読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

Leiermannさんへ(2)/うつ病の件

こちらの記事に頂いた、Leiermannさんへのコメントレスが長くなったので記事にして出します(新たにTB飛ばす目的だったりするのですが、、

貴方の経験談についてですが、その短い文面意外にも色々辛い事があったとお察ししますが・・。まあ、俺も薬飲んでた手前、もともと余り強くは無いんですよ、精神的に。

もし貴方が、俺の愛する人ならば、その経験談を聞いた俺が、果たして本当に頬を殴って「立て」と叱咤できるかは・・微妙なところなんですけどね。でも今の俺が、苦しんでいた頃の貴方に出会っていたならば、何度でも頬を叩いて「あきらめずに、少しずつでもいいから資格取得の為に実習に通え」と、あつかましくない程度に励ますと思います。「俺が側についてるだろ、あきらめるな」って励ますと思います。

うつ人間は、誰かの「愛」さえ与えられれば、薬などなくても歩いてゆけるはずです。誰の愛も得られない孤独な人ならば、俺のように・・・この仮想世界の中だけでもいいから、心から愛せる人を一人は見つける事です。

うつ病になる人ってのは・・・ 基本的に「優しい」人が多いんだと思いますよ。

同時に「我がまま」でもありますけどね。それが諸刃の剣となって、自分は「こんなつもりじゃないのに、何故いつも本当の自分を有りの侭出せないのだろう」って矛盾に心打ち砕かれて、何でもいいから使命感を持ちたくて「薬を飲むという使命」を得る事で安堵するんでしょうね。この薬が俺の居場所なんだ、って。

貴方が資格取得の実習で葛藤したのも、この感情に苛まれたのが原因でしょうか?自らの力をフルに発揮する前に、強大なプレッシャーにより、繊細な心が押しつぶされてしまう・・・。だから、実習を断念して、「うつ病」という病を受け入れたのでしょうね。そして、そんな過去の自分を嫌悪したくない気持ちから、あの記事をUPされたのかもしれないですね。今の俺が、過去の貴方に出会っていたならば、「何やってんだ、そんな薬飲むな。この薬がお前を駄目にするんだ」って殴り合ってでも無理やり薬奪ってゴミ箱に捨てるでしょうね(臭い、、

うつ病になりやすい人間は「こうあるべきだ(=私は愛されるべき存在だ)」という自己愛が人一倍強いからこそ、裏切られたときのダメージが大きいんですよ。

> あなたの書かれていることは「感情論」なのかもしれない

確かに俺の記事は、全て明確な根拠も無い憶測だけの「感情論」に終始しますよ。だから、ブログの頂に、「チラシの裏です…、」って控えめに明記してるじゃないですか、、俺は別に貴方の記事の優秀さに嫉妬してるワケじゃないですよ。

> 「鬱病なんてものはない」「気合いで解決する」などと、客観的に
> 反証可能なことを書くからこうやって反論されることになる。

いや・・・・ むしろ、うつ人間が俺の記事に怒りを感じたならば、その「怒り」が立ち上がるきっかけになるかもしれないですよね。いつでも人を突き動かすのは「怒り」「嫉妬」「憎悪」ですから。俺は誰に憎まれても構わないんですよ。俺の言葉が、うつ人間の心臓に抉るように突き刺さったならば、それでいいんですよ。俺を恨むなら、好きなだけ恨めばいいんですよ。

> 公の場で「女は嫌いだ」と言っても「あ、そう」と言われるだけですが、
> 「女は馬鹿だ」と言えば暴言扱いされ、訂正を求められます。
> それと同じことです。

それは違うでしょう。俺は、「うつ病患者が馬鹿だ」とは言ってませんよ。理由の曖昧なウツ人間はナマケモノだと言っただけですよ。

> 年金の負担が重いからといって、病人や老人を責めるのはおかしな話

年金の負担が重いからといって、病人や老人を責めたりしないですよ。「老い」は誰しも等しく訪れる苦行ですから、それと「うつ病患者を責めるな」というのが =(イコール)になるとは到底思えませんが。

まあ・・アニマル浜口さんは、あくまで喩え話なんで・・・・・、、何故か、俺の主張は置き去りに、アニマル浜口(呼び捨てかヨッ!!・・・藁藁)だけスポットライトを浴びてしまって、俺も恥かしい、、

> 食事も取れぬくらいになって、放っておけば餓死するだけです

だからといって、最悪なケースを常に恐れて立ち上がりもせずに、誰かに庇護されて寝たままではそれこそ、生ぬるい怠惰の先に破滅があるだけですよ。

何度、こけてもイイから、何度でも立ち上がる事が大事ですよ。その苦節の中に、奇跡が起きるかもしれない(奇跡ってのは、持病や内臓疾患ではなく精神的な面の話)。始めから何もしなければ、永遠に殻に閉じこもったまま闇の中で、その人の一生が終わってしまうかもしれないのですよ?

だからこそ比較的軽度のうつ病患者もしくは、ナマケモノなダケのうつ病患者を、貴方のように生暖かい檻を作って、うつ病という病を正当化しようと世の中に正しく認知されるように懇切丁寧に噛み砕くように説得するような記事は、返ってうつ病患者の奮い立つ気力を萎えさせ、永遠にその可能性の芽を摘んでしまう場合だってあるかもしれないですよね。

世の中が、そして周囲の人間が甘えさせるな、という事ですよ。理由が曖昧な人に関しては、薬を飲む意味なんて、全く無いですよ。

内臓疾患で、痛みが酷くて、うつの薬飲んでる人は別ですが、人間関係や仕事に疲れただけで、うつの薬飲むのは可笑しな話ですよ(俺が言うなって、、

goo blog funamushi2 - 2006-01-05 23:47:16 コメント ( 48 ) | Trackback ( 0 )

コメント

話が噛み合ってないように見えますが…… (τ)
2006-01-06 00:07:09
とりあえず、精神科Q&Aなどを一通り読んでみることをおすすめしておきます。
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa.html
それと例え話についてですが、
公の場で「女は嫌いだ」と言っても「あ、そう」と言われるだけですが、
「女は馬鹿だ」と言えば暴言扱いされ、訂正を求められます。
それと同じことです。
それは違うでしょう。俺は、「うつ病患者が馬鹿だ」とは言ってませんよ。
理由の曖昧なウツ人間はナマケモノだと言っただけですよ。
論点がずれてます。
Leiermannさんの文では、
・論理的に反証不能な言葉の例として「女は嫌いだ」を
・論理的に反証可能な言葉の例として「女は馬鹿だ」を
挙げています。
仮に誰かが「女は嫌いだ」と言ったとしても「お前は女が嫌いだと言っているが、そのりくつはおかしい」という風に論理を以て相手に反論することは出来ませんね。
しかし、「女は馬鹿だ」と言ってしまうと、「一般に女が馬鹿でない」という理由をいくらでも挙げることができます。
そしてあなたが言っている「軽度のうつは気合いでどうにかなる」というような意見は後者に属しますよ、と述べているに過ぎません。

τさん (ゆがんだはしご)
2006-01-06 00:38:23
女が、お嫌いなんですか?
仮に誰かが「女は嫌いだ」と言ったとしても「お前は女が嫌いだと言っているが、そのりくつはおかしい」という風に論理を以て相手に反論することは出来ませんね。
「何の為に、女が嫌いだと論理立てて反論するのか」という点に注目すれば、「女が嫌いだ」と論理立てて反論したとしても可笑しくは無いのですよ。
ようするに「何の為に」反論するのか、という話なので。

Unknown (ののか)
2006-01-06 01:42:27
分かったようなことを言うのは、おこがましいと思うのだけれど。
考えてみたんですけれどね、加害者に対する怒りがうつ病の人に向けられているんじゃないかと。
あなたは自分を認めて欲しい理解して欲しいと思っているんじゃないかと思う。
でも自分を正当化したいが為に、他者を傷付けるのは良くないと思います。
それは、あなた自身をも傷付けることになるのではないかと思うからです。
そのエネルギーを、過去のトラウマを克服することに向けて欲しいと私は思います。

はじめまして (kiya2014)
2006-01-06 12:14:06
面白いブログですね。
これからちょくちょくチェックさせていただこうと思います。

ののかさん、こんばんは~。 (ゆがんだはしご)
2006-01-06 22:39:17
他人に過度に干渉しすぎない人たちが
今の世の中には増えすぎていると思うんですよね・・
お節介かもしれないけど、
甘えてるだけのウツ人間の頬をブン殴ってみたくなりました・・
(けして悪意ではなく、
その引き金になったのは、メディアを通して知った、
最近のうつ病患者の実態を見てイライラしたのが原因なのですが。
実に、その原因が曖昧というか・・
別に、昔のど根性アニメみたいに
過激なイジメがあったワケでも無いのに、
親も健在で、別に仲たがいしてるわけでもないのに、
原因不明のままに、ただ精神だけが病んでいるんですよね。
たとえば、幼い頃に両親が離婚して苦しんだとか、
そうゆうほかには無い苦しみを持つ身ならば、
薬に逃げたくなる気持ちは痛いほど解りますが・・
そうゆう、ナマケてるだけの 意味不明なウツ人間に対しての、
モヤモヤとした怒りを、ここ最近の記事にブツけてみた次第です。
んーと、でも、ののかさんが言う通り、誰かを傷付けたかもしれない。
でも、俺の記事で傷付く人って、
心の何処かに、自分は怠けてるのか?っていう自問自答をしたんじゃないかと思うんですよね・・・
薬飲んでイケないのか?って葛藤したと思うんですよね。
隙だらけの記事ですが、
俺の声が、ナマケてるだけで誰かを傷付けながら生きてるウツもどきな奴らの心に届いているならば、
俺の記事が完全に無駄では無かったといえると思うんですよね。
どんなにエネルギーをむけても、
過去のトラウマは絶対消えないんですよね・・・・
それは貴方も、痛いほど良く解っているでしょうけれど・・・
お互い、記憶が辛いですが、耐えてゆきましょう。

kiya2014さん、はじめまして。 (ゆがんだはしご)
2006-01-06 22:40:08
こんばんは。
グダグダしてるブログですが、
この調子で、ほぼ毎日更新してますんで、
良かったらいつでも遊びに来てください。
お褒めに預かり光栄です。
でも、どの辺が面白かったのかニャー・・・、、、

Unknown (青)
2006-01-07 00:02:49
人それぞれ考え方は違うし、
貴方の言う事にも一理あるかもしれない。
けど、「人それぞれ」だからこそ、決めつけてはいけないと思う。
人それぞれ容姿も性格も、環境だって違う。
他者から見たら「理由が曖昧な欝」でも、実は本人には理由が判っているかもしれない。
私は、絶対に人に言いたくない理由だったから医者にも本当の事は言わなかった。
家族にも友達にも、ネット上でも言いたくない。
そういう人も、沢山いるんじゃないかと思う。
本当に理由が曖昧な人だって、毎日色んな事で悩んで苦しい思いをしているかもしれない。
考える事も、感じる事も、人それぞれだから。
自分の痛みに苦しむのはわかるけど、他人の痛みも感じてあげて欲しい。

初めて書き込みさせて頂きます (しぎこ)
2006-01-07 00:16:02
こんばんは。
うつ病の薬って、本人が立ち上がって自分の足で歩けるようになるための、あくまでも補助的な物に過ぎないと思うんですけど。
別に「それを飲んでりゃ何とかなる」というような物じゃありませんよ・・・?
なんで薬を飲むのが「使命」や「甘え」になって、殴ってでもゴミ箱に捨てさせなきゃいけないのかわかんないんですけど・・・。
このくらいの知識はお持ちかもしれませんが、参考URL
http://www.e-chiken.com/shikkan/utsu.htm
> うつ人間が俺の記事に怒りを感じたならば、その「怒り」が立ち上がるきっかけになるかもしれないですよね。
多分、無理だと思いますが。
「わかろうとしない、わかってくれない」あなたにうんざりして、オンラインにしろオフラインにしろあなたを避けようとするだけだと思います。

かわいそうな人 (ののか)
2006-01-07 00:19:34
うつ病に関しては、あなたが理解しようとする姿勢を見せないので、これ以上何を言っても無駄だと思いました。
私はね、自分の問題を直視せずに、根拠もなく人を中傷することに腹が立っただけ。
逃げたいこともある。苦しくてたまらない。
それは、あなたの問題。
それをあなたと何の関係もない他人を中傷することにすりかえている。
あなたにひどいことをした人たちのことを憎むのは当然だと思う。
幸せな人たちを憎みたくなるでしょうよ。
その感情はあって当然だと思う。
でもね、そういうあなたはかわいそうな人だと思う。
かわいそうな人になっちゃダメよ。
横っ面を殴りたいのは、こちらの方よ。

青さん、会いたかったです。 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 00:31:21
大好きな貴方の意見でも、
俺の主張内容が変わる事は無いです。
確かに、他者から見て理由が曖昧な鬱でも
本人は理由が解っている鬱は、
単に怠けているだけでは無いし、
それがトラウマになっているかもしれないですよね・・
特に、身体的な欠点に悩む人は、
それをなかなか言いにくいでしょうし。
俺も、ネット上でなければ、リアルでは言う勇気はないです。
でもネット上ですら、言えない人も居るかもしれない。
リアルの人間と、ネット上でも関わりのあるブロガーの場合は、
なかなか本心は吐き出せないですよね・・・
そうゆうジレンマを、貴方にいつも感じているんですよ・・・・
だから、いつも見つめていて苦しくなるんです。
貴方は特に、繊細な心を持つから、
だから人一倍、苦しいのかもしれない。
俺は、好きな人が、毎日苦しんでいるのを見るのが辛い。
でも貴方が、言う通り、もう少し他人の痛みも感じれるように
努力したいと思います・・・(自信は無いけど。
遊びに来てくれて有難う。
いつでも会いに来てくれると嬉しい・・
思ったままを書き込んでくれると、俺は凄く嬉しいよ。
今でも、好きだよ。これ以上言わなくても、俺の気持ちは解ってくれるよね・・

しぎこさん (ゆがんだはしご)
2006-01-07 00:36:31
あくまでも俺が主張したい内容は、
ナマケモノの うつ病患者 もどき です。
多分、無理だと思いますが。
「わかろうとしない、わかってくれない」あなたにうんざりして、オンラインにしろオフラインにしろあなたを避けようとするだけだと思います。
それこそ余計なお世話です。
見たくなければ、見なければいい。それだけの話です。
さようなら。

ののかさん、どうも。 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 00:44:46
いやいや、俺に批判される うつ病にジレンマを感じている皆さんは、
現実を直視できていないだけの話ですよ。
でも、「かわいそうな人」って表現は、
ちょっと相手に対して失礼だと思いませんか?
ましてや、貴方と俺は、何度かコメントやりとりした仲ですし。
俺は、無差別に人を傷つけてるのが目的では無いです。
現実を直視せずに、
誰かの傘の下で おんぶに抱っこで
うつ病です!って逃げてる人達に、
そんな薬は捨てて、ラクになれよ。と、
教えてあげているだけなんですよ。
横っ面を殴りたければ、なんぼでも殴ればイイですよ。
それでも貴方を嫌いになったりはしないです。
今回の記事については、話が擦れ違っただけの話ですよね。

全然わからない (青)
2006-01-07 00:47:39
…貴方、IP解らないんでしたっけ。
まぁ良いや、とりあえず、ちゃんと読んでくれただけでも良しとする。
あぁそれから…
気の多い人間が「好きだ」とか叫んでも…
誰も信用しませんよ。
叫ぶなら一人にしろ…とは言わないけど、考えてもみてよ。
あちこちに「好きだ」って叫んでる人間に「好きだ」って言われて、嬉しい?
こっちは全然嬉しくはないね。
迷惑です。

青さん、 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 00:53:53
迷惑?
何人好きになっても、その思いが嘘偽りなければ、
それでいいと俺は思うけど・・
ましてや、この仮想世界には
素敵な人が多すぎるからね(姿が見えないのも理由だけど。
貴方も含めて。
たくさんの好きな人を追いかけていると、
俺は、リアルの苦しみも忘れられるんですよ。
貴方についても、そうですよ。
貴方が、ブログを更新するたびに、
元気で生きているんだって、すごく安心するし、
そうゆう気持ちも「=好き」ってことだし。
貴方の場合は、もっと色々理由があるから、
ほかの人への「好き」とは、ちょっと違っているんだけど、

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-01-07 00:56:37
IPアドレスは、このブログでは解らないです。
青さんの詩が好きなんだけど・・
詩を綴ったりしないの?
俺は貴方の詩を
今でもHDに保管して見つめているんですよ・・・・

う~ん (青)
2006-01-07 01:03:46
気付いてなかったんだ…やっぱり。
ちょっと前に、貴方にコメントした名無しは私ですよ。
貴方は死ね死ねって沢山記事出してたけど。
まぁ今は何とも思っちゃいないですが、
あの時言いたかったのは、
「俺の話を聞いてくれ」って叫ぶ前に、人の話も聞いとけ、、、って事。
↑のほうの、色んな人のコメントも…
よく読んで、相手がどういう心境でコメントを書いたのか、
考えてみると良い。
人の話を鵜呑みにし過ぎて自分を見失う人もいるけど、
人の話を全く聞かない人間は、論外。
誰も、話したいとは思わないと思うよ。
…と、こう言いたかったんだ。
ムダな文章を省き過ぎてしまった所為で、混乱させてしまって、申\し訳ないです

人の気持ちとか (雨宮)
2006-01-07 01:13:27
人の気持ちとか誰にも分かりはしない
何故、こういったことを叫びたくなるのか
何かを発する人にはそれなりの理由があると思う
人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど
ののかさんの”かわいそうな人”ってのはマジで相手に失礼だよ
そんなの人から決められるものじゃないし貴方は何様だよって思うよ
考えてみたんですけれどね、加害者に対する怒りがうつ病の人に向けられているんじゃないかと。
あなたは自分を認めて欲しい理解して欲しいと思っているんじゃないかと思う。
でも自分を正当化したいが為に、他者を傷付けるのは良くないと思います。
そんな事、貴方が人の事をわかるんでしょうか?
俺には全く持って疑問です。
勝手な憶測をしたりとか、
勝手に人の気持ちを自分の物差しで計ったり出来るものじゃない
、、と俺は個人的に思った

青さん、 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 01:17:44
名無しで一行のコメントの事?
いや、俺は人の話もちゃんと聞いてるよ。その点はご心配なく・・
理解しようと努力もしますし。
ただ、聞くに値しないコメント
(=俺の主張内容の根幹を理解できなかった人)
にまで、ヘコヘコ頭下げて媚びたくないだけなんですよ。
↑のコメント見てもお解かりのとおり、
皆さん、俺が攻撃目的で記事を出したのだと勘違いされてるようですし。
・・・でも貴方が言うなら、そうなのかもしれない。
何故か、貴方の言葉だけは素直に聞いてしまいます。

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-01-07 01:19:18
↑ は雨宮さんは入ってないです。勿論。
コメントがバッティングしただけっす。

雨宮さん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 01:25:09
雨宮さんのように、俺の記事をあくまで客観的な視点から捉え、
そして、主張内容を考えてくれる人が居ると
とても助かります・・
皆さん、俺の感情論に異を唱えるわりには
自らが感情的に成りすぎているようなんですよね・・・
(貴方と青さんは除いて
かわいそう、って言われるのが俺は一番嫌なんですよ・・
だから、解ってくれて凄く嬉しいです。
俺は、どうにも女性とは基本的に上手くいかないのかも(苦笑。
(青さんは除いて
コメント有難うございます。
いつも影ながら、貴方を見つめています・・

青さん (ゆがんだはしご)
2006-01-07 01:34:39
青さん、良かったら、また遊びに来てください。

念の為 (しぎこ)
2006-01-07 02:17:45
> 見たくなければ、見なければいい。それだけの話です。
さようなら。
いえ、別に私の話ではないんですけど。
自分の話だったら、もちろん単純にそうしますよ(笑)
さようなら。

Unknown (ののか)
2006-01-07 02:29:54
「かわいそう」というのは、最大の軽蔑の言葉ですよ。それは分かっています。
私は人には絶対、そういう言葉は使わないようにしています。
かわいそうな人にはなって欲しくなかった。
それと、トラウマとなるような出来事があった場合、本来なら加害者に向けられるべき怒りが他者に向けられることがあります。
これは一般論。
あのコメントは、うつ病のことを言っても議論がループするだけだと思ってしました。
本質は何なのだろうと私なりに理解しようと考えました。
コメントしない方法もあると思った。
その方が楽だからね。
コメントには責任が生じる。
それを回避する方が本当は楽だ。
何様だと思ったでしょうね。
失礼なことを言う奴だと。
そう思ったならば、それでいい。
どうでも良いと思うなら、コメントはしなかったでしょうね。

わからないなぁ (τ)
2006-01-07 02:42:22
例え話の話は全く言葉が伝わらないようなので止めにします。
あなたの意見でわからないのは、病気の原因を問題にしているのか、それとも病気の実態を問題にしているのか、ということです。
さしたる原因がないのにうつ病だということにして薬を飲むのがいけない、つまり、原因がないのにうつ病にかかるのはおかしい、原因がないのならそんなのはうつ病ではないとおっしゃりたいのでしょうか。それとも、原因は問題ではなく、単にうつ病でもないのにうつ病だということにして薬を飲むのがいけないことだとおっしゃりたいのでしょうか。
あなたの文章には「本来うつ病と名乗っていいのはきちんとした原因があるものだけだ」という前提を置いているかのような表現が散見されます。
あなたの論点とはずれていることを承知で科学的な観点から述べますが、「うつ病」というのは本来は病態の分類に過ぎません。いくつかの典型的な精神的・生理的症状を示す状態を「うつ病」と呼んででいるのです。その基準に合うものは「うつ病」ですし、合わないものは「うつ病」ではありません。
さて、なぜこのような分類をするかといえば、当然「相手がかわいそうな人かどうかを判定する為」などではありません。病気の治療の為です。特定の病気には特定の治療法が有効であることがわかっていれば、病気の種類が判明した時点で有効な治療法を取ることができます。
ところがそこで「原因がないからお前はうつ病ではない。薬に頼るんじゃない。」などと言ってしまうのは、単に問題解決の妨げでしかありません。もちろん、うつ病を誘発した原因がはっきりすれば、それを取り除くことが治療の一助になることはあります。しかしそれは、助けになることはあっても病気の本質的な治療になるわけではありません。ある程度進んでしまった症状の治癒にはやはり薬(と十分な休養)が必要になります。
相手がかわいそうか、そうでないかといったことではなく、単に病気の解決にとって有害なのが問題なのですよ。

病気なのか、そうでないのか (τ)
2006-01-07 04:52:42
蛇足を承知でもう少し語らせてもらいます。
過去の記事を拝見する限りでは、あなたの主張は「俺はここまで苦しんだが、薬を使わずに克服した。だから俺より苦しんでいない奴はうつ病なんかじゃねぇ」という論法によっているようですが、それ自体が問題を含んでいます。
例え話をしましょう。
あなたの主張は、自分が寒中水泳をして風邪を引かなかったからといって、普通に生活していて風邪を引いて寝込んでいる人に対して
「俺は寒中水泳をしても風邪を引かなかったのに、何もしていないお前が風邪を引くわけがない。そんなふうにすぐ寝込むからいかんのだ。体を鍛えろ体を。」
と言って、裸で外に連れ出すようなものです。そんなことをしたらどうなるでしょうか。最悪の場合肺炎を併発して死ぬでしょうね。
うつ病も風邪と同じで、非常に強いストレスに晒されても罹らない人もいれば、それ程強くないストレスを受けただけで罹ってしまう人もいるのです。
あなたの場合は薬を止めて気分が回復したようですが、それは単に、本当にうつ病ではなかっただけのことかもしれません。
当然のことですが、うつ病であるのに適切な治療をしないのがよくないのと同様、うつ病でないのにうつ病の治療薬を飲んでも意味はありませんからね。
それと、「うつ病などという病名をつけるから、自分を勝手にうつ病だと思い込んで言い訳にしてなまける奴が出てくるのだ」という意見はわからなくはありません。実際にそういう人も最近は増えているようです。
しかし、事実としてうつ病というものが存在する以上、病気そのものを無かったことにしてしまおうとするのは問題解決の方法として間違っています。本当に必要なのは、うつ病に関する正しい知識と理解です。

ののかさんへ。 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 05:25:40
ののかさんには、
別の場所で気持ちのやりとりをしたので、
ここでのレスは割愛させていただきます(はぁと。
この記事に関する意見は、お互い平行線のままなのですが、
まあ、ソレはソレ。今後のことは、今後の事ってことで・・・
ののかさん、これからもよろしくお願いします。

τさん (ゆがんだはしご)
2006-01-07 05:31:56
恐ろしく長文ですね。ネバネバしてますね。
今までメールしてたので、
後で返事させてください。

τさん (ゆがんだはしご)
2006-01-07 05:38:18
本当に必要なのは、うつ病に関する正しい知識と理解です

だから、ソレが甘えだって言ってんですよ。
周りのモンの迷惑考えてみてくださいよ。
(ソコしか未だ読んでないですが、、後ほど、また。

本人にしかわからない (雨宮)
2006-01-07 10:36:21
TO:ののかさん
それと、トラウマとなるような出来事があった場合、
本来なら加害者に向けられるべき怒りが他者に向けられることがあります。
これは一般論。
人にはそれぞれ経験しないと味あわない気持ち、感情があると思います
強制的に味あわされたと言った方がいいかもしれません
他者の感情に対して一般的にそうだからといって当てはめる事は
出来ないと思います
人の感情は汲み取る努力は出来ても本当に理解する事は出来ない
まるっきり同じ体験をしない限りね、、
と言いつつ、”矛盾した事をあえて”言わせて貰うと
確かに貴方の言うとおりコメントしない方が楽ですし
貴方ははしごさんの事を思ってコメントしていると俺は憶測しています
若干、うつ病に対する考えを押し付ける事に固執している人が
いるようですが、、そんなの人の考えは自由だと思います
はしごさんははしごさんのうつに対する考え方があり、
それを記事に残しただけ
俺個人が思うのは、人の感情なんて誰にも”理解”は出来ないと思います
汲み取る事は出来ても、完全に理解なんてできやしない
人の意見に耳を傾けたりする事が出来ない時もある
それはその人が体験して形成された精神状態でしかわからない
人の考えも人それぞれ、
それを他人に押し付けようとするのも自分勝手
人の考えが変わるのは、
その考え方を受け入れ、本人が納得した時に変わるもの
また、人間なんて誰かと接していれば生きているだけで
傷つけ合って生きているようなものだと俺は思います。
長文すみません

Unknown (ののか)
2006-01-07 12:08:42
雨宮氏へ
「誰でも人は、結局のところ、自分自身を体験するだけなのだ」という言葉を読んで、ああその通りだなと。
でもね、人と関わるときに「あなたには分からない」という風に言うことは、そこで関係をストップさせてしまうと思うのです。
私は青さんの「俺の話を聞いてくれ」と叫ぶ前に、人の話も聞いとけ、というのはその通りだと思います。
> はしごさんははしごさんのうつに対する考え方があり、それを記事に残しただけ
何かを主張するということは、それに対する批判ももちろんある訳で、それに対して「聞く耳持たぬ」ような対応は、どうかなと思った。人の意見に耳を傾けられないのならば、このような開かれた場で言っている意味がないと思います。
コメントをしてくれる人がいるうちは、まだいいと思う。こいつには何を言っても無駄だなと思われたら、おしまいだと思う。
私は断定したわけではないんですけれどね。このように思う、と言っただけ。まあそれが勝手な憶測なのだと言われるのは、私の書き方に問題があったのだと思います。
自分に都合のよいコメントには耳を傾けて、そうでないコメントに拒否的な態度をとっているように私は見えたんですけれどね。人の考えは確かに自由なんだけれど、こうしてコメントをくれる人がいること自体、私はありがたいことなんじゃないかと思います。真摯にコメントをくれた人に対して、茶化すような態度を取ることはそれこそ失礼なんじゃないかと思います。
http://nonokayume.blog14.fc2.com/blog-entry-98.html
ここのコメント欄で出てくるのだけれど、個人の体験に基づく「定義」というのは「報告」していくときに注意が必要だと思う。まあ受け取る側もそれが「個人の定義」だということを分かっていないといけないとは思うのですけれどね。

関係ないのだけれど (ののか)
2006-01-07 14:16:28
雨宮氏というと、大塚英志を思い出すのは私だけ?

長くなりますが、丁寧にお返事します。 (Leiermann)
2006-01-07 16:50:50
過去の体験談も読ませていただきました。気合いを入れてお返事します。
まず、あなたが大変な過去を抱えていらっしゃるのは多少なりとも理解しました。
しかし、今回の件はそのことと関係ありません。あなたの過去の体験は、あくまで一回限りのものだし、医学の専門家でもないあなたの判断です。そこから一般的な結論を導くことはできないのです。
たとえば、あなたは薬を使うことを「薬に逃げる」と一貫して表現しておられますが、このことは、抗鬱剤が鬱病の治療に全く役立たないと考えなければ出てこない表現です。だって、仮に薬を使わずに治せるのだとしても、鬱病の人間が周囲に迷惑をかけるのであれば、薬を使って早く直した方が良いのではないですか?
あなたの場合は薬が役に立たなかったのかもしれませんが、他の人がそうだとは限りませんよね。特に気になったのは「薬なんか飲んでフラフラしてる場合じゃなくなるんですよ」という表現ですが、私は薬のせいで「フラフラ」した体験はありません。
また、「嫌でも、立ち上がらなくては成らない状態」になった時、「そんな時、貴方がうつの薬を飲んでいたら大変な事になります」になるという理屈もよくわかりません。
なお、私も個人的な経験からものを言わせて頂けるのなら、鬱病の治療に最も良い方法は「ひたすら何もせず怠ける」ことです。これは、一般にあらゆる病気で休息が必要であるのと同じことで、鬱病というのは神経が参ってしまっているのだから、頭を使わないことが重要なのです。とはいえ、実は「何もしない」というのは実は難しくて苦痛を伴うことです。しかし逆に言えば、常に全力で物事に取り組んでしまう姿勢が、身体に無理をかけていたということもあり得ます。
ですから、「誰かに庇護されて寝たままではそれこそ、生ぬるい怠惰の先に破滅があるだけ」というのは誤りです。実際、風邪を直す方法は「誰かに庇護されて寝たまま」でいることしかありません。
それと、「女は嫌いだ」「女は馬鹿だ」のたとえについて誤解をされているようですが、いくら主観を積み重ねても客観は出てこないですよ、ということです。あなたがいくら「嫌いだ」という主張を積み重ねても「馬鹿だ」という結論は出てこないわけです。仮にあなたが「馬鹿だから嫌いだ」と言いたいのであれば、「馬鹿である」ということを論理的に説明できなければならないです。そのことはおわかりですか?
次に、二点目。鬱病者に殴ってでも気合いを入れることについて。
これがいかに有害であるかは、私の記事で書いた通りなので繰り返しません。あなたがそれを善意でやればやるほど、病人は追い込まれるということです。気力が尽きているから病気なのに、気合いを入れろと言われても無理なわけですから。
ちなみに誤解をされているようですが、私は実習を断念していません。誰に気合いを入れられなくとも、実習に最後まで通いましたし、誰も私が病気だとは気付いていなかったと思います。そのとき、周囲の人は「やめておけ」と口々に忠告してくれていましたが、今となってはそれに従っておくべきだったと思います。実際、そこで無理をしたせいで病状が悪化したのですから。自分で気力を奮い立たせるということは、時には有害でさえあるのです。
ですから、あなたが「感情論」でものを書くことによって、病人が「怒り」で奮い立つという期待は間違っています。少なくとも、当時の私には何の役にも立たなかったでしょうし、私の病像は恐らく比較的典型的なものです。簡単に言えば、融通の利かないカタブツの真面目人間が無理をした挙句鬱病になることは多いんです。
それに、あなたが悪意を持っていないことはわかりすぎるほどわかるので、あなたに怒りを覚える気力は出てきませんよ。
それから三点目。病気になる原因に関する誤解について。
あなたは「理由が曖昧な人に関しては、薬を飲む意味なんて、全く無いですよ」と言われていますが、実はこれ、医学の世界では全く逆のことを言われているのはご存じでしょうか。
誰であれ、何か辛いことがあれば落ち込んだ気分になるのは当たり前で、そういう状態は基本的に放っておけば治るんです。
ただややこしいのは、多くの病気で「ストレスが原因で発病する」ことは多くあって、鬱病もその例外ではないということなんです。つまり、人間関係で極度のストレスを抱えた人が体をこわす例はかなりありますが、そのストレスは単なる「引き金」であって病気の「原因」ではないということです。
例えば、人間関係のストレスがきっかけで高血圧になった人がいたとしましょう。この人に「降圧剤を飲むな」と言えますか?
最後に、「メディアを通して知った、最近のうつ病患者の実態」など信用なさらない方がよろしい。
例えば、以前「最近の女子中高生の実態」として、「もはや援助交際などというのは当たり前なのだ」という報道が見受けられました。それを見て、あなたが「女子中高生」に「援助交際なんてやめろ」と説教したとしたら、「援助交際」をしていない「女子中高生」にとっては迷惑以外のなにものでもありませんよ。
それと同じことで、仮に「メディアを通して知った、最近のうつ病患者の実態」に目に余るものがあったとしても、それを一般化してはいけない。まして、精神の病気というものは、他人から誤解される要素が余りにも多いものです。実際、「本当に必要なのは、うつ病に関する正しい知識と理解です」というのは正しいことです。
これに関してあなたは、「だから、ソレが甘えだって言ってんですよ。周りのモンの迷惑考えてみてくださいよ」と反論なさるでしょうが、そうおっしゃるならあなたの方も、別の鬱病者から
「そんなことを言うのなら、あなたも私の迷惑を考えてください。あなたがどれだけ鬱病者から迷惑を受けているのか知りませんが、そんなことは私には関係ないでしょう。赤の他人であるあなたの事情を推察しろとは、甘えているのではないですか」
と言われたときに反論できなくなってしまいますよ。
以上、長くなりましたが、お返事まで。

Unknown (dingo)
2006-01-07 18:05:22
昨日から みていたのだが
このような「自己擁護」に長けた者たちは
非常に珍しい。
私の意見を述べる。
感情を抑えよ。 自画自賛を控えよ。
Leiermann氏は コメントではなく
トラックバックを利用してはいかがだろうか。
あまりにも 長文すぎる。
τ氏はHPまたはブログをお持ちではないのか?
これだけでは あなたの主張のバックボーンが
不明である。
わたしは「うつ病」については まだ「正しい知識と理解」を持ってはいないため コメントは不可能である。
が いづれまた参る。

ふむ (ののか)
2006-01-07 19:06:19
それは確かにそうかもしれない。
では、まず。
分かったようなコメントをしたこと、そして「かわいそう」という発言をしたことに関しては、謝罪します。
申し訳ありませんでした。
うつ病に関しては、記事の主張が私にはどうも読み取れません。よってコメントは不可能であると考えます。
それだけのことでした。
はしごさん、雨宮さん、不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。

τさん (ゆがんだはしご)
2006-01-07 21:10:10
例え話の話は全く言葉が伝わらないようなので止めにします
貴方が、喩え話を巧みに操る事で、
本来とりあつかうべき問題点、
「ナマケモノのウツ人間」について考える事が、
上手いこと曖昧にされているような気がしますが。
考えたくない、自分に都合の悪い部分には蓋をしながら
喩え話でピントをボカシてるだけなんじゃないでしょうか。
私が問題視しているのは、何度も言いました通り、
あくまでも「ナマケモノのウツ人間」です。
> 原因がないのにうつ病にかかるのはおかしい、
> 原因がないのならそんなのはうつ病ではない
↑ 
だから、それは うつ病じゃないって言ってますが・・・
原因が無いのに、何のために薬飲んでるの?って話なのです。
> あなたの文章には「本来うつ病と名乗っていいのは
> きちんとした原因があるものだけだ」という前提を置いている
↑ 
原因が無いのに、何で薬飲んでるの?って話ですよ。
オメエは単に薬に逃げてネガティヴになりたいだけなんだろ、
逃げるな!って話です(あくまで「ナマケモノ」のウツ病患者に対してです)
> 基準に合うものは「うつ病」ですし、
> 合わないものは「うつ病」ではありません。
↑ 
でもね・・・今、問題があると思うんですよ・・・
内科で、「うつ病ぽい。」と言えば、簡単に うつの薬が貰えるじゃないですか・・・
それって問題あると思うんですよね・・・そう思いませんか?
だから、本来ならば、うつ病に適合しない人にまで、
うつの診断をしてしまう医者が増えていると思うのですよ・・・
そこが大問題なんですよね。
> 「原因がないからお前はうつ病ではない。薬に頼るんじゃない。」
> などと言ってしまうのは、単に問題解決の妨げでしかありません

原因がない=うつ病患者では無いって事ですよね。
そこを、素直に認めたがらず、足掻く人こそが・・・・・・・・・・、
まさに、ナマケモノのうつ病もどきなんですよ。ふふ・・・
蛇足の「寒中水泳」の話についてですが・・・、、、
それは論点が違うでしょ。
何千回でも言いますけど、俺が問題視しているのは
「なまけものの 「うつ病患者」もどきです」
肺炎うんたらと如何にもな例え話をされても、
「その肺炎になった人=ナマケモノのうつ病患者もどき」
とは、成りませんよね。
うつ病のストレスの度合いについてですが、
軽いストレスごときで薬を飲んでる人間こそが、有害なんですよ。
そう思いませんか?
そうゆう人間が増えれば、これからの日本は傾いて沈没してしまいますよ。
俺は薬を止めて気分が回復はしてないです。
相変わらず、トラウマに悩まされています。
だけど、薬を飲んでも、止めても、
俺の根幹は何も変わらないということに気がついたんですよ。
ならば、不要な薬など最初から飲まなければ良い。
それだけの話です。
最後の部分ですが、
> 、「うつ病などという病名をつけるから、自分を勝手にうつ病だと思い込んで
> 言い訳にしてなまける奴が出てくるのだ」という意見は
> わからなくはありません。

ですよね。俺は、それを言いたかったんですよ。
嗚呼、理解していただいてたんですね。
うつ病に関する、一般的知識はありますよ。
でも、俺がGoogleで うつについて検索かけてココで引用しまくっても、
そんな記事には何の意味も無いですからね。
俺の感情論だけを綴っているんですよ・・・

雨宮さん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 21:11:47
何だかギミックみたいです・・・
「うつ病」に固執する人が意外と多いんですよね・・
この関連の記事を出して改めて気付きました。
誰かの差し伸べる手にすら気付かない人が
増えてるんだと思います・・
貴方の推測通り、ののかさんは
俺のことを心配してくれた上でのコメントだったので、
今までコメントやりとりした仲だし、
それにイチイチ怒ったりはしてないです。お互いに。
雨宮さんに対しての、ののかさんの気持ちも、
間に俺が居るばかりに、素直に言葉に出来なくて
辛い部分が沢山あると推測します。
全て、俺がこの関連の記事を出したのが原因なのですが、
でも・・・
はしごさんははしごさんのうつに対する考え方があり、
それを記事に残しただけ
俺のブログを傍観している方が居るとすれば、
コメントをされない理由は、ほぼ、↑と同じ気持ちだと思います。
無言のままに見守ってくれるというのも、
優しさだと思いますし、
ののかさんのように、言葉で殴ってくれる人も・・また、
優しさだと思っています。
俺のメールの彼女は、
この関連のコメントやりとりを目にしたとしても
黙って手を握っていてくれる。そんな人です。
それも、優しさだと思います。
さまざまな優しさの形が
俺の近くに溢れていて、
なのに俺は人を傷付けてばかりなので・・
でも、貴方の言葉通り、俺は自分なりの うつに対する考えを
知ってほしかっただけの話ですし。
喩え話ばかりでなく、そして揚げ足とりでもないコメントが付けば
当然ながら、レスもしますし・・・
10:36:21の貴方のコメントの後半の部分ですが、
その全てに同意です。
嗚呼・・やはりギミックなのかもしれないですね・・
俺の為に、いつも考えてくださり有難うございます。
貴方のコメントを、このコメント欄に埋もれさせるのは
実に惜しいと思います。俺の脳内に補完しておきます。

ののかさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 21:12:46
02:29:54のコメントに対してですが、
俺は加害者達に対する怒りを、
無関係な第三者にブツけているように見えるかもしれないですよね。
確かに。
でも俺は、そんなつもりは毛頭無いです。
が、何かを主張するにおいて、
多少の犠牲を伴うのは致し方ないことだと思っています。
12:08:42のコメントについてですが、
俺が、聞く耳を持たない対応を取る相手は、
あくまでも、「揚げ足とり」が目的な
理屈こねくりまわしてるだけの人間のみが対象となります。
理屈こねくりまわしながら、比喩を多様しすぎている
コメントについては、
それについて俺がいくら考えて答えを導き誘うとしても、
あくまで「比喩」に対する回答に終始してしまいますので、
あえてイチイチ反応しないまでの話です。
ですから、俺は、そういった類のコメントに対しては
それなりの対処となります。
弱小ブログなりとも、如何なる理由があろうと、
揚げ足取りが目的で、人の言葉じりをとるのが目的なのが見え見えな
醜悪なコメントならば、即サヨナラです。
茶かすなんて、とんでもないです。
リンク先の記事については
以前、俺も非常に考えさせられたのですが、
しかし、個人の定義であるという甘い考えで世間は見てはくれないということも
解っています。
でも俺は、誰に冷笑を浴びせられようと
俺の信じる道を貫き通すまでの話です。
余談になるけど、大塚英志さんは俺もファンでしたよ(笑。
19:06:19のコメントについてですが、
誰の主張に賛同するか・賛同しないかどうかは、
傍観している第三者の心中で判断されることですから、
どうか心配なさらないでください。

訂正 (ゆがんだはしご)
2006-01-07 21:20:19
肺炎うんたらと如何にもな例え話をされても、
「その肺炎になった人=理由の有るうつ病患者(守るべき人達」
とは、成りません

dingoさん (ゆがんだはしご)
2006-01-07 21:33:49
Leiermannさんのコメントは確かに長いですんで
TBでも良かったのですが、
この記事自体が、Leiermannさん宛ての手紙みたいになってるので、、
それは問題ないです。
でも長文すぎて、萎えちゃいました、、今から読みます。
τさんは、あんだけ長文で熱心に比喩を用いるくらいなので、
己のブログURLを貼り付けていただいたほうが・・
あなたの主張のバックボーンが不明である。
俺も、その通りだと思います。
まあ猫も杓子もブログ持ってるこのご時世で、
5分も有れば、簡単にブログ作れるわけですし。
参る、って・・  侍みたいですね・・
確かに、自己庇護が基盤になってるかもしれないですね。
俺が一番、醜悪で自己庇護に長けているのかもしれないですね・・
こんなグダグダブログで良ければ、またお越しください。

ののかさん&はしごさんへ (雨宮)
2006-01-08 00:14:27
ののかさん
僕の事は気にしないで下さい
貴方の気持ちで不快に思った気持ちも
凄く綺麗に流れました
はしごさん
貴方の大事なお知り合いに変なコメントつけて
すみませんでした
俺個人が思うのは
鬱病というのは判断基準が難しいと思います
鬱病じゃないのに鬱病と診断されて思い込み
精神が悪化の方向に流されていく人もいるんじゃないか、
知らなければ、鬱病だなんて言われなきゃ
奮い立って頑張れるケースもあるんじゃないかと思います。
俺は自分の事を鬱病だとは思っていませんが
選択的無言症という自分の過去を知ってから
心の苦痛が悪化してしまったような気がします
知らなければ安定剤や眠剤等飲まなくても
良かったんじゃないかと思っています
確実な症状や目に見える物理的な腫瘍等が無い”心の状態”に
病名をつける事が全てにおいて良いとは思えません

感情論なのはいいですがきちんと話を分けてください (τ)
2006-01-08 01:14:43
大体言いたいことはわかりましたが、「うつ病という病気が現に存在するかどうか。それは本当になおすのに薬が必要なのか。」ということと「うつ病についての(中途半端な)知識が広まったせいで自分をうつ病と思い込んで甘える人が増えている」ということは全く別の問題ですので、分けて論じてください。
実際「私は○○かもしれません」と言って医者に行くとすぐに薬が貰えてしまうというのは医療にとって由々しき問題だと私も考えています。実際うつに限らず「風邪引いたみたいなんですぅ」と医者に行けば「じゃあお薬出しておきましょう」と、やたらと強力な薬が貰えて、しかも患者(?)もそれを望んでいる。昨今のMRSAのような耐性菌、院内感染といった問題もこのような体質が原因の一端にあるのは明らかでしょう。
私が言った「正しい知識と理解」というのはこういったことも含めてのことです。本来は、病気かどうかというのはきちんとした知識のもとに判断すべきことであって、少し気分がふさいでいるからといって素人判断で「うつ病かもしれない」と思ってしまうのはおかしな話です。
ところが、逆もまた難しい問題になります。精神の病を患ってしまうと、自分の精神が健康かどうかという判断能力自体に異常を生じてしまうため、適切な治療をするのが遅れ、症状が進行してしまうこともしばしばあります。
ですので月並な意見になってしまいますが、本人だけではなく、周りの人間も含めた人達がうつ病という現代病についてのきちんとした知識を持ち、冷静に判断することが重要になります。自分だけで安易に「病気かもしれない」「いいや病気なんかじゃない」と判断せず、きちんと医師や周りの人間に相談することが必要です。
なお、あなたのおっしゃるような「うつ病もどき」については「擬態うつ病」という用語があることをお伝えしておきます。
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/deplib.html#gitai1
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/gitaiqa1.html
ただ↑で宣伝されている「擬態うつ病」という書籍は現在は入手困難なようですが……
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796625178/

Leiermannさん (ゆがんだはしご)
2006-01-08 01:59:19
Leiermannさんへお返事綴りました。
http://blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/59c9a679f639472853c2f7aa2096d24a

雨宮さん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-01-08 02:30:29
お気遣いいただいて有難うございます。
どうか気にしないでください。俺は元々、全然気にしてないです。
むしろ貴方がコメントを付けてくれる事自体が
何より嬉しい出来事なので(照。
鬱病じゃないのに鬱病と診断されて思い込み
精神が悪化の方向に流されていく人
俺も、そのことについて・・考えていました。
貴方のように、明らかな事実が有る人については
また別の話になりますが、
そうではなくて原因が曖昧な人に関しては、
奮い立てば出来るであろう人達までが、
うつ病という観念に囚われて苦しんでいるのではないかとも思えてしまいます。
確実な症状や目に見える物理的な腫瘍等が無い”心の状態”に
病名をつける事が全てにおいて良いとは思えません
全くその通りだと思います。
なんだか長文↓が控えてるので激しく萎えてます(藁藁。
コメント有難うございました。
また何か思うことが有れば、何でも書き込んでいただけると
とても嬉しいです。

τさんへ その壱 (ゆがんだはしご)
2006-01-08 03:54:06
あ、萎え萎えというのは失礼でしたね・・スミマセン。
こんなブログに、真面目に、しかも長文で貴重なご意見有難うございます。
俺の駄目文を紐解くのは相当なエネルギーを要したと推測しますが
色々、考えてくださり感銘を受けております(大げさ、、
「うつ病が存在するか否か、そして薬が居るのか」という問題と、
「うつ病と思い込んで甘えてる人が増えている」という問題は、
確かに、分けて考えるべき問題ですよね。
俺は何もかもを、同時進行で考えるから、
全てを巻き込んで破滅へと向かうのが常日頃のパターンなのですが(藁。
また今回も・・・・(汗。
あー・・まさにそうなんですよ。
貴方が、「医者に行くとすぐに薬が貰えてしまう問題点」について考えている頃、
俺も、それについて考えていたんですよ。
しかも患者(?)もそれを望んでいる
そうなんですよねー・・・。最近の若者は・・刺激を求める余り、
手軽に薬ゲットできる手段として、
うつ病を利用する場合だって有りますしね。
これは大問題ですよねー。
あー、「正しい知識と理解」ってのは、そちらの意味で
おっしゃられていたのですね。なるほど・・ 失礼しました。
そうですよねー。素人判断で「うつ病”かもしれない”」って思う人が
増えるのは非常に問題ありますし、
これからの日本の将来を担う若者の目前に、そういった逃げ道があって、
医者が簡単に薬を出せば、
偽うつ病患者が増加して、日本は沈没してしまいますし。
ニートも増えてますからねぇ・・、、
根暗な詩綴りながら薬飲んでる若者のブログもたくさん見ますしね。
(俺も、その仲間かもしんないですが(藁。。
薬が・・・ とかポエム作ってた俺が、笑わせますよね。こんな記事ばかりUPして。
まさに同属嫌悪です(藁。
これ以上醜悪なものはないですよね。実は自覚してます。
あー、長くなるので一旦切ります。続く・・・

τさんへ その弐 (ゆがんだはしご)
2006-01-09 00:12:55
原因があるならば、
本人は、何で苦しいのかが解っているはずなんですよね。
原因が無くて、精神が病んでいるのは、
それは誰しもが持つ苦しみであって、
いちいち、「うつ病だろうか・・」とか悩んでいたのでは、
世の中の人、全員が何かにつまずく度に皆「うつ病患者」になってしまいますよね。
神経系に異常をきたして精神が病んでいる場合もありますんで、
病院に行くのは構わないですが、
最初から、自分自身が「うつ病なんだろうか」と過度に悩みすぎるから、
医者も、その匂いを察知して「じゃあ、薬飲んでみるかね」って感じで、
簡単に薬を出してしまうんじゃないでしょうか・・
これも、うつ病という病がポピュラーになりすぎたせいですよね。
うつ病自体が、どこか後ろめたくて、
会社でも、なかなか言い出せない人が多いと思うんですよ。
そんな、やましさがあること自体が可笑しな話ですよね。
皆さん、病気だと、豪語されるわりには、
社会に向けて「私は うつ病です」って、なかなか声を大にはいえないじゃないですか。
やましさが有るから言えないんですよ。
もしかしたら自分は、うつ病じゃないんじゃないだろうか?と、
自問自答しながら、薬を飲んでいるから、
当事者の身内の人間も、周りに負い目感じて生きてかなきゃならないんじゃないでしょうか。
単に薬が好きで飲んでるヤバメな人も居るかもしれないですけどね。
病名はなかなか言い出せませんが、
でも、うつ病ほど曖昧でご都合主義な病気は無いと思うんですよ。
苦しんでいる姿を演じる為に、薬を利用している方だって居るでしょうしね(俺じゃねえかorz
適切な治療というのも曲者ですよね。
医者は、症状を口頭で聞いただけで判断して、
薬を増やして行きますよね。それが危険ですよね。
どんどんネガティヴに陥る患者の心情を
果たして医者やカウンセラーが何処まで掴みきれているのか実に疑わしい限りです。
> 周りの人間も含めた人達がうつ病という現代病についての
> きちんとした知識を持ち、冷静に判断することが重要
いや・・・・・ 返って、うつに関する知識を取り入れたばかりに
苦しむ人だって居るかもしれないじゃないですか・・
↑コメントの雨宮さんのおっしゃるとおり、
知らなければ良かったという事も有りますし、
知った事で、苦しみを背負う人が、ここのところ増加しているんじゃないかと思いますよ?
> きちんと医師や周りの人間に相談することが必要です。
医者に対しても、「うつ病ぽい」とかほのめかさない方が良いと思います。
内臓疾患なのか、神経系の病なのか、きちんと検査をして異常が無く、
更に、原因が見あたらない場合については、
擬態うつ病ですよね。
擬態うつ病についての本を買おうとまでは思わないのですが(汗。
貴重な情報をいただき有難うございました。

ところがそれは逆なんです。 (τ)
2006-01-09 04:29:00
精神科Q&Aにも書かれていますが(参照 http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/dep0.html)、
本来は「原因の分からない精神の落ち込み」こそが「うつ病」なんです。
また、「自分が病気であることを申し訳なく思ってしまうこと」もうつ病の典型的な症状の一つであることを述べておきます。「俺はうつ病なんだ、優しく接しろ」と他人に強く主張できるような人は逆にうつ病ではありません。
原因不明の誠実 http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/depstd.html#%8C%B4%88%F6%95s%96%BE%82%CC%90%BD%8E%C0
も参考としてお読みになってみるといいかと思います。
なお、私は一介の理系大学院生であり、誰にでも手に入る情報を元に論じているに過ぎません。また、私自身はうつ病にかかった経験があるわけでもありません(身近な人でうつ病にかかったことのある人ならいることはいますが)。

τさん (ゆがんだはしご)
2006-01-09 23:22:54
「俺はうつ病なんだ、優しく接しろ」と他人に強く主張できるような人は逆にうつ病ではありません。
↑ いや・・そのタイプの人間こそが、うつ病なんじゃないのかと俺は思います。
貴方は、うつ病とは無縁だったのですね。なるほど。資料だけで此処まで語れるとは素晴らしいです。
リンク先は、全て目を通させていただきました。
様々なご意見、有難うございました。

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-01-10 00:27:12
これ以上コメントが続くと手に負えない
-完-


ただいまコメントを受け付けていません。