heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

『家庭虐待の方のつらさは知らないので共感できません 』 被害者同士で差別しあってどうするんだよ… +

- Mariaの戦いと祈り -

このサイトの入り口の注意書きは… いくらなんでもないんじゃないですか…

このサイトの注意書きの問題点

 ・ 家庭虐待の方のつらさは知らないので共感できません

 ・ 特定の人からの継続した虐待は、理解できません

 ・ 家庭虐待を受けながらも、親の財産で大学に行った方の気持ちを理解してあげることができません

そんな事わざわざ言わなくてもいいんじゃないか。あんた、家庭虐待の恐ろしさを知らないね。施設の虐待も二重苦で辛いと思うけど、だからといって家庭虐待を軽視する態度を匂わす行為は問題あると思うよ。

貴方が考えるに値しないと見下している「家庭虐待を受けたけど親の財産で大学に行った人の苦しみ」についても、「養護施設の子供への虐待」より軽視できる問題ではないと思うのですが…

そこに虐待を受けた事実がある限り、その人物のその後の生き方がどうであれ、その虐待を受けた事実は事実としてきちんと分けて考えると共に、理解しようとする姿勢を見せない限りは、貴方がいくら養護施設の子供の苦しみを訴えたところで、それを理解しようとする人数は所詮限られていますよ。

深刻な虐待被害にあった人間同士が、互いに虐待被害の大小にあった時に置かれていた環境を比較しあい反発しあう事自体が、私からすれば有り得ない話なんですよ。おたくら本当に性的な暴力受けたんですか?と問いたくなるよ、だって小さな頃に暴力受けてその痛みを知っているはずなのに、何で「特定の人からの継続した虐待は、理解できません」…とか言えるのか、そこがまず可笑しいんじゃないか。あんた本当に小さい頃に性的な暴力受けた経験あるのかい。(すみません、つい感情的に…)

「特定の人からの継続した虐待が理解できない」と最初から考える事を放棄するのは何故ですか。不特定多数からの虐待しか虐待として認めないという意味ですか。おそらくそうゆう意図があるのでしょうね。雑踏の中で虐待された養護施設の子供たち以外の子供の苦しみなど知ったことじゃないとでも言いたいのか。そんな自己中な人の主張を、一体誰がまともに取り合うものか。

被害者の心の中に、何らかの暴力を受けたという事実が残り続ける限り、すべての暴力の被害者はグローバルに繋がっているんですよ。暴力の被害者同士が反発しあってどうするんですか。敵対視する方角間違ってますよ。

私のネット上の友達に、子供の頃に実のお父さんに女性器を痛めつけられて排尿困難になってしまった女性が居ます。これでも家庭内の虐待を軽視できますか。この排尿困難となった女性の苦しみが、養護施設で虐待受けてる子供たちよりも軽いものだといえますか。そしておたくは今はどうなんですか、体に後遺症残ってますか。おたくと、この排尿困難で父親から虐待受けた女性と、どちらが苦しいかなんて誰が決められるんですか。

おたくのサイトの注意書きには、そうゆう「差別」の匂いがプンプンしているんですよ。

検索から飛んでくる人も居るわけですから… こんな入り口の注意書きはほとんど意味は無いですよ。

つーか、普通こんな注意書き見た時点で、ほとんどの人はUターンするよ。養護施設で辛い思いをしている子供たちを本当に救いたいと思って先輩としてネットに文章公開するならばこんな余計な前置きせずにもっと堂々と文章公開すればいいのに。

貴方の注意書きは、世の中の人々に、養護施設の子供たちへの偏見を抱かせる危険性がある。

そして…

・不幸を比較したがる方は、メッチャ叩かれますので、このままお帰りください

何を言っているんだい、貴方が一番、不幸を比較したがってるんじゃないですか。まあ私も似たようなとこあるけど、今日は驚いたよ。

後日、このMariaという名の管理人について推理してみました。(こちらのリンク先のコメント欄 2007-08-17 19:45:53 参照ください。
私は性的虐待を受けた経験上、彼女の記憶喪失については疑わしく思っております。受けていないのに、受けた、と嘘を吐くのは良くありません。彼女の身近にいらっしゃる方は是非、彼女に尋ねてみてください。どういった場面だったのか、何があったのか、と。

虐待で記憶喪失はまずない、一時的な健忘状態はあるかもしれないが… 胡散臭いことこの上ないな、あの管理人は。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/5e6f6c92e2b6be7f56b7c6b57f1b8138

goo blog funamushi2 - 2007-08-11 23:22:58 コメント ( 38 ) | Trackback ( 2 )

コメント

Unknown (hashigotan)
2007-08-11 23:31:10
私も人のことは言えないけどビックリしたよ。
暴力被害者同士なら、どこかで折れて、辛かったね・・って言えるのが本当じゃないのか?

Unknown (hashigotan)
2007-08-11 23:42:00
養護施設じゃなくても小さい頃に親と離れて苦労してる人も居れば、miyakoさんみたいに暴力振るわれた親と顔つき合わせて生きてきた人もいる、色々苦労してる人を見てきたから、私はリンク先のサイト主の注意書きがどうしても納得いかない。
暴力の程度の問題もあるだろうけど、ある一定ラインを超える酷い暴力を受けた者同士なら、分かり合える妥協点があるはずなんだけどなあ

Unknown (hashigotan)
2007-08-12 00:02:20
このサイト主の態度は大いに反面教師になったよ。私も今後はもう少し気をつけたい。

追記しました (hashigotan)
2007-08-12 10:28:58
『虐待被害にあった人間同士が、互いに虐待被害の大小を比較しあい反発しあう事』
の部分を、
『深刻な虐待被害にあった人間同士が、互いに虐待被害にあった時に置かれていた環境を比較しあい反発しあう事』
に訂正しました。
だってそうでしょう?もともと置かれている小さな頃の環境は子供には選べないですから。その環境によって、貴方は恵まれていたから、性的な暴力の被害はたいしたことないでしょうとか、それはないだろうよ。
リンク先の人はね、そうゆう意図を含ませてあの注意書きを記しているんだよ。

驚きました! (てろめあ)
2007-08-12 12:14:43
hashigotanさん、はじめまして
おっしゃるとおりです。子どもは、環境を選べないこと。
それから、子どもへのどんな虐待も許せない事。
誰かに虐待された事実が、どんな酷い禍根を残すか……。
だから、なぜあのサイトの方が、あんな了見の狭いことを入り口に置いておくのか、ぐるぐるしました。多分、不幸ナンバー1は、私たちよ!!!ってことなのかと、私は受け取りましたが。
せっかくイイコト、事実を伝えたいなら、他者に受け取りやすくしたほうが、共感し応援しようという空気に流れていくし、そういった空気の方が、少しは楽にサイト運営していけるでしょうに。
私は、特にあの入り口の最後の3行で、サイトを覗く気持ちが、ふっとびました。
hashigotanさんは、小さいオンナノコみたいな方だなと、複雑な気持ちで、筆致を眺めさせて頂いております。
暑いので、お身体に、気をつけられて、お過ごし下さいね。

Unknown (miyako)
2007-08-12 16:52:47
hashigotanさん、こんにちわ。
なんというか、うまく言葉が出ません。
この方にとっては、
「同じ性暴力でも家族からの方がマシ」
と、言う考えなのでしょうか。。
解らない。
ええ、そりゃ、
施設で育ち、愛情を知らずに育って、
尚且つ、虐待を加えられれば、
「表向き普通の家族」で「性的虐待」の方が、
マシ、と思ってしまうのかも。。
けれども、
「特定の人からの継続した虐待が理解できない」
この言葉がどうにも、解らない。
なにが言いたくて、なにが言いたくないのか。。
この人の気持ちがわからない。
私の気持ちもわかってもらえないんだろうな。
性根が曲がりすぎて、養護施設以外の場所を受け入れることが出来ないのなら仕方ないですよね。
私だって、母からすれば、
「一人で買い物にも行けない社会から外れた仕方の無い子」
前回のコメ、色々書きすぎたというか、
「私たち」などと勝手に言ってすみませんでした;
感情のままに書いてしまい。。
文章力の無さをひけらかしてしまっただけのような。。
(高校2年で中退女。にしても酷い;)
ただ、あんな荒しみたいな腐ったヤロウは大嫌いに違いないです。

Unknown (梅ハイ)
2007-08-12 18:59:12
重荷を背負った事実から心が狭くなる人と心が広くなる人
二極化するのかな

Unknown (daisy)
2007-08-12 20:13:28
 はじめまして。
 わたしは思い切ってリンク先のサイトの記事をいくつか読んでみました。
 家庭など施設外で性暴力を受けてきた子供が、施設にやってきて、自分より弱い子供相手に、性暴力をふるうということがあり、サイト主さんもその被害を受けた。サイト主さんのいう「家庭虐待の…」というのは、その(サイト主さんにとっての)加害者を指しているのではないかなと。その加害者もまた被害者ではあるのだろうけれど、自分はそこまでは関知しませんよ、自分にとってはあくまで加害者ですよ、と、サイト主さんは、言いたいのではないかと思いました。
 そういう枠組を取り払えば、はしごたんとも通じ合えるのではないかという気がします。

てろめあさん、はじめまして。 (hashigotan)
2007-08-12 23:06:15
養護施設の子供の苦しみは想像できないほどだと思います、
しかし、だからといって家庭虐待によって痛めつけられている子供の苦しみは理解できない 議論の余地もないと斬り捨てるような『誤解を招く注意書き』をしていたのでは、
似通う虐待経験を持つ人間をも無意味に遠ざけてしまうだけだと思うんですよね…
『>特にあの入り口の最後の3行で、サイトを覗く気持ちが、ふっとびました。』
そうでしょう?私も読む気失せましたよ。
前からアクの強い人だなーとは思って倦厭してはいたのですが・・・ 気になって久々にトップページに飛んでみたら あの注意書きでしたから、
養護施設で親も居ないままにたくましく生きてきた人間ですから、野良猫みたいに威嚇しまくるのも解らないでもないですが…
でもだからといって飼い主にいじめられて傷付いている飼い猫の痛みは解らない、って それはどうかなって思います。
私、小さいオンナノコみたいですか?若く見られてるのかな?それとも…(?
健康までお気遣いいただき有難うございます。

miyakoさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-08-12 23:10:58
同じ不幸を味わっていても、片方は何かを得ているから辛くないだろう… みたいな考え自体が本当は間違っているんですよね。
学校の教師が生徒の頭を叩いたとか、教科書でなぐった程度なら誰でも一度はあると思いますが、そうではないもっと「陰湿なイジメ」に関しては、優劣は決められないと思うんです・・・
そうですね、あのサイト主の最大の問題点は、
『>特定の人からの継続した虐待が理解できない』
の部分です。
継続した虐待だからこそ、他にはない苦しみがあるのですから・・
あの注意書きは、似通う虐待経験の痛みを持つ人たちからすれば大いに「誤解」を招いてしまうでしょうね。
そしてあのサイト内の文章すべてが、もしかしたらこの注意書きの考え方にもとずいて存在するのだとしたら、そんな文章は私は読まないです。
これを言うと養護施設の子どもに対して失礼かもしれませんが、親が居てもすべての子どもが必ずしも幸せとは限りませんし。
苦しみは、養護施設のあのサイト主の文章のように、激しさと飢えの中にだけ存在するわけではないですし。
勝手にmiyakoさんの苦しみを文章にしてすみません。貴方に不快に思われないかと心配でした。私はあのサイト主の注意書きを読んで貴方のことが浮かびました。
いくら養護施設出身の不幸な人だからって、許してはならない境界線があると思うんです…
miyakoさんは文章読みやすいです。嘘や見栄がなさそうで、とても好感が持てます。

梅ハイさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-08-12 23:12:55
私はあのサイト主さんの注意書きを読むことで、自分自身が持つ問題点をよく理解することが出来ました。私のブログを読む人たちも、私の愚かさを反面教師にして現実世界を生きる勇気にかえているのかな・・・ とか・ なんて自虐的ですが、

daisyさん、はじめまして。 (hashigotan)
2007-08-12 23:14:55
私もこの記事を出した後 いくつかの記事を読んでみました。
施設の中のさらに選抜された不幸な子ども
(※ 外部からやってきた、家庭虐待を受けた子どもは不幸の対象には入れていない)
だけに、おそらくスポット当てているようなので、そこにゆがみが生じていて文章がかなり狭いようですね。
それが悪いこととは思わないし、超超少数派の子どもたちを守るために記事を打つのは良いことだと思います。
でもだからといって、あの注意書きのような考えのままで、家庭虐待で苦しむ大勢の子どもたちを跳ね除けてしまうのでは、
では家庭虐待受けて行き場失って施設に入るこれからの子どもたちはどうなるの?・・・ってすごく恐ろしく感じてしまいますよね。
それこそ、彼女の打つ文章が引き金となり、家庭虐待を受けて行き場失って施設に流れ込んできた子どもたちが、逆にイジメられる危険性だってありますし・・
すべての家庭虐待受けた子どもが、必ずしも加害者になるとは限らないですから… 彼女にはそこらへんがまったく解っていないように思われました。
おそらく私とあのサイト主さんでは意見は通じ合わないと思います。すべてがあの注意書きに凝縮していますから。。

Unknown (hashigotan)
2007-08-13 00:47:18
家庭虐待受けて施設に流れ込んできたところを、さらに虐待されてしまう子どもの可能性とか考えると、家庭虐待受けた子を理解できないと斬り捨てるのは良くないと思うなあ…
施設を国はちゃんと調査しないのか?

Unknown (hashigotan)
2007-08-13 18:22:39
尤もらしい事言っても結局私が言いたいのは
『・ 特定の人からの継続した虐待は、理解できません』
この部分はいくらなんでもそれはないだろって思うんだよね。雑踏の中の虐待も相当辛いだろうけど、特定の人から足ひきずりまわされて虫ケラみたいに扱われる家庭虐待や近親相姦も地獄だよと言いたいだけなんだ俺は

Unknown (hashigotan)
2007-08-13 22:02:10
ぐぇぇ、ヤバイ… この記事が検索上位に来てる… 批判だけで何の情報もないのにスンマセンorz

Mariaさんは不幸の比較を本気で避けてるよ (マルコ)
2007-08-13 22:17:07
だってそんなことしても意味ないし、あのブログには明確な目的がいくつかあるので、それにそぐわないコメンターをあらかじめ拒否するためのトップページは当然だと思う。
なんといかみんな人のブログに突っ込み入れる前に、ブログの運営ポリシーを読もうよって思うね。
目的を持ちそれを表明しているブロガーに、その目的と関係ない突っ込みを入れるのは自由だけど不毛だと思う。
はしごたんはそんなこと解ってると思うけど検索があれなら、まあ書いておこうと思って書いたよごめんね><

マルコさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-08-13 23:17:39
私は界隈の色に染まりすぎるあまり、あのサイトは そっと見守るべきサイトなのだということに気付けないでいました。
ただあの「注意書き」があまりにも強烈だったもので… ついいつもの癖で言及せずにはいられなかったんです。あちらが攻撃をしかけてくることは無さそうですから、あの注意書きは防衛の為の手段に過ぎなかったのでしょうね。
ただ、あの注意書きが、私のような近親相姦の虐待受けた人間や、家庭虐待を受けた人間、または特定人物から繰り返し暴力を振るわれた人間を不快にさせる面もあるのではないか・・・ と危惧しました。
ですが記事を出したあとで、あそこは触れてはならない世界だったのではないか・・・、などと反省する面もありました。
マルコさん経由であのサイトを知ったものの、しばらくは通っていなかったのですが、久々に覗いたらあの注意書きだったので、マルコさんには悪いなと思いつつ言及してしまいました。
これからは触れないようにしたいと思います。。
何にせよ養護施設の虐待が少しでも減るように心から願うばかりです。
(「家庭虐待」って打つと検索でこの記事が出まくりです><

いきなりゴメンナサイ (mali)
2007-08-15 19:39:15
こんにちは。私は性的虐待のサバイバーです。
しかしながら、精神的虐待も、DVも、モラハラも、セクハラも、児童養護施設の虐待も、
全て自分のことのように、哀しく痛く苦しくなります。
被害者の痛みを想像して、泣けてきます。
フラバだってあります。
それが、少年犯罪でも交通事故の被害者でも、
大切なナニカを失ったのは皆同じです。
どちらのブログも、そのほかのブログも沢山読みました。
Mariaさんのブログに関しては、
誤解していらっしゃるのではないかと思います。
いきなり出てきて生意気を言ってすみません。
ただ、すごく悲しかったのです。
ふつうの人にはわからない痛みを、
状況は違っても、少しはわかりあえるのではないでしょうか。
あのように書かなければならなかった気持ちも、
理解できるのではないでしょうか。
内容をよく読まずに、頭ごなしに批判するコメントを読むと、
自分が刺されたようで苦しいです。
すみません。

Unknown (Unknown)
2007-08-15 22:08:34
はじめまして、こんばんは。
mariaさんのブログをずっと読んでいると
『>特定の人からの継続した虐待(を含む継続的、固着的な関係性全般)が理解できない』人間を育てる児童養護施設という、社会的にオーソライズされた組織による虐待全般を問題視されていることがわかります。
たとえば、私は、親族による心理的、性的虐待からのサバイバーですが、hashigotan様の受けられた性的虐待の辛さとは、定量的比較はできないと思います。
それは私の体験と、hashigotan様の体験が異なるから、私とhashigotan様が違う人間だからです。
くしくも、hashigotan様が「>養護施設の子供の苦しみは想像できないほどだと思います」とおっしゃっていることから示唆されるように。
それでも、私はhashigotan様の辛さを想像し、もし、hashigotan様がその体験の辛さを語ることがあれば、心から傾聴いたします。良くも悪くも親族という「憎悪」の対象から得た「愛着」の経験を手がかりに。
なお、mariaさんは、その「愛着」が得られない育成環境を問題視されていますが。
幼少のころの過酷な体験を、相手に投げかける自己投影なしに分かり合い語り合うことは、できないことなのでしょうか。
「辛かったね」(yes、but、私もつらかった・・・)「分かり合える妥協点」(辛かったことを、妥協なんて、しちゃだめ!!辛かったのは、誰に理解されなくても、つらかったんだから)というキーワードなしで・・・。

家庭虐待サバイバーとして。。。あなたの行動はどうかと思う。 (kasumi)
2007-08-15 22:12:07
はじめまして。
家庭での虐待サバイバーで、今は支援する側にいるkasumiといいます。
先入観を持たずに時間をかけてゆっくりお二人の論点を読んで頂きたいと思います。
家庭虐待を軽視していないし、経験がないので理解出来ない。でも、機能している家庭をすべての子どもに経験させて欲しいと言ってるのです。
私は5年以上お付き合いがありますが、「軽く見てる」と思ったことはありません。逆に施設での生活を家庭で育った人間が「いいじゃないの、守られたんでしょう?」と侵入して行くことの方が多いと思っています。
あなたのしていることは暴力の連鎖だと私は思います。
理解しないということと、理解出来ないと言うことは意味が違うと思います。
あのブログにリンクされているところを見てますか?
家庭虐待のブログ、里親のブログ、施設出身者のブログ。
それを見るだけで、お二人のスタンスがわかると思います。
あなたの過剰反応ですよ。
何もしていない人にどうして絡むんですか?

Unknown (はる)
2007-08-15 22:17:42
彼女の思いを大切に聴いてそっと支援しているサバイバーさんだっているよ。
彼女の発信から里親になったひともいるし、現役の里親である私自身も襟を正して聴いている。
彼女は「分からないものは分からない」
   「比較はしたくない」それだけでしょ?

皆さんへ (hashigotan)
2007-08-15 22:54:39
私はこれ以上、嘘か本当かもわからない「サバイバー」を名乗る「名無し」のコメントに対しては返答する気はありませんので、コメント欄は閉じさせていただきます。
コメント有難うございました。

Unknown (hashigotan)
2007-08-15 23:08:17
ああ、すんません。名無し以外の方もいらっしゃいますね。あまりにも長文なコメントが多い為、見過ごしていました。
皆さんのコメントが一気に押し寄せてきたので、精神的に疲れています

Unknown (hashigotan)
2007-08-15 23:09:52
えーと、とにかく管理人、サバイバーを名乗る方々が束になって押し寄せてきた影響で、精神的に疲れましたから、たいしたレスはできないかもしれません。
管理人も一人の人間であることをご理解いただけると助かります。

maliさんへ (hashigotan)
2007-08-15 23:31:51
疲れていたので対応が悪くてすみません。ようやく落ち着きました。
そうですね、Mariaさんについては何度も申しました通り、入り口の「注意書き」だけが問題であるように感じました、それだけなんです。
Mariaさんに個人的にこれ以上言いたいことはありません。
すみません、今の私にはもうこれ以上、養護施設のお子さんたちについては語れることは何もないんです。ただ、養護施設のお子さんたちが一人でも幸せな道を歩んでゆけるように心から願うばかりです。

Unknownさんへ (hashigotan)
2007-08-15 23:37:24
『>私はhashigotan様の辛さを想像し、もし、hashigotan様がその体験の辛さを語ることがあれば、心から傾聴いたします。』
↑ 有難うございます。私の体験については、過去ログにすでに問題ない部分だけ綴ってあります。
何度も申しました通り、私が問題視しているのは、Mariaさんの「注意書き」だけなんです。あの注意書きが彼女の良さを殺してしまうのではないかと危惧いたしております。

kasumiさん、はじめまして。 (hashigotan)
2007-08-15 23:43:36
> 何もしていない人にどうして絡むんですか?
いやね、何もしていないという事はないと思うんですよ。ネットで文章を公開する限りは誰かを不愉快にさせているかもしれないですよね。
今回私が問題視した点は、何度も申しました通り、彼女のサイト入り口に掲げてある「注意書き」なんですね…
うーんとね、どうやら貴方たちはちょっと普通とは違う人たちのようですね。
あの注意書き読んで何も感じないんですか?
何も感じないならば、もう私から貴方たちに何も言うことはないんですよ。

はるさんへ (hashigotan)
2007-08-15 23:46:53
えーとですね、おたくは里親ですね。里親の貴方よりも、実際に虐待経験のある私が感じた意見のほうがこの場合は正しいんですよ。何度も何度も言っているように、私がこの記事で問題視しているのは、Mariaさんのサイト入り口にある「注意書き」なんですよ。
あれを読んで何も感じないのかな?んん?

●もう一度復習しますよ? (hashigotan)
2007-08-15 23:53:10
Mariaさんのサイト入り口の注意書きをよく読んでくださいね。
 ・ 家庭虐待の方のつらさは知らないので共感できません
 ・ 特定の人からの継続した虐待は、理解できません
 ・ 家庭虐待を受けながらも、親の財産で大学に行った方の気持ちを理解してあげることができません
これを読んだのが原因で私は今回疑問を感じたのです。それだけなんですよ。

Unknown (hashigotan)
2007-08-15 23:59:36
世の中には、
 「・ 特定の人からの継続した虐待」
を受けて苦しむ人たちが大勢いるのですよ。それでも私が悪戯に彼女を攻撃しているだけのように見えるのですか?

どうして、あの注意書きが必要になったのかを考えたら、あれは必然なのです。 (kasumi)
2007-08-16 00:13:23
無視され続けるネグレクトと、不適切な関わりのアブ・ユーズでは子どもにおける精神的影響はまったく小となるものです。
だから、あのブログにはそれを理解出来ない人は関わらないで欲しいのです。あなたのような人がたくさん現れた結果のあの表紙なのですから。
読まない選択肢を酷使してくださいね。

Unknown (hashigotan)
2007-08-16 00:18:57
彼女の注意書きを読んで、傷つく人も大勢いると思うんですよ。
養護施設のお子さんたちは皆こんな風に思ってるの?って、世の中に誤解を招くかもしれないでしょう?
それもサイトの入り口ですから・・・ こんな突飛な注意書きを読んだ時点で、普通はUターンしますよ。それが勿体無くはないですか?おたくらもファンなら私のとこへ来る前に、彼女に助言しなさいよ。

kasumiさんへ (hashigotan)
2007-08-16 00:22:51
私の話を聴いているのか?おたくは・・・

Unknown (kasumi)
2007-08-16 00:44:03
あの『入口には意味があるのだ』と申し上げいてるだけです。
もったいない以前びに、このような陰口を言われていることに我慢ならないの。それとはるかに年上におたくはなんていわれる筋愛はないと思います。
とにかく絡まないで欲しい。
あの入口を入れないと思う人には、読まないほうがいいこともたくさんあるろう、自分の醜さも指摘されるような気分になるだろうから。
でも、あのブログは実にたくさんの人が読んでいるし、日々子育てについて考えている人がたくさんいる。
自分の傷は自分で向きあうしかないのだから、彼女らのことをあれこれ言うのは、やめて欲しい。
私に文句があるなら、私のブログでどうぞ。
あなたのしていることは侵入で、暴力です。

つーかさ・・ (hashigotan)
2007-08-16 00:49:33
「・ 家庭虐待を受けながらも、親の財産で大学に行った方の気持ちを理解してあげることができません」
↑これ読んで何も疑問感じないわけ?何で親の財産でってのが入るわけ?そんなの人の勝手じゃないのさ。まあ私は高卒ですぐ働いたけどね。
あんたら重症だね。
もうコメント欄は閉じるよ。
最後にもう一度おさらいしておくね。

 ・ 家庭虐待の方のつらさは知らないので共感できません
 ・ 特定の人からの継続した虐待は、理解できません
 ・ 家庭虐待を受けながらも、親の財産で大学に行った方の気持ちを理解してあげることができません

これを読んだのが原因で私は今回疑問を感じたのです。それだけが原因で打ったのがこの記事なんですよ…

Unknown (nekoko)
2007-08-16 00:51:18
hashigotan様、先ほど名無しにて投稿した
「心から傾聴する」unknownのnekokoと申します。
誤って名前を入れずに投稿いたしました
無礼を心からお詫び申し上げます。
あの注意書きには「・ 特定の人からの継続した虐待」
の経験がなく、理解できないと言っているだけで、
「・ 特定の人からの継続した虐待」の苦しみがとるに
足らないことであるとは、書かれていないことに注目願います。
そして、「児童養護施設が、特定の人からの継続的、固着的な関係性全般(=愛着)が育成されない環境」であり、その後、愛着感情を持たないことがさまざまな不適応をもたらすことが、私たちのような、良くも悪くも特定の他者を持つものには理解しにくいことも申し添えます。
あの注意書きには、「・ 特定の人からの継続した虐待」経験を持つものに対する攻撃意図を含むものでは
ないと、私は考えています。
私が、幼少時、心理的、性的虐待を親族から加えられたことは、裁判を起こしたわけでもないので明確な根拠を示すこともできません。信じていただくよりほかにはございません。
それにしても・・・フラバを誘発する表現の地雷を
分け入って、文章を精読するのは辛いですね。
そして、その意味を、暴走する主観抜きで判断するのも。
おやすみなさい。

nekokoさんへ (hashigotan)
2007-08-16 01:54:01
コメント欄閉じたのにギリギリで貴方のコメントが入ってましたorz
疑って悪いですけど、果たして本当に彼女に悪意はないのかなあ?いや、貴方は温厚な人のようですけど、
あの注意書きを置いてあるだけで、一般人から見れば印象悪いですよね。
世の中ほとんど親の財産も利用しながら仕送りしてもらいながら大学生活営んでる人ばかりなのに、『> 親の財産で大学に行った方の気持ちを理解してあげることができません』っていうあの注意書き読んだ時点ですでにそういった人たちは、「ああ?」って思うんじゃないかな。
親の財産で大学行った人間の過去の虐待経験は大したことないとでも?理解するに値しないとでも?って思うんじゃないですかね。
ああいった注意書きを掲げている時点で、一般人には通用しない、子供の理屈だと切り捨てられる事が容易に想像つくんですよ。
もっとストレートにイヤミなく表現できないのかなあ?
私がサイトの入り口に注意書きするなら、あんな誤解を招きやすい注意書きは置かないなあ。
「共感できません」「理解できません」「理解してあげることはできません」
ってのが、まず押し付けがましい。それじゃ世の中通用しないよ。だから何?って思われるだけ。あんた何様?って
もっと単純に表現できないのかなあ。
例えば、
「家庭虐待」を受けた経験のある方および、
「特定人物からの継続した虐待経験」をお持ちの方は、
申し訳ありませんが、ここでお引き返しください。
と綴った後に、そのお引き返し願いたい理由を簡潔に綴っておくとか、そういった感じでスマートに出来ないのかなあ?

つーかさ・・ (hashigotan)
2007-08-16 02:40:16
実際は、親の財産だけで大学入るわけじゃないよね。それなりに勉強して努力して大学入るわけだし。まあ、読めば読むほど、大卒の人からすれば失礼な一文だよね。
それこそ日本中の養護施設の子供達を救ってくれる人が、Mariaさんが毛嫌いする大卒の人たちかもしれないのにさ。
まあ私の幼稚園時代の虐待話は、身内との問題だから狭い世界の話で済むし私も結構言いたい放題やってるけどさ、
Mariaさんはそうじゃないんだろ?世の中の養護施設の子供達を救うために文章打ってるんだろ?なら無駄に敵を増やすのはどうなんだろうねえ…


ただいまコメントを受け付けていません。