読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

不明瞭なのに妙に現実味を帯びている記憶の正体について考えるのが怖い

過去の出来事一つ一つに対し、あれは現実だったのか?いや幻覚か?…それとも単なる夢だったのか? そんなふうに悩んでしまうことがある(特に不可解な夢を見て、目覚めたあとは妙に…)。不明瞭な「記憶」が、歳をとるごとに不気味に増えていってます…特に、悪…

交通事故で添えられた花を、凝視してはいけない

私は霊感が強く、幼い頃からよく金縛りにあっているのだけど… そういえばこちらに引っ越してから一度も金縛りにあっていない。これは何を意味するのだろうか。 実家の土地になにか憑いていたのだろうか。 私と母は常に以心伝心だった。私が霊を見た夜は、必…

悪霊はこの現世に存在するありとあらゆる物質に依存しながら移動をし続けるのです。図解

「悪霊は蜘蛛のようなカタチだった」 前記事は急いで打った為、自分でも納得はしていません。よってもう一度語らせていただきます。 実際に、悪霊を「見た」者として解ったことがあります。 悪霊は、それ単体では現世で自由に活動することは出来ないという事…

悪霊は蜘蛛のようなカタチだった

雑学本読みながらソファに転がっていると、わずか数分で眠りに落ちていた。うーん… また何かが来ている。 ソファに横向きに寝ていたら、背後にべったりと人間がくっついている気配を感じた。動けない… しかもウォーとかしゃべってるし… そこで、ある人から教…

パワーストーンは、空気中に漂うありとあらゆる「気」を吸収して危険な石でもある。

生霊の原因は、どうやらメールの彼女にもらった石が原因だったらしい… (南無さんすみませんでした) 「パワーストーン」って、ご存知ですか? 霊的な「気」を吸収して、放出する特殊な鉱石です。ダイアモンドに始まり、霊媒師がよく使う水晶まで色々です。 実…

死亡した人の形見は貰わないほうがいい…

五月に手術をしてから、体が健康に近付いてきた為か、悪霊に悩まされる夜が一度もなく、この三ヶ月を無事過ごしてきた。 寺に通い、信心もするようになり、毎月一度は仁王さまの居る門をくぐるので、邪悪なものは一切この身に寄り付かなくなった。そういった…

悪霊再び。精神は肉体の檻から逃れられない

「金縛り」にあう度に、肉体と精神のちぐはぐさを思い知らされます。精神はどんなに足掻いても、肉体の檻から逃れる事は出来ない。精神は肉体に支配されている、精神は肉体の奴隷なのかもしれない。 精神が解放される時は、人間が死ぬ時なのかもしれない。で…

-この部分は削除しました- 俺の親が事故に合うちょうど前夜に俺は、四角い部屋の隅でうめきながら「助けて」と俺に訴える親の夢を見たからです。 俺は予知夢を見る資質があるのかもしれません。不吉な夢を見た事を、朝一番に親に伝えようとしたのですが、…

幽霊でもいいから抱かれたい

俺は悪霊に抱かれた事がある。 未遂だったけど、背後から俺の尻に腰を押し付けられる感触をリアルに感じたし、背後から愛撫されたのを覚えている。今でもその感触が愛しくて、もう一度あの霊に会いたいと思うほど未練を残している。 あのまま最後まで続けて…

奮えが止まらない

私は、幼い私を犯した犯罪者の娘である○奈ちゃんを一夜でもいいから預かりたい。今頃は幼稚園に通っているのかい。お母さんと島に帰っているのだろうね。 ○奈ちゃんを、私と同じようにしてあげたいんだ。 誰も解ってくれない。私の寂しさなど誰も解ってはく…

心霊現象を信じますか?

昨日、ビデオにとってた「仄か暗い水の底から」を今、見たのですが(黒木瞳が好きだから、って理由だけで、、 なんつーか、見てる最中はそんなに怖くも何とも無いのだが。終わった後で、ヒタヒタと怖くなる映画ですね・・・、 昼間でも、家の中の暗い場所・・…

悪霊なのか、生霊なのか、、怨まれてるのか

「死人に口無し」って言うよね。死人が夢の中で自分に語りかけてきた場合は、何も悲観する事は無いよ。それは、これから起きる吉報の知らせだからね。 逆に、赤ちゃんが生まれる夢は気をつけてね。何か不吉な事が起きる前兆だよ。・・・夢は、必ずしも見たま…

心霊現象は、レム睡眠とか科学的根拠だけで片付けられない

坊さんにお払いしてもらってきました。俺の身内が抱えてきた、過去の因縁(色情)の余波を俺が受けたとの事です。お恥ずかしい話ですが…先祖代々、色恋沙汰で、強姦などの様々な問題があり、それが余波を受けやすい俺の身に降りかかってきたようです。 一緒に…

今夜、悪霊に首絞められる…

俺は、ある一点以外このブログで嘘は一つも付いてないです。虐待話も、整形手術も借金も…そして今からお話する事も全て本当の話でネタでは無いです。いや、言わないと信じない人が居るからさあ…虚構世界内存在さんに「ネタじゃないよなあ?」って言われたか…

実話。―死者と戯れる夜―

昨日の夜は、寂しさに、うつぶせに頭を抱えてたら、うとうと眠くなって……、気がつくと、俺の背後にベッタリと張り付く黒いカタマリの気配がした。首筋から、腰、足の先まで……。大人の男の気配だった。寂しい俺を、慰めてくれるのか、背後からしきりに、俺の…