読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

愛は、セックスの無い世界にしか存在しません。

感情 身体

俺は自分自身の欠点を棚にあげすぎていたかもしれません。過去の自分の愚かさは一切省みようとはしませんでした。俺こそが最も醜悪な存在であり、ノイズであり、馴れ合いの温床を一身に受けていた‟はてなアイドル”だったからです。

俺の過去の被ブクマは… ほとんどの場合、下地がkanimasterさんなのです。俺はたまたまαクリッパーのkanimasterさんに可愛がっていただく事で、はてブ界の一部の世界のみで成り上がってちやほやされただけです。

馴れ合いのブクマなどあってもなくても同じじゃないですか…… セルクマと大差ないです。貴方のブクマの下地はどうですか?いつも同じメンバーなんじゃないのですか?(自戒も込めて。それって、嬉しいですか?

今一度、自分を冷静に見つめなおそうと思いました。

以下は、今日読んだ尼さんの著書からの引用です。

人が生まれたときには
実に口の中に 斧が生じている
人は悪口を語って
その斧によって 自分自身を斬るのである
いちばん素晴らしい飲みものは、悪口を飲み込むことである
まことに口は災いのもと
いったん口から出た言葉は ひとり歩きして他人を傷つけ
最後には自分自身に斬りかかる "斧" と化すのです

俺は人を罵倒するばかりで、口の中の斧を振りかざして生きてきました。これからは出来る限りこの怒りや嫉妬を殺して、悪口を「飲み込む」ように努力したいと思います。

ですが俺のような性暴力の被害者として生きる者は、「絶対に見てはならない世界」というのが確かに存在するのです。

貴方達は、楽しいから、欲望のままに”愛のあるセックス”について語っているだけなのでしょうが、そんな貴方達を見て傷付いている人たちがどれだけ多い事か… 考えた事があるのでしょうか。

愛のあるセックスが出来るから大人なのではありません。むしろ愛のあるセックスについてあからさまに語りたがるのは、まだまだ子供の証拠です。色気を出しているつもりなのでしょうが、貴方達の享楽ぶりは、俺のような性的被害者から見れば真に愚の骨頂と言わざるを得ません。

ですから貴方達こそが妥協して口を閉ざす必要があるのです。

そうです、貴方達のセックス語りこそが、正に口の中の斧なのです。貴方達がセックスについて語る事で、我々性的被害者をどこまでも追い詰め苦しめているのです。

今すぐ、その不埒な発言を止めてください。貴方達には明らかに思いやりが欠けています。性的被害者への配慮が足りません。

セックスに愛などありません。セックスに愛があるなどと考えるのは幻想です。

愛は、セックスの無い世界にしか存在しません。セックスに愛があるというのならば、性暴力を振るわれた俺は、加害者の男に愛されていたという事になるのでしょうか?セックスは重罪です。セックスをしないで下さい。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/d0e36a54638d974caa9800975bf8a5f2

goo blog funamushi2 - 2006-11-08 20:12:29 コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

コメント

Unknown (touma)
2006-12-18 17:53:28
セックスには、愛なんてない。 それは、同感。
だだし、重罪って考えも何か間違っているような気がする。
端的に言えば、セックスは人間の精神を満たすための食事だと思えばいい。
俺は、父親から性的虐待を受けた時、そう感じた。
満たされれば互いに何も感じなくなり、ただ当たり前の事だと思うようになる。
そう、昨日の晩 何を食べた? ってくらいの事に一々犯罪だとは思わないだろ?
追い詰められていると思うのは、精神が満たされていないからだ。
セックスなんて何でもない事。 いつまでも引きずるな・・・

toumaさん、はじめまして。 (hashigotan)
2006-12-19 02:50:16
この記事を打ったときは俺もかなり参っていたようです。
セックスは人間の精神を満たす食事… でしょうか? …そうかなあ。俺はそういった気分ではなかったので、良く解りません。
確かにセックスだけが人生ではありませんからね。セックスブロガーなんてのもブログ界には沢山居るんですけど(藁。
俺の場合は、肉体的な悩みも抱えているので、これが解決しない限りはきっとこのまま人を恨み続けながら生きると思います。
セックスが何でもないとは思わないですよ。愛のあるセックスによって満たされている男女がたくさん存在する限り… 俺はこの怒りをこのブログにぶつけてゆくつもりです。これからも、ずっと。死ぬまで続けます多分。


ただいまコメントを受け付けていません。