読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

夫の切り札… 夫は精神的DVなのではないか?という疑いを抱えたまま別居中

籍を入れたままで、別居生活中です。

別居生活の良い点
自分の心に「ゆとり」が持てるようになった。たとえば職場で関わる人に優しく接することが出来るようになっていった。

仕事が終わったあと、会話もない夫のために家事をするストレスからの解放感は絶・大であった… 

別居や離婚にグジグジ悩むくらいなら思いきって飛び出してしまうのが正解ですな…(借金をしてでも、仕事さえ見つかれば案外ナントカなる… ←80万以上借金作ってるからナントカなってねーだろorz)

家を飛び出してからは、お金の心配はあるものの、(借金で)大きな買い物をする際もいちいち相談しなくてもよいのでとにかく自由ですな。家の中で過ごす時間も自分が家主だから遠慮はいらない(エロ漫画やセックス動画視聴中に、ドアがイキナリ開く心配もない←ソコか…)

周囲に「結婚しているかどうか」を聞かれても、

今 は 一 人 な の で …

と答えると「お子さんは?」などと重ねて聞く無粋な者もおらず、面倒がなくてよい。一人の女に何も聞けるはずないよな……(子持ちの図々しい女たちも、そこは聞くのが怖いか面倒くさいんだろうな流石に…)

今38歳。このまま40代突入になったら今度は、

ど う せ 孤 独 死 す る の で …

という言葉を追加予定… 怖さ倍増だな…

「一人」という選択肢も悪くない… 嗚呼、よーく周りを見渡してみれば、どこにでもいる、一人で生きている中年女性が…… 健康であれば、どうにか生きてはゆける…(最悪、生活保護…)

あとは… 母子家庭で保険料を国に面倒見てもらうとか… つか母子家庭多すぎやろ…… 連れ子で結婚したり、どいつもこいつも子供の気持ちをまるで考えてない、世の中滅茶苦茶すぎる… そんなのは嫌いだ(とか言いつつ、実は保険料免除がうらやましかったりする…)。

夫は「誰とでもヤッて、誰の子かわからないような状態で子供が出来てしまってからでは遅いんだよ?」と言った…… 俺の心を勝手に読み取るなよ~!安藤美姫のような状態?(笑)

若い男の精子ならまだイケるかもだ(40代夫の精子じゃ駄目かもしれねえな…)

離婚届を夫に預けたままで「別居中」
夫は5年半の夫婦生活にそれなりに思い入れがあるようで… 簡単に捨てられるものじゃない… 的な考えに今、縛られているようだ。言われてみれば確かに5年半の夫婦生活を簡単に捨てるのはいくらなんでもアレかな… と考えて、今は保留にしてある。

夫の豹変
家を出る間際、何度も抱きしめられて、チュウをされた。

「お前じゃないと無理だ」「フとした仕草が好きだった」「お前ほど可愛い女はいない」…とか言っていたような気がする。どんだけ俺のこと好きなんだよ?と、ただただ呆然とするしかなくて……(や、別に可愛いわけじゃなく充分ババアなんだけど… 夫の目にはそう見えているらしい)

何が夫に起こったのかよくわからないほどに、夫は別人になってしまっていた。流石にテレビのニュースでよくあるような、男女関係のもつれで殺してしまうような、そこまではいかないだろうけど……(嗚呼、殺したいと思うほど愛されてみたいものだよ…… ※但し、好みの男に限る)

夫はどうなのかな…… いや、まさかね… (夫になら殺されてもいいと思う程度には、一応想っているけれど…)

「出て行ってくれないか?」とまで言った夫に(笑)、抱きしめられながら、人形のように動けなくなった… 

どうリアクション返せばよいのだ、ことあるごとに私を無視(シカト)したり、給与明細を一度も見せてくれなかったり(酷い…)、夫婦の食費を米代・調味料代含めて一ヶ月たった二万しかくれなかった、さらに子供を作りたいとお願いしても頑なに拒絶され、新しい職場で保証人になってほしいと頼んでも毎回断られ……

夫は暴力はふるわないけれど、精神的DVに違いない……

夫の切り札
ほとんど反応返さずにいると、夫が「それでも出て行くのか!?」と言うので、「うん、出て行くよ」と答えると……

「そうか… これだけは言うまいと思っていたのだけど……」

…なんだ?

「これだけ引き止めても出て行くというのなら、お前が無職の期間に滞納していた二か月分の生活費、合計10万をきっちり俺に払ってから出て行ってくれ。それならお前も俺のことが嫌いになるだろう。そうすれば俺もお前のことが諦められる」

……ガーン

金かよ?おま…、夫婦だろ?どちらかが無職の期間は本来ならば、片方が面倒見るもんじゃないの?だけど、直近の二か月分以外は今まで無職でも毎月5万は払ってきたよね?(生活費5万なんて、少なすぎて恥ずかしい金額なのでブログでも隠してきたのだが…)

結局、理由はつけていても金が欲しいだけなんじゃないの?と誤解されるようなことを言うなよ… 本気で嫌いになりそうだった。むしろ理由をつけずに金だけ置いていけといわれるほうがまだマシだった。

これはまるで水商売に失敗して50万円という大金を支払った苦すぎる思い出と同じだ…… お前も加害者なのかー!コンチクショー!俺の古傷を穿り返しやがってー!この場で自殺してやる! 

正直、夫に10万円を払えと言われた瞬間に、心臓が破裂して死んでしまいそうだった…

大げさかもしれないが、信じていた人に、金で解決してくれと言われた瞬間のショックは… これは言葉ではとてもじゃないけれど言いあらわせないほどで……

この瞬間で、夫に対する想いがすべて消失… 二人で築きあげた城、もう何もない更地に返ったから……

嗚呼、そういえば、プロミスで借金を作った報告をしていなかったね……

「10万は無理だよ、借金をしているから無理」

「…えっ?また借金したの?」

「そうだよ。お金がないのに引っ越さなければならないから、借りたんだよ」

「えーっ… せっかく完済したのに、なんでまた借金作るの?」

「出て行ってくれと言われたからだよ」

「…そうだったね。俺が悪かったよ。で、いくら借金があるの?もうそれ以上借金増やしたら駄目だよ?」

借金があることを隠したままで、別居に移行するつもりだったが、10万円を払ってから出て行ってくれと言われたので、正直に話すしかなかった。夫も鬼ではないので、借金のある私から10万をとることは諦めたようだ…(つか態度が急に、保護者のように変わってきた…)

10万円は払わなくて済んだのだが、借金あるなら尚更、出て行くのは無謀だからよしたほうがいい(そりゃそうなんだが…) と引き止められたので、

「これ以上借金は増やさないから大丈夫だ」

と約束をして、ナントカ納得させることが出来て、新居に引っ越すことができたのだ。結局その約束は破ることとなったのだが……

続く……