読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

部屋を片付けられずゴミ屋敷にして安堵している自分にはきっと一人暮らしのほうがむいている

一ヶ月以内に出て行ってくれ

と言われて、さすがに危機感をおぼえたのでネトゲなんか放り出して、派遣で働いている。

これから家族と別れようとしている状況の中では家族連れの多い夕暮れ時のスーパーからは自然と足が遠のいてしまい、コンビニしか選択肢がなくなる。毎日毎日カップ麺・パン・三角形のサンドウィッチ・おにぎりなどを買うと一回で1千円札が飛ぶ…(プラスお茶か水) もうご飯を炊くのも面倒なのだ、何も出来なくなった。コンビニブランドの安いカップ麺と、おにぎりばかり食べて過ごしている。

二日前、なでしこサッカーの澤選手がヘディング決めて一人部屋で盛り上がっていると、ガチャッとドアが開いてそこには…… 深刻な表情ではなくて、フツーの表情の夫が立っていて、

「今チョットいい?」

と言うので、「いいよ」と招き入れると、隣にピタッとくっついて座られたので焦った。俺は、やったぜバツイチ!なんて記事を出しているので… あんましくっつかれると291userにハリセンで殴られそうだ…

「働いているんだ?」
「うん」
「仕事は何時間働いているの?」
「8時間で残業もあるよ」
「へえ… そうなんだ。働いていないのに家事をぜんぜんしないから腹がたってあんなことを言ったけど、ちゃんと働いているなら別にこの家にいていいんだよ?」

なんだと…?家事を放棄してネトゲで遊んでいた俺を見ているはずなのに、それでもいいというのか?

「あとはお前がどうしたいのか決めればいい。出て行くのなら出て行けばいいし、ここにいたいのならいればいい。ただ、最近部屋が散らかってきているようだからせめて自分の部屋くらいは片付けて?なんか臭いよ?自分で気づかない?」
「…うん、あとで片付けるよ」

用件だけ言い終えると夫はドアを閉めて出て行ったので、俺はコンビニで買ってきたカップ麺を食って、おにぎりをもぐもぐ食べて寝た。

そして昨日

仕事から帰るとまたカップ麺とおにぎりを食べて、今日も疲れたなあと思いつつ、ボーッとBSでプロ野球中継を観ていると、ガチャッとドアが開いてそこには眉をしかめた夫が立っていて、

「いますぐこの部屋を片付けてくれないか?

汁が残ったままのカップ麺から異臭が漂ってきて迷惑だ。

と厳重注意されてしまった… 

コンビニで買ったカップ麺やおにぎりなどを食べるばかりで、捨てるという動作を一度もしなかったので、自分の部屋がゴミ屋敷になっていた…

汁の残ったカップ麺の容器を床にそっと置いて、あとは見て見ぬふりをしていた。

「いますぐ片付けるのは、仕事で疲れているから無理だけど、日曜日が休みだから片付ける」
「お前が片付けないなら俺がお前の部屋をいまから片付けるから、その間はとりあえず外で何か食べてきてくれないか?」
「いま仕事で疲れとるから無理やと言うとる!(思いきり睨みながら) もう少し我慢してくれたらどうせこの家を出ていくからええやろ!」
「別に出て行くのは構わないし、お前の新しい家がゴミ屋敷でもそれは好きなようにすればいいし俺には関係ないことだから。でもここにいる間は俺の家だからせめて自分の出したゴミくらいは片付けてくれないか」

クソッ… 一言も二言も余計だ… 結局、部屋は片付けたが、もう一緒に暮らせないなと痛感した(つか掃除しない俺が一番悪いのかもだが… 放っておいてくれ!)

俺は部屋を散らかしたいんだ!そうすることでストレス発散をしている!