読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

近況2

連れ

もう何もかも捨てて一人になりてぇ~ と思ったのでネットで賃貸を検索してみたものの、なに夢見てんだ、結婚はそんなに簡単なことじゃない(芸能人とかじゃないんだから!)、恋愛はできたとしてもそこから結婚というステージへ飛翔するには一般的にはそんな簡単な話じゃないんだよってことを俺は忘れかけていないか… 俺は借金もぐれで今の家に転がりこんだが、同棲は出来ても、結婚するときに婚姻届に印鑑を押す手前で夫が見せた超真剣かつ「これは契約なんだよ」という空気がビシビシ伝わる緊張感を覚えたことを、忘れかけていないか…
そうだ、一般人は芸能人じゃないんだぜ、ましてやハリウッド俳優じゃねえので、結婚は歳をとるほどに慎重にならざるを得ないのだ。俺は中古品だ。もし一人に戻って、新しい異性と恋愛したとしても、都合よく遊ばれて捨てられるだけの運命かもしれない。夫婦でどんなに会話がなくても、セックスレスでも、もしかすっと相手が浮気してるかもしれなくても、それでも黙って、とりあえず一緒にいるということは、実はそれだけでも、結婚前に婚姻届に印鑑押す手前の真剣さ、何があってもお前が、あるいは貴方が寝たきりになっても面倒見るという覚悟は、いまでも続いているということになるのだ。
早まるのはよせ、別居夫婦が流行っているが、一度出てしまえばもう無理だ…
そんな感じで、多分家を出ることは今回(も)やめることにしました(多分)。
これは俺のビョーキなのかな… 昔仕事を転々としたように、すぐ環境を変えたくなるのだ。これ以上よくなるはずがないのにね…
ああーーーー、どっかへ飛んでいきたい!今の仕事もやめたい!なにもかも放り捨てて、ついでに会社では「いい人」な自分もサヨナラしたい!キメーんだよ、チクショウ、いまさらキャラ変更できねーよ。
俺はいまだにワカンナイんだ。辛いとき、逃げ出したいとき、環境をどんどん変えたほうが人生しあわせなのか、それとも辛くても逃げ出したくてもそこに留まって我慢し続けたほうが良い人生を生み出すのか。別居や離婚を考えるときはいつも考えてしまう