読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

一人が好きだなあ

彼氏 生活

この不景気のご時世にも専業主婦なんて気楽な身分でラクして生きてる女たちが平気なツラでのさばってるわけで、そりゃ俺だってできることなら専業主婦になりたいよ。

今付き合ってる彼氏は職場でのポジションも上だし年収は多いほうだけど、住宅ローンがあるので結構カツカツで余裕なさそうなんだよね。だから俺もあまり無理は言えないし、言うつもりもない。

俺が無職でもそうでなくても、外食するときのお金は気前よく払ってくれるし、割り勘にしようなんて一言もいわれたことがない。彼は基本的に、男女平等の考え方を持っていて、「男がおごってくれて当たり前」・・・と思うような女は嫌いなようだ。俺も勿論、男に何でもおごらせて当たり前とは思っていないし、感謝の気持ちは常に持っている。この間テレビで「クリスマスのプレゼントで彼氏に期待するプレゼント額は?」という街頭アンケートがあったけど、結果は確か、平均で五万くらいだったかな・・・ ボケが!とテレビに向かって思いきり突っ込み入れたけど、この街頭インタビューされてる女の顔が不細工でムカつくんだこれがまた。お前が言うなって思う。俺なら例えば数千円のプレゼントでも、それが俺の趣味を理解したプレゼントであるなら、うれしい。まあそりゃ無理を言えば1万円くらいで指輪かネックレスでも貰えたらグッとくるけどさ。でも相手もけして裕福なわけではないし、年収で考えると数百万で多いほうだけど、それはボーナスが入ってるだけで、当然ボーナスは住宅ローンの払いに消えるんだろうから、彼の月々の月収はそんなに多くはないんだよね。無理させちゃ悪いなあと思うんだよね。

彼は、「僕のマンションに来て一緒に暮らしませんか?」「しんどいうちは僕が食費出すから」「引越し費用も僕が全部出すよ」・・・と言ってくれる。彼のマンションの部屋の何個かあるうちの、一個の部屋を丸ごと空けて俺の部屋にしてくれるらしいのだけど、なんだか窮屈そうだなあ・・・ 実家の四畳半の部屋に戻ったような気分に違いない。この一人暮らしの自由を捨てて、そんな狭い一室に移動するメリットが見つからない。彼からすれば、自分の家に気に入った女を囲い込んでおけば心の安寧を得られて仕事にも精が出ていいんだろうけど。俺からすれば、彼に飼われているペットの身分に甘んじて自由を失う感じ?昨日の夜も、彼が会いに来たのだので、台所でコーヒー入れながら「毎日会わなくてもいいでしょ。たまに会うからいいのに・・・」と愚痴ると、「僕は毎日会いたいんだよ」と、後ろから抱き着いてきた。でも無職でお金がなくて、もうすぐ月末で家賃と借金の支払いがあるから、そんな気分じゃなくて彼の手を振り払ってついそっけなくしてしまった。嫌いじゃないし、顔を見るとこっちも安心はするのだけど、恋や愛よりも、お金の存在ってのは想像以上に大きいのだなと実感した。彼は「二人でならどうにかなる」と言うのだけど、俺からすれば「一人でならなんとでもなる」って感じ。彼は「何もかも一人でがんばらなくていいんだよ」と言ってくれるけど、俺は一人で居るほうが実はがんばらなくて済む。やっぱり一人で居るのが好きだなあ・・・

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hashigotan/20081126/p1