heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

働いて帰って寝るだけ

残業して、帰って寝るだけの生活は、余計なことを考える時間を減らしてくれる。

このまま人生を続けたところで、自分が望むような景色は存在しない。ずっと蜃気楼を追いかけている。

仕事から戻ると、体中が熱いことに気付く。

事実として、働いている自分がいるだけ。

疲れた体を思いきり心で抱きしめるように眠りにつく。

このまま働くとしたら月60時間残業になる。

浮世離れしているのは、公務員感覚で働こうとしている人たちくらいで、現実は残業なしでは個人の生活も企業も成り立たない。

仕事の休憩時間は何も食べていない。この体の1/10000が、誰かの愛を得た喜びだとすれば、残りはすべて闇。過去も未来も、そしてこうなる現実も運命と思えば、諦めが付く。