heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

思考

男性の年収格差が、女性が恋愛する機会を現実の中で奪ってゆく

リクエストなのですが、どうやったら彼氏ができますか!? 出会いがなかなかなくて辛いです。弱酸性さんからのコメント(前記事のコメント欄) 具体的な案としては、Yahoo!パートナー に登録し、人通りの多い場所で、色んな異性と会うのが、比較的安全な方法だ…

一般ブロガーを、ブログサービスが見えないところで引き抜いている事実に衝撃を受けた

前記事でも伝えましたが、一般ブロガーが、はてなブログの管理画面をログアウトすると自動的に以下は目に入ります。 まあ、通常、どのブロガーが移転します宣言したところで、このように、はてなブログトップページで「おすすめ記事」としてわざわざ紹介され…

子育てブログの四コマ漫画が優遇され、何度も同じ人が選ばれる件について

タイトルが長すぎるので変更しました。(前タイトル)「自分たちの幸せが、それを得られない幾千の悲しみの上で輝いているのだということを知れ」←これだと内容がわかりづらいので。 今朝 (9/16)、はてなブログのトップページを見ると、画面のかなりの面積を専…

ブログの同期がいない孤独感

俺はブログを2005年1月から開始したブロガーで、一応、古参ということになってます。当時は、はてなではなく、gooブログにいました。ほぼ毎日更新していた(その様子を文末にスクショで貼っておく)。とにかく一生懸命ブログをやってた。注目されたいという願…

自分について語ろうとしない人には語れない闇がある

いつも笑っている人や、優しい人を見ていると、この子のほほんとしているなとか、天然だなとか思う人がいるかもしれない。だけど、そうした人たちのほうが案外苦労しているんじゃないかと私は感じている。人に優しくなれるのは、傷つけられた苦しみを知って…

友達なら、事前連絡なしでなんでも勝手に決めてしまってもよいのだろうか?―協力者と決裂しそうになってました。

協力者のpotexさんと数日、連絡をとらずにいたので、久々にスカイプで話すことにした。そこでのやりとりに、とてもつかれたので……個人情報などの一部をのぞいてスクショを貼ります(最初の画像が圧縮しすぎて文字が読めなかったので画像を入れ替えました)。…

書籍制作中の苦悩を打ち明けます―ブロガーは引用することに慣れすぎている (追記あり)

書籍の制作中は、起きてる間は常にそのことが頭の片隅にあるために、妙にイラついていたり、心の中で転げまわりました。いまの私には、限界状態のものが、あの書籍です。もう自分の過去についてを、これ以上考えることは出来ない……とおもえたところで出版し…

書籍名「照準を持たない暴力性の発動 (著者 はしごたん)」 をKDP出版しました。

照準を持たない暴力性の発動 あの、自分なんかが、本当、生意気なんですけど、電子書籍を出してきたので、上記の画像を押してアマゾンで見てみてください(少しだけ、お笑いアーティスト永野さんの真似してみました)。 あ、俺はブロガー歴11年あまりです(…

ブロガーの過去ログを電子書籍化計画 ― ブロガーなら誰でも出すのは可能です

はてな無料版に潜む「うな重」 はてなダイアリー・ブログともに無料版では「キーワードリンク」が自動で付きます。俺の真剣に打った文章がナゼか「うな重」で勝手にリンク作成されていたのです。発見したのはさばの缶詰を贈ってくれた友人です。 その聡明な…

精神病名はいつかあなたを救えるのだろうか

kutabirehateko のブックマーク - 2015年9月27日 はてこさんのブログが時々重すぎて読めない(勿論、良い記事も多いのだけど)。自閉症とADHDらしいんだがそれが複雑な闇を作り出しているのだろうか。考えていると以前こちらの記事にいただいたブコメの「テン…

いつでも綺麗に言語化できる人の意見が正しいのだろうか…文章がそんなに上手ではないから黙っていることしかできない人間もいることに気づいてほしい。

普段ネガティヴな感情を見せないブロガーたちも、何かの機会に個人的に関わってみると病に倒れて手術を経験していたり、障がいに苦しんでいたりといったケースを後になって知ることが多かったです。私のように文章で苦しみを見せている人だけが苦しんで生き…

ブロガー同士のつながりは案外「知らないことが多い」のが暗黙の了解

これは2005年頃に俺がgooブログにいた頃、サイドメニューでご紹介していた(当時の)お友達ブログです(知る人ぞ知る、が多い)。今は交流が途絶えている方もいます。いつまでも同じ方角を見ているわけではないので、やがて別れも訪れます。でも俺は今でも全員好…

俺がいつのまにか右寄りになっていた理由について、今日まで特に考えたことはなかった。

俺のブログは嫌韓ブログではないし、政治には詳しくないので、そういうのはほどほどにしないとな… 俺はかなり右寄りになっている。最初は韓国に対して偏見などなかったし、2004年にNHK総合で冬ソナが流行りだした頃は「何事か?」と思うほどまわりがざわざわ…

俺が文章を打つための心構えと、文章の推敲やダメ文章の扱いをどうするかについての回答 &トピシュさんへ愛の言及返し (追記)

人参さんやえっちさんの文才を憎むスレ住人と結託しながら遊んでいたら(や、勿論何もしていませんぜ)、トピシュさんに言及されていたので、ブログの文章打つコツなどについて考えてみましょうかね…追記: 誤解されてるようですが、ツイッターからスレに応答…

その表現は誰のもの ―既視感を覚える文章を見つけても、それは貴方の過去の盗作ではなくただの偶然か必然であるに違いない…

勢いで改行ナシで打った前記事が思いのほか反応いただけたようなので驚いています。常々言っている通り、ブログの文章はライブ感覚です。フレッシュな気分で出したのに臨場感を作り出せないままにまるで死んでいる文章になるのが最新記事においては恐怖です…

彼女の天性の才能を賞賛する人々が多い一方で、それを恐れ憎む人々もいるのかもしれない

はてな女子たちのはてな村内最高ビッチの座をかけた戦いの様子 何度やろうがわしには勝てんぞ それでもアタシは勝つ! 私を支えているのは… はてな村内最高ビッチという地位…それはすなわちotsune様kanose様のお傍にお仕えできるという至上の喜び… その地位…

近頃多い幼児の性被害について、当事者の経験を踏まえた上で一応対策まで考えてみた

このブログにいつもスター付けてくれるトピシュさんと、眼鏡のアイコンが素敵な田舎暮らしさんとこで、子供の性被害に関する記事を見つけたので、子供がいないサイドの人間として・そして実際に被害を受けた当事者として考えてみることにした。・性犯罪に関…

大きな声や暴力は根本的にはなにも解決はしない。時に愛する人の真実すらも封じ込めてしまう

人は、愛する者が誰かに痛めつけられると、当然だが激昂し、一気に冷静な思考力を失ってしまう。愛する者を思うが故に発生する怒りは時として危険だ。考えたくもない最悪な想像にむかって一直線に延びた怒りの線をたどるだけの行動へと突き進んでしまう可能…

ブログを持つことで様々な葛藤が生まれる(素人のくせに)

結婚式 好き嫌い論争…結婚式は、友達が多くてお金もある人たちの道楽だと考えればよい… そしてそれに参加する人たちも同様で。友達が少なくてお金もないような人間には元々関係のない話です(俺はリアルの友達が少ないです…)。俺はみんなのブログをライブドア…

音楽アーティストのライブでのアレンジの効かせ方をファンはどこまで許容できているのか?

俺はチャゲ&飛鳥のファン暦が長いのですが(最近の動向は追っていなくて、昔のファンなだけです)、昔からのファンが昔の歌をライブで聴くときに求めるものは、原曲の忠実な再現でしょうかそれとも、アレンジを多少効かせたCDとは異なる歌い方でしょうか、そ…

犯罪者予備軍は、あなたのすぐ隣にもいる…

「ヤフーチャット万歳!」と言い残して逮捕された柏連続通り魔事件の青年みたいな人は案外多いのかもしれない… あなたの近所にもいるかもしれない。ということは自分もいつ殺されても可笑しくは無いということになる。どんなに悪ぶっていても、プロレスラー…

バカッターの愚かさを笑う人々なら、それが愚かなことであると事前に気付けたのだろうか?

会社は辞めることに決めたので、明日上司に退職願を出します… 死にたいと悩んでいましたが、追い詰められている最中は、シンプルな解決策すら通り過ぎていました。あとは引継ぎなどの責任を果たすのみです(本当はいますぐ辞めたいのですが)。会社を辞めたい…

ヤバイ経験しちまったことで開花しちまった才能を上手く利用して評価を得ているアーティスト…

俺の気のせいかもしれないけど、死にたい気分で打った文章にブクマがついた時、俺の家の頭上でヘリコプターが数台旋回していたのだが。。。まさかな… 俺が本当に、目覚まし時計で文句言ってきた近所の主婦を殺すためにどこかから銃を手に入れてきて殺しに向…

世の中の男は子供を産んだ女を神聖化しすぎている(何か以前も打ったタイトルのような…)

子供がいない夫婦なので、子供がいなくても楽しいんだと思える趣味を探そうと、ゲームをしてみたりネトゲを物色したりするのですが、どれも長続きしないです… 女心は年齢を重ねるごとに変化するもの。過去の先輩が「子供は作っておいたほうがいい、私があな…

悪い人間がいるから、いい人間がいる…

職安で仕事を検索していると、これはもしかすると暴力団関係の企業ではないか?と思うものもあるが、ウィキでも「(犯罪企業紹介)暴力団関連企業など暴力団の資金源となっている危うい企業が多く見られるがハローワークは、これを見抜けないし拒否できない」…

実験台に選ばれた不幸な女の子たち…

職安に通いつつ、ネットの電子貸本サイト「Renta!」で漫画を読んでコーヒーすするだけの毎日ですが、今は「金瓶梅」という漫画が興味深いです…(絵も綺麗なんで説得力が半端ない)5巻で生娘(処女の女の子)が、初体験で暴力をふるわれ、それがトラウマになる… …

写真は残酷に実年齢を写し出す…?

履歴書に貼るための証明写真を撮った。思えば証明写真で、マトモなのが撮れたことがない。果たして、納得いってる人いるんですかね…動いてるときの自分をチョット意識して鏡で見たり、自分自身でキメ撮りしたときは、素直に「ああ、いつも通りの自分がいる」…

誰かに必要とされることが、生きる力になる…

最近気付いたのは、仕事が忙しいと言ったり思っていられるうちはまだ幸せなほうで(ただし、過労死しない程度であれば…)、本当に誰からも必要とされない、別にいてもいなくてもかまわないよ程度の存在になって、自分が空気か泡みたいに感じられた瞬間の虚しさ…

皆さん、あまりにもイタズラに精神的な病名を探りすぎて(知りすぎて)いませんか…

手塚治虫の「ブッダ」を読んでいる。主人公のブッダは、自らの体を無意味に痛めつけるだけの修行(苦行)は無意味だと悟るのだけど、現代社会でも無意味な苦行をする人が多い…なにかしら悩んでいる人がいるとする。そしてその悩みを誰かに相談したら、即「それ…

ニュースサイトでたらい回しにされることが増えてきた

左手のヌンチャクでドラクエ10のレベルあげしつつ、右手のマウスでニュースサイトをまわりフヘヘと笑って、それで休日の大半は終わりました。ドラクエのレベル上げだけでは頭がバカになりそうなので、、世の中の動向も知っておかないと… ニュースサイトをあ…

自分が加害者扱いされることで、加害者の気持ちも少しは考えられるようになる(自分が被害者だと思ううちは気付かない)

夫に話しかけても「ああ…」「うん」しか返らない。表情も冴えなくて、笑顔すら見えなくなって、最後には険しい表情になり、それは私に対する憎悪の表情にしか見えなくなり、ここでようやく私は自分が想像する以上に、事態はかなり深刻な状況まで進んでいると…

映画による家族愛などの一方通行な押し付けに嫌悪することもある

ピクサー映画「長靴をはいたネコ」「バグズ・ライフ」が面白かったです。大人もワクワクさせる作品は、アニメであっても子供のためだけのものではありません。ピクサー映画といっても、「ファインディング・ニモ」のように家族愛を強調しすぎるものは、人に…

自分の文章や意見を守るために、活動を続けねばならない

記事を出したけど俺なりの美学に反するので、消した(たかが個人ブロガーが美学と笑うかもだが、俺の中で「合格」「不合格」のラインが一応ある)「嗚呼こいつ終わったな」的な文章うっかり垂れ流して気づかないでいると「あっ!」と気付いたときまわりには本…

適当に適当なことを語る

連絡: この記事のタイトルを変えた(どうでもいい)。人生の中にはとことん駄目な時期があって、たとえば働かず実家でプー太郎だったりとか、職安に通うのすら微妙に敷居が高くて絶望ばかりの日々とか、そんな時期があり、親に迷惑かけました。とことん落ちめ…

文章が上手くなりたいならば、馬鹿にされるな見下されるな小物と思わせるな、見上げられ尊敬され恐れられる存在となれ

「殺したい」とか言ったのでとうとう梯子外しか村八分になったのか(もう梯子にはしばらく関わるな、という通達が俺の知らないところであったのか) ブクマがつかなくなったので、、まあ俺の言いたいことを自由に言い易い状況になったので、スゲー長文です(誰…

天才的な悩み方ができれば素晴らしい作品が生まれるに違いない…

悩み方にも天才的、凡人的があるのです。この世は公平ではないから・・。(俺が好きなバンドのAmazonレビューより抜粋)この一文は、文章や作品を生み出す上での重要なヒントになるかもしれない。ブログの文章表現も、天才的、凡人的に分かれている。ただ「死…

自分より不幸な人を覗き見て、納得するしかない人生ほどつまらないものはない

自分が子供ができにくい体だと医者にはっきり言われた日から、別に死ぬわけじゃないのに、少しずつ生きる気力を奪われている気がした。少しずつ… だけどこんなのは不幸と言うには生ぬるい、別に私は子宮の手術をして子宮をとったわけじゃないので。小さいな…

ブロガーの貧困(長文)

今、このブログはブクマはあまりされてません。ブクマがほとんどない状態は良くも悪くも自分が「普通」であるか、落ち着きすぎている(隠居生活の身)か、あるいは読者が寄り付かないほど生意気かだと思います…(受け付けない・なんだかイライラするような文章…

ネットで自分を見せすぎることは愚かだろうか(長い…)

何故か、サブブログが作りたくなるときが定期的に訪れる。なんで自分をあちこちに分散させようと思うのか…常に稼動するブログが一個あれば充分。サブブログは必要ねえよな…!と毎回、サブブログを作るたび、気付き、途中でやめることが多い。(でもまたしばら…

痛みとの闘いの中に人それぞれのドラマが生まれる…

整形手術で、少しは痛い思いもしたので(全身麻酔で体にメスを入れた) 少々の痛みには動じないと思い込んでいた(つか、お前一体ナンの手術したんだよ、と)。でも年月が経つにつれ、そんな闘い(?) の中で得た強さなど所詮その時だけのものだと思い知る… 現に…

ブログについて色々思ったこと

ブログを持っていると、嗚呼これもブログに書くかな… と思いつつも、文章に書き起こすのが面倒で、色々考えていたことをうやむやに放置してしまうことが多い。たとえば布団に入り眠るまでのわずかな間、うろうろ考えを彷徨わせているうちに、伝えたい言葉の…

私が結婚指輪を外して職場に行くことになった理由

ある日、会社を変わり、新しい会社で先輩に「結婚指輪をつけたまま働くつもりなのか」と注意されたので、その翌日から指輪を外して働くようになりました。後で知ったのですが、この先輩は独身だったので、おそらく私のつける結婚指輪に心が傷ついたのでしょ…

努力…?笑わすな

痛いニュースで、女性は35過ぎると卵子が老化し妊娠が難しくなる、という話題があった。それに対し、男性と思われる多くのコメントが、子供のいない中年女性をこきおろすような酷い内容ばかりで、怒りを通り越し「子供のように、思ったことを遠慮なしに考え…

衰えゆく星々を、いつまでも見つめる努力は忘れずにいたい…

なんで俺この人のブログ見てるんだろう?って思うほど全然趣味も違うのに、なんだか妙に居心地がいいブログがたまにある。共通点はない、考える方向もてんで違う、だけど奥のほうでは繋がっている。そう信じさせてくれる人は、この心の奥底に小さくもあたた…

不器用で甘え下手なのは生まれ育った環境のせいじゃない…

正月も夫婦の会話は特にない… 同じ屋根の下に暮らしていて、無常だ…ムナシサ感じながら「嗚呼、一人になりたい」 と宙につぶやく。この不満の原因はいくつかあるが、それを相手に伝えたからといって、相手にも隠し玉があるのは見えている… タマゴが先かニワ…

今朝見た夢がいい夢でも悪い夢でも、現実の俺が未来を築いていく

パソコンを起動して、椅子に座ってしまうとまた寝不足になるので、昨日の夜は酒を飲んですぐ毛布にくるまって寝た(寒いけどまだ毛布だけで寝ている)。起きた後の印象としては、夢の中で好ましい相手と過ごしていた、…というだけでいい夢を見た気がする。夢の…

個人のウェブ技術が平均的に上がってゆけば、ブログサービス提供会社は不要となる

ekken サイト運営 いわゆるブログサービスは、放っておいても10年後には消滅しているんじゃないかしら、などと思っている。「ホームページ」サービスの大部分が消えたように。ブログ論のえっけんさんが、こんなサビシイこと言うなんて… 泣きたい;; ブログ…

編集力…!

ブロガーさんたちが、電子書籍に誘われたとか、小冊子で連載するとかで、その才を見出され引き抜かれる様を目の当たりにして、じゃあ自分にも何ヵ月後か何年後かにそんな話がくるのかな?とか… 思ってナイナイ。そんな話一度もない。正直うらやましいですが…

リアリティーの欠損がウェブの抱える問題

自分のブログや文章を、死した後もウェブに残したいとか考えるまでもなく・そして選ぶこともなく、自分のほうからやがてブログを捨てる日がくるのだろうな… と薄っすら気付いた。だから、自分の死後にブログがどうなるとか、心配するまでもない…ウェブ世界は…

思考のメカニズム

昔のアーティストが大好きで、いまはB’zと宇多田ヒカルばかり聴いてる。デビュー当時の曲も好きでいまだに聴く。デビューから全盛期にかけての音楽は、複雑ではないアイデアの宝庫で、聴き手の心にダイレクトに届く。宇多田ヒカルという女性が大好きだ。かわ…