heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

ネットの本人写真の信頼性とは…

近頃コメントいただけなくなりましたが、私のファンの皆さんまだ見てますか(´;ω;`)

30歳過ぎると、たった3年経っただけで顔が変わるので(目とか頬のあたりとか各パーツが所定の位置から崩れてきます…)、崩れていくのは致し方ないとしても、崩れていく過程にどう自分の生き様を刻みこめるかが大事で人に「イイ顔してる」と思われるような顔になれた人が最終的には人生の勝者です…(はい、中年の負け惜しみです) 若さには敵いません、それは自分のたった4年前の写真を見ても明らかです。肌の艶がどうとか、そんな細かいことどうでもいい、今の自分が失ったもの、たくさん詰まってる…

免許更新の写真とか… 不意打ちで油断してるときに写真撮られるとやはり歳とってます。免許写真は撮影室で椅子に座ってフウッ… て息ついた瞬間パシャッと撮られてたので犯人みたいなツラしてます… こんな写真を何年も、ほぼ毎日のように携帯しなければならないとはトホホ…

夢も希望もなさが、不意打ちで撮られた写真一枚に見事に切り取られているなんて、悲しいです… 自分で気合入れてキメ撮りした写真は、きっと本当の自分ではなく作り物の自分でたいしたことないですから意味はないです。
そうではなく油断しきっているときの普段の自分を撮ったものは受け止めなければならない真実なので、これを軽視して「あーこれ油断してたときのヤツだから(本当の私はこんなんじゃないのよ)」とか言い訳する前に、いったい何が自分の顔をこんなふうに疲れさせて、まるで生命の輝きってやつを感じられないのかと考えてみる必要あると思います。

私がネットで出会っただけの男性の「写真」を見る上で注意する点は
「その人の表情から何か不穏な空気を察知できないかどうか」です。

昔、ネトゲで出会った男性とチャットでエロ話もするようになり、その人は私の主婦の悩みも真剣に聞いてアドバイスくれるバツイチ男性だったのですが、「俺がこれだけ君の悩みを真剣に聞いてアドバイスもあげたのだから(当然)会ってセックスするよね」的な話の方向に傾いていきました。

で、その男性の写真を見せてもらったのですが、それが、見た目は普通でしたが、その「目」がどこか病んでいて「こりゃ普通じゃねえな…」と思える全体的な雰囲気(オーラ?)だったため、「こんな目をした、病んでる男に会ったら、どんな目にあわされるかわかんねえ(最悪、殺されて山に死体を埋められる)」と怖く思ったので、その人がいたギルドからも外れ、それ以降一切かかわらなくなりました。

ネットで異性に恋するのは夢見る夢子ちゃんのままではいけません。ある程度、現実を知る努力をしてからのほうがよいと思います…

私も「はしごたん」なんて可愛い名前ですけど、本物は貴方たちの想像もしない恐ろしい姿なのかもしれません。