heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

感情

「死にたい」という言葉は、ふしだらに遊びまくって身籠った女が吐くような、そんな軽い言葉じゃない。

顔が可愛くて、綺麗な体をしている女は、いいですねえ。 そういう女が、男で失敗した時、簡単に「死にたい」を口にするけれど、貴方の味わっている打撃は、容姿に恵まれていない女から見れば、まだまだ生ぬるいですよ。 綺麗なお顔と、乳首と、おまんこが付…

子供の頃に優しかった自分は、何処へ行ってしまったのだろう

小学生の頃、クラスの中に一人、ダウン症候群のような外見の特徴を持つ女の子がいた。目がどこを見ているのかもわからず、しゃべり方も少し頼りない。会話をすると、こちらの心が不安になるような印象だった。 その子と学校の中で話すことは、私にとって特別…

親より先に死ぬほどの、親不孝はない

昨日、母の日で、私は今お金がないので、最初は、一輪のカーネーションでもいいから今年は贈っておくか……という軽い気分で近所のスーパーへ行った。 スーパーの一角にある花売り場を見ると、一輪のカーネーションと、そしてたくさんのカーネーションが詰まっ…

彼にスマホ内の私の下着姿の写真や動画を消してくださいとお願いしたらキレられた話(別れました)

彼は、何故かいつもお金を持っているようで、でもそれについては聞かないほうがよいかなと思いながら交際を続けてきました。 ―削除― 土曜の夜6時に食事に行こうと約束をしていたのですが……私は仕事の疲れがとれなくて、しょっちゅう会いたがる人と交際を続…

風俗で勤めた3か月半に稼いだ額と、殺すと脅迫された後遺症が続いている

私が風俗店にいたのは、3か月半です。語れるほどの経験はないです。それ以外は真面目に生きてました。 今から10年近く前の話をまた書こうと思います。 わずかな通帳残高をいくら凝視してもお金は増えてきません。過去に抱かれた男に何気なく呟かれた言葉が…

子供を産んでいなくて、胸もすごく小さいのに、この世に存在していてごめんなさい。

近いうちに、とある男性と会う約束をしたのに、単純に、そのことで浮かれてはいられない。 何故かというと、自分の容姿が、耐えられない。 特に、胸が小さすぎて、鏡の前で、消えてしまいそうになる…… なんの冗談だと言いたくなるほどに小さい。 たとえるな…

子供のいない人生、それが、自分をこんなに苦しめるとは思わなかった。

テレビを見てると、立派な一軒家で女児3人を育てる、若い主婦が出てきて、それが、とても輝いて見えた。つらかった。自分は何故、幸せになれないのだろう。当たり前の幸せな家庭に憧れる。 子供を産めないで、このまま老いてゆくなら、死んだほうがよいと思…

性被害者は、性暴力をふるった加害者を好きになることがあるのだろうか?

女性が性暴力を受けたと主張するのを見ると、しんどいです。世界的にもイスラム系で性暴力は絶えませんが、そういう暗いニュースはあまり見たくないです…… 被害を受けた女性に共通する悩みは、おそらく、加害者の存在を自分の中でどう折り合いを付け、生きて…

子供を堕ろした過去を持つ男女は、何か普通の人とは違う……

元夫から、メールが来なくなっている。最後に会ったのは2週間前。 遊びに来れば必ずセックスをしているが、毎回外出しだった。ゴムは付けたことはない。外出しは、最後に体が離れてしまうのでなんだか寂しいと思った。なのに、また外出ししようとしていたの…

齊藤さんがかんどーさんに放った冷たい一言について

齊藤さんとかんどーさんの2chのスレがあることをご存じでしょうか。「はてな村民&はてな女子ウォッチスレ」で2人の話題が多くなりすぎたので、隔離されました(たまに私の話題も出てます)。そのため本家は話題が乏しくなり……昨日は何故かウンコのAAだら…

すべては曖昧な闇の中に~幼児虐待を受けてから三十年以上経過しました

道後動物園でキリンさんと一緒に撮った私の写真です(その動物園は今は移転して、とべ動物園になってます)。この頃に中学生くらいだった従兄弟の桂三くんに監禁されて性的な暴力を受け続けてました(酷いことをされているのに、何故か、くん付けで呼ぶ癖がある…

この世は、幸せを掴んだ人々だけの楽園ではない

自分が経験してみると、許せるようになることもあるのかもしれない。経験できないものは、許しようがないというか、わからない世界になるので、どうしても突き放すしかなくなる。自分を守ることが最優先だから、それは仕方ない。 離婚してバツイチになって今…

離婚した元夫と、いつか、もう一度やり直したい……

バツイチ、バツニ、バツサンでしたなんて、今ではさほど珍しくもなく、「ふうん」と聞き流す程度だが、別れた後でも元夫や元嫁に会い、一緒にメシ食ったり、セックスしている人って結構いるんだろうな……ということに気付くのは、自分もそうなってしまったと…

プラスとマイナスの境界線を埋めるのは、無言の中にたゆみなく流れる優しさだ

自分のマンションへ戻り、閑散とした狭いエントランスへ入ると、建物全体が、静かに迎えてくれる。この静けさが、たまらなく好きだ。人の気配のない中を通り抜けてゆくことがほとんどだが、ごくたまにすれ違う、同じ建物の住人たちは自分と同質の香りを漂わ…

腐女子だった記憶~ウルフウッドの死を乗り越えて

書籍はこのブログのとおりの俺の文章でぼちぼち打ってます。ですがブログも更新せねば、いざ書籍を出すときにまわりをみたら誰もいなかった、なんてことになると悲しすぎるのでなんか打ちます。俺が過去に腐女子だったとしたら嫌悪しますか。このブログを運…

親の涙だけは見たくない

俺の悩みはすぐに寝てしまうことで、だいたい3分くらい(ごめん、いくらなんでもカップ麺と同じ3分は無理だ……勇み足で打ったので忘れてくれ、最低でも5分は必要だ)で寝れるかな。一年以上前からずっと洗ってない毛布をかぶると、あっというまに寝てしまう。自…

一人暮らしはいいよ

ワンルームに一人で暮らしているので、好きなような配置で使っているのだけど、たとえばどこかに荷物を固めて置いたままでも、すべてが自分領域で、自分の秩序なので、たぶん快適な状態になってるんだろうな。(ワンルームって物の移動がラクなんすよ、ヒー…

アニメのように一日中セックスをするなんてことが本当に可能だとはおもっていなかった。

「君が好きです」と告白をしてきた彼と再び会う約束をしたので、また滅茶苦茶に抱かれてしまう自分をおもい身悶えながら… その日を待っていた。 それなのにネットの誘惑に勝てなくて夜更かしをしてしまった… セックスをおもいきり楽しむつもりなのに睡眠時間…

俺の中の恐怖 - ひきこもり女子いろいろえっち

3人の女性ブロガーに避けられている。なぜそんなことが起きたのかというと俺のブログ人格の問題もあるんだが、主な引き金となったのは精神病名はいつかあなたを救えるのだろうかの記事だと思う… この記事を出した後でくたびれはてこさんにはすぐさま絶縁状を…

セフレしか無理な人とセックスしたあとで「好きです」と告白されました

どうやって知り合ったのかは書かないですが、私にとっては1年近くぶりのセックスでしたので簡単に記しておきます。 その人は、私が家賃を払うのも困窮するほどお金がないことを知った上で会ってくれると言うので、久々に美味しいご飯が食べれるのかなと子供…

風俗で抱かれた男たちの記憶と友の刃に切り刻まれる幻想

部屋の入口で靴を脱ぐより早く「チェンジ」という言葉が飛んでくる。窓を背にした無表情の男からお札を何枚か受け取り部屋を出る。心など関係ない世界はとても冷たくて悲しくて、だけどそこには真実しかなくて嘘がなかった。 ある男は怯えた様子だった。ベッ…

改行しないズイショは弱者をいたぶるのが隠れ趣味の下種野郎

冗談を飛ばして人を笑わせるのは実はすごく難しい… 会社などでも同僚の冗談が全然笑えないことはかなり多かった。 自分では面白い!傑作だ!と信じていても相手はそうは感じていないこともある。その冗談を笑う人々の影では、こんなことをわざわざ冗談にして…

きらめく優しさは残酷

仕事が終わりマンションのエレベーターに乗り込んだ途端思いきり息を吐き出す… それが合図(それが… 合図… ひぐらしの歌詞のような)。…その瞬間スイッチが切り替わり本来の自分へと戻る。 安いマンションの共用通路はいつも虫の死骸や鳥の糞、泥などで汚れて…

ブロガーが無反応になるとどうなるか… アクセスをいきなり曝け出す

俺のブログのアクセス数はもう何年も秘密にしてきたんだが、思うほど多くない。これは、ここ1ヶ月のデータでPVではなくIPのほうです。古参ブロガーにしては少ない。俺もしなびた谷間を公開せねばならんのか… 胸だと思わせといてケツだったりしてな… 落ちぶれ…

ドラクエ10を引退しました。

積み上げてきた(かつては血のにじむようだった)努力を、あきらめることにしました。未練をふりきるまで時間がかかりました。だけど、何かをあきらめなければ、いま気になることすべてを連れてゆけるほど私は器用ではなく、また人生の時間は長くはないのです…

俺は自分が信じた人にメールで傷つけられることで初めて、揉め事当事者の悔しさ・怒りが理解できたよ……

相手にかなり馬鹿にされてる事実にスグには気付けなくて後になってから気付いたときの悔しさ・怒りは尋常ではないです。 あのあとzapaさんからメールがきた。 「会ってみたいとは言いましたけど、その先は望んでいないです。」 とのことでした。原因は私が「…

情報が不足するがゆえに、想像力だけは異常に鍛え上げられた時代に生きてよかったと思う

まだ恋愛もできず闇の底でもがき苦しんでいた頃のデータをここに投入中…「人肌のぬくもりを一度でも得られたなら死んでもいい」 と言っていた人間が、ネットでセックス相手を募集し、挙句の果て風俗におちるという過程を踏んできたので、俺のことを嘘つきだ…

情けなさに風呂場で泣き崩れた

バツイチという言葉が軽々しく飛び交っているけれど(私もそんな軽々しさだったけれど…)。 本当に、無理だから… 好きとか愛してるなんかじゃなく家族なんだ、たった二人だとしても、もう他では二度とかなえられない運命で結び付けられた二人なのかもしれない…

女であることの証明を持つ者、持たない者

人と多く関わりすぎた反動が一気にきたようで、心が妙に疲れています…思いきりよく外に飛び出したままでいられる間は、どんな雑多な情報がこの目や耳に入ってきても案外平気だったのですが(いわゆる社交的な自分になれている状態)。たとえば、風邪をひいてし…

人の苦しみの度合いは他人が決めていいことじゃない

あんたの苦しみなんて私の苦労に比べれば大したことない、のように強気でポーンと言い放つような、心がない女が案外多く見受けられる… 私の偏見かもしれないが、こうした手合いのはシングルマザーに特に多く見受けられてきた。そんな人に運悪く出会ってしま…