heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

オメエの本棚かよ

何かのレビュー記事を書けば、それなりに最低限のリンクは付けてAmazonに飛ばすぐらいは気を利かせないと、
オノレの本棚だけご披露してんのかよ、、
って斬られること請け合いです。

検索で書籍タイトルで飛んだ先で「俺はこんな珍しいタイトルも持ってます」ってタイトル名・著者名だけズラズラと羅列しただけの個人ブログに飛ばされると「だからナニ?」って思うだけです。一行でもコメント付けてください。アンタが何の為に、わざわざソレをWEB上に垂れ流してるのかが意味不明。俺がアンタに興味が有れば「○○サンと一緒の趣味だ、嬉しい」ってチョット得した気分になるかもしれないですが。

とにかくズラズラとタイトルだけ羅列してんのは迷惑。そーゆうブログに限ってGoogleのページランクが高いから、やたら検索上位でヒットして迷惑甚だしい。恥ずかしいと思うなら、自主的に消えるなり身を引けばいい。それが嫌なら、一つの作品に一行程度の感想文ぐらいは付けるのが筋だ。

オメエは何の為に、
このWEB世界の領域に自分の本棚情報を垂れ流してんだ

俺も糞ブログだと自覚しているが、自分の意見もロクに言えないような奴は僅かな努力をすることすら放棄して、それを罪とも思わずに「ウザイ」と沢山の人に斬られながら、やたら目に付く場所にいつも顔を出してくる…自分の無価値さに自覚が無い、正真正銘の馬鹿だな。こーゆう奴も、オノレの自虐記事を出すことをオススメする(俺は何様だ……)。

goo blog funamushi2 - 2005-08-24 16:18:15 コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

コメント

ごめん。 (えっけん)
2005-08-24 18:37:52
それ、ソーシャルブックマーク使ってやってます。
自分の欲しいAmazon商品ペタペタ貼っただけのやつ。
……後で便利なんですよ。
たいていは買わないで、link貼って満足しちゃうんですけど。

この文章 (π氏)
2005-08-24 20:03:27
気に入りました。
そんな ブログ(アフェリエイト)ごろごろあります。
それでは なかなか売れないですね。実際買ってレビューしなくっちゃ。

(●′ω`●)そんなつもりでは… (ゆがんだはしご)
2005-08-24 20:15:08
えっけんサンが、
まさか、また遊びに来てくれるなんて死ぬ程うれしいです(●′ω`●)
嬉しすぎて…
コメントをウットリ見つめたまま2時間ほど経過してしまいました。
えっけんサンに「ごめん」と言われる日が来るとは…
これも夢なのでしょうか。
ドキドキ『萌え』てしまいました。危険です。
この記事は、えっけんサンの「本棚」を愚弄するものでは無いです。
…つ)Д`)
検索から、
リンク無しでタイトルだけズラズラと羅列して
「自分の持っているCDです」って個人ページに飛んでも
そのタイトルだけがタテ長く羅列された「一覧」を見ても
果たして今その商品がAmazonで買えるのかどうかも
スグには解らないですし
結局、そんなページを読んでも得るものは何も無いので
虚しくなります。そんな気持ちを記事にしてみました。
その点、えっけんサンの本棚ならば
今その商品がスグ買えるのかどうかが解りますんで
俺のようにAmazonで頻繁に買い物してる者にとっては
とても便利だと思います
[萌]に う○こフィギュアがあるのが微妙に気になりました(*ノωノ)
これがまさに、
”意図しない別人が 「勝手に傷付く」 事”
の、えっけんサンの記事に該当する出来事でした(*´Д`)
(えっけんサンって、ブログ内で論争されてますが、
傷付いたりとか、悩んだりとか多くないですか…?)
あ、いや何でも無いっす。
これかも、応援しています。
ああー、トキメキのままに文章にしたので意味不明でスミマセン。

π氏さん はじめまして (ゆがんだはしご)
2005-08-24 20:28:16
π氏さん、はじめまして(*ノωノ)
貴方のブログも、密かに拝見してました。
というか、えっけんサンに関わる人々のブログは
ほぼ全て拝見している次第です(怖い奴ですみません)。
π氏さんのブログで
カテゴリー数を ( ) で手動表示されてるので
あ、同じ事を考えている人が居るんだなーって
気になっていました。
あっ、申し訳ないです。↑上記コメントで
えっけんサンのWEB上の「本棚」を肯定してしまいました。
でも、出来れば実際に商品を購入してからの方が望ましいと思います
WEB上で公開する限りは
その商品の「単語」で検索から飛んできた人達が
「どんな情報を必要としているのか」
自分の存在を、その人達に意義あるものと感じていただくために
何をしてあげることが出来るのか・
どんな情報を与える事が出来るのか、
それを考える事で
互いが「得るものがある」快適なWEB世界になるんじゃないかと思いまし
た。
有益な情報を提供できなくても、
自分の意見を一行でも入れることによって
初めて「レビュー」というものになるのであって
単に商品画像を貼り付けて、タイトルを付けただけで
「レビューです」ってのも可笑しいと思いました。
長々とすみませんでしたorz
今日は夢を見ているのでしょうか… 幸せです。


ただいまコメントを受け付けていません。