読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

子供が好きな人もいれば、当然ながらその逆で子供が嫌いな人もいる。

赤ちゃん子供を免罪符にして全ての迷惑を社会が許すと感違いした赤子連れが増えました。常時大迷惑な行為を受けていますよ!

…という力強いコメントが俺の過去ログに入っていました(怒りのあまり漢字が間違っているけど)。

子供が好きな人もいれば、子供が嫌いな人もいないとさあ、あまりにも世の中が統一されすぎていておかしいとおもわないか。子供が嫌いな人だっているさ… でもその部分について考えること自体を誰もが都合よく放棄してしまっている。そんな無茶苦茶な圧力で子供嫌いな人間の意見を強引に封じ込めて罪悪感とかないんですか?様々な問題が出てくるとおもうよ。

先日の「ベビーカーが進路をふさぎ邪魔だったので腹が立った」から1歳児を殴ったという事件は氷山の一角にすぎない。その怒りを発動する根深い理由があったに違いないと俺は思っています。

「そんな人間がいるとは」

いやいや、そんなことはないよ。なに驚いてんの?いるよ、それと同じ思考回路の人間がここにいる。

なにか事件が起きるたびに暴力的な結果ばかりをみて加害者のことを批判しながら被害者を心配する凡庸な反応をする人がほとんどですが、俺は毎回加害者のほうを擁護したい感情をもてあましている。言葉が上手くでなくてあきらめるか黙っていることがほとんどだけど。

例えばベビーカーの事件については、子供がいてベビーカーを押した経験のある人が批判をするのが目立つが、そこじゃない。まずは子供がいない人や孤独な人の意見から拾い集めたほうがよい。そこにしか答えなどない。

ベビーカーを押した経験のある人は正義をふりかざずが自分もまた自覚のない加害者であることに気付いていないのだろうな…… ベビーカーを押した経験のある人がいくらヤーヤーわめいたり尤もらしい批判したところで根本は解決しない。暴力性は本人ではなくそうした周囲からの圧力が作り出す。ニュースで表層にあがってきた一つの暴力性は、俺のような加害者寄りな思考の持ち主には賞賛されていたりもする、そんなことに気付きもしないだろ。いつだって俺の鬱屈した思いを代弁してくれるのはニュースに映る加害者たちだった… このまま救われないのならば俺も将来はそうしたいと思っているよ。

子供がすでにいる人はたまには考えてみてはどうですか。この世の中には子供嫌いな人もいるということについて。子供嫌いな人の存在を都合よく見えないことにしてしまって本当に大丈夫なのですか。透明人間じゃないですよ。心のある人間がそこにいて常時不快な状況を受け入れ続けることしか許されていません。子供のことは誰もが好きで当たり前という押し付けがましい空気がどこの会社に行っても当たり前のように充満している。病院でも子供連れに対し見知らぬじいさんばあさんがちやほやして子供を好きとしか言えない空気を勝手に作り上げてしまう。そこで立ち上がり「私は子供が嫌いですからもうやめてください!」…とは言えないような空気が子供嫌いな人間をますます子供嫌いに加速させていっているのではないか。俺はそうした空気を恐れて病院にすら行きたくない。絵本が並んでいるだけで密かに戦慄が走っているほど子供についてはすっかり心が病んでしまっている。

子供のいない人間には、いないなりの理由があるんだからさ… 片方だけの主張を押し通して黙らせる空気をどうにかしてゆかないと。自分らが子供がいるから子供の話ばかり押し付けるんじゃなくてさ、たまには子供のいない人の話を聞いてやろうと思わないのか。面倒くさい?もしかしたらその人は笑っているけれど子宮の病気で子供ができないのかもしれないし、俺のように夫婦で片方が子供を作りたがらないから我慢しているだとか、不妊治療がんばってもどうしてもできないとか、いろいろあるだろ…… そこんとこたまには聞いてやらないのか?いつもいつも自分たちの子供の話ばかり聞かせるだけで、思いやりに欠けているよ。俺もいつもいつも、どの会社へ行っても常に子供の話ばかりを聞かされてきた。逃げることなんてできない。表面上だけで受け入れられてあんたたちはそれで幸せなのかい。はっきり言ってあんたの子供なんかぜんぜん受け入れてないから。不細工でうるさいだけのその子供早くどっかにどけてくんないかと思ってるかもしれないだろ。

…嗚呼、また読者減ったかな。冒頭で述べた通りすがりの女性からのコメントを最後に引用して終わります。

1回目のコメント

子連れはベビーカーは場所時間帯をわきまえて使用して下さい。基本、人様に迷惑をかけないことを前提として行動し公共の場では騒がないでください。 赤ちゃん子供を免罪符にして全ての迷惑を社会が許すと感違いした赤子連れが増えました。常時大迷惑な行為を受けていますよ! 大人の夜のクラスの習い事に赤ちゃんを連れて現れる夫婦が迷惑です。母親が生徒で父親は会員でなく父親が赤ちゃんを抱いてレッスン練習を見学しています。おとなしく見ている分には結構ですが、この父親は赤ちゃんがおとなしくしていてもあやし騒がせます。泣く、騒いだ赤子の声は大音量でかなり響き渡りレッスン中に集中できないこともあり大変迷惑です。しかも真裏での見学ですので声が響きます。因みに託児所の施設もありますが利用しようとしません。以前、父親に「騒ぐのでしたらフロントへ行ってください」と丁重に話もしましたが父親からは「何がウルサイ!騒いでないだろおう!」と逆切れされました。無料の公共施設ではありません。ここは会員制の月々の月謝も支払って来ているスクールです。練習中は集中してしたいです。赤ちゃんだからと言って人様に迷惑をかけても当たり前的な思考が度厚かましく感じます。大人のエリアと子供同伴のエリアの使い分けを子連れの方にはしてもらいたい。
過去ログ - 毎日、子連れの若い主婦に対して「殺したい」と思っている←思っているだけであるが… (※閲覧注意)。

2回目のコメント

私は子連れが嫌いなので関わりたくないので、できるだけそのようにしています。ですが、今の親は大人エリアにまで侵入してきますよね。未就学児お断りのお店を探して飲食したりしています。でも夜のクラスでの大人の習い事にまで幼児を連れて来る親もいたりして大人エリアにまで侵入してきます。子連れは何時でも何処にでも場所時間帯をわきまえないで幼児を連れて回るので迷惑です。子連れは大人エリアと子供同伴エリアを区別して行動してほしい。 やはり100均やファミレスは子連れ遭遇率99%なのでできるだけ行かないようにしています。

嗚呼なんぼでも俺のブログのコメント欄を掲示板代わりに使ってくれ。記事に関係するコメントなら大歓迎だ(糞長いのや面倒臭いのはレスしないかもしれないが)。100均やファミレスなどのコスパの良い場所へ行きたい?あーそういった場所へ行くとほぼ確実に子連れがいます。子供の泣き声(あるいはしゃべる声すらも) 嫌いで嫌いでたまらない!…という場合は残念ですが行かないほうが賢明です。ええ、どこに行こうとも逃げ場所などないですよ、子連れが来たらそれで終わりなんですよ。

また今後も行く先々の会社では子連れが待ち構えていてさ、別に聞いてもいないのに子供の話をしてくるんだろ… もう、うんざりだよ。たまには俺の事情も聞いてくれよ。お前ら子連れはいつもいつも自分らの子供の話ばかりだなホント。