heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

素人が絵を描くことについて、ちょっと考えてみる

パラサイトイヴのアヤを描きました(何か細部がものすごくいい加減なんだが、、、)。パラサイトイヴは1も2もクリアしていて、特に1はクライスラービルのボスも倒して三週くらいしました。
作品全体が硬派な作りなのが非常に好感持てます。3は出るんでしょうか・・・

f:id:kuroihikari:20141218144111j:plain

文章を打つことも楽しいですが、絵を描くことも大事ですね。絵を見ただけで一瞬で「言葉にはならない、すべて」が伝わるので、自分の人生の記念として、絵を描いて自分のサイトに展示しておくのもいいんじゃないでしょうか・・・ ネットを散策するとプロ並みに上手い人が大勢いて、そんな人がいるのに自分がわざわざ時間をかけて稚拙な絵を出すことに意味があるんだろうかと、ペンをもつことすら拒絶してしまうときがあります。

でも自分の描きたいように描けばいいんです。私はデッサン力もなく、画面構成もキメられないので、いつも頭部だけの生首絵とか、たまに腕を描いても何かバランスが悪かったり、首の座りが悪かったりで、だから全身絵とかバンバン描いてる上手な素人さんの絵を見ると、あーあ・・・って思いますよ。

自分を知る人たちに、自分の文章以外の表現方法の結果を見てほしいとは思いますが(それを真剣に評価されたくはなくて、ただ「こういう表現もできるんだー、程度の反応でいい)、でも上手いとか下手とかじゃなく、結局一番「見せたい人」は、未来の「自分」なんですから。今のこの時間を無駄にしない一つの手段として、絵を描くこと・・・ があるんだと思います。確実に結果として残りますから。

で、イラストを描いた素人さんが、自分のイラストの隣に「時間が足りなくてー」とかフォローするコメントを入れたりする場合もありますが、私の旦那曰く「素人がなんで時間が足りないとか言うのか、プロのように締め切りがないんだから納得いくまで書けばいい」ということで・・・

確かにその通りで、素人は締め切りがないので、完璧なものを求めるならとことん何日でも、一年でも十年でも時間をかければよいだけです。または時間のないまま納得いかないデキの絵でも、中途半端なまま未完成でも生首でも、とりあえず「公開」することが第一の目的なら、黙って公開すればいいだけで、言い訳するために絵を描いたわけではないので、自分の絵をフォローするようなコメント(自分の絵に自分がコメントする時点でなんかカンチガイなんだけど)は入れないほうがいっそスガスガシイですね(自戒も込めて)。

でも何ででしょうね・・・ 幼稚園児なみにヘボっちい大人に限って、自分の絵にやたら長いコメントを入れているのは・・・(今回はここに拘ってみました、とかどうでもいい)

まったく話が飛びますが、トライガンの(原作に忠実な)映画化の話はどうなったんでしょうか・・・ ていうか今頃映画化して観に行く人いるのかな。ウルフウッド死んでからアワーズ買わなくなったけどまだ生き残っているのかなと思って画報社のサイトのぞいてみたらヘルシングの人が「ドリフターズ」って新しい連作?始めてた・・・ ドリフターズって・・・

さらに違う話ですが、FF10のガガゼト山で、シーモア異体戦3回全滅したので、戦闘前にすべての召還獣をオーヴァードライブ状態にして挑みました。一回目で、バハムートを召還。メガフレアで28000ほどのダメージを与え(シーモア異体のHPは36000)、あとは召還獣をほぼすべて使い果たしながら何とか倒して、戦闘終了。LV.4キースフィアを入手しました。さて、この次が大変だ・・・ 普段ぜんぜん使ってない主人公とリュックとワッカだけで戦わなくてはならないようで、一気にやる気がなくなった・・・