役に立つことをしてみたらどうなのか……とは思うよ。

羽生善治はまともに働いたことあんのか。まさかずっと将棋人生なのか……そんな人尊敬出来ない。

将棋も囲碁も自分にとってはかなりどうでもいいから、こいつらにまったく興味ねえので普段は何してるか知らないが。

稼いだ金で震災被害かなんかに寄付してるのかどうかも知らんが、もし将棋や囲碁を子供に教える教室を開くなどの私腹を肥やすだけに生きてるならまったく尊敬の値にならない。

汗水垂らして働けよ、遊んでばかりいないでさ……世間知らずもいいとこだ。

官房長官は「国民に大きな希望を与える」的なことを言っているが、全然そんなことなくて、どうでもいいよな。何の希望も湧いてこないのだが。

こっちは日々、人の役に立つために働くので精一杯で、そんなに趣味に打ち込んでる暇ないんだよ。

あー羨ましいね。そうやって子供みたいに一生遊んでろ。

まあスポーツ選手ならまだわかるよ、たとえば野球なら、会社で働いて帰ってビール飲みながらそれを観戦することが楽しみで働いてる人も多いだろうし。あと音楽アーティストも生きる気力を与えてくれるよね。

他に国民栄誉賞与えてあげたい人いるんじゃないのか。将棋なんて興味持つ人口相当限られてるだろ。

官房長官は、具体的に将棋や囲碁が国民にどう希望を与えたのかを説明してくれないか。

国民栄誉賞 - Wikipedia

中出しを拒絶しながら私の遺伝子を貴方で終わらせるつもりか。

恋人と休日に必ず会いたいとは思わない……適度に離れている時間も必要だ。じゃなけりゃ、どんなんでも飽きるから!

昨日は6時間、恋人と過ごしていたので、やりたいこともろくに出来ずに諦めて残りの時間は寝るしかなかった。

なんでか、恋人に対する情熱が以前ほどではない。

子供を作らない、中出しを拒否されたセックスが、私の心を空洞にさせる。

彼の欲望を満たすためだけのセックスが多い。特にここ数か月、セックス中に私がイくための動きは完全にストップさせられている。何故かと言うと、私が自由に動きすぎると中出しになるから、「ストップ!」って言われる。そんなことが幾度となくあって、今ではストップを言われるまでもなく私は意思を捨てた人形となり果てた。

二人に経済的・精神的余裕がない現実があることにこれ以上気付きたくない。私には自由が許されていないように感じるセックスが、精神的な浮気をしたくなる原因かもしれない。

夢ばかり語るのも虚しく、現実ばかり見てもつまらない、先行きが暗礁に乗り上げたように思える中年男女がただセックスだけをしていても仕方ない……

たまには私がイけるように、上に乗らせてくれたならこの先も一緒にいられるかもしれないが、それでは子供が出来るかもしれないので困るから俺の欲望を満たしてお前はこれ以上勝手に何もするな、という主張を暗に貫くのなら私はいつか離れてゆくしかない。

テレビを観てつまらない愚痴を繰り返しながら生きるしかない悲しみを、まるで鏡を見ているように感じているのは、中出しをしないセックスが何の意味を持つのかということから目を逸らし続けるしかいまのところすべがない自分が、この先の残り半分近くあるかもしれない人生を決定付けようとしているからで、この体も精神も相手を喜ばせることをしながら、少しずつ救いのない沼へ嵌り込んでゆく悲しみも感じ続けている。

休日に恋人といくら会話をしてもそれは広がりのない、やがて一本の棒みたいな単調な作業というか繰り返しになってくる。あ、その話以前聞いたよね、何度言ってるの的なことが互いに増えてきたと思う。

この世界にどれだけの人間がいると思っている。それを一人に縛られようとするなんて勿体ない、時間の無駄を多く作り出している……

恋人という関係だけで相手の時間を拘束するのは難しいよ。そうしたいのならばまず必要なのは、自分の子孫を残すことだ……それが出来ぬのならせめて教養を身に付けることが必須だろう、そのためには離れて互いに学ぶべきことは山積みなはずで、遊んでいる暇は実はない。

私の中に徐々に広がってゆく子孫を残せぬ深淵の中、中出しを拒絶するセックスを繰り返すことは意味がない。

貴方が、私の遺伝子を終わらせるのか。

そしてこの顔が醜く老いた時、大勢の笑顔が私の人生を踏みつぶすだろう。

私が子供を産めるかどうかの最終判断をするのは貴方だということを、無理やりねじ伏せてでも、中出しを拒否したセックスを繰り返すのなら、私は他の種を得るために行動するしかない。結果は同じでも、可能性を見失わないでいられる行動が必要だ……私はそれほどに子孫を残すことを密やかに執着していて、子連れを批判し続けるのは、私にとってはそこが人生で一番光の当たるところに見えているからだ。子供を産んだ時が最も光り輝いているんだよ……

貴方は、子供を望ないセックスを繰り返し、私の感じている孤独が実体化してしまう前に、いつか目の前から音もたてず消えてゆくかもしれない。私はまだあと数年は諦めたくないと、本心では思っている。私が子供を産める可能性を踏み潰そうとする男は誰であろうと絶対に許すつもりはない。

他の男と会うためにどういう嘘を吐けばいいのか

会社で好きになった男性に「会いませんか」と、再びメールが入っているのを見て、このつまらない日常に飽き飽きしていた心が一瞬で張り裂けそうな想いがして、久々に生きている実感が得られた。きっと来るだろうと思っていた。

それで、いつ会いますかという具体的な話になった時、休日の夜は彼氏と会うので、時間がないことに気付いて、相手も多忙なので、また次回にしましょうという寂しい終わり方だった。

メールを終えた後、何処でもいいから頭突きしたい気分だった。好きなのに会えない!

会えない日々が、妄想をより一層激しくさせている……

目を閉じると、心が千切れるような力強さでその人が私を抱きしめて、濃厚なキスをして、実は好きだった……

みたいな……

気心知れた彼といつも通り過ごすのもいいけれど、でも、たまには、他の男と会ってみたい。

そのために嘘を吐く。たとえば会社の飲み会があるとか……本当はそんなのない。

これで時間を作れるだろうかと期待していたが、酒を飲むんだろ?俺が送り迎えするよと言われ、この嘘は使えなくなった。

他の男と会うための嘘を吐く。

一回だけ浮気させて。すぐ戻るから。というわけにもいかない。

では、次の嘘はこうだ。

今度の休日は、久々に一人で過ごしたい。

ネットの友達と会う。

ネトゲにはまった。夜は仲間とチャットするので、会う時間を昼間から夕方くらいにしてもらいたい。

休日出勤になった。

私に女友達がいないことは気付かれているので、友達に会うというのは説得力に欠ける。つか、恋人がいるのに、友達を優先させた時点でだいぶ疑いの要素になるので、もともとこの嘘は使えない。

今日、映画で「ゴーン・ガール」を観たのだが、友達と会うと妻に言いながら、妻より大分若い教え子と浮気している夫の姿には、怒りを覚えるというよりかは、わりと共感を覚える部分はあった。

信頼を裏切ってまでも、欲望へと突き進んでしまいそうになる。

嘘はきっと見破られる。上手に嘘を吐きとおせる自信がない。

それを言ったら終わりになる気がしてる。

微妙に束縛がきつい。

それは男らしさでもあるけれど、時には束縛を緩めて、自由にさせてみる勇気と賭けも必要なんじゃない。

……嗚呼、これは気の迷いです。このままで、次回も約束がなくなって、ずっと妄想のままで終わったほうがいいのかもしれない。