読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

派遣をなくすべきではない

国会中継観てた。派遣で働く製造業をなくすとか・・・ そういうの安易に話さないでほしいです。製造関係の派遣では3年以上勤めてはいけない法律でも、その選択肢しか残されていない人が大勢いて、今現在も働いているわけです。

短期でもかまわないと割り切って働く人もいます。派遣会社も積極的に派遣社員に仕事を斡旋して、お互いに良好な関係を築き、その派遣会社でずっと勤めたいと望む人も多いでしょう。日雇いのグッドウィルで派遣に悪いイメージを持つ人が増えたかもしれませんが、実際に派遣を利用する私としては、派遣会社の対応は非常に良いと思います。

どうしても仕事が見つからない、あちこち面接したけど履歴書をばら撒くばかりで不採用。バイトだけというのも情けない、そんな人の最後の頼みの綱である「派遣」を無くすことは、本当に庶民のためを想ってのことでしょうか。正社員でなければいけないと、皆が思ってるわけじゃないです。

庶民から仕事を奪ってどうするんですか。派遣の仕事をなくすことで、皆がそれでも働き先が見つかればいいです、でも無理です。

国会のお偉い方は、夢みたいな話ばかりしている。全員が派遣ではなく正社員になれる世の中なんて無い。派遣を含め、働く選択肢はいくつあっても構わない、その選択肢の数だけ働くチャンスが増えるということです。一度作ったものを無くすことを安易に決めようとするのは、逆に国民を不安にさせるだけで、派遣について国会で議論することも、本当に今現在「派遣」で働く人たちのことを想ってのことか、単に綺麗事を並べたいだけなのか、熱心に答弁する国会議員達がますます雲の上の人に見えてしまいます。

派遣を望むか望まないかは企業側が決めることで、企業の経営状況もわからない国会議員が決めることじゃない。派遣をなくしたいならば、先ず国の景気をどうにかしろ。そうすれば自然と正社員への雇用が増える、派遣について議論する必要もなくなる。そして派遣は派遣として今後も残していくべきだと思う。