heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

これから産まれる子供達に「イイ時代」なんて永遠にやってこないさ。ざまあみろ

アフリカで子供が餓死するのを止めたければアフリカ人がセックスしなければいい。よその国で餓死する子供になど1円も出す金はない、その1円を御賽銭箱に放り込んで自分の健康を祈願するほうがはるかに意味がありそうだ… 他人は何もしてはくれない、独身者である俺にとって最後の命綱は、自分の健康だけだ。

独身者にとって最後の命綱は自分の健康状態だけだ。自分が健康でなくなったとき、部屋の隅で孤独に餓死していても誰も弔ってくれる人は居ない。

要は、如何にしてギリギリまで生き延びて、自分の命が費える間際で自分の死後も生き延びられては困る人物をこの世から排除できるかが、俺にとっての最大の課題なんだ。

…毎日、ベビーカーを押す若い娘が憎らしくてたまらない。お前も俺にとっては、視覚的に害を及ぼす加害者だ。存在自体が加害者だ。俺の視界から三秒以内に消えうせろ。

相変わらず馬鹿共は、車に「赤ちゃんが乗っています」「BABY IN CAR」のステッカーを貼ってやがる。何で俺が、無関係なお前の子供の安全を気遣ってやらなきゃならないんだよ… お前が運転注意すれば済む話だろ。油性ペン携帯しといて、ステッカー見つけ次第バツ印つけ回ってやろうか。ったく、人様に「注意しろ」と一方的に呼びかけておいて、自分は無茶な運転ばかりしやがる。

交差点で止まっていれば、学生の男女が自転車に二人乗りで楽しそうだ。嗚呼、俺にはこんな青春はなかった。こいつらはなんてのうのうとして幸せなんだろう、悩みはないのかよ。ガキのくせに一丁前にセックスをしてストレスは発散できているのだろうな。お前らが走っていい場所は、俺の視界には一ミリも存在しないのだ。俺の脳内で八つ裂きにされたくなければ三秒以内に消えろ。

子供を挟んだ若い小奇麗な夫婦が歩いている。また視覚的に害を及ぼす害虫共が俺の視界に入ってきやがった。俺が魔法を使えるならそいつらを真っ先に排除するんだが、あいにく俺にそんな特別な能力はないので、いつものように脳内で八つ裂きにしてその肉塊を靴底でふみにじりながら唾を吐きつけるイメージを楽しんで、脳内で思いきり潰してやった。そいつらは俺の世界では死んでいるのだと納得させることで何とかやり過ごした。

下等生物ほど子供をガラガラ作りやがる。高等生物になるほど子供は作らなくなるんだよ。人間なんてもうこれ以上増えなくていいんだ。

「イイ時代」は、俺が今、全力で駆け抜けているこの時できっと永遠に終わるんだ。今がピークなんだ。

子供達の未来のために今俺達がやるべきことは簡単なことだ。子供を作らなければ、出来もしない子供の未来を憂うこともないだろう。まあ俺みたいに、加害者が存在して、その加害者に子供がいる場合は対抗馬としてこっちも一人は残しておかないと俺の被害者としての苦しみが都合よく葬られたまま加害者の血だけが生き延びてそれが正義だみたいになるのは許すことは出来ないので、俺みたいな人間は理由あって子供が必要なんだ。お前らみたいに何となく出来ちゃったとはワケが違うんだ。ごちゃごちゃうるせえんだよ馬鹿だと?お前らのほうがガキをガラガラこさえてうるせえんだよ馬鹿。殴るぞ?お前のガキうるせえから殴るぞ?

今はネットに繋げば、youtubeで世界中の歴史を簡単に振り返ることができる。今が人類の総決算の時期なんだ。

人は今まで犯してきた罪を振り返り、そして本当に利口者ならば気付くだろう・・・ もう終わるのだと。これから産まれる子供達に「イイ時代」なんて永遠にやってこないさ。ざまあみろ・・・ ケケケ

資源が尽きかけているこれからが、人類がもっとも醜く足掻き始める面白い時期でもある。

嗚呼、楽しいなあ。思えば、俺が駆け抜けてきた時代が一番面白い時代だったんじゃないか…戦争が終わった平和な日本に生まれ、子供時代にちょうどファミコンが普及しはじめ、当時流行ったゲームをリアルタイムに体験し・感動し、スーファミ・プレステの全盛期がちょうど青春時代だった。

電気屋でドラクエ5の新作の画面を見たけど、俺はもうイイや。今更… ちなみに俺はビアンカ派だ。実は今、DSでFF4やってるけど昔ほど熱くなれない(音楽そのままじゃねーか、アレンジしろよ) ったく昔に頼りっきりだな。今出てるゲームソフトはただ昔の回想に浸るだけだな。それだけ俺が全力で駆け抜けてきた時代(といってもゲームしてるだけだけど)は、ゲームの全盛期だったという証明にもなる。

ゲームの本当の面白さは、今のゲームにはない。ゲームは、想像を楽しむ世界だ。今のゲームは映像が綺麗すぎてリアルに近付きすぎている。もしくは想像の世界を具体的に映像化しすぎて、想像の世界と現実の世界の境界線すらあいまいになってしまった。もはや純粋な想像の世界を、今の新しいゲームから得ることは出来ない。

映像が見たければ、ハリウッド映画でも見ればいい。ハリーポッターでも何でも、レンタルショップでビデオ借りてきて見ればいい。ゲームで映像見るより、そっちのほうがはるかに楽しい。ゲームはゲームだ。ロールプレイングは映像美を競うものではなく、物語を楽しむためのものだ。自分が主人公となり、もしくは主人公と同化し旅に出るための特別な世界だ。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hashigotan/20080723/p1