heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

風俗は、疲れた男に「癒し」を与える仕事です・・・

別に風俗が後ろめたいとは思わないし、自分の行動に誇りを持っている。

風俗は、体力仕事ですね・・・ ちんこを何十分と咥えて頭を振り続ける時もあれば、仕事につかれた客の体を何十分、いや一時間以上ずーっとマッサージし続けるときもある。マッサージってかなり握力居るんですよね・・・ 「あー、君ちょっと肩もんでくれる?」「あー、ふともも揉んでよ」「腰こってるんだよねー」

・・・って感じで頼まれれば、モードをチェンジして風俗嬢からマッサージ師に変身です。いや素人なんで最初はマッサージの仕方なんて解りませんでした。でも色んな客に細かくアレコレ指示されるうちにだんだんコツがつかめてきました。

マッサージだけでなく、女の子とほのぼのくっついたまま会話するのが好きな客も居るので、そういう客はすごくラクですね。マッサージを一時間もぶっ続けでした日の帰りはもう体がバラバラに砕けそうなほどヘトヘトですけど。。一回抜いたら、もう「らくにしていいよー」って雰囲気でただ寄り添って雑談するだけで楽しんでもらえる客はかなりラッキーです。話の内容なんて合わなくても別に構わない、穏やかな空気を共有できる客と寄り添う時間は、仕事ということも忘れてこちらも癒されるし、また会いたいって思える。

風俗の仕事は、疲れた男たちにつかの間の「癒し」を提供するとても大事な仕事ですね。流石にこっちも体力つかうからしっかりお金はもらうけど。だって世の中綺麗事だけじゃ生きてけない、今を生きる金を手に入れるために手段なんて選ばなくていい。

風俗って、別に抜きたいだけの性欲の塊の男ばかりが来るわけじゃない。そこを勘違いしてる人こそが風俗を一度も利用したことのない人たちなんだろうな。

仕事や家庭に疲れて、または独身やバツイチで、ただ「疲れた・・・ 誰かに癒されたい・・・」っていう気持ちで風俗を利用する方も多そうです。自分が風俗嬢になって、さまざまな男性と身近に接してみると、風俗の仕事ってとても大事なんだなと感じています。今の中高年の男性は、昔のお見合いで体の相性とか拘る間もなく結婚したから、奥さんとのセックスでは満足できない悩みを持つ人も多そうです。おまけに男同士ではちんこの話はタブーのようで、どの男も自分のちんこの大きさや、イくのが早すぎるとか、二回目が出来ないとか、一回で駄目になるのは情けないのか・・・ などなど悩みがあるようで、「どうだ俺様のちんこだ」とちんこをいきなり口に突っ込んでくるような男はほとんど居ません。自分の男としての魅力を確認するために風俗利用する人も居るのかも。

そりゃ中には性欲の塊で、時間をフルに活用してガッツいてくる男も居るけど(退出しようとするのに後ろから腰を押し付けてきたり・・・、最初からいきなり襲い掛かってきたり)、・・・別にそれが悪いとは言わないけど。でもほとんどの男は風俗嬢をちゃんと人間扱いしてくれるし、こちらがちゃんとサービスすれば「ありがとう」と感謝の言葉もかけてくれる。

俺は男の肌のぬくもりが好きなので、一回出してもらった後で、そっと寄り添い頬をすりよせて鼓動を聞くのが好きです。顔は少々ブサイクでも全然気にしないけど、雰囲気がキモかったり目つきが妙な客は嫌ですね・・・

ちんこの大小も気にならなくなったというか、どんなちんこもかわいいです。ただ、異常に臭かったり、病気ちんこは嫌ですけど・・・ 風俗嬢だって、若い娘はただラクしたいだけでチョロっと働いてるのも居るかもしれないけど、俺くらいの年齢になると皆なんらかの理由あってこの職に流れ着いたワケあり女性が多いから、そんな女達に病気ちんこ咥えさせて病気にするなんて、もう人間じゃないですよ。隠しても解るんですよ、色んなちんこ見てるんだから一発で病気ちんこは解る。真性包茎は流石に皮に隠れてるから無理やりベリベリ剥くわけにもいかず病気を確かめようがないけど・・・ 真性の人は入念に洗ってくれて病気でさえなければちゃんと咥えてあげるけど(あー、でも真性包茎を咥えたときのあの触感はなんとも言えないですけど、、どうにもならないから責められないしなー) とにかく病気ちんこはちゃんと病院行ってください、正直に言ってくれれば他のサービスで補いますから、ホントにお願いしますよ・・・ 自覚のない男がたまに居るので怖すぎるっ。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hashigotan/20080928/p1