heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

はてこさんが守りたいものは、なんなのだろうな。

基本的にわたしはあなたには触れません。
id kuroihikariさんへ - はてこはときどき外に出る

1年近く前に、はてこさんに絶縁状を書かれているので、それを保管して時々眺めていた。俺のことを嫌っているようだけど、こっちはヲチしてるから。たぶん、俺がこの記事打ったので気分を害したのだろうけど。そしたら、こないだ言及されてたので、返事を書くことにした。

なんで俺宛てだと気付いたのかというと、以下の太字にした部分のように、誰を批判しているのか曖昧な中に、標的を定めて一人を狙っているところが怖いというか、一見穏やかそうな文章の中に潜む攻撃性に気付かないでブクマする人が多くて驚いた。

内容がまるで違うブログであっても、中傷するパターンが非常によく似ているのは、そのセオリーに従えば何も考えなくてもあらゆることに文句がつけられて便利だからでしょう。これらのパターンを考察風、あるいは心を寄せている風に書いたコメントやエントリーに「良記事」「冷静な考察」と評価することも、すでにお約束化しているように思います。
いちゃもんブコメテンプレート - はてこはときどき外に出る

俺は記事を打って正当にリンゴ日和。を批判した。俺がブコメに「良記事」をよく使うのも見ていたのか……

ちょっとしたことで虐待、トラウマと大騒ぎをしたり、書き手の家族に不自然な同情を寄せる人もよくいます。

これを含める文章が、誰を、何を対象にしているのかわかりづらいけど、虐待・トラウマという言葉自体がとても重いので、自分が該当しないのであれば気を付けて使ってほしい。自分が認めたくない不幸にこだわる人間のことを、大騒ぎしていると感じているのだろうか。そうではなく、ただ精神疾患に悩む自分のほうが尊い扱いをしたがっているようにも感じられる。さらに、不自然な同情を寄せているのは、自分ではないのか。

精神病の知識が不十分だというのも特徴です。よくあるのがうつ状態とうつ病の区別、精神疾患と非定型発達の区別がついていないこと。中途半端で不正確な知識に基づいた考察をしたがる人もいますが。

なにをうじゃうじゃ言ってるのかよくわかんねえんだが……医療関係者でもないのに、聞きかじった知識で、まるで医者気取りでとても気持ち悪いと思った。つか、精神病の知識なんて、理解しようとするだけで吐き気がしてくる。人間の思考なんて極端に言えば脳から出る電気信号に過ぎない。だから、ふつーに生きてたら必要ないというか、ないほうがいい……

精神疾患を忌み嫌い、侮蔑語として精神疾患だと赤の他人に公然と言い募ることを止められない自分の精神状態は、少し疑ってかかった方がいいのではないかと思います。

なんでマトモな人間の精神のほうが疑われて、自分のこと精神病だと認めてる人間のほうが上位扱いなのか、ごめん、本気で意味がわからんかった。

はてこさんが守りたいものは、なんなのだろうな。上手く懐柔し、コントロールできるタイプの弱者か。アンビバさんとかは過去に叩いてたもんな。

もしくはリンゴ日和。のような、一時的に叩かれて弱っているマジョリティの肩を持つ狡猾さも見て取れた。

その違いを見るのが育児ブログを読む面白さではないでしょうか。

子供いないのに、育児ブログを読んで楽しいのか?子育てについてうだうだ語ってるが、実際に子供いないのにそんなのわかるわけないだろ……

古参と呼ばれるはてなブロガー、ダイアラーのエントリーに毎回似たようなメンバーのブックマークコメントが並ぶことのとどこが違うのかわかりません。

俺みたいな古参に付くブクマと、互助会に付くブクマじゃ、ぜんぜん量が違うだろうが……自慢じゃねえが俺は100ブクマ以上なんて年1もつかねえぞ……まあ、価値がねえのかもだが、こんな卑屈さすらもリンゴ日和。にはわかりもしないのだろうけどな……子供可愛いですねーな、ぬくぬくとした世界の中で、甘やかされまくってる人間はリアルでも子供可愛いですねーってちやほやされて、俺はリアルでもネットでも、そういうやつらを避けながら、糞狭いところに押し込められて恨みがましい目でお前らをずっと見てるだけだ。だから、たまにはいいだろがよ、こんな感情を爆発させても。

ちょっとでも牙を剥く俺のような弱者は、残酷に切り捨てても構わないのか。今回のように、どさくさにまぎれて、俺には確実にわかるように攻撃してくるんだな。

はてこさんの文章を読んで、なんかもやもやするのは、彼女の理想論を見せられているせいなのか。

賢さを間違った方向に使おうとするやつは許せねえんだよ。

上手く言葉に変えられない者を、反論する能力がないからといって、卓越した文章力を使いながら自分の理想論で上から押さえつけるのでは、貴方が本当に説き伏せたい人間(俺) には何一つ届かないことを伝えておくよ。

もぐたんに言及いただきました。