heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

内藤先生の血界戦線2巻の「例え千の挫折を突きつけられようとも、私が生き方を曲げる理由にはならない」に吹いた… 内藤先生の言葉選びのセンス半端ねーっス
でも血界はトライガンほど深くない… 格好はいいけど、ヴァッシュの殺さずの精神を貫くための葛藤や、ウルフウッドの子供たちを守るための強さとは違う。戦う理由の重さが違うよなー
いろんな漫画読んできたけど、トライガンが自分的に一番だなー…
あー、レガートとナイヴズの出会いの話はすげー感動だよ。ナイヴズとヴァッシュの最後の戦いが繰り広げられる中で放たれた数々の名ゼリフ… 俺の聖書だよトライガン。
同じこと繰り返すかもしれないけど、本屋でもあまり見かけないトライガンをこれからも定期的にプッシュしていきたいです。