heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

この時代に専業主婦という存在など必要ない

主婦の仕事はそんなに大変というわけでもないです。洗濯は、洗濯機のボタンをピッと押すだけです。干すのは適当でいいです。姑が近くに居たら、さすがに洗濯物を干すのも気遣いはしますけど(エロい下着とか・・・)、私は姑とは同居していません。

結婚したからといって、一人暮らしのときと何がどう変わるというほどの大層な仕事があるわけでもないです。

掃除も適当です。私の髪が長いので、それが気になりはじめたらクイックルワイパーで家の中を一周する程度です。あと、たまにコロコロしたり。家の中の用事はいくら一生懸命やったところで、一銭の儲けにもならないし、拘りだすときりがないので。

彼も冗談交じりに言うのですが「洗濯板で洗ったり、釜戸で火をおこして飯を炊くような時代」なら、主婦業も大変だろうけど。 

今の専業主婦の女性達って一日中、家に居て何してるんだろう。テレビでもよく目にする「家事手伝い」という職業に疑問を感じませんか。「お前は働かなくて家に居てくれればそれでいい」なんて言う男も居るのかもしれないけど、でもそれは後々その男性自身の首を絞める結果にならないとも限らない。家に篭りきりで、まともに働いたこともない、世の中を知らない嫁は、きっとその先も旦那の稼ぎだけをあてにしてますます働かない女になる。若い頃はそれでも可愛いけりゃ、デカい乳が揉めりゃ、いいんだろうけど。歳をとった嫁が働きもせず若い頃の気分のままいつまでも好き放題して家の中に居るとしたら、それはすごい重荷ではないか。家の用事をよほど完璧にやってくれて、飯も上手いなら「まあ仕方ないか」と思えるのだろう・・・ か(?  でも働いて居ても、ある程度の飯は作れるだろう。働いてる嫁と、家に篭ってる嫁の違いって何?

実は内心「私も専業主婦になってラクしたぁ〜い、本当は外で気遣いして働かずに家で寝ていたいの〜」なんて思う気持ちも少しあるのですが。いや、それは甘えだ!と自分で自分にカツ入れて、嫁も働くのが当たり前!と思うようにしてます。つか私は借金あるので働いて当たり前なのですが・・・

それはそうと、夫になる男性が、一人暮らしの経験があるかないかは重要だなと感じました。

私が家の用事をすることに対して、彼は一定の感謝の気持ちを言葉にしてくれるので、一人暮らしを経験してきた男性は「女がして当たり前」のような考え方がなく「どっちがしてもいいんじゃないか・でも、してくれてありがとう」のような柔軟かつ、気遣いのできる捕らえ方で、こちらも家の用事に気を張りすぎずに済み、気が楽でいいです。

相手をどう思っているのかは、日ごろの何気ない会話の中に潜んでいるものだなと感じます。例えば、食後のコーヒーを入れて彼に渡すとき「ありがとう」と言ってくれる、それだけでも気持ちは伝わります。毎回毎回、言わなくても、たまにでもいいので、そういう言葉を言える男性と一緒に過ごしたいと思います。

私の祖母が昔、「結婚したら女は女中と一緒だ」と言っていたのを思い出します。釜戸で火をおこして飯を炊くわけではありませんが、結婚すると確かに毎日毎日、飯を炊くことになるので。米をとぐたびに私の心の中で「飯炊きばばあ」という言葉が繰り返されます。でも、彼の理解があるし、女中という感じでもないし、何より私は自分の意思で飯の仕度をしているのだから「私は飯炊きばばあではない」と納得しています。

一人の頃は、時間があればブログに没頭していましたが、今はそれほどネットに執着しているわけでもありません。つか眠いのでほとんど寝てます。悪さをすることもなく、大人しくしているので、スクラッチで2000円当たりました。行いが良いからでしょうか・・・