heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

言葉の凶器

俺も風邪が悪化して倒れていた。鼻をぐずぐずいわせながら、昨夜だけでティッシュを2箱消費した。朝、目覚めると、いつもの息苦しさと吐き気で胃液が口から溢れ、枕元がベトベトになってしまった。頬も髪もベト付いたので、濡れていない落ち着ける場所に頭を移動しながら、胎児のように丸くなって考えていた。このまま死んだ方がいいのかなって。

この記事に、俺の生きる気力を急激に奪われてゆくのを感じた。確かに俺は、「生きていても何もいいことはなく、苦しみは誰にも理解されず、何をしてもどこまで生きても永遠に一人ぼっち」だよ。

お前は、女を買う立場であり、少なくとも女たちよりは強い立場で強者なんだよ。そして、女を買えるだけの恵まれた体があるのならば、お前は童貞や身体障害者の人たちから比べれば強者なんだよ。

そんな強者であるお前が、弱者の仮面を被りながら、世の中の賞味期限切れの女たちや、童貞男たちを、本気で痛めつけにかかるのはやめてくれ。いくら作品として昇華する為とはいえ、本当に弱っている誰かを傷付けていいというわけじゃないだろ。お前の言葉が、現実世界の誰かが自殺する引き金になる可能性だって高い。俺も今朝は、嘘でもなんでもなく本当に「死んでもいいかな」って気分だった。

だって俺には何もないんだから。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/a2c3ce20fd36554328c83b2efcb2079c

goo blog funamushi2 - 2006-12-15 13:18:12 コメント ( 31 ) | Trackback ( 1 )

コメント

こんばんは。 (aki)
2006-12-15 21:05:53
まだ生きてました。
一時的かもしれないけど匿名コメンテーターを卒業しました。
>賞味期限切れの女
私のことですね・・・。

Unknown (ユタカ)
2006-12-15 21:07:05
文章や言葉に全てを溶け込ませられる資質があなたにはある。書いた側はそれができていない。それが最大の欠点と弱点になる可能性もある。
>諦念にも似た希望むしろ絶望<
とは絶望に似た希望でもある。ひっくり返して読んでみれば、あなたに備わる希望と可能性方がまだ大きい。間違えるということがまだできる。はしごさん、足元の細部にばかり気を取られると太陽は眼に入りません。

Unknown (ユタカ)
2006-12-15 22:33:08
可能性<の>方 でした。「の」が入ります。

Unknown (Unknown)
2006-12-16 00:10:05
風邪大丈夫か?
今日は素直にそう思ってもうたw

akiさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-16 02:55:22
最近見かけなかったので、ちょうど気になっていたところです。
賞味期限切れってのは表現が悪かったですが、akiさんはまだまだ若いじゃないですか。
ブログ始めたんですね。akiさんのおっぱい写真楽しみにしてます。

ユタカさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-16 02:56:00
言葉は、先人が用意した器に過ぎないですから…
その言葉を選んで着飾る事ばかりに足をとられているような人が多いですね。
文芸とかいうけど、文学と芸術は分けて考えるべきではないかとか感じました。彼のは文学というより、芸術って感じですね。
別に俺は、セックスブロガーと張り合おうとも思っていないし、張り合えるはずもないので、 付かず離れずで眺めているだけです。
俺はセックスや風俗に関する記事はほとんど読めないので。 つまり彼の記事もほとんど読めてません。安全そうな記事だけを選んで読んでますから。それは俺の命を守るためなんですけど…
俺は俺のペースで、このブログでコンスタントに自分の心模様を綴るだけです。
コメント有難うございます。

Unknownさんへ (hashigotan)
2006-12-16 02:57:02
緑茶を飲んだら、鼻詰まりはだいぶおさまってスースーしてきました。
あー、そうゆう感じで駆けつけてくれるイイ男が居たらいいのになあ…
俺も素直に嬉しいです。

Unknown (hashigotan)
2006-12-16 08:05:16
彼のは文学というより、芸術って感じですね。
たいした文章も打てないくせにエラソーな口利いてすみません。

Unknown (ユタカ)
2006-12-16 12:58:59
僕も彼とあなたを比較したわけではないですよ。比較することはできないです。文章にすべてを溶け込ませるということも危険でもあるし、今だからできることでもあると思います。ヌーンさんのようにnoon75のコントロールを失っていると書かれてもなんだかもう笑うしかない(良質のギャグだと思ってますが)。言葉の凶器というのはあると思いますね。それを受けとる感性は、年を重ねて弱ってしまったりしますが。僕は彼の文章を読むなら、細部にとらわれずに読んだほうがいいですよと書きたかっただけです。文字は記憶に残りやすいですが、記憶の上塗りがしやすいものと言われているので比較的忘れやすいです。
ああ、web上のユタカのコントロールを僕はすでに失っていて、長文になってしまった。失礼なことを書いても、これからはこれでなんとかしのげそうだ。しかし、このフレーズには年代を感じます。長文になりました。失礼します。

Unknown (南無)
2006-12-16 15:57:37
あれま、アンタも体調落ちてるのか。こちらのこと心配してくれてありがとう。もうだいぶん調子よくなりました。御自愛くださいませ。

ユタカさんへ(hashigotanさんごめんなさい) (aki)
2006-12-16 19:39:00
余計なお世話かもしれませんが、ユタカさんもブログをお書きになればいいのに・・・と思っています。
私のブログは瞬間的で一瞬のものですが、ユタカさんの表現は私よりもっと安定しているし、論理的で知的だと思っています。匿名であることがもったいないと勝手に思っています・・・。気分を害されたら、ごめんなさい。

ユタカさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-16 21:22:46
ブログを続けていると、現実世界の自分とは異なるブログ人格ってものが生まれてくるのですが、いつしかそのブログ人格が一人歩きし始めてしまう時があるんでしょうね。noon75さんが今、その過程にあるのかな
どろどろとした薄汚さを表現しようとしている彼のもくろみとは相反して、 彼の読者は綺麗で完璧な文章を求めているように感じるので(細かい駄目出しがついてる事もありますし)、 
noon75の中の人が望む方向とは違う方向へ歩まざるを得なくなったnoon75というブログ人格の愚かさ滑稽さを、実はnoon75の中の人である僕は笑ってみているんですよ、と言いたかったのでしょうか。
ユタカさんていくつでしたっけ… 俺より年上ですか? lstyさんのブログでも見かけますし、あちこちでよく見かけるので気になってる人も多いだろうし、そろそろブログを持った方がよくないですか。
人のブログに良い意見をしても、そのブログが閉鎖してしまえば、貴方の良い意見も消滅してしまいますから。
コメント有難うございます。

南無さん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-16 21:24:21
どうやら病院で風邪をうつされたようです。病院の空気の悪さは何とかしてほしいというか、大病院でも予約を入れていても1時間以上待たされる事もあったので、そうゆうのも問題だなと感じています。あと、病院内の騒々しさと陰惨な空気でストレスが溜まって気分的に弱まっているところに、ウィルスが飛んできて感染するのかな…とか。
コメントしてよいかどうか悩んだのですが、俺が逆の立場だとしたら、一行でもコメントがもらえたら嬉しいので、 今は勇気を出してコメントして良かったと感じています。。
年配の方の打つ文章は安心して読めるので、これからも更新楽しみにしています。
コメント有難うございます。

akiさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-16 21:25:52
ユタカさんも、納骨堂のズーラさんみたいに毎日人の記事に言及するタイプのブロガーになれば面白いのに、とは思いますね。

Unknown (ユタカ)
2006-12-17 09:40:33
僕など何も書けませんから。
コメントは打ってるその時から消滅してるような気がしているし、僕自身も忘れてしまうこともあります。年齢ははしごさんより少し上だと思います。コメントもあちこちといっても三件ぐらいでとにかく続かないし。読むのは好きで本を読んでいることが多いです。別人格になってみたいですけれど僕には無理のような気もします。
自分が好きで選択した過去ではありませんが、これからそして今は自分で選択(チョイス)できるということだけは忘れないでください。お体を大切に。

ユタカさん、こんにちは。 (hashigotan)
2006-12-17 15:04:16
ご存知かもしれませんが、以下の記事のコメント欄でのAkkyさんとittuanさんの、noon75さんに対する考察が面白いです。
http://blog.drecom.jp/akky0909/archive/848
ユタカさんみたいなタイプの人は一対一の交流だけを求めているのかなあとか思いました。
ブログを持つと、あちこちから叩かれる事もありますから、他者に自己のアイデンティティを否定されることによって生まれる新たな自分の可能性ってのもあるのですが、そうゆう他者の意見によってもたらされる自分の中の変化を楽しむのもブログの醍醐味かもしれません。
lstyさんくらいの年齢ですか。俺の体調まで気遣っていただき有難うございます。

こんばんは。 (aki)
2006-12-17 21:54:17
hashigotanさんは優しいね・・・。
というか管理人の鑑だと思う。どんなお客様(読者)でも大切に扱うって大事だよね・・・。
私のような匿名メンヘラコメンテーターにまで丁寧にお返事を返してくれるから・・・。
私は寂しく居場所が欲しかった、hashigotanさんは心が広い管理人を演出したかった、利害関係が完全に一致して、ここまで来れました。
以前私が言った、あなたと私のレベルの違いとは、あなたは知名度のあるブログの管理人(高レベル)であり、私はただの匿名メンヘラコメンテーター(最下層)という立場の違いです。
今まで、ありがとう。。

Unknown (marco11)
2006-12-17 23:18:57
イイの書いたね。

akiさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-18 02:46:00
hashigotanさんは心が広い管理人を演出したかった
いや、俺も腹が立ったら、追い払いますよ。何かしら感じるところがあるから、お返事しているだけなので… そんなに悪くとらないでください。
あと、利害関係とかはあまり考えずに、一期一会のつもりで返事をかえすときも多いです(特に、ロムってて時々顔をのぞかせる人とか、一見さんの場合などは。
そういった人間関係を構築する上での肝の部分を、俺は大事に考えているので。
うーん… ブログをまた閉じたんですね… あんまり繰り返していると信用なくしちゃいますよ。といっても今は結構そうゆう人が多いですよね。そうゆう時代なのかなあ。

maroco11さんへ (hashigotan)
2006-12-18 02:46:27
どの記事のことか解らないのですが、有難うございます。

この記事だよ (Marco11)
2006-12-18 03:40:27
言葉の凶器ね。
これはイイと思ったよまじで
「お前」っていう二人称使って書くときのはしごたんが一番素敵よ♪

Marco11さんへ (hashigotan)
2006-12-18 04:06:55
まじすか?もしかして、オ・カ・マ?(藁
有難うございますです。

Unknown (ユタカ)
2006-12-18 09:57:03
>ユタカさんみたいなタイプの人は一対一の交流だけを求めているのかなあとか思いました。
文字の場合はそうしたほうが楽かなとは思います。文字を集団でやり取りというのになれていませんし、する気にもなれないというのが本当のところです。僕はホストじゃないので。(笑)
>ブログを持つと、あちこちから叩かれる事もありますから、他者に自己のアイデンティティを否定されることによって生まれる新たな自分の可能性
ブログでなくても僕は仕事で普通に叩かれたりしますし、それで十分です。文字による「アイデンティティの拒否から可能性が生まれる」ようには思えないというのも正直なところです。僕が尊敬している先輩が「ネットは脳を外在化できるところで、それを共有しあうことを僕はあえてよしとしないし、するべきではないと思っている(仕事上のことでもあるけれど)」と言っていて、僕も最近なんとなくわかるようになりました。見て知ることや出会うことのきっかけにはなると思いますが、インターネット上だけで活動することの意味がよくわからないので、ブログをやらないのだろうと思ったりします。
僕にははしごさんがakiさんに語った「信用をなくしてしまいますよ」みたいな感覚がよくわからない。何度考えてもわからないです。けれどブログ継続=信用、継続しない≠信用という形は単純でわかりやすい。インターネットの中で起こる話題をやり取りして、それだけに没頭する方が僕からすれば信用できないと思うんですよ。そのあたりのズレが理解できるまでブログをやらないのではなくて、やれないんだなと思います。関係ないですがよくありがちな表現に「きみらは微弱だ」というのがありますが僕はいやわからんだろうと思います。少林寺で成績を上げている僕の友達が書いたコメントに「微弱だ」という評価をしたブロガーがいたのですが、それは違うなと思いました。実際僕は彼に「微弱だ」とは口が裂けても言えないです。生活全般を見ても全く微弱とは思えない。(笑)もしかしたら僕は、緩やかに自分の感覚がインターネット仕様化してしまう感じが嫌なのかもしれません。
しかし、はしごさんの文章は好きで読んでます。わからない部分もやはり多々あるけれど、特に初期のころのはしごさんの文章は孤独と戦っている感じがあっていいです。文字で血を流すような文章でした。それでは長くなってすいません。

Unknown (noon75)
2006-12-18 15:19:59
だいぶ株を上げたね。
「ブログは殺伐としているべき」ってYukiが言ってたけど、僕はあれに半分同感なんだよ。そうでなければ失われる文章の力というものがある。言ってみれば孤独が書かせる文章というものがある。でもそれだけでは足りない、と最近思っている。残りの半分についてはまた別途書くつもりでいる。
ところで僕は風邪は引いていないが腰を痛めた。

ユタカさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-19 02:48:00
インターネット上で活動する意味については、こうして誰かのブログにコメントをする行動自体がすでに充分ネット上の活動になっていると思います。
以前、べにぢょさんってブロガーさんが言ってた言葉ですが「承認欲求」があるかどうかに尽きますね。現実世界のみならずネット上でも承認欲求が高い人は、ブログを持つだろうし。
あとは、肉体を持たず、個人の思考だけが飛び交うネット上にどれだけの価値を見出せるかですね。ネットを利用する自分がどれだけネットの価値を認められるかだと思います。
「> インターネットの中で起こる話題をやり取りして、それだけに没頭する方が僕からすれば信用できないと思うんですよ」
これは、”人に上下があるとしたらそれはそう思っている人同士のファンタジー”に続く良い言葉ですね。ネトゲで考えてみても、ギルドを統制しているのが登校拒否の厨房だったりしますから。その人の実態は解んないですから、、 例えば俺なんかでも、ブログでは一丁前に説教しますけど、現実世界では果たしてこのブログ通りの人間であるかどうかも解らないですから…
ただ虐待話とか、そうゆうのは嘘はついてないんですけど、それ以外のブログ論などに組み入れた思想は果たしてどうかは解らないです。
今回のユタカさんのコメントは長文でしたが、今夜は俺もかなり暇だったのでゆっくり読ませていただきました。(忙しくなったら、流石にこの文量を読んでレスするのは大変かもしれませんが、、
わからない部分が増えてゆけば、離れてしまうのも仕方ないと思いますし、これからもユタカさんが好きな俺で居続けられるかどうかは解りませんが…、、 と長々と俺も思うまま打ってみました。
コメント有難うございます。

noon75さん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-19 02:49:37
それについては、hatayasanが、対照的な良い意見を述べられていました。
「> そのブロガーは、見られていることに気づかないからこそ、読ませる文章を書けるのではないか。いるかどうかもわからない読者を自分の中でたくましく想像できるからこそ、歯に衣着せぬ鋭い視点から記事を紡ぐことができるのではないか。」
http://d.hatena.ne.jp/hatayasan/20061019/p1
"いるかどうかもわからない読者を自分の中でたくましく想像” の部分には俺も思い当たる節があります。ブログ解説当初は、孤独で殺伐としていましたが、このたくましさだけはかなり凄まじいものがありました(その頃の記事は削除してしまったのですが。
今日出した書評記事は何だか格好よかったです。
もしかして、「はしごたん・・」とか俺を想像ながら女を抱いているとか、はしごたんの萌え記事に萌えすぎた影響で腰を痛めてしまったのでしょうか… 心配です。。(んなわけねえ、、
早く腰が良くなるように祈ってます。

Unknown (ユタカ)
2006-12-19 17:49:25
何度もコメントしてしまい申し訳ありません。
少し気になったことがあり考えていました。
>インターネット上で活動する意味については、こうして誰かのブログにコメントをする行動自体がすでに充分ネット上の活動になっていると思います。
>「承認欲求」があるかどうかに尽きますね。現実世界のみならずネット上でも承認欲求が高い人は、ブログを持つだろうし。
僕はこの点について「程度」について考えました。病気においても程度という問題を避けては診断できません。それぞれの「承認欲求」がどのような理由から起こり、そしてどの程度で満たされたと自己承認できるのだろうか、自己承認力というものがあれば、それが弱っている可能性はあるのかとか考えました。
あとはしごさんは、はしごさんの思うままに書くといいと思いますよ。僕は君に何かを期待しているわけではないです。どんどん変化していく人の姿がこのブログにはあります。それを興味深いなと思っているだけです。ただブログは「承認欲求」が高すぎて内省する必要がある場合はちょっと(いやかなり)扱いにくい道具だと思いました。

ユタカさん、こんばんは (hashigotan)
2006-12-20 00:38:13
「程度」の問題については、アクセス数を例に出すと解りやすいです。どこまでアクセスが増えて承認されても、満足できるわけではないです。このアクセスの奴隷になっている人がブロガーなのかもしれません。アク解ばっかり見てる人も居るようですし(藁。 
現実世界の金よりも、ネット上のアクセス数に価値を見出す人もいるかもしれません。
僕は君に何かを期待しているわけではないです。
がーん・・・ ぜんぜん期待されないというのもショックですけど、、いや確かにそうですね。
期待されない方がこちらもラクなので。意味のあることなら、何も個人ブログでなくとも、他の場所で調達できますし。俺はもっと馬鹿でもいいかなあ、とも思います。昔は今よりもっと馬鹿でした。萌え記事ばかり出してましたし(藁。
思うままに書くといいと思いますよ。
そうですね。もう少し肩の力を抜いたほうがいいかもしれないです。案外そういった自然体で愚にもつかないような文章のほうが、読者に安心感とやすらぎを与えるのかもしれないですね。
コメントありがとうございます。

こんばんは。 (aki)
2006-12-20 19:41:05
最近やさぐれてたから・・・hashigotanさんのことも悪い方に考えてしまいました。ごめんなさい。
ブログを開いたり閉じたりすることを繰り返すことは、確かに信用を落とす行為だと思います。でも、どうしても、自分の言葉が気持ち悪くなってきて、全て消去してしまうのです・・・(hashigotanさんにはよくわからないかもしれないけれど・・・)。
宝くじ買ったんですね。当たるといいですね。

続き。 (aki)
2006-12-20 21:04:25
利害関係があろうとなかろうと、ここは居心地がいいです。小鳥が羽を休める巣箱のようです。私も、羽を休めます(←妄想)。noon75さんとの神経戦?で疲れきりました・・・。乙女(?)の純情を弄ぶなよな。全く嫌味な人だよね。神の愛はどこにもないよ・・・。また、私のメールかコメントが全公開されているのかね・・・。もうどうでもいいけど。
Akkyさんのところのブログに私の本音が出ているから、読んでみると、面白いよ。
また、来るかもしれません。
体に気をつけてください。

akiさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-20 21:22:54
akiさんは、潔癖症なのかもしれないですね。ネットに文章で本音をぶちまける行為を穢れていると感じ、それを恥ずかしく感じてブログを閉じてしまうのでしょうか。
あれ以来noon75さんのブログでは、akiさんの残りのメールは公開されていないようです。Akkyさんのブログはいつも読んでいるので、akiさんのコメントもかなり以前に読んでます。
でも、そんなに気にする事はないと思いますし、ネット上の関係はお手軽ですから、皆、時間つぶししたいだけで繋がってるだけかもしれないですし。
宝くじはバラで30枚買いました。
気にせず、またコメントください。


ただいまコメントを受け付けていません。