読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

引き篭もり生活も、いつかは終わる時がくるよ

自己 借金 生活

「引き篭もり」で、何もする気力が無い人は、将来の事を何も考えられないし、明日のことさえ、もうどうでもいいよって思ってるのかもしれない。面倒な事は丸投げして、今ある自分がラクならいい。・・俺も、借金こさえながらネカフェに篭城生活してたから、引き篭もりの気持ちは解るよ。

ネカフェに篭ってた頃は、収入ゼロのくせに一日に5000円前後消費してた。そんなのが積み重なって借金が増えて、あちこちから借りまくってる。未だに借金が増え続けてる状態。一度でも借金こさえると、もう人生終わったようなもんだな。今は、むしろ借金がある人生を楽しむようにしている。あー、いつ終わるのかなあ、、って感じで。

自分を経済的に支えてくれる人が側にいるうちは、引き篭もり生活も良いと思う。長い人生で、ほんの一時の休息時間だから。甘えられる環境があるならば、甘えられるうちに思い切り甘えておけばいいと思う。でも、いつかは目覚めなければならない時がくる。そのまま目覚めず、ただ与えられるだけの人生なんてのは、そりゃウソだよな。メシ食わせてもらって、糞するだけの人生なんて、人間ではなく、別のイキモノになってしまうんじゃないかって怖くなるよ。俺もそんな恐怖を抱えていた時期があったけど、今は立ち直って、太陽の下にそこそこお洒落な服着て飛び出してるよ。何事も、案ずるより産むが易で、悲観してた世の中も、いざ自分が勇気持って飛び込んでみれば、思ったほどは酷くないものだ。人間関係についても、外面だけ見て恐怖してたかもしれないけど、実際話してみればそんなに怖くないもんだよ。相手も心ある人間なんだし。とにかく外に出て、誰かと会話していれば、だんだん気分が明るくなってくる。

たった一度きりの自分の人生だから。ちょっとずつでも自分に光を当ててやらないと、自分が損をすると思う。今日は、溜まってたカード会社からの封筒を全部開けて、請求書をクリップで留めて棚の上をスッキリさせようとか。部屋は汚いけれど、せめてPC周辺だけは、綺麗に拭いて、ほこりを無くそうとか。生ごみの日の前日には、洋服の整頓をして、不要な服はいさぎよく捨てるようにするとか(その服を雑巾にして部屋中を拭いてピカピカにするとか。

引き篭もりから脱出する手段としては、毎日ひとつずつ、自分に課題を与える事が大切だと思う。一日に、たった一つでもいい。それを一つずつ片付ける事で、自信が付いてくる。

無理しすぎないように、最初はなるべく簡単な問題から挑戦してゆくのが良いです。複数の課題を同時にこなそうとせずに、一つずつ解決して行きたい。だから簡単なものから着手する。けして、あせらない。俺も、解決できる問題から少しずつ取り組んで行こうと思います。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/187e84798c4dcf986460cf203d1766bc

goo blog funamushi2 - 2006-08-07 16:36:23 コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )

コメント

Unknown (amamiya)
2006-08-07 21:11:32
たった一度きりの自分の人生だから。
ちょっとずつでも自分に光を当ててやらないと、自分が損をすると思う
俺も最近そう思うようになりました
産まれてしまった以上、自分なりに幸せだと感じらる時間を作るように
生きる事は苦しみの連続ですが、
それだけで終わっては損だと思うようになりました
精神の起伏はまだ完全にフラットにはなっていないけれど
改善の方向には進んでいます
今回の記事は、はしごさんに変化を感じました
あまりコメントしていませんが、いつも訪問させて貰っています
応援しています

amamiyaさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-08-08 00:59:12
お久しぶりです。お元気でしたか?
いろいろ納得いかない事も多いのだけど、それはそれとして別の場所に置いといて、自分の人生については自分が納得いくように改善してゆかないとなあ・・と思うようになりました。
自分の存在を、完全なる固体として認識するならば、もう少し自分に優しくしてあげないと、自分が余りにも不憫に思えて仕方が無いですし・・。身内との関係とか、そうゆうしがらみは別問題として切り離して考えてくべきかなあとか・・。闇の世界ばかり見つめないで、明るい光の世界を見つめて歩き出す勇気が必要かな、と感じているところです。
とか言いつつも、もともと根暗人間なので、、やっぱり暗い話も続けると思うのですが・・。一度きりの人生だから、これ以上、後退しすぎないように、現実を見据えて生きて行かないとなあ、と思っています。
amamiyaさんも、少しずつ改善に向かっているとの事で安心しました。コメントなくても、amamiyaさんは俺を見つめてくれてるんだろうなって感じています。サイトが出来た時に挨拶に伺えるように、このブログも気長に続けて行くつもりです。また遊びに来てくれると嬉しいです。

すみません。。 (fivesister)
2006-08-28 13:10:48
とても疲れているときにトラックバックを送ってしまって、申し訳ないです。コメントまでいただいてしまって・・・。
疲れているときも疲れていないときも、お返事は無くても大丈夫です(あったら嬉しいですけど)。はしごさんに読んでいただけたのなら、十分です。
このコメントもレス不要ですので・・。

追記 (fivesister)
2006-08-28 13:14:52
書き忘れてましたが、いただいたコメントはとてもうれしかったです。ありがとうございました。ゆっくり休まれてください。


ただいまコメントを受け付けていません。