読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

他人の幸せを素直に祝えない自分を変えるためには…

自己 ネトゲ 子供がいない苦悩

ドラクエ10ばかり遊んでますが、友達も増えてきて、ちょっとした苦悩が生まれました。というのも、ドラクエ10は子供のいる大人が多いので(ドラクエの歴史から考えて、そりゃ当然なんだろうけど) …で、子供の話がチャットで当たり前のように流れ出すことがあるので…

ちょっとツライことが多くなってきた… 特に、生まれます!とか、生まれたばかりです!とかだと… もう勘弁な… で、幸せオーラ出しまくりのチャットが流れたりすると、泣きたい気分だ…(まあ本当に泣いたりしないけど) 本人らは悪気なくて、ほんとに幸せだから発表したいだけなんだろうけど… そこで子供のいない大人で、子供ほしいと思ってるけど難しい人に配慮してほしいなんて言えない。本当は嫌われてもいいから、『子供がいるのが当たり前じゃないですよ…(←暗っ…)』と言いたかった…(でも言えば、シラケるだろ…) ど、どうすりゃいいんだ… たかがゲームでこんな苦しみ必要ないんだが。リアルの話、いっさい禁止な!(と公式掲示板に書きたいのだが、バナナで滑らされそうなのでよしとく)

子供かあ…

職場でも、自分と年齢の近い人に子供がすでに二人いて、しかもその子供がもう中学生とかで、どう考えても「追いつけない」…そう思い始めると、「もう無理だよ…」と、今目の前にある仕事も、なにもかもすべてを投げ捨てて、そうして最後に、許せない人間数人を殺してから、自分も死のう… そうしよう、もうこのまま生きていてもこの子たちには追いつけない、こんな…… 何の悩みもなさそうなヤツラに…!!自分がこんなカスみたいなヤツラより劣っているなんて…!認めるくらいなら死んだほうがいい。なーんて思うこともある。

思うだけで、死なないけど。つか谷底へつきおとされても、這い上がってくるよ俺は… 恨みがたくさんあるので…

つか自分に寿命があるってことすら認めたくない人間だよ。

自分が死んだ後も地球上で自分以外の人間が生き続けることすら信じたくない人間だよ。

自分がもし、世界中を滅ぼすことができる核兵器のボタンを持ってるなら、もう何も悩むことなく生きられるのにな…

でもなあ、「追いつけない」とかいう考え、意味ないよな… 別に他人と幸せを競いあわなくても、どんなに遅れてもいいから自分なりの幸せってやつを追求していけばイイし… なにグジグジ悩んでんの、多少気に食わねえ奴がいても、異文化交流と思って、もっと気楽に構えて、嫌なことはテキトーに聞き流して、そうして輪を広げていって、みんなに好かれて、困ったとき助けてもらえるような人物に自分がなったらイイ…

自分は生真面目すぎるんだなたぶん。だから許せないことが多くなりすぎている…

……黙ったままでも、心の中はドロドロのグチャグチャであーだこーだ自分で自分を励ましたりしつつ、やがて、じわじわ浮上してきました。いつもこんなだ…

いや、ホント… 思うんですけど、自分の悩みって、他人にはどう説明してもわかりっこないし、だったら自分自身の心に問いかけてみて、そこから答えを見つけ出していくしかないんじゃないか… って(わかったようなこと言ってんじゃねえよ!と思うかもですが)。←現実社会でも、たまにそう思うような人いますよね、お前なにわかったようなこと言ってんだ!みたいな腹たつ奴が…

さて、話は戻りますが(長いスね)、

だから、ドラクエ10は「実は子持ち」の人が多い。1台しかないWii本体を子供と一緒に使いまわしている方もいた(この行為は規約違反で、本当は、家族でも一人一台本体が必要らしいけど…) 「規約違反ですよ」とか言えないし… 

嗚呼そうそう、子供が生まれるおめでとうムードのチャットの中で、「うぅ、ツライなあ… グサグサ心に刺さるチャットが続いてしまっている…」とか思いつつ、ピンクモーモンとか叩いて頭から消そうとするけど、でも「おめでとう」ムードの中で自分だけダンマリもヘンだしなあ… と迷いつつとりあえず「おめでとう」は言うわけだ。

そうまでして、たかがネトゲでの友達の友達にまで無理をして、誰かの幸せに対していちいち「おめでとう」とか言わなければならないのか、そんなつまらない無理をして自分の心を傷つけるために、ネトゲをしているわけではない。私はただ… この虚しい日常から逃避するためにドラクエ10の世界に迷い込んだだけ……

だけど、いまさらキャラを作り変えるなんて、馬鹿馬鹿しいし、ここから逃げてどうする…?嫌な会話がチャットで流れても、適当に「おめでとう」と言っておけばいいじゃない。どこへ逃げても、子供が生まれたので祝ってくれ!という話はきっと出てくる…

それに、自分は子供が無理と決まったわけじゃないので、もしかすると将来自分も誰かに祝ってもらうようなことが起きるかもしれない、そう思うと、言えないよなあ…

ああ、そういえば結婚したときも、このブログを見ている人たちにお祝いの言葉たくさんもらったので… 自分が何かしらヨかったときは他人に祝ってもらうくせに、他人の何らかの幸せは祝えない、とかもチョットどうなのよ… だよね。でも子供の問題は、難しいよなあ…