heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

隣のやつの彼女がうるさいので怒鳴って黙らせたが手紙を書くのはよしておいた

隣の騒音が大分おさまっていたんですが、最近また騒がしくなってきてましてね。俺は夜勤なので昼間寝てるんですよ。そしたらまた若い女の甲高い笑い声が定期的に響いてくるようになりましてね……うるさくて眠れないんですよ。

この後夜勤だっつーのに、寝させない気か?

仕方ないのでベランダの戸開けて「こらー!糞ガキャーうるさいんやが!殺すぞボケが!」と大声で怒鳴ってバシーンと閉めてから、壁も蹴りつつ(踵が痛いので途中で壁を殴る物体を探そうと押し入れを開けたりしながら)「今度の休み行くからな!待っとけよ!(実際には行かなかった)」そして極めつけが……

「出て行け!」

まさに、あの伝説の騒音おばさんの魂(いや、多分まだ死んでない)が体に宿ったという感じでしたね。俺にも騒音おばさんの血が流れていたのか!いや全国に、騒音おばさんの気持ちのわかる人は大勢いるはず……

騒音おばさんについては諸説あるようですが、人が狂うには何らかの理由があるはずです。なにもないのに狂ってる人はそうそういないのではないのか。あのね、人を怒らせている人のほうが悪いことをしている可能性まで考えられる世の中にしてゆかなくちゃ駄目なんですよ。悪い人に対して怒っているほうの人を悪者にしていたんじゃあ、原因を作り出す人がいつまでたっても減ってゆかないでしょ。

騒音おばさんの現在について調べた結果、驚きの真実が・・・

頭に血が上っていて隣のやつに向かい「出て行け!」をひたすら繰り返していました。言わずにはおれないんですよ、騒音ってのは。俺は静かに暮らしたい。特に、俺より後から引っ越してきたやつの騒音に対して扱う時は、忘れてはならないのが、俺のほうが先輩だということなんだ。ここ最近まで1カ月遅れで家賃滞納はしていたが、ここに住んでもう3年以上になる。

最後には「今すぐ出て行け!」

を繰り返していたなあ、なんで普段イイ人の俺をこんな悪者にさせるんだ。喉も痛くなってきて、自分が馬鹿みたいになってくるが、ただ黙って騒音を耐えていたらそいつら調子に乗っていつまでも繰り返すだろ。今、ここで止めるしかないんだよ。もう、明日からも許せないんで今すぐ出てけ!という気分になるよ。俺が大家じゃないんだけど。

隣に住んでるのは若い男で、工場に勤めている一見真面目そうなやつなんだが、そいつの彼女が最悪。

家賃が共益費込みで3万以下のこんなボロマンションにいちいち彼女連れ込んではしゃいでる場合じゃねえだろ!はしゃいでるのはお前らだけだ!このマンションはなあ、もう人生終わってる孤独な末路が見えてるような独りもんだけが選ばれたかのように住んでるそんな静寂に包まれたマンションなんだよ、ちなみに俺は最上階の真ん中部屋だけど反対側に住んでるもう一人の隣のおっさんは居るのか居ないのかもわからないくらい静かでただ手料理作ってる時に台所で音がしているだけのそんな無害なおっさんだよ。

つーわけで、俺は一応隣の住人に向けてメモ紙に「一か月以内に出て行け」とだけ油性太マジックで書いてそいつのドアにマスキングテープで貼り付け、部屋に戻り5分くらい経過してから思った。

騒音主に向けて、手書きのメッセージを送ることの危険性について考えたのだった。

感情的に書きなぐった俺の文字が後々そいつの仲間に笑い物にされるんではないかとか(もっと以前にはそいつの部屋で5~6人くらいの男女の笑い声が深夜2時から朝にかけて断続的に聞こえてきていたくらいなので、多分仲間が大勢いる)、いつまでもその、俺の文字をそいつが保管していたりしたら怖いしそれをネットにアップまでされてたら最悪だしな……というわけで5分後くらいにまたそいつのドア前に行き手書きのメモをはぎ取り自室に戻ると「やはり、手紙を(常識のないやつに)出すのはよしておいたほうがいい」と感じていた。

そんなんで、隣のやつ(正確にはそいつの彼女)が騒がしくなる度に、俺は嫌々、仕方なく、怒鳴って黙らせるしかなくなっているわけなんだが、結局その騒音が酷かった日はほとんど寝ずに夜勤に出て働いてるうちに、まあ今回だけは大目に見てやるか……という気分に落ち着いていった。

そいつの部屋に来た彼女が想定外にはしゃいでいたのかもしれないしな。俺が怒鳴っていたのが原因でそいつら別れてそれを逆恨みされて、俺が仕事から戻った時にマンション内の何処かに潜伏していて刃物持って突進してきたらイヤだしな。。

まあ、自分の部屋に友達とか彼女とか招いた時に、自分はそうでもないけど、相手のほうがうかれまくって想定外に(大声で)大はしゃぎしてしまうってことは俺にも何度か経験あるんだけど、それを「ちょっと静かにして。お隣さんに迷惑だから」とは言えないんかもしれないが。

今住んでいる賃貸マンションの防音がイマイチなのは、家賃3万以下なのでそれは仕方がなくて、それを我慢するのが嫌ならばもっとイイところへ引っ越すしかないんだが、貯金ゼロだし、実家に戻れば家賃の分は浮くが家にはいくらか金を入れなきゃ格好付かないので結局似たような出費になるしな(車の駐車場も実家では俺の分までは確保出来なくて近隣の月極では今のマンションで払う以上に金がいることになる)。それに夜勤でしか働きたくないので、、実家に暮らすと、俺の家への出入りの音で親を起こす羽目になるしな……そうなりゃ仕舞いには「夜勤なんか体に悪いからやめておけ」になって、俺は職を失い、また昼間の仕事で主婦共に囲まれて白衣とマスク装着で工場勤務するくらいしかもう年齢的に行くあてがなくなってしまう(いや別に工場勤務の人を馬鹿にしているわけじゃなく、その人達がいるから国民の生活がまわっているので一応感謝はしてます。ただ俺はそこで働くのは苦手だって話です)。

嗚呼、とにかく一人暮らしをする場合は、誰かを部屋に呼ぶ時が意外と困るんだよな。安い賃貸マンションでは人の話す声が尋常じゃなく聞こえてしまうので、まず騒がしくするやつは部屋に呼べないよな。

でもやっぱり一番困るというか、解決が難しいのが、子供の出す騒音ですな……

先の平和を待つより、今こそが大事でしょ。

今この時を、静かに、心穏やかに過ごせることが、騒音被害者にとっての一番の願いなのだと思います。

俺は比較的高層階に住んでいるのだが、買い物に出かけて戻ってくる時、昼間だけではなく夜でも、一階を通りすがる時に、ドア閉めてるのにけたたましい子供の声が聞こえしてくるしな……やれやれ、まあ一階は俺には関係ないし、別にいいんだけど、エレベーターに乗ってもまだその子供の声が聞こえてきているくらいなので、、もうほんと、皆自由気ままに生き過ぎているんじゃないのかと思いながら……

人の迷惑考えないよねホント。

話が何処までも続きそうなので今日はとりあえずこれまでですが、何処へ引っ越しても、騒音問題はきっと尽きることはないのでしょうね。

スポンサーリンク