heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

26000円は子供のために使われるよう、現金以外の方法で

政治はぜんぜん興味なかったのだけど、そうも言っておられず、今回は「こいつだけは絶対当選させたくない」ってほど嫌いな候補者がいたので、投票に出かけてきた。こいつだけは当選させたくない、お前は国会に行くな、って候補者の名前に×できたらいいのにな・・・ と思った。

いままでは選挙の投票はサボり気味だった。でも、こいつだけは当選させるわけにはいかない候補者の対抗馬となる候補者の名前を紙に書いて投函したとき、なにかをやりきった充実感に心が満たされていた。結果がどうあれ自分にできることはやった。

・・・たかが数分程度で済む作業を面倒臭がっていたのだなといままで投票に行く機会の少なかった自分を、改めて恥ずかしく思った。でも、たまたまかな、子連れが多い気がしたのは。

子供を持つ男女は、日本の外交問題とか難しいことなど考えてはいない、ただ自分の子供のことと、毎月26000円もらえることだけ考えて投票に出かけた。CMに出ているような結構イイ車に子供がどんどん乗り込んでいる風景が目に入るたび、なんだか自分には一生つかめない幸せのように思えた・・・ 心の中がからっぽになる、そんな光景を毎回毎回、見たくもないのに見せてくれる彼らに対して、消えてくれ・・・ とは思うけど、助けてあげようとは到底思えないんだ。

貧乏な「子供」は救ってあげればいい。だけど、その親まで救う必要はない、1カ月26000円もの大金は本当に子供の元へ届くのか・・・ 親がパチンコなど自分の趣味で浪費しないように、現金ではなく、子供に必要なものしか買えないような券を作るなど、使う用途をより具体的に明確にさせ、それしか使えないように縛っておけばいい。これは子供のための金なんだ、それ以外の用途には絶対使っちゃ駄目なんだ、それは絶対ないんだ、と子供のいない男女も納得するように説明しておくれ・・・

親が自由に使えるかもしれない「現金」で渡すなんて、キチガイじみている。それは子供も居ない男女の血税をあまりにもいい加減に考えすぎてる・・・ 親に現金で渡すなんてことは絶対にあってはならない。

以下は2chのスレのコピペ。

1 :名無しさん@3周年:2009⁄04⁄08(水) 12:00:18 ID:XNVB6jYd
民主党の「子ども手当」がこのまま実行されれば、生活の苦しい世帯を尻目に
子供1人に月額26000円、つまり年に312000円もの現金が富裕層にまでばらまかれます。
子供3人なら年額100万円近くになります。

<子ども手当の問題点>

1. 現金の直接支給である →ギャンブル、酒、車、旅行など無関係な贅沢に使う親が出てくる可能性が高い
2. 所得制限がない →貧乏人を馬鹿にしている
3. 審査や条件がない →たとえ虐待親であろうが無条件に支給し、子供が犯罪者になっても返還義務なし
4. 今後もう産まない家にまで支給 →子供は増やさないのに手当だけもらえるのか?
5. 「公平性」という言葉でごまかそうとする →今の高校生以上は何ももらえないという不公平は無視
6. 自分中心な親の意識を変えないまま支給 →親の「ワガママ手当」と化している
7. 突っ込まれると、「これは景気対策にもなる」 →景気対策なら子無しがもらえないのは矛盾している
8. 増税・負担増には触れずひたすら26000円を強調 →手当をもらえない貧困層との格差がますます広がるだけ
9. 少子化対策にはならない →民主党自身が少子化対策のためではないと言っている

26000円くらい、ヨメがちょこっとパートすれば稼げるのに、努力もしない人間に、なんで「子供を産んで大変だろう」っていう「だろう」の想像だけでものごとを考えて、お金をあげるんだろう。