heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

俺の一番恐れているブロガーは(名前連呼しすぎ、、

旬を過ぎた話ですが・・、、

触れては成らない禁忌なのかな。はむはむさんのブログが消滅してますけど、、最後の記事は、えっけんさんが王様になって、はむはむさんが老婆心で、えっけんさんに助言するという物語だったはず・・(保管してないから忘れたけど、、 後で読もうと思ってたのに、、

http://djungarian.jugem.jp/

あ、失礼。移動しただけなのか、俺の勘違いでした(消えるワケねえだろ・・

えっけんさんやlstyさんが、素敵な理由が解った。自分を安売りしないから、何だかヨク解らないが、凄い人に思えてしまうんだ(失礼だよ、、。

あんだけ、はむはむさんに荒らされた後なのに、えっけんさんは、いつも通りの「!」感嘆符入りで、ポジティヴな記事を出してる。何があろうとも、動じない、えっけんさんのブログには、辛気臭さが無い。女は、ウジウジした男が嫌いらしいから。そうゆうトコが、モテる理由なのかなあ・・

Akkyさんの記事を読んで、俺にとっての「怖いブロガー」を考えてみた。

俺が、恐れているブロガーはlstyさんです。

コメントレスが時々、氷のように冷たくて怖い。近づいたかな?と思ったら、「お前なんか、俺の心の片隅にも存在しないんだよ」と言いたげな醒めたレスが付いて、頭から冷水浴びせられたような絶望感を感じる。多分、それが狙いなんだろうな。うわ、とんでもねえツンデレだよ(俺の中では、lstyさんは強気の受けなのだ。

lstyさんに、そっけないレスをいただいた時は、lstyさん以外のブロガーのブログを読んで気を紛らわせてる。だんだん気分が浮上してきて、またlstyさんに対する想いが強くなります。その繰り返し。ゴールの見えないマラソンみたいな恋ですね。蜃気楼みたいに掴めない存在だから、憧れのブロガーなんだな。

冷たくされた直後は、胸がズキズキするけど。でも、それで良いのだと思う。妙に愛想の良いlstyさんなんて想像もしたくない。イメージが崩壊する。俺は、lstyさんに、もう一度「お前」と呼ばれたい。好きなブロガーに頬をぶたれると、官能的な何かが体中を駆け巡り、血が騒ぐのを感じるから(俺が変態なだけ、、。

近づき過ぎては成らない部類の人だと思う。多分、現実世界で会っても、話は合わない。だから、調子に乗ってるコメントには、醒めた返事でいい。勘違いするな、お前は傲慢になりすぎちゃイケナイ、そうゆうキャラクターなんだ、と気付かせてくれる(俺はこのキャラクターが崩壊したら終わりなんだ、、。

小さなブロガーが、何か勘違いをした時点で、相手も大分醒めてるよ。間違いなく。

「出かけの芽に定期的に水を注いでやる、飼育する立場のブロガー」と、
「育てられる目下のブロガー」

との主従関係についても同じ。俺は後者になる。多分、俺は「育てられた」。自力で、掃溜めの最下層から、地上に顔を出したわけではなく、名の通ったブロガー達に定期的にブクマされる事で、引き抜いてもらった。

仮に、ほとんど無名で無所属の俺が前者になって、無所属新人ブロガーを引き抜いて、はてブでブクマしまくっても、誰かを育てる事は不可能だ。俺には影響力が無いからだ(多分、watchしてるだけの人が多いと思う。

影響力の有るブロガーに成る為の必須条件は、「自分を安売りしない事」。これに尽きる。コメントレスも、「そうですよね」と妥協しない。お前らには、オレの真意は解るまい、という奥深さを感じさせてこそ、誰かにとっての「憧れのブロガー」と成ることが出来るのだろうな(・・何か、この記事も偉そうでヤだな。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/65cb7454a945ded2e48bf4a133589a5a

goo blog funamushi2 - 2006-04-25 06:13:45 コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

コメント

Unknown (小樽)
2006-04-25 13:11:53
みんなはじめは種から始まり、やがて芽が出て花が咲く。
でも、花を咲かせるのは一人ではない。
水だけをやっても花は咲かない、肥料だけやっても花は咲かない、土だけあっても花は咲かない。
多くの人に支えられてはじめて花が咲くのだ。
なんとなく考えたブロガーのイメージ。
おれ自身は、はしごさんにも育てられた感じはしてますよ。

えーと。 (reitoki)
2006-04-25 16:56:03
私は「自分で勝手に育った」と思い込んでいる身の程知らずです。
でも1年くらい前にえっけんさんやLSTYさんからコメントを貰った時はドキドキしましたね。
ファンレターを送ったら、お返事が来たっ!って感じでしたもん。
懐かしいなぁ。

僕の怖い人は (Akky)
2006-04-25 19:33:48
こんにちは。
僕のいう「怖い」というのは言葉が怖いとか対応が怖いというのではなくて、いつも本心を見抜かれているような、自分の言動を冷ややかな目で見られているような、そんな感じのする人です。
自分に対して否定的な意見をもつ人というのはたくさんいますけど、自分のほうではその人の意見を否定しきれないというか、むしろ強い尊敬を感じているというか、そんな感じの人ですね。
極端にいうと、「神様」、みたいな人。

小樽さん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-04-26 00:46:04
改良版も読みました。ブロガー同士の交流は、互いが持ちつ持たれつ支えあって、沢山の花を咲かせたいものだな、と感じました。詩のようで、とても素敵な考え方だなと思います(何か、いつもの小樽さんと違う雰囲気ですね。
育てられた自分が、自分の花だけ咲かず事に夢中になるのではなく、新たな可能性の芽を見つけ出す努力をする事も、自分を成長させる為に大切な事なのかもしれません(俺は、まだ育てられる立場の者ですが、、。
小樽さんがlstyさんに馳せる想いのように、俺も、憧れのブロガー達に想いを馳せ、間接的に愛でていただくことで、喜びを感じ、自分らしい色の花を咲かせてきました(小さな花ですが、、。
最近は、大勢のブクマよりも、・・想い人にブクマされた時の感動の方が大きいです。
俺が育てるだなんて、滅相も無いです(汗。小樽さんの記事で俺の名を取り上げてもらう事で、俺が育てられています。大分枯れかけてるので、こうして水を与えていただけると嬉しいです。

reitokiさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-04-26 00:47:20
reitokiさんのブログ、まだ見つからないです(汗。 関係無い話になりますが、以前、ノイズちん というブロガーの、別ブログとかも探してたのですが、結局見つかりませんでした。
ダークホース的な存在のブロガーって、サブブログの方が目立ってて、メインブログは、通だけが知る・・ってパターンが多いような気がしています。
ずっと、この胸のトキメキが何なのか考えていたのですが、確かに、ファンレターの返事が来た時の感動に似てますね。
俺も、reitokiさんのように、空気を読みながら、楽しくコミュニケーション出来る人に成りたいです。(そうすれば、きっとコメントくださる人達も、遊びにきやすいだろうし・・
憧れのブロガーにコメントいただいた時は、感動の余り、必死に縋り付きすぎてしまいます。 後で、冷静に自分のレスを読むと、余りの醜態で、自分でも直視出来ない事が多いです。
腕の具合が悪いようで、心配です。俺も仰向けに眠れなくて、横向きで眠る事が多いです。

Akkyさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-04-26 00:48:44
Akkyさんが憧れるブロガーが誰なのかが、とても気になります。
おそらくAkkyさんの、あの記事を読んだ人は、「俺の事か?そうだと言えばイイのに!」と内心ヤキモキしているんじゃないかと思います。
何故、あの記事に惹かれたのか、その心理を考えたのですが。「恐れられたい」願望なのかもしれないです。どうだ、俺は怖いだろう?うははは・・・と自分に酔いたいから、「Akkyさんが怖れる人は、俺に違いない!」と勘違いしちゃうのかな、、とか(俺も例に漏れず、会って間もないのに勘違いしてました。
でも、「神様みたいな人」と聞いて、違うな・・と、ようやく自覚しました。
思い込みって怖いなと思うのですが、それぞれが見つめる方角は明らかに違うのに、ちょっとでも、自分に可能性がある、思わせぶりな記事が出ていると「俺か?」と叫びたくなる・・これは、もう病気かもしれないです。いや、俺の勘違いで良かった(? です。
yukiさん関連の記事は、無事完結したのか、何なのか微妙な空気のようですが、俺にとっては非常に興味深い、やりとりでした。

Unknown (LSTY)
2006-04-26 17:23:56
 先日会社の同僚に「LSTYさんは、わざと近寄りがたい存在だと思われようとしてるでしょう?」と言われました。ある部分では当たってますけどね。敢えてフレンドリーに振る舞うのはめんどくさいし。
 でも、一方では話しやすい、相談しやすいとも言われる。あんまり「大人としての嘘」をつかないからだと思います。
 ここら辺は表裏一体だと思いますよ。

lstyさん、こんばんは! (ゆがんだはしご)
2006-04-27 01:51:17
lstyさんが、相手を己の懐に入れても構わぬかどうか、考えてから、心許せる一部の存在だけを、心から愛でる行為は、
貴方に心許された一部の人々からすれば、何にも変え難い至福なんだと思います。そして、簡単には裏切られないだろう、という安心感を与えます。
俺も、貴方のメインブログのサイドに仲間入りさせていただけた時は、「もう絶対離れないからっ!」って思うほど嬉しかったですし。うひょー!って飛び跳ねる想いでした。
俺のように、何でもかんでも、体内に取り入れようとする者は、取り入れた相手を不安にさせていると思います。結構、誰でも貪欲に体内に取り入れてます。
lstyさんは、簡単には人を寄せ付けないところが「優しい」と思います。冷たくする方が難しいですし。好き・嫌いを、態度で明確に表現する事で、相手を勘違いさせずに済みますよね・・。それが大人として嘘付かないという事なんだと思います。期待させるほど罪な事は無いでしょうし。
本音を言うと、例えばlstyさんが体調を崩してる時には、「大丈夫ですか」と、感情のままにlstyさんの傷を舐めるコメントを入れたいです。でも、lstyさんがブログに求めるのは、そうゆうものとは違うのかなあ・・とか色々考えてしまいます。面倒だと斬られる恐怖が、頭にチラ付くからかもしれません。
でも、この緊張感が有るからこそ、貴方に魅力を感じるのかもしれないです。既出ですが、斬るか、斬られるかですね。


ただいまコメントを受け付けていません。