読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

いい加減そろそろパンツ替えてくれ

彼氏と別れた後で、不倫関係のおじさんに電話をすると、今から行っていいか?と聞かれたので、新しい恋について相談したかったので部屋に招きいれた。「新しい彼氏に中出ししてもらったんですよ」「中出し?お前、中出しをそんなに軽く考えとったらいかんよ」「はぁ・・・ でも生理中だったのでいいかなと思って・・・」「(※話聞いてない)男が、女の中に中出しするのは相当な覚悟あってのことだから、もうその相手の男はお前を嫁にもらうつもりでいるんだろう」

新しい彼氏が出来てからも、不倫関係のおじさんとは相変わらずで、何かあるごとに相談に乗ってもらってる。ついでに会ったら必ずセックスもしている。近頃は会うたびに「もう俺のことは忘れるんだろ」「そのうち俺のことはどうでもよくなって会わなくなるんだろ」・・・と私の気持ちを確認することも怠らなくなった。こんな都合良く扱える女をみすみす手放したくない!・・・っていう必死さが最近は強くうかがえる。

嘘でもいいから「お前と離れたくないんだ!」とか「お前が好きなんだ!」って言って抱きしめてくれたなら、私の考え方も大分変わるのだけど。そうでない限り、この人は私とやりたいだけなんだ・・・ としか思えない。

何の事情あってか、毎回同じパンツを履いてくるので(そういう性癖なのか)、最近はヤル前に浴室に誘導してシャワーを一緒に浴びるようにしている。・・・で、安心して「喉乾いたでしょう?」と氷入りのアクエリアスを持って部屋に入ると、シャワー浴びる前に履いていた汚れたパンツをまたいつの間にか履いてるから「!?!?!?」って、かなり俺も動揺した。

「あ、あれ?パンツ、また履いたんですか」「いや、お前が脱がしたいだろうと思って」「・・・・・・」

何のために風呂入ったと思ってんだよ。。汚れたパンツ履いたら意味ねー!内心静かに怒り狂いつつ、パンツを脱がすと、幸いまだ履いて間もないためかおちんちんは臭わなかった。ふう・・・ 油断も隙もねえな。

それはそうと、会うたびにセックスが激しくなっている。相手があまりにも必死に抱きついてくるので・・・ 首が絞まりかけたこともある。ぐぇぇ、妻子ある男にヤリ殺されるのだけは勘弁してくれ。

右のお尻をばちん!ばちん!と叩かれながら、お腹が壊れるくらい思いきり突き上げられて、快楽ではなく衝撃に声をあげていると、もう何もかもどうでもいいような気分になる。別に金をもらうでもなく、タダで部屋に招き入れておまんこ貸してる状態。冗談で「おまんこ貸してくれてありがとな」と言われたことがあるけど、冗談になってない。。

味わうように好き放題腰を使われながら、相手の顔がラリッてくるのを見ていると、何だか自分がただの道具に成り果てたような気分で少し空虚な気分になる。最後は口の中に突っ込まれたので全部飲んで、ついでにおちんちんも舐めて掃除した。男は飲んでくれるとうれしいらしい・・・

あ、そういえば鳥越俊太郎似の彼とは連絡が途絶えてしまっている。単に休みが合わないだけなんだけど・・・ 鳥越俊太郎その彼も何度も私に「飲んでくれる?」って聞いてきたから、男はやっぱり飲んでほしいんだろうな・・・

精液の味も日によって変わる。甘い日もあれば、しょっぱい日もある。だから昨日は正直に「しょっぱかった」と言うと、おじさんは目を丸くして「お前すごいなあ」と笑っていた。何がすごいのかわからないけど、私の中では好いた男の精液はとりあえず飲むのが普通になっている。ドロドロすぎると流石に飲めないし、水っぽすぎても顔射された時に顔中に飛散するので不快。ああ濃い目のミルクかな?程度の口当たりと、口内でマイルドに広がる生暖かい感覚・・・ それを確認してから一回でゴクンと飲み干して、相手に「飲んだよ」と伝えることで自分的には、これでセックスがきちんと終わったなという感覚になる。俺は何故かおちんちんを放っておくことが出来なくて、つい必要以上に面倒見てしまう。

精液もその日の体調によってかなり味が変わるので、人に飲めと命令する前に、一回くらい自分の精液飲んでおいたほうがいいと思う・・・ つーか男って、前の男のを飲んだって話したら必ず「俺のも飲んで」ってしつこくしつこく聞いてくるよね。自分のを飲ませるっていうのが男にとってはものすごく重要なことなんだろうか(?

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hashigotan/20080911/p2