読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

会わない方がいい

仮想恋愛 ブロガー考察

コリラックマのぬいぐるみに帽子を被せたり脱がせたりして、遊んでいる。コリラックマの両手を持って、ぱたぱたさせてみたり。頭をなでなでしていると気分が落ち着く。

ぬーんさんに、メールくれって迫られたよ。どうしよう… って、コリラックマに聞いてみました。ぬーんたんは、はしごたんが好きなんだよきっと、でも会わないほうがいいよ、ってコリラックマが、両手をぱたぱたさせながら言いました。何故?ってたずねてみました。すると、コリラックマは言いました。ぬーんたんは、はしごたんに息子さんの面影を見ているからだよ。

でも俺は納得いかないので、コリラックマの両手をコリラックマのほっぺたに押し付けて、でもでも… でもでも… って凄く悩みました。

-僕に公開してよ。何か送るから-

この言葉に今朝は、どきどきしすぎて変な気分になったので、いそいそと服を脱いで全裸になって、はぁはぁしました。昨日は風呂に入らなかったので、何か臭いけど、その臭さに興奮して止まらなくなってしまい、最後は乳首引っかいて、いい…いいよぉ…、、ぬーんさん、あぁっ……! とか名前呼びながらイってしまいました。足の指が攣ってしまい、しばらくベッドの上で突っ伏して呆然としていました。俺の脳内では、ぬーんさんは「はしごたん好きだよ… 大好き」ってずっと言ってくれました。

普段はdisっても、いざその相手がこっちに向かってこられると… 尻尾を振ってしまうなんて。

そうゆう人が何人か居る。この人、嫌い。何か偉そうだしとか、俺に似てるしとか、何か人気みたいで腹立つとか思うから、密かにヲチりながらそいつが失敗するのをわくわく待っているのだけど。でも、その人がこっちに向かってきて意外と好意的だったりすると、簡単に折れてしまう。

良くも悪くも目立ってる人たちってのは、やっぱり何らかの魅力を持っているんだなあ… と感じました。いや、俺が尻軽なだけか。

goo blog funamushi2 - 2006-12-07 22:41:30 コメント ( 28 ) | Trackback ( 0 )

コメント

Unknown (Ayran)
2006-12-08 00:56:30
いつもご愛顧ありがとうございます。

Unknown (yuki)
2006-12-08 07:09:48
同一人物だったのー???以前わたしにメールくれた人とぬーん75は。なんでリンク先がセクらえ管理部?なんだかわからなくなってきた。ぬーん75は実は女?

yukiさん、おはようございます (hashigotan)
2006-12-08 10:18:22
ぬーんさんは女…?
かなり混乱しました。
もしかして、妻が旦那の思い出を語っているブログだった!とか?
でも、有り得なくもないですよね… 
(そしてこの記事も何だかマヌケですorz
俺は実はこのブログで既に一回、男装した女性に恋をしたことがあって… ずっと気付かなかった事もあったので、、それは絶対ないとは言えないですね。。
2ch等、ネット上で意見する場がほとんど男だらけってのも疑ってみる余地は有りそうです。俺は、うるるんさんも女ではないかと思っているので。いや、だったらいいなって感じなのですが。
コメント有難うございます。

Unknown (yuki)
2006-12-08 10:40:35
一番上のコメント書いてる人と同じHNの人にメールもらったことがあるのよ。で、その人のブログもそのあと教えてもらったんだけど。そのブログはどうやら女のひとが書いてるっぽかった。このHNの人って前にもはしごたんのブログにコメントしたことがあるでしょ。あーあのはしごたんのブログにもコメントしてた人かーってメールもらったとき思ったのね。でもなぜか上のコメントのリンクはセクらえ管理部でコメントが「いつもご愛顧ありがとうございます」じゃん?ぬーん75にもメールもらったことあるしさー訳わかんなくなった。記事にもはしごたんにも関係ないことで悪いけど。
教えて貰ったブロもグわたしにメールを寄越して、わたあなたのしがブログをよければ教えてって返事したにも始めたみたいな感じだったし、ジーパン論争に反応してたし、うーん訳わからん。はしごたんもわからんだろうけど。

Unknown (yuki)
2006-12-08 10:46:23
あれ文章がへんになってる。「教えて貰ったブログもわたしにメールを寄越して、わたしがあなたのブログをよければ教えてって返事してから始めたみたいだったし。」の間違い。これも意味わかんないけど自分で書いてて。うるるんは女なんじゃないかってわたしも思ったことがある。

yukiさん、こんにちは (hashigotan)
2006-12-08 11:32:46
あ、ほんとだ。今年9月にコメント貰ってました。同名のAyranさんのはてダを覗いてみたのですが…
http://d.hatena.ne.jp/Ayran/20061114
このジーパン論争?の記事を読む限りでは、Ayranさんとnoon75さんは別々の人じゃないかなあと感じましたが…、もしかすると男になったり女になったり人格が入れ替わるとか、そうゆう人なのかもしれないですね。
それとも彼のネット上の活動すべてが、創作の一貫であり、壮大なプロジェクトなのかもしれないですね。もしくは、ぬーんさんの正体は栗先生だったとか。
もしくは、ぬーんさんは仮想世界のみに存在する、現実世界には存在しない架空の人物であるとか… 
複数の体験談を資料として構成された架空の人物であるとか…(ネット上でどれだけリアリティが出せるかの実験だったりとか。
いろいろ想像してみました。でも、Ayranさんは「ぬーんさんは女かも?」と読者を霍乱する為のカモフラージュ用に作成された、ぬーんさんの「女の面」が表出した存在なのかもしれないですね。
とか色々考えてみました。メールで直接聞いた方が話が早いかなあ、、

Unknown (hashigotan)
2006-12-08 13:51:27
いや、あれだけの体験談が架空であるわけがありませんよね。俺も疑っているわけではないのです。ちょっと冗談を言ってみただけなんですよ。

また来てしまいました(涙 (aki)
2006-12-08 14:15:13
noon75さんのブログのコメント欄に放送禁止用語を書いてきました・・・。noon75さんって実は女性かも・・・根拠は無いけれど・・・。
hashigotanさんは乙女な表現(良い意味)が上手ですね。母性本能を刺激するタイプだと思います。
hashigotanさんについて思ったことは今まででほとんど言ってきた(文章の表現が歌のように感情に直接響いてくる、など)から、もうあまりないけど、書きますね。
あなたには兄のような面影を重ねていました。私が書いたコメントへのレスが返ってくる度に、あなたから優しく頭を撫でられているような感じがしました。あなたの優しさと温かさが、私に多くの慰めをもたらしてくれました。・・・特技は妄想です・・・。

noon75=Ayran説について (茶柱)
2006-12-08 15:39:56
はじめまして。
仮説1:
Ayranさんに関しては、今のところnoon75さんと全くの別人格であると断じるほどには日記を書いておりません(情報量が少なすぎると思います)。
私はnoon75さんが書いたこの辺の記事がヒントになるのではないかと考えております。
http://icanthelphatingsex.g.hatena.ne.jp/noon75/20061205/p2
(最近の悩み)
つまり、noon75さんはもともとゲームや漫画などが好きな方で、それについて前々から書きたいと思っていたものの、あまりにも自分のブログの芸風(セックスブロガーnoon75による、ネットと買春と女たちについてのブログ)を固めすぎたために、別人格を欲した。
すなわち、それがid:Ayranなのではないか。
そして自分がid:Ayranであるということを、それとなくほのめかしてみせたのが上にあげた「最近の悩み」という記事ではないか。
仮説2:
私は今のところ、noon75=女説、というのもそれなりに信憑性があるのではないかと考えています。
仮説1で私は、noon75さんの別人格としてid:Ayranという存在が生まれたのではないかと書きましたが、もしかするとid:Ayranこそがnoon75さんの本体であるのかもしれません。
id:Ayranという文才ある女性が、ネット上で男性になりすまそうとして周到に計画し緻密に作り上げたのがnoon75というキャラクターなのではないか。
しかしid:Ayranは、「セックスなんてくそくらえ」なるブログでnoon75というキャラクターを演じ続けているうちに、あまりにも肩がこってきた。そのための9月~11月までをブログ休養期間にあてたのではないでしょうか。
Ayranさんの日記はnoon75さんの休養期間のちょうど真ん中である10月7日に始まっています。これは何を意味しているのでしょう。私は休養中のnoon75さんが、肩の力を抜き本来自分の好きなゲーム記事をリラックスして書くためにはてなで「Ayranの日記です」をはじめたのではないかと考えています。
・・・
はじめてのコメントなのに長くなってしまいました。hashigotanのブログをいつも楽しみに読んでいます。寒くなってきましたので風邪などひかぬよう、お体に気をつけて、最低一日3エントリーは更新して下さい。

Unknown (Unknown)
2006-12-08 18:22:48
ブログ「セックスなんてくそくらえ」
(http://noon.serio.jp/)管理部
執筆者一名、校正部員一名で運営中
二人いるんじゃねえの?

Unknown (hashigotan)
2006-12-08 18:27:14
こんなこともできるワケでしょ
全部IP晒しちゃえばいいんだけど
それはhashigotan的にうまくないとみたw

noon75は絶対オス (marco11)
2006-12-08 18:39:16
間違いない。
オスの臭いにイラっときたんだもん俺
今思えばなんだけどね。
文章にイラっときたんじゃねえはずだもん
なんだかわけわかんないだろw
茶柱とか、個人的にどきっとするHNだな
まあよくあるHNなのかな

akiさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-09 00:51:22
俺の文章が、akiさんの感情に直接響いているのは、
俺の選ぶ言葉が、道端に転がる石ころのようにありふれた言葉しかないからだと思います。石ころに磨きをかけては、何とか店頭に並べられる状態にしている、そんな感じでしょうか…
こんな俺に会いに来てくれる人が一人でも居る限り、俺はこのありふれた言葉たちを駆使しながら、文章を打ち続けて行きたいと思っています。
いつかnoon75さんにお返事もらえるといいですね。

茶柱さん、はじめまして。 (hashigotan)
2006-12-09 00:53:49
noon75さんのゲームや漫画についての明るい記事とかも読んでみたいですね。でもそうすると、今まで積み上げてきた彼の独特の世界観が崩壊する事を恐れているのでしょうか。
同一ブログ内にカテゴリー混在するのを嫌う管理人も多いようですね。
彼のブログの隅々まで彼のに血が流れていて、あのブログに飛び込んだ途端に彼の体内に飲み込まれたかのような錯覚を感じる事もあります。(いや大げさではなく本当にそうなんです。
女性は、そういった独特の世界観を構築するのが上手な生き物ですから、我々読者はAyranさんが仕組んだ罠に嵌められていると考えられなくもないですね。
それともAyranさんは、男の本質や醜さを効果的に暴く為には、自らが男になるしかないと判断して、noon75という架空人物を作り上げたのでしょうか…
なんて色々考えてみましたが、こうゆう推理するのって楽しいですね。いつ正体現すんだろう?みたいな、わくわく感?
俺の体調まで気遣っていただき有難うございます。ちょっと鼻水は出てますが、風邪はひいてないです。
何だか優しい人のコメントが多いので、ブログって良いツールだなあと感じています。

Unknownさんへ (hashigotan)
2006-12-09 00:55:23
大まかな話の筋をAyranさんが考えて、 そこにnoon75さんが独特のアレンジを加える、とか。そうゆう感じでしょうか?(何かいつの間にかコメント欄がこの話題で持ちきりですね、、

marco11さん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-09 00:56:09
いくらネット上では仮面を被れるといっても、長文を打ち続けていれば、嗅覚の鋭い人には見破られているかもしれませんね…
生理的な嫌悪感を感じたなら、それは当たっているかもしれないですね。(オカマ?
セルクマの記事出した時、俺かー?ってmarco11さんが攻めてくるかなあと楽しみに待っていたのですが、来てくれなかったのでガックリしてました(藁。 
コメント有難うございます。

こんばんは。 (aki)
2006-12-09 02:15:45
noon75さんの書く文章は、文章から受ける印象が男性らしいものだったので、男性だと思っていました・・・。ネット上の性別判断は難しいですね・・・。

ごめんなさい。 (aki)
2006-12-09 03:01:18
とてもしつこくて、ごめんなさい。
noon75さんからは永遠にメールは来ないと思います。hashigotanさんくらいのレベルのブロガーにならない限り不可能だと思います。私は不特定多数に伝えたいものがないから、ブログは書けないのです。風邪のひきはじめなんですね・・・。こじらせないように気をつけてください・・・。

akiさん、こんにちは (hashigotan)
2006-12-09 14:45:57
いや、まだnoon75さんが女性と決まったわけではないので… 勝手に想像して楽しんでるだけです。
「> hashigotanさんくらいのレベルのブロガー」
吹きました。俺にレベルなんか無いし… 単に暇人なだけです。ある程度の空き時間が持てる人間なら、誰でも俺くらいの文章は打てるでしょうし、akiさんのあの手紙の方が遥かに芸術的で素晴らしかったと思いますよ。
akiさんも風邪ひかないようにね。

こんばんは。 (aki)
2006-12-09 23:02:35
うん。。ありがとう。
>吹きました
素直にほめたのに・・・。
私も暇人だし、あの手紙は妄想だらけだから。
noon75さんのブログの記事にhashigotanさんの名前が出てたよ。両思いかも。
noon75に嫉妬。

Unknown (Ayran)
2006-12-10 00:59:15
お話を思い切りぶった切ってしまって恐縮なのですが、ひょっとして
akiさんとはしごさんって同一人物なのではないですか?
ブログを拝見する限りはしごさんはとてもシャイな方だと推察しますので、
別の一般読者としてnoon氏へ接触を試みることがあってもおかしくないのでは・・・?
そんなことしなくても、素のはしごさんがアタックすればnoonさんはきっと受け入れてくれますよ。
メールなど出してみてはいかがでしょう?
あとそれから、「ぬーん」より「ぬ~ん」の方がかわいいと思います。

hashigotan=吉田アミ説 (茶柱)
2006-12-10 04:11:46
私たちはそろそろブロゴスフィアの片隅で古代より噂され続けている『hashigotan=有名女性ブロガーのサブアカウント説』について真剣に語りはじめる時なのかもしれません。
ところでAyranさんこそ実のところhashigotanと同一人物なのではないですか?いったいあなたは何人の人格を使い分けるつもりなのでしょう……

akiさん、こんにちは (hashigotan)
2006-12-10 15:01:18
昨日はAkkyさんのところで見かけました。akkyさんとakiさん… 確かに言われてみると何となくHNが似てますね。
確かnoon75さん宛てのファンレター5通目を書いたと仰ってましたよね。公開されているのが3通ですから、現在未公開のファンレターは2通あるという事ですね。
ネット上では表情が見えないだけに、どんな真剣な文章もネタとして消費されてしまう場合がありますので、、ネタとして見られても構わないという多少諦めの気持ちというのも常に心の何処かに持っておかなければ身が持たないだろうなと感じています。

Ayranさん、こんにちは (hashigotan)
2006-12-10 15:02:21
「> akiさんとはしごさんって同一人物」
それはネタとして面白いかもしれませんが、、俺はそこまで暇人ではないです(藁。 つーか、もしそうだとしたら今すぐ精神科に直行しなくてはかなりヤバイ人間ですよ。。(今すぐ精神科に直行ってのは、akiさんがじゃなくて、俺がって意味です。
akiさんの下記の記事中での引用文を読んでいただけば、俺がakiさんではないという事は解るだろうと思うのですが…
http://noon.serio.jp/2006/11/post_20.html
ぬーんさんの呼び方については既にfinalventさんがアクセントの付け方まで考えているようです。俺は以下の記事がきっかけで「ぬーんななご」と心の中で呼ぶようになりました。英文字やカタカナだとちょっと無機質な感じになりますが、ひらがなで呼ぶと何だか愛着が沸きますよね。
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20060927/1159338190

茶柱さん、こんにちは (hashigotan)
2006-12-10 15:02:40
実は俺はpartygirlさんのサブアカウントなんですよ、とか… そうゆう感じですか?
俺が仮に誰かのサブアカウントだとしたら、yukiさんがありえるかも。
彼女と俺は実はキレた時の文章がちょっと似てるんですよ。記事タイトルがやたら長い名前だったり、「何が贖罪だよ屑が!」とか彼女の記事タイトルには俺と似通う血が流れているように感じるので(藁。
俺が近いなあ…と思うのはyukiさんですね。だったらいいなあ、と俺も思ってるだけなんですけど。

Unknown (ユタカ)
2006-12-12 16:31:04
こちらに書けば良かったんですね。
僕は、学生が書いているというなら分かるような気がします。
最近は良質のギャグだと思って読んでいますが、前回はありえない初歩的なミスだと思いました。あれは模索とかいうレベルのものではなかった。もしかしたらご本人は気がついてないのでしょうけれども。世間の偏見や誤読などと書かれていますが、それはよほど見当違いのことだと思いますね。すでに嘘にもなっていないので、笑うしかありません。ブログというのは、もしかしたら能力を劣化させてしまうものなのでしょうか。

ユタカさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-13 03:05:44
表現者というのは、時として真実を捻じ曲げてでも、それを作品として昇華せねばならない局面に至る場合があるのかもしれません。
それは表現者の内面における葛藤が、新たな作品の誕生を渇望するあまり、強引に歪めて生み出した、真実と表裏一体の、けれど読者には見えない複雑なからくりが仕込まれた作品であるのかもしれません。

Unknown (hashigotan)
2006-12-13 03:07:04
何言ってるか自分でも意味不明だ… 眠いので、、
(レスは不要です


ただいまコメントを受け付けていません。