heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

私なりに悩んでいた些細なことの積み重ねを書きます…

今日、夫から届いたメール。

もう何か無理っぽいので、紙書いて終わりにしましょう。」

こんなことを言われては、もうやり直すことは不可能です。

原因は、私が毎月5万円を、夫名義のマンションのローン繰上げ返済のために振り込み続けた額がトータル200万円以上あったので、その中から可能な額を返して欲しいと頼んだところ、

「住宅ローンの金利を引いたらあなたに返すお金はないです、むしろこちらがお金をいただかなければならない状態です」と言われたので、何を言っているのかよくわからなかったのだが、

では私の家事の労力を考慮した上で10万円なら返せるかとたずねたところ、10万円なら返してもいいと答えたので、それなら10万円を私の口座へ振り込んでくださいと頼んだのですが、一ヶ月待っても振り込まれませんでした。

そこで、10万円をそろそろ振り込んでもらえないかと再度請求したところ、上記の回答メールがきて、あっけなく終わりになりました。

ま、結局10万円は払うそうなので、別にそれで構わないんだけど…

私が夫に対してあまり強い態度に出れないのには理由があります。

これまでの説明。

結婚前に私は風俗店で数ヶ月勤めていましたが、ネット絡みの事件が起きて会社に迷惑をかけたので、会社に対して弁償金として50万円を支払うことになり、家賃も払えなくなりました。

そこで頭に浮かんだのは今の夫でした(当時、付き合っていました)。

そんな理由でくるのか?と言わんばかりの、かなり嫌そうな顔をされましたが、私は頭を下げて「ここに一緒に置いてくれませんか」とお願いして、一緒に暮らすことになりました。

同棲のままでは中途半端なので「では結婚しますか」という話になり、「結婚するからには(風俗などの)おかしなことはやめて、約束は守って」と念を押された上で、結婚できました。

ですが、新婚の頃は、風俗時代のことについて、かなりしつこくののしられましたし、私の不用意な発言をいちいち捉えては、故意に無視することはしょっちゅうでした。風俗で働いていたという事実は重く、私は夫に信じてもらうために真面目に働きました。

新婚旅行は費用折半で、結婚後二年目に行きました。

結婚式は挙げていません(お金がないので当然ですが)。結婚写真も撮りませんでした。それについて不満はありませんが、ただ、当たり前のステップを踏まなかったなという想いは持っています。

私の借金が片付くまでは、家賃と光熱費は夫が負担してくれましたので、そのおかげで私は風俗店に弁償金50万を無事支払うことができましたし、自分の借金もゼロにすることができました。

では借金も片付いたことであるし、今後二人で住むマンションのローンを少しでも早く片付けるために、「あなたは毎月5万円を僕の口座に振り込んでください」と言われたので… 家事はすべて私が行うのに、毎月5万も払うのは嫌だなあと思いましたので、4万にできないか?と頼んでみたものの、夫は譲らず、仕方ないので従うことになりました。

財布は別々で、細かいことを言うと、洗剤やトイレットペーパーなど消耗品も先に気付いた方が買いましたので、二人分の消耗品代は結構払いました。夫婦なので当たり前なのでしょうが、私はそういう「あいまい」なのは困りました、私のほうがおそらく給料が少ないからです。

おそらく、というのは、夫はいくら稼いでいるのかを私には教えてくれませんでした。ボーナスの額も知りません。

私は仕事が続かない人間なので、しょっちゅう無職になりましたが、無職の期間も5万円は「約束」なので支払いました。夫婦なのに、無職の期間までお金をきっちり徴収されるのは残念な気持ちになりました。

マンションの部屋はリビングを含めて4つあるのですが、私が与えられた部屋はウサギ小屋の如くで、その6畳に満たない私の部屋内に、二人で眠るセミダブルベッドを置き、食事をとるためのテーブルも置くので、歩くスペースもありません。

夫は残りの3部屋を自分の趣味のAV機器類でぎっしりの状態にさせ、押入れもすべて機材であふれている状態なので、二人の服を仕舞う場所すらありません。物を大事にしすぎるのも考えものだなと思いましたが、ここでもやはり、窮地を救ってくれた人なので文句は言えません。よそ様の家と、この家は同じではないし、同じである必要はないのだと自分を言い聞かせ、充実した我が家はあきらめました。

セミダブルベッドが置かれた私の部屋の隅っこに、安物の小さなガラステーブルを置いて、二人でご飯を食べていましたので、何で、広いリビングがあるのにそこにきちんとしたテーブルを置いてご飯を食べないのか?と思い、「二人でご飯を食べるためのテーブルを、リビングに置かせてください」と何度か頼みましたが「それは無理です」の一点張りでした。なぜなら、そこは夫のAVシアターだからです。

そんな中、夫の親族の方が遊びに来られたときも、私の部屋で接待しましたので、義理の母も祖母も「こんな狭いところに○○ちゃん(私)を押し込めて…」とあきれた様子でしたが、夫は当然だといわんばかりの反応でした。

やがて私の仕事が夜勤となり、夫のイビキがうるさいので、ベッドを別々にし、それぞれの部屋に完全に引きこもり趣味に没頭する日々になりました。それが良くありませんでした…

やがて食事は、お互いの部屋にお盆にのせて運ぶようになりました。

私はご飯を作り、それをお盆に乗せて夫の部屋に行きます。コンコンとドアをノックして「ご飯ですよ」と入り、夫は「うん」とお盆を受け取りベッドの上でムシャムシャと食べているのです…

私も自室でじゅうたんの上にお盆を置いて犬猫のようにムシャムシャと食べました。もう、どうでもよかったのです。これを会社の先輩に言うと、「お盆に乗せてご飯を運んで食べるなんて、そんな夫婦がおるかね」と驚かれました。

夫は、食費を二人あわせて一ヶ月2万円しか与えてくれませんでした。しかもその2万円の中には米代・飲料代・調味料代も含まれているのです。なので不足分は私が支払いました。

夫は2万円あれば夫婦二人分の食事は作れて当然だと思っているので、食事を一切作らない夫に説明しても無駄だとあきらめました。私の母は、「2万円で食事が作れると○○さん(夫)は思い込んでいるのでは?相談して増やしてもらったら?」と言い心配してくれました。

夫はAV機器を何より大事にしているので、家中のカーテンが真っ黒で、それを昼間でも開けることは許されなかったため(機器が傷むので)、家の中は常に真っ暗で、牢屋の中に入れられてるような気分でした。

奇妙なことに、その真っ暗なリビングの大きなスピーカーのまわりを、イタチのような動物の細長い影がシャシャーッと走る姿を何度か見ました。真っ黒なカーテンで家の中を暗くしているから妙なものが棲みついてしまったのだと思いました。

夫のおかげで借金も片付き、貯金もできるようになりましたが、一緒にリビングでハハハと笑いながらテレビを見てご飯を食べるのではなく…、お盆に乗せてそれぞれの部屋に運ぶ日々では、自然と会話も減少してゆきました。

勿論、ベッドも別々ですから、セックスをすることもありません。自然とセックスレス夫婦になっていました。私はそれを人前では冗談のように、笑い話にしていましたが、内心あせっていました。ボヤボヤ過ごしている間にも、私の妊娠・出産のタイムリミットが刻々と迫っているからです。

私は勉強嫌いで、特殊な技能ももたないため、派遣やパートをかけもちし、職を転々としましたが、行く先々の職場では、勿論、子供のいらっしゃる女性が多いですから、自然と子供の話題が多くなります。

パートでは比較的、仕事中も会話できる状態でしたから、小学生のお子さんのいる若い主婦同士が、私を真ん中に挟んだ状態で、両側から子供の話を続けています。私はとても惨めでしたし、悲しくて、悔しくて、自分は一体なんなのだろう… と自問自答を繰り返しました。

私の、子供が欲しい想いはピークへと達し、何度も夫にお願いをしました。そろそろ子供について考えてみないですか、と。すると夫はゲームのコントローラーを握ったままで、私の顔を見ないままに、「近所の子供がうるさい、殺したいと(過去に)言っていたアンタが子供なんか育てられると思っているのか」と一蹴してきましたので、私はガックリしながら自室へ戻りました。

子供を持つことについて、さほど興味を持たない夫に、相談を持ちかけてからどうも気まずくなりました。ただでさえセックスレスが、よりセックスレスになり、最後にはお互いの体に触れることすら嫌悪するほどでした。言っても話が通じない相手に触れたいとは思わないからです。

ここで私が書くことは、私にとって都合のよいことばかりですから、夫が完全な悪者扱いですが、夫が書けば私を悪者扱いにすることも容易いと思います。

私の借金癖はなおりませんし、仕事だっていつまでも転々としている、こんな女とよく結婚したものです。そして私はこれからは一人で生きていきます、それなら誰にも文句は言われないですから…

わかっています、今これを読んだ貴方のほうがもっと辛い想いをしたのかもしれない。けれど私は私なりに悩んでいたことを書いただけです。続きます…