heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

「最近胸が垂れてきて」・・・ハァ?垂れる胸があるだけで充分だろが贅沢言うな

金がないのでふてくされて寝てると、携帯がぶるぶるふるえだした。実はさびしくて携帯の電源を入れてました。携帯をガッ!とにぎると画面に表示された名前を見て心底ホッとしている自分がいました。

面倒なこと全部放り出してただ性欲だけを満たせる相手ってすごい貴重だからこっちも手放したくない。いや手放してはいけない・・・

実は連絡が途絶えていてかなりネガティヴになっていた。セックスしなくなるとストレスのはけ口がなくてまた過去のトラウマに苦しめられたり、まるで生霊でも飛ばすかの如く加害者を呪う言葉を繰り返していたり・・・ 咳と下痢でやせ衰えた貧相な胸を見るたびに、貧乳で馬鹿にされた若い頃の絶望感から逃れるために、自分で自分を諦めながら思考を強制的に断ちきったり・・・

「○○さんは駄目だよ。だって胸ないんだもん、つまらん」「何で○○さんは胸ないの?」

ある会社で男社員数人に取り囲まれて繰り返し尋問された日の夜は泣いたし自殺も考えた。あの頃はまだ殺意を抱くほどの強さがなかったから、自分が死ぬことしか思いつかなかったんだ・・・ ただ胸が小さいというだけで何も悪いことはしていないのに、随分酷いことも言われたし、扁平な胸をヤツ当たりのようにバシッと叩いてくる上司も居た。お前なんか胸もない、女としての価値もない、だからこうして叩いてやるんだ、・・・みたいな「当然だ」と言わんばかりの態度だった。そのくせ胸の大きな女に対してはまるで女神のような丁寧な扱いで、胸の大小だけで男の対応はここまで変わるのかと驚くばかりだった。

胸のある女達は、必ず貧乳を見下してる。そして胸のある女は「恥ずかしい」と言いつつもそれを見せたがっている。貧乳の「恥ずかしい」は「こんなの見せられない」という絶望からくる恥ずかしさだが、巨乳の言う「恥ずかしい」は何だか期待感に満ちた狡賢さが潜んでいるようでいやらしくて汚らしい。ぶりっ子で、顔はどいつもこいつもふくよかでストレス知らずな感じ(胸でいくらでも男が吊れることを知っているからいつでも余裕たっぷり)。それが憎らしい・・・ 殺してやりたいんだよ・・・

ケッ、どうせ巨乳女なんてクリが完全な皮かむりでカスだらけの臭いまんこなんだろ。肉付きイイからまんこが蒸れ蒸れでものすごい異臭なんだろ。

「最近胸が垂れてきて」「肩がこる」「着る服が無い」「男にいやらしい目線で見られる」・・・などと愚痴を言うけれど、ハァ?って感じ。お前らは一度も自分の存在そのものを否定されたことなどないだろ。貧乳だと、存在そのものを否定されることもあるんだよ・・・

・・・・・・

貧乳だと時々、ズドーンと穴に落ちたように心が真っ黒になって精神が不安定になる。お前ら胸が垂れたくらいで大げさに嘆くなよ・・・ 垂れる胸すらない女だって居るんだ。想像してみろよ、藤原紀香がもしまな板みたいに何も無い胸ならあんなにチヤホヤされると思うか?ケッ、30過ぎて乳出してんじゃねえよ、みっともない馬鹿女が。

でもこんな私の汚らしい貧相な胸でも、「そんなの気にしないよ」と甘い声でささやきながら、申し訳程度についた小さな突起をちゅぱっ・・・ と大事そうに吸い上げたり舐めたりしてくれるおじさんのことがやっぱり大好きだ。

後ろが好きだと言うと、毎回後ろから思いきり突き上げてくれるし、最後は私の名前を連呼しながらこの長い髪をくしゃくしゃにしながら熱い口付けをくれる、そんな情熱的な人です。

私が加害者の娘を捜していて、見つけたら復讐をするつもりなのだ・・・ と計画を話すと「お前を、その・・・虐待?した男は悪いと思うよ。でも娘は関係ないじゃないか」と反論してきたのにはかなり腹が立った。お前の娘が同じ目に合ったときも同じことが言えるのかよ!とそのまま殴りかかるか包丁で突き刺してやろうかと思ったよ。

・・・でも後でよく考えてみると、せっかく手土産ぶらさげて遊びに来たのにそんな話聴かされて俺だって迷惑だよ・・・ と思うのは当然だよな。私のヘビのようにしつこい虐待話を黙って真剣な表情で一通り聴いてくれただけでも、このおじさんを評価すべきだと気付いた。私だって人の不幸話なんて聞きたくないしそんな重いもん背負いたくない。

今日は電話で「大丈夫か」と心配の言葉をかけてくれたので、一人で勝手にネガティヴに暴走してる自分が恥ずかしく感じておじさんに申し訳ない気持ちになった。完璧な人間などいないのだから、自分の望む答えが返ってこなくてもある程度は許容して関係を持続させる努力はしなければ、誰とも友達になどなれない。

私のように独身で子供も居ない女は、どんなカタチでもいいから現実の人との繋がりを持っておかねばならない。私がもし部屋で倒れているとき、駆けつけてくれる程度の男は何人か作っておかないとこの厳しい世の中とてもじゃないが一人では生きていけない。遊ぶだけの男でもいいんだ、セックスの後でそれとなく悩みを聞いてもらったり、意見をもらったりしながら道が切り開ける場合もあるだろうし。

・・・あー、やりてえ。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hashigotan/20080807/p1