読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

初めての恋に敵うものはない…

初恋

「初恋」 村下孝蔵

初恋が終わったあとに訪れる新しい恋は…、初めての恋の比較対照でしかない。いつも比べてる自分に気付いてる。あの頃の胸のときめきはもう二度とは取り戻せないのだと気付いてる。でも、今の恋すら失えば、俺には何もなくなってしまうから… 

誰かを愛する気持ちだけは忘れたくない。

いまもまだ捨てきれない、貴方に感じるこの想いを、違うだれかに投影している。自分を守るために、手当たり次第、人を愛そうと無邪気な自分を演じてみる。与えてくれる人には、誰にでもしがみつく。でも、それは本当の愛じゃなくて、与えられる愛のかたちに依存しているだけかもしれない。その人自体を愛してるのかどうかは解らない。結局、自分を守りたいだけのナルシストなのかもしれない。

俺は自分を異常なほど愛しているから、この自分への愛を超えるほど、誰かを愛せるような事はほとんどない。

この身を焦がすほどの恋をしたのも、夜も眠れぬほどの恋をしたのも、もう遠い幻のように感じている。それに近い感情を抱くこともあったけど、まだあの頃を凌駕するほど俺を信じさせてくれる愛に出会えないまま生きている。とても寂しくて、とても苦しい。

俺はいつでも傍に居てくれる人じゃないと駄目だから、必死に今の人たちを愛そうと努力している。でもどんなに努力しても、もうあの頃のような、胸の高鳴りは二度とは無いことを予感している。

この世界には、そんな偽物の愛がたくさん溢れている。外から見ると満たされているようでも、本人たちは全然満たされていないのかもしれない。ただ肉体的には満たされるかもしれないけど。願わくば、すべての抱き合う男女がそうであればいい。

そんなんで、今お幸せな男女に不幸ぶられるのもウザいけどな… 俺は心も体もぜんぜん満たされちゃいない。メールの彼女は人間的に好きだけど、彼女も満たされてはいないだろうな。なんとなく寄り添っているだけ… メールは一日に一回だけ。

今日はクリスマスか… やっぱり腹はたつけどな。選ばれた男女だけが与えられるまま幸せを満喫しているなんて、神も仏もねえな。早めに買い物済ませて、部屋に引き篭もる事にしよう。

goo blog funamushi2 - 2006-12-24 01:08:52 コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

コメント

Unknown (蜜)
2006-12-24 17:04:32
初恋だけが唯一の恋愛である、みたいな事はよく聞きますね。
それすらも、一秒毎に風化していくというか。
出逢った瞬間に恋が始まって、次の瞬間には終わってるのかも知れないと思います。
後は惰性で……“こんなに人を愛せる自分”を愛でる為だけの恋になったりも。
結局は同じ事の繰り返しで、うんざりする度に醒めていく自分を感じたりもしますが。
それでもなお、心が動いたり、恋してしまうのは、プラトンの“饗宴”にあったように、(不確かな記憶ですが)人は元は1つの球体だったのが2つに分かれたもので、自分を補う片割れに出逢う為、なのかと。
その相手に出逢えた時こそ、全て満たされるのかも知れないですね。
無駄にロマンティックな幻想ですが(苦笑

蜜さん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-12-24 19:25:28
俺は、学生時代に恋をした同性のことをいまだに忘れられません… こういったイベントがあるたびに、思い出してしまいます。
触れた肌のぬくもりや、相手の反応など、ひとつひとつの記憶が津波のように押し寄せてくるときがあります。
やっぱり最初の恋に敵うものはないです。今の彼女のことも、とても大切に思っているし、人間対人間の人間愛だと感じているのですが、初恋の頃のような胸の高鳴りはほとんどありません。それは彼女も同じだと思うのだけど。
自分がナルシストだなって感じる時は、彼女へメールを送った後、自分の送ったメールを何度も読んでしまうところとか… 自分を愛してるんじゃないか?って怖くなります。彼女を愛する自分を愛しているんじゃないかって…
俺はまだ30間際なので、この先どんな奇跡が起きるとも限りません。蜜さんもまだ若いので、可能性はたくさんあると思う。自分に欠けている半身が、いまは何処にいるのかすら解らないけれど、いつか巡り合えるといいですね。
俺は今夜は、くまたんを抱っこして泣きながら眠ることにします。えぐえぐ。。
コメント有難うございます。

再び。 (aki)
2006-12-25 09:56:13
恋愛は、自分が持っている「理想の異性像」の投影だとも言われているようです。
私はhashigotanさんには「兄」のイメージを、noon75さんには「父」のイメージを投影していました。生身の人間でなく、理想のイメージに恋をしていたんです^^;やっぱり私はヤバイ人なんだな~と実感したのでした・・・。

Unknown (hashigotan)
2006-12-25 18:36:02
兄ですか… お姉さんかもしれません。俺はこのブログで写真も出してないし、男か女かも明言していないので。とか言ってみる。。うふふふ…

いいと思うとか言う (しんかいぎょ)
2006-12-25 23:11:20
>結局、自分を守りたいだけのナルシストなのかもしれない

Unknown (しんかいぎょ)
2006-12-25 23:11:45
みすった

こんばんわ (しんかいぎょ)
2006-12-25 23:29:47
いいと思うという曲がKREVAの曲であった
などとタイトル欄に書こうと思ったのでバチが当たったようです。
>結局、自分を守りたいだけのナルシストなのかもしれない
これは別に、いいと思う。特別なことではないと思う。いや、もしこの言葉に心を悩ませてるとしたらやけど、なんつーかそりゃあそうでしょうとしか俺は言えないですね。俺にとって身近な例を挙げると俺もそうやし。
って書いてるとなんかhashigotanの言ってる事と微妙にずれとるような気もするんやけど。。
ナルシストねぇ・・・多分気付いてないけどそういう要素は俺にもっちゅうか俺の知ってる大体の人にあるような。
それがhashigotanの場合は凄く大きいって事ですか? そんな境遇じゃあ仕方ないでしょうに。
そこはねぇ・・・。別に、自分で容認していい所やと思う。もし、俺やったらかるーく認めちゃってることでしょう。

しんかいぎょさんへ (hashigotan)
2006-12-26 03:52:43
もう誰とも愛し合えないとなると、自分を愛するしかないですよね。
俺は独身ですけど、既婚者が年老いてヨボヨボになった傍をいつまでも若々しいままの姿でさっそうと横切ってフフンと笑ってやる予定ですよ。
そのために、健康には最近とくに気遣ってます。酒もほどほどにしてるし、タバコの本数も減らしたし、
うつ病の薬なんか飲まずに健康サプリメント飲んでるし。コーヒーも控えめにして緑茶飲んでるしって感じで。
あ、話がぜんぜんズレましたけど。コメント有難うございます。

そういえば (aki)
2006-12-26 09:36:29
hashigotanさんが男性だという確証はないですよね・・・。私は「お姉さん」でも全然OKです。過去に女性にも恋心を抱いて見事に失恋した経験があるので・・・。てへ。


ただいまコメントを受け付けていません。