読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

仮住まいの部屋に、生活感が出てきはじめている… /解約返戻金で借金返済

TV 借金

f:id:kuroihikari:20141204023028j:plain

今日のパズドラ
アヴァロンドレイクがガチャで出たので気に入ってます(絵が気に入りました)。あとはドラゴン・サムライを早く使えるようにしたいです。ランク63で聖者の墓-深層-途中まできました。アクアバロンはもうイランです。

終身保険を解約して、一時的なお金を得る(無職がとる、緊急手段です)
5年以上加入していた「終身保険」を解約すると、10万円の「解約返戻金」が戻ることがわかり、迷わず解約し、プロミスの借金返済に充てました。

私の加入していた「終身保険」は、5年を過ぎた後は、たとえば10年・20年後に解約しても「解約返戻金」は10万円(これが上限)でしたので、ちょうど10万円の大台に乗った「今」が解約しどきだったようです…(説明書はきちんと読みましょう)

保険会社のサービスは、ネット保険も加わり競争激化で今後より充実するでしょうから、自分の生活の変化にあわせて保険も変えてゆくのがよいでしょう(金が欲しかっただけなのに、急に尤もらしいことを言い出しました)。

思わぬ収入があり(正確には、自分が払った保険料の1/3が戻っただけなのですが)、借金が減り、気持ちにゆとりができました。

プロミスの借金残り23万になりました。一ヶ月の利息合計3300円前後です。ここまでたどり着いてしまえば、借金は終わったも同然でホッとしています…

― ― ―

仮住まいの部屋に、生活感が出てきはじめている…
今の賃貸アパートは「仮住まい」感覚で生活していました。前の家を夫に追い出されたので、とりあえず住める場所さえあればそれで良かったのです…

しかし半年以上も住み続けていると、生活感がでてきたので少々戸惑っています… 適度に漂う生活感を、部屋の入り口付近に立ち眺めていると…、たった一人で生活していても、一人なりの生活感があふれる環境が自然と形作られ、その中で心は幾ばくか満たされている。それを、なぜか奇妙に感じています……

私はこのままここにいて一人のまま朽ち果ててゆくつもりなのか…… このままどうしたいのだ?と(イイ感じになってきている部屋を見つつ) 軽く自問自答したりもする。

ま、上の階の住人の足音がやかましいときは、全然心がやすらがないのですが… どこに移り住んでも、住み慣れてきた頃になにかしら問題は出てくるので、上の階の足音がいちいち気になるってことは、いまの環境にだいぶ住み慣れてきた証拠なのか…

― ― ―

微妙にストレスな時は、テレビのつまらないことに対して一人で突っ込みを入れることで、不安定な心を保とうとしている。なんとも寂しい話だが、そうするしかない…

テレビを見て「ふふっ」と笑うことって少ないのだけど、以下の番組は面白いので、無職のいまはとにかく暇なので大抵見ている。

・ヒストリー チャンネル
「眠ったお宝探し隊 アメリカン・ピッカーズ」
「アメリカお宝鑑定団ポーンスターズ」
「アメリカン・ビンテージ大修復!」
「アメ車カスタム専門 カウンティング・カーズ」

・ナショナルジオグラフィックテレビ(略してナショジオ)
「トップ・ギア USA」

いずれも海外番組ですが、チョット無理のある日本語吹き替え(オヤジギャグにも劣るお寒いジョーク連発含む)も、アメリカ人の体格にあった適役な声で、違和感なく見ることができてます。

「お宝鑑定団」的な番組は軒並み面白い。歴史の価値を、もっともわかりやすい価値すなわち、お金に考えなおすための「過程」を楽しむための番組でもある。
こうした番組をみているうちに、自然と自分も、テレビを見ながら「こいつはなんだろう?」に参加していて、考えている。こいつはなんだ?と言っているピッカーズよりはやく私は「それは農薬散布マシーンだ」とテレビに向かってつぶやいていた。

そして「カウンティング・カーズ」などを見ていると、男はやはり、車にこだわらなくちゃ男じゃないと思わせてくれる。昨日はきらびやかな黄色のキャデラックに思わず、画面に向かって「かっけー」を連呼していた。車には詳しくなくて、私は原付しか持っていないが、車が欲しくなるなあ…(運転はできますが維持するお金がないだけです、駐車場代も高い)

来年の目標は、自分の車を買うことです。