heartbreaking.

微妙なゲームオタク

女子ゴルフもスキージャンプも一般人はほぼ接する機会がないので彼らが偉そうにするのは間違っている

テレビを付けると女子ゴルフの賞金女王ランキングが表示されることが多く、1憶以上の大金を、まだ世の中のことをわかっていないようにしか思えない年頃が稼いでいる。これを見ると遠征の旅費とか色々事前投資があるようでまず一般人はそんなゴルフに人生捧げる時間的・経済的余裕はない……ゴルフは、誰でもがやるようなスポーツではないことはわかる。仮に私たちが彼女たちと同じように機会に触れゴルフに本気出したらどうなると思いますか。高梨沙羅の整形疑惑で話題ともなるスキージャンプについてもそうです。私たちがスキージャンプなどをする機会はまずないです。彼女たちが結果を残せているように思わされているのはようするに、そういうことだと思うのです。同じ球遊びでも、誰でもが気軽に参加できることと、そうではないことでは、全然違うと思うので。

税金をとんでもなく多く納めているからその人が立派なのかというと必ずしもそうではないと感じているのは私だけですか……なんか女子ゴルファーが偉そうなツラしてるのを見るとイライラしてんのは私だけですか。その挙句、韓国人プレイヤーに負けてるのを見ると怒りも沸いてきます。自分が喜ぶためにゴルフをやっているだけなんだろ、家族が支えたとかどうとかそういうのいらないからよ。

一般人のほとんどは別にやりたくもないようなことをする労働力を提供することで実際世の中に役立っています。納める税額は、ゴルフの賞金ランキングで1憶以上の金を稼いでいる女たちや、CM1本で何千万も稼ぐ芸能人に比べたら微々たるものですが、有名人から見たら非常に小さく思えるだろう納める税金の中にはたくさんの血と、心で流してきた涙の数々が、ゴルフで賞金争いをしている女たち以上に詰まっているということなのです。

成功するのは才能であり努力するからですか。野球やサッカーなら、学生時代から誰もが一度は接したことがある。ライバルが多いぶんその中から抜きんでるための才能が必要なのは確か。ですが、ゴルフがほんまにそうですか、スキージャンプが才能なのですか、私たちは人生の中でどれだけスキージャンプに接する機会がありますか。ねえよ。だからお前らの苦労も葛藤も知るか、勝手に遊んでるだけだろ。

というわけで、結局なにを言っても稼げない人間の嫉妬と斬られてしまうかもですが、尊敬できるスポーツ選手、芸能人てあんまりいないですね……

昭和世代として、今売れている歌のチャートを観てもいまいち理解できてないです。理解しようとしないのか、面倒なだけなのか。その「良さ」がわからなくなってしまっている。早朝のニュースを付けると大抵芸能ニュースが流れてくると音楽チャートでOfficial髭男dismが出てくるのにその歌は心に伝わらない。老いてゆく自分が世の中に置いてけぼりにされてく。時代の毛色が変わってしまった。3つの元号を渡り歩いてしまったこの切なさは、今流行の歌のアーティストにはけしてわからないだろうし、彼らを責める気などないが、ただ干渉しないでくれ。お前らの伝えたいこと、なに一つこの心に刺さってこない。

取り戻せない希望にまだ満ち溢れていられた若かりし頃を遠く遠く見つめている。だんだん閉じてゆく世界の中でなにを愛せばいい。迷走している。

BUCK-TICKを、まだ頑張っているので応援しますか……いまもかっこいいし、特にヴォーカルはたとえばLUNA SEAの隆一のように丸くなることもなく、ずっと尖ったままなので、もっと売れて欲しいと思うけど、今の若い世代には伝わらないのかな、この頑張ってる渋さが。

ずっと音楽だけを続けてきた、そんな才能ある古いアーティストのほとんどがいま埋もれてしまっているということがなんだかやるせなく、だからせめてYouTubeの再生回数を増やしてあげよう、それが彼らの力になるのなら。

―何にもない こんな世界で―


[フル] BUCK-TICK 「MISS TAKE~僕はミス・テイク~」 now on sale