読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

Leiermannさんへ

事件 精神病 過去の鬱病論争

「汝、己の鬱病を語るなかれ」

上記の記事を読んで、俺がイライラするままにUPした記事について、筆者から以下のコメントをいただいたので、お返事をココで綴りたいと思います(俺も時間が足りないので文章滅茶苦茶ですが、、

> 鬱病というものが単なる「気分の落ち込み」ではない、紛れもない「病気」であるという認識すら、未だに一般的ではない*2。「鬱病」を、「軽い悩みでふさぎ込んでいる」ことと勘違いしている人は余りにも多く、「薬に頼るな」「気合いが足りないからだ」などと心ない反応が返ってくることは少なくない。

> 仮に気分の落ち込みを度外視したとしても、睡眠障害・集中力低下・食欲減退、あるいはその他の身体症状により、人並に動くことは到底できないのである。

> 従って、「大した原因も無いのに、人間関係で疲れただけで薬飲んでる」というのは誤りです。

コメント中で貴方が自らの記事内から抜粋している部分自体が、「理屈がましい」と言っているんですよ。というより貴方が記中で述べておられることは、スデに周知の事実ですし。理系大学院生の貴方に対して、俺は高卒ですから、まあ貴方から見れば俺の文章など中学生レヴェルで読み辛いかもしれないですが。俺は、文章を作成するにあたって「分かりやすい」ってのを重視してるので。

当たり障りないオブラートで包んだ口調で「俺が守ってやるよ」って暖かさが滲みでている貴方の記事は、うつ病患者を抱えて、ヤツ当たりされて苦しんでいる身内の者にとっては、「今さら、分かってるよ!」って声を大にして言いたくなるほど、イラッとくるんですよ・・

貴方にイチャモン付けたのは別に憎んでるワケじゃないのですが、イラッときたよ。という素直な感想を述べたまでです。本人の前でワザワザ言う必要も無いかと思い、自ブログで呟いたまでです。

> 「薬に頼るな」「気合いが足りないからだ」などと
> 心ない反応が返ってくることは少なくない。


ああ、コレなんですけどね。例えば、ウツ人間の家に「アニマル浜口」さんを置いてみましょうよ。気合だー!って毎日耳元でカツ入れられりゃあ、どんなウツ人間も、立ち上がって動き出すでしょ。

まあ、ようするに周囲の人間が甘いってことですかね。結論は。

俺は、誰かに物事を伝えるときに、あれこれ小難しいことばかり言うのが嫌なんですよ。貴方のように、へ理屈だらけで、優しさだけで、うつ人間を保護するだけが、うつ人間に対する「優しさ」ではないのですよ。

俺のように、時には頬を殴ってやる人間のほうが、うつ人間のことを本当に考えてあげているのですよ。

俺は、八つ当たりしているわけではないのですよ。俺と同じように、「早く、薬など止めて楽になれよ」と、助言してあげているのですよ。

うつ病の薬を飲んでる人が、うつの薬を止めた途端に、死ぬって科学的に証明でもされるならば、その薬も必要なんでしょうけどね。せいぜい、自殺するぐらいでしょうしね。

俺は、うつの薬を飲んでる人の苦しみもわかるからこそ、あえて、ここで、「薬を止めてみろ」と提案してあげているのですよ。

確かに、TBすべきだったかもしれませんが、あの記事で、貴方の記事に対して、一つ一つ言及しているワケでは無いですから、TB打つまでも無いかと思い、俺の感想「イラッときた」と自分のブログ内で正直な感想を述べたまでです。

食事を取る気力が無いウンヌンについてですが、別にウツ病じゃなくても、会社の付き合いで胃が痛くて食事取る気力もねえままに働きに行く人だって居ますしね。終わらない住宅ローン抱えて、血反吐はく思いで働かにゃ食ってけない人も居ますしね。人それぞれですが、食事取る気力ウンヌンで、「うつ病患者は可愛そうだ」とか同情はしないですけどね。

リンク先の記事については、一応全部目を通しましたが。俺の考えは変わらないです。

何に苦しんでるかもわからない。だけど「うつ病」って人が増えてると思うんですよね・・・うつ病が流行みたいになったら、この国は傾いてしまいますからね。

満たされすぎて、案外近くに有る当たり前の幸せすら気づかず踏み躙ってしまう人が増えてるんじゃないかと思います。対人関係が原因で、うつ病になった人は、人の優しさに気付いて、そして理解しようと歩み寄る努力をする事が大事ですよ。そうすれば、うつの薬なんか飲まなくても、前に歩いてゆけるはずです。

まあ、コレでも読めばイイんでねえの?気合い!気・合・い・!

気合いダァ!二〇〇連発!!―アニマル浜口 魂を揺さぶる熱きメッセージ集

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/93a8dd80f8526d9625995a6d0de29d71

goo blog funamushi2 - 2006-01-04 23:59:20 コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

コメント

おいおい (通りすがりの異邦人)
2006-01-05 00:58:27
> ああ、コレなんですけどね。例えば、ウツ人間の家に「アニマル浜口」さんを置いてみましょうよ。気合だー!って毎日耳元でカツ入れられりゃあ、どんなウツ人間も、立ち上がって動き出すでしょ。
おそらく、一時的には動けるようになるかもしれないけど、後で揺さぶりが来て、後でダウンすると思う。
肉体的な症状が前面に出てて、精密検査を受けても原因不明で、気合いが足りないんだと言われたあげく、某笑ってストレスを発散する系の教室に通わされ、はじめは若干よくなったかに見えたものの、いつしか笑うという行為そのものが苦痛になり、余計悪化した人間が言うこと&「アニマル浜口ってさ・・・毎日隣にいたらエネルギー吸い取られそうだよね・・・」というのに同意してたうつ病仲間が何人かいるので、相当程度の確率で間違いないと思いますよ。

理屈が嫌なら、あなたも理屈を書くべきではありません。 (Leiermann)
2006-01-05 01:16:05
まず、私はアニマル浜口氏が相手構わず「気合いだー」と言い続けるような薄情な人だとは思わないのですが、まあそんなことは良いでしょう。確かに、ある程度症状の軽い人であれば「気合いだー」と言われて立ち上がるでしょう。立ち上がって Mein F hrer, I can walk!" (総統、歩けます!)と叫びすらするかもしれません。
ですが、それは単なる対症療法に過ぎず、何も根本的な解決になっていません。サラ金の取り立て屋が怖くてヤミ金で金を借りるようなものです。本質的にはさらに状況が悪化してしまいます。その結果、行き着くところは「破産」です。食事も取れぬくらいになって、放っておけば餓死するだけです。
私の経験談をお話ししましょう。資格取得のために、とある職場での実習を前年から申し込んでいました。ところが申し込み後に鬱が発病。医者には「やめた方が良いのではないか」と言われたのですが、それこそ「気合いで何とかなる」と思って、実習に行きました。ところが、短い期間とはいえ、緊張と集中が強いられたためか、実習終了後症状が一気に悪化。単なる軽症の鬱だったのに、軽症ではない領域に足を踏み入れたし、治るために年単位の時間がかかりました。
医者には「気合いで何でも解決するという考えは、病気の間はやめるべきだ」と忠告されました。
考えてみれば、「気合い」で解決するのは、解決する力が残っている間です。
長距離の走り込みとか山登りをされたことがおありでしょうか。あれは実際「気合い」が大事です。もうこれ以上走れない、歩けないと思っても、気合いを入れてもっと頑張ることで、体力・気力ともに鍛えられることになります。
ところが、勿論それにだって限界があります。マラソンや駅伝で脱落してしまう人だっているし、山で力尽きて遭難してしまう人だっている。その人達が「気合いが足りなかった」などとはとても言えませんよね。
鬱病だって同じことです。鬱になりやすい性格の人は、むしろ「気合い」という言葉が好きな人が多いです。理不尽な量の仕事を課せられたとき、多くの人が「やってられんよ」と実害のない程度に手を抜いてしまうところで、「文句は仕事を完璧にこなしてからだ」とさらに頑張ってしまう性格の人たちがいます。この両者のうち、鬱病になったり過労死したりしやすいのは後者の性格であることが知られています。
こういう反論はもしかしたら「理屈がましい」ので、あなたは聞く耳を持たれないかもしれません(私は「理屈がましい」ことが悪いとは少しも思いません。「論理」ほど客観的な表現というものは恐らくないからです)。あなたの書かれていることは「感情論」なのかもしれない。だとすれば、ただ「鬱の人間が辛いというが、自分だって辛いんだ」と感情だけを書けばよろしい。「鬱病なんてものはない」「気合いで解決する」などと、客観的に反証可能なことを書くからこうやって反論されることになる。違いますか?公の場で「女は嫌いだ」と言っても「あ、そう」と言われるだけですが、「女は馬鹿だ」と言えば暴言扱いされ、訂正を求められます。それと同じことです。
とりあえず、あなたが辛いのはある程度理解しました。しかし、それを鬱病者のせいにするのはお門違いというものですよ。例えば、年金の負担が重いからといって、病人や老人を責めるのはおかしな話で、責めるならば政府の無策を責めるべきなんです。それと同じように、鬱病者の身内を抱えた辛さを嘆くならば、その負担を経済的にも精神的にも支えてくれようとしない社会の側を非難すべきであって、病人を非難するのは単なる理不尽な八つ当たりです。
あなたの理屈は、幼い弟や妹を抱えた子供が、親に構ってもらえないからと言って、弟や妹をいじめているのと変わりませんよ。

Unknown (jack)
2006-01-05 02:29:51
例えば、ウツ人間の家に「アニマル浜口」さんを置いてみましょうよ。気合だー!って毎日耳元でカツ入れられりゃあ、どんなウツ人間も、立ち上がって動き出すでしょ。
素敵な例えですね!
ええ、脚を骨折した人間だって、ムチをくれてやれば気合いでは知って逃げ出すでしょう、その後立ち上がれるかどうか知りませんが。
良くて自殺って、自殺って良いんですか?
じゃあ、頑張って死んでください、気合いで。
大丈夫、気合いが有れば、死んだって生き返れるんじゃないですか、きっと。
血反吐はいて頑張るよりも楽ですよ、きっと。
私バカだから、間違ってるかも知れませんけど、良いですよね、バカだから。

Unknown (Unknown)
2006-01-05 03:40:15
http://blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/461624aa8663cde1701a5f12d570e1c0

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-01-05 04:03:30
異邦人さん、Leiermannさん、後でレスさせてください。
jackさん、早く死んでください。

生き地獄 (岩男)
2006-01-05 23:38:35
死ぬほどの気合?も持てない、いわば生き地獄がうつ病では。
私は、死ぬためのハードル を下げてくれることを、ずっと希望しています。
すーーーーーっ と意識がフェードアウトしていく薬。苦しまないことは科学で保証してほしい。
そうすれば、うつ病の薬ではなく、その薬を先に飲みます。

Leiermannさん (ゆがんだはしご)
2006-01-05 23:56:21
http://blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/d808a2aa1d31a7efd561425d6c09a7ca
お返事書きますたw

異邦人さん (ゆがんだはしご)
2006-01-06 00:06:28
・・実話ですか?
その話、めちゃくちゃ面白いですね・・・
タマタマ、アニマル浜口さんがアタマにボワーンと浮かんだダケなんですよ(藁
別に「ファン」じゃねえですよ(ファンだったら怖すぎるヨッ、、、
アニマル浜口は・・・・ 
あくまでも、「喩え話」ってことで・・、、
アニマル浜口に過剰に反応されると、
俺自身アニマルさんについて熱心なワケでもねえので(藁。
異邦人さん、面白いっす。

岩男さん (ゆがんだはしご)
2006-01-06 00:08:44
ああ、その薬、イイですねぇ。
俺も欲しいかも。
俺でよければ、日本刀で首跳ねて
ひとおもいに、殺してあげますよ?

Unknown (貴子)
2006-01-10 02:13:45
私もやりたい。
本当に、苦しまないように殺してあげられるのにな~
私は無理やりしょっぴかれた病院で鬱って診断されたけど
薬は眠くて仕事に差し支えるので捨てました。
鬱だけど徹夜で働けているよ。
休みの日は一歩も動けなくなるけれど。

貴子さん (ゆがんだはしご)
2006-01-10 02:24:34
OK! 貴子さん、
俺と一緒に、岩男を殺そうぜ。
さあ、俺に続くんだ・・
準備はイイか・・
・・・どうりゃぁああ!(コロコロ ← 首の転がる音
はぁはぁ・・どうだい?貴子さん、
日ごろの俺達のストレスもコレで少しだけ
ほんの少しだけ軽くなっただろ・・?
・・冗談さておき、
薬は確かに仕事に差し支えますよね。
時間に追われる精密な仕事をそつなくこなそうと思えば、
なかなか薬のみもっては
十分な仕事が出来ませんしね・・
解るよ。


ただいまコメントを受け付けていません。