読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

仕事の理想像を追いすぎると、現実の時間に殺される

ゲームはリセットボタンで何度も設定かえられるけど、生身の人間はそうはいかない。この設定はもう変えられないんだ、上書きしてゆくしかない。

職場辞めたから保険が切れる。薬、三週間分もらわないとな… 今回の電気代は4,570円でガス代が3,026円だよ。水道代は込みの物件なのであとは家賃33,000円だけです。40,596円は一ヶ月最低必要で、食費代は一週間買いだめするから一回の買い物で2千円使うので一ヶ月で米代入れて1万ちょいあれば十分食ってける。食費あわせて5万は最低必要。で、新しい職場が決まってもそこの給料もらえるのがさらに一ヶ月以上先だろうから、この一ヶ月以内に死にもの狂いで職を探さないと。さらに借金返済もあわせると、何もしなくても一ヶ月に十万以上飛ぶのでそのまま三ヶ月プーなら三十万以上飛ぶ。勿論その三十万は大手消費者金融から借りることになるので常に天井はりついたまんま。

…こうなるのも俺の性格に問題あるからだよな、だから根源はなにかって突き詰めてゆくと、まず借金なんだよ。で、借金できた原因はなにかっていうと職場のいじめで、職場でいじめられる原因はなにかっていうと、俺の性格が卑屈で何でも真に受けすぎるとこを面白おかしく突かれてネタにされるというかそんな情けない自分を押し隠すために、声も立ち振る舞いも偽って滑稽にピエロのように会社ではふるまうのだけど、結局無理しすぎて息切れして、仕事も「できません」と断れないから家に持ち込んで徹夜でやる羽目になり、そこで上司にねぎらいの言葉ひとつもかけてもらえずむしろ「もっとやれ」とこきつかわれるとそこでブチッ… となるわけで。で、会社飛び出す、と。この繰り返し。いい加減成長しろよ俺… 大体、無闇にぺこぺこしすぎなんだよ。何でもっと堂々と振舞えないのかって、それは俺が自分に自信もてないから、人の良さげな性格だけですべてを大目にみてもらおうっていう計算高さがあるから。つまり仕事の重要性よりも、「いい人の自分」を見せることにばかり意識が行って「いいえ」と言えない。最低限の仕事は出来てると思うが、自分を過小評価しすぎるところもあって、いつまでたっても自分に自信が持てない。

今度勤める会社では、「素のままの自分」をもっとガンガン出せるようになりたい。あと言葉のキャッチボール大事。相手が投げた言葉のボールを、そのまま受け止めるのではなく、上手く投げ返すだけの心のゆとりは常にどこかに持ち続けておかないと。ガチガチに緊張したままでは、相手が投げたボールがビシバシ当たる一方で心も体もズタボロになっちまう。上司の押し付けてくる無理難題をいちいち真に受けて「これを期限までに必ず済ませないと」なんてヘンな使命感に燃えて徹夜でがんばったって、ぶったおれたとき会社は何もしてくれない。それでもこの仕事は何としても俺一人で完璧なかたちで完遂したいのだ、と思えるのはそれは上司に認められたい、会社にとって欠かせない存在になりたいからであり、そうゆうやる気のありすぎる人材ほど、その性格を巧みに利用しようと目論む会社の無理難題に翻弄され、自分の思い描く理想と、思い通りにならない現状の狭間に精神を落としこまれて最後は思考停止、退職、って流れになる。自分の思い通りに仕事が進まないのは何故かというと、それは無意識に、時間が無制限にあると錯覚した上で、仕事の理想像を追いすぎるから、現実のあわただしい時間に翻弄されて自分を見失う… 生真面目で不器用な人間ほど会社では上手くいかないもので、でも立つ鳥後をにごさず… じゃねえけど、そんなんへったくれもあるかよ、辞めたいときが辞め時だよ。会社はなにもしてくれないぜ、辞めたくなったら仕事叩きつけて辞めればいいんだ、あとは知るか。どうにでもなれ。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hashigotan/20080416/p1