heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

不倫するな。俺はそんな我侭は許さん!!!

不倫については、嫌気がさした夫や嫁から逃れたくて、ネット上で知り合った人と会ってセックスしてしまう人も多いと思う。

だけど、子供が居る人は、子供の気持ちを考えて欲しい。

子供がいくつになろうとも、親は「親」なのです。例え貴方のお子さんが高校を卒業して義務教育期間を終えたとしても、それを区切りに「離婚」に踏み切ろうというのは、子供にも計り知れないダメージを与えます。「貴方は、もう大人だから、後はお母さんの人生だから好きに生きても、構わないでしょう?」と思うかもしれません。ですが、お母さん、貴方はどうなのですか?貴方の両親は離婚していますか?不倫していましたか?貴方の両親も離婚・不倫しているならば、それは「因果応報」というものでしょうから、貴方のお子さんの悲しみも運命だと言えるでしょう。そんな貴方ならば、お子さんの気持ちも理解出来るでしょうから、お子さんに一方的に「理解しろ」と強要するようなお母さんでは無いと思います。

ですが、お母さんである貴方のご両親は不倫も離婚もしていないのに、貴方は自分の子供に、貴方が味わっても居ない、計り知れない孤独と苦しみを与えるつもりですか。20歳の成人式を直前に控えて、両親が離婚してしまうというケースもよく耳にします。

20歳になっても、子供にとって、「親は親」なのです。貴方達が、思うまま恋愛し、生んだ子供なのに、そんな大切なお子さんに何故、貴方達の価値観が合わないという理由だけで、計り知れない苦しみを与えるのですか。相手の理解が足りないとか、自分には否が無いと思いたいのだろうけど、本当は自分にも理由があると気付いているのならば、何故それを改善しようと努力しないのですか。

俺からしてみれば、貴方達「既婚者」は贅沢すぎる。何が不満なんですか。若い頃から、自由に思うまま恋愛し、自分が選んだ人とセックスし、結婚する。それだけの幸せを味わっておきながら、何が不満なんですか。じゃあ、貴方の体と俺の体を取り替えてみますか。貴方達のような我侭な人達ならば、俺の体では1日も我慢出来ないでしょうね。とにかくセックスしたくて仕方が無いんでしょうね。それが悪いとは言わないし、勝手にすればいいです。ただ、これだけは言える。貴方達は、人間の屑です。

俺からすれば、「恋愛して、結婚出来るだけ有りがたいのだ」と貴方達に教えてあげたいです。結婚したのは、貴方の選択です。貴方が選んだ道ですから、貴方の運命として、最後まで、連れ合いとまっとうして下さい。人間関係に「飽きたから」という理由で、とっかえひっかえセックス出来るだけの肉体があるのならば、それで十分「幸せ」だと思いませんか。

知らなければ良かったのに、知らない「はしごたん」の方が幸せだよ、と思うかもしれない。果たして本当にそうでしょうか。何なら、俺のように幼児期に性体験をして、整形手術に失敗して、大人になっても自由に恋愛もままならず、ただ亡霊のように生きながら親の介護に明け暮れる。こんな人生を歩む者も居るのです。一度でもいい。俺を色目で見ないで、対等な立場として抱き合えるならば、俺は何があろうとも、その人と一生添い遂げるでしょう。だから、思うまま恋愛し、結婚し、子を成した貴方達は贅沢者だと言っているのですよ。今ある、ささやかな幸せすら放棄してしまう貴方ならば、どこへ転がり込もうとも、同じ結末を迎えるだけでしょう。それほど、結婚という決断をするには、慎重にならなければならない。お前らに逃げ場なんて無いんだよ。

解ったか?

goo blog funamushi2 - 2006-07-27 23:38:49 コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

コメント

明るい離婚も… (うらら)
2006-07-30 16:22:44
8年前に離婚して、今はこうして時間があれば好きな時にPCを開いて老若男女誰とでも交流が出来る自分がいます。
8年前には考えられなかった事です。
友達はおろか実家でさえ、行く事はおろか電話すら許されない家庭でした。
義父母さんの厳しい目があり、義父母に逆らえない夫に子供達も息の詰まる生活をしていました。
夫からの希望で離婚したのですが、ドロドロな感情を持つ前に別れたので今でも子供達の親同士である事には変わらないので交流は続けています。
子供達は離婚して甘くなった父や義父母を上手に利用しています(^_^;A
離婚したのが、子供達が物事が解かるようになってからだったので良かったのかとは思いますが…
私も以前は夫に対して」言えなかった事が言えるようになり対等な立場で接する事が出来るようになり離婚が正解だったのかな?なんて思っています。

うららさん、お久しぶりです。 (ゆがんだはしご)
2006-07-30 23:54:26
今回の記事では、浮気と離婚を混同して考えてしまったのですが、、・・俺は、親の離婚に振り回されて傷付いてしまう子供達のことばかり考えていました。
実際、俺がリアルで付き合いのある人でも、うららさんのようにバツイチの女性は力強く、輝いて生きているし。子供さんと上手くいってるケースも知っています。
でも中には、子供さんがショックで不登校になってしまったり、年頃の子供さんが友達の家を転々と渡り歩いたまま家に帰って来なかったりで、学校の教師と連絡を取りながら苦労している母親も知っています。
俺は独身ですので、実際家庭に入った女性の息苦しさや、姑との確執など想像の範疇を超えません。だけど、うららさんのように、離婚する事によって、母子ともに新しい希望の道が開けてくる・・こういったケースは、やはりお母さんがどれだけ踏ん張れるかにかかってそうですね。俺の彼女も離婚してるんだけど、人間できてるし、うららさんのように仕事頑張ってるし、俺なんか頭が上がらないほど尊敬出来る女性です。
俺が怒りを感じているのは、現状で離婚してないのに、子供を放ったらかしで浮気してしまう。そんな夫婦の現状に対してだけであって、浮気に踏み切る前に話し合いをして離婚し、子供を一人で頑張って育てている母親達については、この記事のように傲慢な気持ちは持ってないですし、応援しています。
なんか糞真面目なレスでつまらないですね^^; ひろみさんの曲は、やはりYouTubeでは林檎殺人事件くらいしか見つからなくて残念です。そのうちUPされると良いのですが・・
また遊びに来てくださいね。

う~ん (うらら)
2006-08-01 23:52:20
頑張ってはいますが、ここのところ自信喪失で消えてしまいたくなりそうな思いで会社に通っています。
今日は心底「会社辞めたい」とまで思いましたが、辞めたら仕事がないので「クビ」と云われるまで、辛くても勤めないと…
そんな情けない面も持っているわたしなんですよ!
HIROMIだけが心の支えです。
新曲の試聴して頂けました?「泣きそうだよ」って今の私の心を代弁するような歌詞があります。
秋発売なので、ノリノリではなくバラードなので、はしごさんには物足りないかな?

うららさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-08-02 01:24:38
一度でも辞めたいという気持ちになってしまうと、いつまでもその想いを引きずってしまいますよね。俺もこのブログでは強い事言ってますが、会社を転々としてきた身なので、憂鬱な気分は何となく解ります。
もう俺は駄目だ、今日で終わりにしたい、とか思いながら仕事してると、つまんないミスしてどんどん負のループにはまり込んでしまうし。
俺からの励ましというか、俺の経験から言える事は、会社を転々と移り変わるほどに、賃金や労働時間、人間関係などの条件は悪くなるだけで、特に賃金が前より良くなったケースは少なかったです。結局、ああ・最初の会社で我慢しときゃよかった!って事になっちゃうんですよね。
辛いだろうけど、悲しいときは、ひろみさんの笑顔で乗り切るしかないかもしれないですね。視聴しようとしたのですが、俺のPCの不具合で聞けませんでした。残念っす。最近、洋楽ばかり聞いているんだけど、タマには ひろみさんの歌でも聞こうかにゃー。


ただいまコメントを受け付けていません。