読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

女はだいたい、口が軽い

同性 交流

会社で「私は口がカタイから大丈夫です」と微笑混じりに言う女性のことを信じて話した内容が、シフト休みの間に本人にバラされていたので、うわっ!口軽っ…!って驚いた。そして私自身も「私は口がカタイから大丈夫ですよ」と言いつつ、本人不在のとき「○○さんが働きたくないって言ってましたー」と全部バラすので、、ほんと女ってヤツは…orz

この人ヤル気あんのかなー?と思う新人さんのことを仕事のデキる先輩に「あの人仕事遅くないですか?」と正直にメールで聞いてしまうくらい、結構影で人についてイチイチ言うタイプなので、あまり信用しないでほしいです。同僚の子持ち主婦がチョット鼻についただけでも、先輩に「あの子生意気じゃないですか?イイ気になってると思うので注意したほうがいいです」とメールを打ってしまうので(子連れ主婦に嫉妬するこのブログのノリのまんまで「許せないです…」と先輩の携帯に長文メールを何通も送る私であるが、先輩の返信はいつもナイ←当たり前だ)。

悪口じゃないからイイってわけでもない。たとえ「事実」であっても本人不在時に言っては駄目なのだ(当たり前だ)。

何でもかんでも本人不在時に「実は○○さんがこんなことを言ってました」とバラしていると、あの子に言うと全部バラされるから何も言わないほうがいいよとヒソヒソ声で伝達が行き届き、孤立してしまいます… あ、今俺がその状態に近い。自重自重…)

独身時代に不倫してた頃、女友達に「実は私…、不倫しているんです。でも、これは誰にも言わないでくださいね」と打ち明けたところ、その子は「大丈夫、私は口がカタイから」と答えたのに数日後「この子が不倫している子なのよ」「へーおとなしそうなのにすごい」と早速友達に言いふらしていたので、、お前口軽すぎんじゃんwwwと思って開いた口が塞がらなかった。しかも「大丈夫この友達は口がカタイから」って、私はその子のことは知りませんが、それを信じろというのかー!(怒)でした。

さらに独身時代とある会社で、食堂にポツンと一人でいる美人な女性がいたので、たまたま向かい合わせに座ったとき勇気を出して話しかけたら意気投合し「友達になりましょう!明日もここで会おうね!」と理想的な感じで友達になりましたが、後日、その子に話した私のプライベートがすべて、その子の部署内に言いふらされていて、私は私の知らないところでいつの間にかプライバシーも何もあったもんじゃない状況になっていて、つまり笑いものにされていたんです。私の部署の先輩がこっそりと「あんたのコトなにもかも、あの子がバラしてるから皆びっくりしてるけど、あんたそれでいいの?」と教えてくれたので発覚しました。直接その子に問いただしましたが、自分が悪いことしていると気付いてない反応だったので、私の中でその子のことは完全に「終わり」になりました。

自分の趣味やプライベートを勝手に言いふらされて、それを面白く思う人がいるでしょうか… それは、お前だから言ったんだよ、お前以外の人間に言うために、お前に言ったわけではない!罪の意識がまるでないその子の存在そのものが、悪い冗談のように感じられて、それから電話もメールも返事しませんでした。

当時は「だまされたー!」「私を利用しやがってー!」と腹がたちましたが、私も本人不在のときに「○○さんが○○してたーw」とか言いふらして、しかも悪気はなくて、悪口じゃないからイーじゃんと軽く考えたりしてるけど、自分の知らないところで言われた本人からすれば「あの子、私のこと何でも冗談みたいに人に言いふらしてるんじゃないだろうか?」最終的には「あの子、私を馬鹿にしてるんじゃないの?」と思うかもしれないので、、気をつけないと(いや、もうスデに思われてるかもしれない)。

いやホント、女はだいたい口が軽いので信用ならねえです。そして私もかなり口が軽いので信用しないでください(何なんだこのクダラン記事は)。