読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

韓流解禁と偏見の歪んだ罠

f:id:kuroihikari:20150907210902j:plain

画像追加 YouTube - TVXQ! 東方神起 Rising Sun ( LIVE TOUR 2015 WITH)

やばい…… 何がって、右寄りな考えを改めようって記事出してから、韓流解禁したからだよ。韓国人の歌もダンスも実は潜在的に好きだと思う、日本人アーティストには不可能な切り口で確実に突いてくる。

ネット右翼的な思考にまみれたままに韓国人が嫌いだ!って思い続けるのも、いちいち疲れるからなあ… もう政治的なこと以外全般は受け入れることにした。そのほうがラクだからな… キモイ!って思いながら見るとキモイんだけど、受け入れた状態で見るとぜんぜんキモクなんかない、いや、むしろ格好いい(笑) それでイーじゃないか(偏見持つと、対象が思いきり歪んで見えてしまう… そんな罠に嵌っていたようだorz)。

だいたい俺が日本という国に対してそんなに必死になる意味がワカンネエ… たまたまこの国に生まれただけで、この国が俺になんか良い影響を与えたことを実感したりしたか?俺は俺だろ、そのことを証明するためには、韓国や中国のアーティストを抱きしめてみろよ、ヘンに疑うなよ。ラクになりたいんだろ?無駄な拘りや偏見など捨て去り…… 裸のままの心で抱きしめることだ。 心におかしな壁をつくるな、もし心の壁をつくる見えない糸(意図)に操られそうなときは、ただ純粋に作品にのめりこんでみることだ… この心に燻る疑いを切り裂いて、核に迫るもの… 異文化を持つ者たちの魂(ソウル)が、壁を突き抜けて頭の中に直接訴えかけてくる。もう、そんなことに拘るのはやめて、―ワタシ―を感じてくれ! アナタとワタシを繋ぐ、その間に割り込めるものなど何も無い、それがアーティストを愛するということなのではないか…… 今はそんな気持ちだ…

過去の自分へアクセス
-この部分は後日削除しました。-

以下、ブログ運営の話
近頃は「スマホユーザー」のほうに注力を注いでいる。あきらかにスマホユーザーのほうが多くて、皆、ちっせえ画面で俺のブログを読んでるわけだ。だから俺がいくらパソコンユーザー向けにデザインを整えても、ほとんど見られていない。
パソコンとスマホでは俺のブログのヘッダー画像が違っています(良かったらスマホの方も見てください。画像はスカイリムで俺の作品じゃないけどカッコ良すぎて吐血気味…)。

実は去年から少しずつ進めていた作業が2つ終了した。この作業を終えたことで俺はこの10年のブログ活動にようやく一息つくことができた。ブログの管理人は、読者からは見えにくいところで、検索来訪者対策としてアレコレやってたりするわけです。検索来訪者のほうが、はてブで爆発するよりもブログに与えるエネルギーが膨大なので。

何年も前に打った、たった一つのエントリーがGoogle検索1ページ目に出続けているために、いつしかブログを支える大黒柱に変わってしまった…… なんてこともある。

俺のブログもドラクエ10のエントリーと、騒音被害のエントリーが、大黒柱へと変わってしまったので、この、たった2つのエントリーを削除したならば、俺のブログは崩れ去り、少ないアクセスの現実を目の当たりにして立ち直ることすら不可能なほどに追い詰められる可能性もある。
……まあ、それほどに検索上位に入る過去のエントリーは重要だということです。そういった、隠れたロングラン・エントリーを何個・何十個作れるかがアクセスの安定へと繋がり、モチヴェーション維持へ繋がる鍵となる。

俺は古参だということに甘えていられない…、眠れる力に目覚める産声があちこちで上がり始めている… 誰もがkindleで本を出せる時代、これからは尚一層ブロガー同士の読者獲得争いは水面下で静かに激化してゆく… うかうかしていると俺の読者を密かに奪われてしまう。feedlyにブチ込んだブロガーたちのエントリーはまるで作家のような…「貴様はそれを無料で打つのか」と思わせるものも多い。

さらに近頃はブロガーが街へ飛び出しカメラ片手に料理やファッションや芸術などをプロに迫る勢いで自ブログ内で紹介している人も多い。素人の写真や文章で最新の情報調達も可能となったミラクルな時代。

何でも一人でやる時代にどんどん近付いてくる。ライター・カメラマン… いえ、あなたはもうプロデューサーです。当然ながら「自分の最高の演出を一番見てもらいたい」と願っているから、なんでも一人でこなしながら新規獲得のために今日も試行錯誤しているのだろう…