読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

独身者の老後は尿の世話から食事まで、それは悲惨なものだろうと考えられる。

悪しき波動を発する子どもを積極的に間引いていくことが必要だろう

既婚者よりも、あらゆる面において異常なほどの拘りを見せるのが独身者でもある。

人生の伴侶も得らぬまま孤独に生きる独身者たちは、拘りを持った偏屈に成らざるを得ないのだ。故に、修復困難なほど捻じ曲がってしまった自分よりも、はるかに希望に満ちたかに見える無邪気な子供たちの姿に嫉妬を感じ、その動作をコントロールしたいと危険思想に陥るのかもしれない。

可笑しなもので・・。無職やニートほど社会情勢や政治について熱弁をふるうのと同じように、子供を持たぬ独身者ほど教育について熱弁をふるいたがるものだ。

だけど子供たちが仮にエリートになったとしても、子供居ない貴方の墓に、その子供たちが何をしてくれるわけでもない。年老いた貴方が全財産はたいて介護施設に入るとしても、貴方の面倒を見るのは東南アジアからやってきた看護師や介護福祉士たちだ。

 フィリピン人看護師ら受け入れ、2年間で1千人 EPA

一度でも入院して、看護師に尿の世話をしてもらった人ならば解るはずだ。身内や子孫が居ればどれだけ助かる事か・・・。

タオル一枚準備するにしてもそうだし、そりゃ血の繋がった人が居た方が助かるに決まってる。これだけ考えても、独身者がどれだけ悲しい未来に向かって今を生きているかが解るはずだ。なのに独身者に対して以下のような ↓ 厳しい意見を持つ既婚者が多いのは事実だ。

結婚できないことを嘆く人々って、言っちゃなんだけど、甘えですよね。ただの甘え、単なるわがまま、男にしても女にしても。なんで世間の独身族は結婚に幻想を抱いているんだろうと思いますね。呆れます。
大石英司の代替空港: コミューン構成員としての義務

あのなあ!お前ら既婚者は、運良く恋愛出来ただけの特権階級の人間なんだよ。実際その気はあっても機会を逃したまま賞味期限切れになる人がどれほど多い事か・・。どんなに努力したって結婚は一人では出来ない。相手があっての事だ、更に両者の親族が認めて初めて公に出来る・とてもハードルが高い儀式なんだよ。書籍出してる有名人なら、もっと現実を見てくれ。お前らは運がイイだけなんだよ。それについては俺がこの過去記事で語ってる通りだ。 つがいにならなきゃ何も出来ねえ癖に、一著前に偉そうな事ぶっこいてんじゃねえぞヴォケが。ちょっと言い過ぎた。

さて、すっきりしたところで話を戻そう。(未だすっきりしない人は直接、大石英司の代替空港へ乗り込んで文句言えばいい。

仮に年老いた貴方が入院するとしよう。看護師は仕事で貴方の面倒見てるだけだ。貴方が望むとおりには動いてくれない。厚かましいくらい声かけて、ようやくこちらの存在に気付いてくれる。内気な人なら、ほとんど無視されると考えた方が良い。もしくは施設側の待遇を監視してくれる自分の身内が居ないとなると・・、施設側もこちらを馬鹿にしてかかってくるだろうな。結構裏ではいい加減な事をされているかもしれないが、寝たきりの貴方はそれに気付く余地もない。

名字が似ている人が近くのベッドに入院している場合は特に危険だ。気付かないままに違う種類の点滴を隣のベッドの人と入れ替わったまま投入されてしまうかもしれない。

尿袋がいっぱいになってベッドの脇にぶら下がっていて、尿がとうとう溢れ出して床に毀れているというのに、誰も気付いてくれないかもしれない。ちょっとノドが乾いたな・・と思ったが朝昼晩と運んでくれる牛乳とお茶しか飲めないで我慢しなければならないかもしれない。

此処で自分に子供が居たならどうだろうか。ちょっとジュース飲みたいよ、と頼めば買ってきてくれるだろう。この病室は角の部屋だから食事が運ばれた頃にはご飯が冷えていてマズかったよ、と言えば、気の利く子供なら近くのコンビニで何か暖かい食べ物を買ってきてくれるだろう。

仮に貴方が身動き出来ない老人であった場合。それらの不満を異国からやってきた看護師に頼めるだろうか。貴方はそこまで要領よく図々しく振舞える人間だろうか。

年を取れば自然と図々しくなる、なんて事は無いですよ。むしろ独身者ほど、人付き合いが下手で妙に気を遣って大事なことが言えない人が多そうだ。

俺が何を言いたいかというと、「独身者こそが、図太く生きて行かねばこれからの世の中生き残れない」という事です。厚かましいくらい図々しく。取れるものは何でもがめつく搾り取るくらいがいいかもしれません。そして貴方と俺は一人で生きて行かねばならないんですよ、だから鋼の精神を養わねばなりません。

負けるかコノ野郎!!!と心の中で絶叫しながら雑草のように力強く逞しく生きて行かねばなりません。貴方も俺も、他の誰の為でもなく、自分の為に生きるのです。

goo blog funamushi2 - 2006-10-01 16:49:02 コメント ( 9 ) | Trackback ( 1 )

コメント

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-10-01 17:21:43
俺も30間際で独身で借金もぐれで焦ってるし、ブログなんかやってるどころじゃないんだけど、 30過ぎてからはきちんと蓄えた方が良いだろうな。以下の記事が参考になります。
http://allabout.co.jp/finance/nenkinreceive/closeup/CU20060904A/index.htm?FM=life

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-10-01 19:46:02
この記事と全然関係ねーけど、浜崎あゆみの昔の写真って今と全然違うくね?
http://www1.nisiq.net/~lala/idol/hamazaki.html

こんにちは。 (fivesister)
2006-10-06 13:23:19
強くなれそうもないので、ゆがんだはしごさんは私の分まで生きてください。
また私が怒るようなことを言ったら、殴って傷つけて苦しめてください。そうしてくれれば、死に近づけそうな気がします。
あなたが私を本気で見て傷つけてくれたから、好きになったのかもしれない。

Unknown (fivesister)
2006-10-06 23:00:08
また滅茶苦茶なコメントを残してしまって、申し訳ないです。
生きるのも死ぬのも、全て自分次第ですよね。
傷つけろ、と言われても困りますよね。
甘えてしまいました。
もっと、現実の生活を充実させないといけないですよね。

fivesisterさんへ (ゆがんだはしご)
2006-10-07 02:58:47
過去記事へのコメントの場合は、編集画面を見て気付く事が多いのでレスが遅くなりました。
あれ?また微妙に困ったちゃん風味になってきてますが・・。 仰る通り、現実の生活を充実させるというか、料理でもいいし何でもいいから別の方角を見るのが良いかと思います。俺も辛いときは音楽も聴けないほど参っているのですが、やっぱり趣味が必要ですよね。俺も趣味が無いんで困ってるんですよ。
とりあえず部屋をおしゃれにしてみるとか、そうゆうのがいいんじゃないでしょうか。あっ、もう死ぬとかそうゆうコメントは入れないで下さいね、、対応に困ります。

こんばんは。 (fivesister)
2006-10-07 23:39:37
>あっ、もう死ぬとかそうゆうコメントは入れないで下さいね、、対応に困ります。
ごめんなさい・・・。
ネットに依存し過ぎないで、目の前のことに集中しようと思いました。
私は身の程知らずで・・・何もわかっていませんでした。

レスは要りません・・・ (fivesister)
2006-10-08 00:23:44
ここに来ると(ここに来なくてもだけど)心理的な距離感が保てなくなります。
メンヘラで不思議ちゃんで通りすがりな私に言われても全く嬉しくないと思いますが、
ゆがんだはしごさんはご自分が思っているより、素敵な人なのですよ。

fivesisterさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-10-08 00:44:03
あ、ちょうど自分のブログに自信を失くしかけていたので、褒めてもらえて自信が付きました。
お互い、あまり急激に物事をがんばろうとしすぎると、その反動が後で凄そうなので・・ 無理しないように生きて行きたいですね。俺もそんな感じです。とりあえず部屋の配置換えをしたりしながら気分転換を図るようにしてます。

また来ました(ごめんなさい) (fivesister)
2006-10-11 23:12:31
私のコメントは空気を無視した、既に荒らしの領域に入っていると思いますが、(それ以前に読まれていないのかもしれませんが)伝えたいことがあったので、書きました。レスは面倒だと思うので、本当に、いらないです。いりません。
私は自分からあなたに喧嘩をふって精神的苦痛を与えていながら、被害者面をしてしまいました。私が先に攻撃をしたのだから、殴られて当然です。あなたは全く悪くないです。悪いのは、私です。私に罪悪感を感じて、我慢して、レスをし続ける必要はないのですよ。
あなたが話す価値があると感じた人にだけ、レスをすればいい、と思っています。
ご自分を卑下する言葉をよく使いますが、私にはそうは見えません。表面はきついけど、心の底は真っ直ぐでやさしい人にみえます。私の方が、他人を構うことでしか、自分を他人に構ってもらうことが出来ない、つまらない人間なのですよ。
あなたは、書き続けることで、きっと「何処か」に辿り着けると思っています。


ただいまコメントを受け付けていません。