heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

人が嫌がるような仕事を選んだ結果、誰にも偉そうに言われなくなっていた

月一でいいので連休が欲しいです。そういうのは会社に言えって話なのですが、言えないです。

誰も出来ない長時間労働に毎回耐えられるから、自分の居場所があるわけで、休むことで、あまり自分の業務内容を仲間以外には知られたくないというか、人に居場所を奪われたくないんですよね。だから我慢する。

誰でもがやりたがる仕事を選んでいると自分の居場所がなくなるんですよ。人が嫌がるような仕事を選べば、そうそうその仕事を人に奪われるようなことはないでしょうから……

俺のやってる仕事は誰もやりたがらないんですよ。以前、俺のやってる業務を社員さんに教えて把握させておかないと、万一俺がいない時どうするのかという話になってたはずなんですけど、結局その人に教えず仕舞いです。

なので俺の業務内容をきちんと把握出来ている人は、俺含めて二人だけなんです。

キミ、この日とこの日は来なくていいよ、代わりはいくらでもいるから、みたいな状況よりはマシなんですけど。

だから俺は物理的に休むことが出来なくなっている。他に代わりがいないので。

でも大勢の中の一粒になるよりは、地味な業務でもいいので自分が常に主役でいられる環境のほうが、日々達成感などはあります。

あ、結局、以前お話しした、俺の休憩時間について怒っていた先輩なんですけど、こちらの業務には入ってきませんでした。

うつ病になりそうなんで、その先輩が来るなら自分が辞めますと上司に伝えると、その先輩をこちらに来ないように対応してくれました。

でも後で考えたんですよ。

確かに、一服休憩ちょこちょこ取り過ぎだったかなって。長くいる先輩の言うことはやっぱり聞いておいたほうがいいんだろうな。その先輩はわからないことがあったら、必ずきちんと答えてくれる人だし、たまたまあの時は移動するどうこうで先輩も疲れていたから不機嫌だったのかもしれない。

このように俺は一応、相手の気持ちも考えるし、想像もしているので、最後には必ず納得いくところに辿り着く。

ちなみに、俺のトータルの休憩時間はむしろ皆より少ないくらいなんです。

会社に遠慮して毎回10分か15分はタダ働きした状態で帰ってます。他所の会社に行っても休憩時間って大企業でもない限りは曖昧だし、構わんだろうと自分を納得させつつ……

なんか知らんが、自分の居場所出来たなという感じで。

1年以上務めたので、俺にあまり偉そうに言ってくる人は上司も含めていなくなっているので、やっぱり我慢しようかな。

いや、あまりにも業務量が多いんで、もう無理やろと作業中心折れそうになって、ついダラダラと働いてしまう時あるんですけど(ダラダラと言ってもそれなりの速度では動いてますが、フルパワーではない状態を俺はダラダラと感じています)。

仕事がようよう片付いた時点でバタンキューと言いたくなるような状態で、これからまた車運転してまあまあ遠いマンションまで帰るのか……と思いながら、途中で給油するのもダルくてもう歩き方老人みたいになりつつ、とりあえずコンビニ寄っておかずと煙草など買うついでにそこの店員さんに話しかけて、コンビニの店員さんも大変ですね頑張ってくださいねということを伝えたら、俺の一日が終わる。

たまに同僚とのやりとりがあまり上手くいかないままモヤモヤして帰る時は、車の中で、ずーっと自問自答しているなあ。どうやれば業務がもっと早く片付くのか、同僚に負担をかけなくて済むのか。

でもどんなに前倒しで進めようとしても、出来ない量がやってくるんです(泣)。

腕時計を見て、あと30分でここまで片付けよう、あと10分でどうにかできるか、どうにもできない、この業務と、今入ってきたばかりのアレとアレを残して休憩に行って戻ってきてから〇時半までに間に合うのかとか、時間に追いかけられています。

一緒に働く同僚と自分の仕事量の配分は妥当なのかという疑問は常にあります。それは同僚の感情としてもおそらく同じではないかと思ってます。

誰でも自分の仕事量のほうが多くて大変だと思うでしょうし、ともすれば、あいつは俺ばかりに大変な量を押し付けてサボってると思い始めるかもですが。

誰もが、人の仕事量までもは、きちんと把握出来てない。それは上司も含めて。だから不平不満の感情が出てくるのだと思ってます。

自分がやってみたらいいんです。その人の作業を。そうすればその人なりの大変さが見えてきます。それが出来なくても、想像して、理解することが大事だと思ってます。

せっかくここまで頑張ったのだから、どうせなら今後新人が絶対不可能なくらいの業務量をこなすくらいの人間になってみたい。

俺が入ってから業務内容増える一方で、仮に辞める時が来たとしても、もう新人に教えて俺と同じようにやってもらうのは不可能だろうな。1.5人分働いてる気がする。大変だけど、自分の居場所守るために頑張るぞ!貴方も頑張ってください!

スポンサーリンク