読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

えっけんさんについて思うまま綴ってみる

自伝 仮想恋愛 ブロガー考察

えっけんさんは、恋愛について語ったりしないのかな。

えっけんさんは、あちこちの旅館で女を抱いたりしないのかな。あんな憂鬱そうな瞳で座ってる男を見て、それを放置したままで耐えられる女がどれだけ居るのかな。俺なら耐えられない。

学生時代は優等生だったのかな、それとも授業をさぼる不良だったのかな。根暗のヒッキーで、リアルで親友はいなくて、心許せる恋人も居なくて(嫁が居るから当たり前)、サラリーマンだが出世には興味が無いらしい(以上、2004年の過去記事より)。だから俺はえっけんさんに惹かれたのかもしれない。嫁が居て子供が居ても孤独なオーラを纏ってる男は結構多い。恋愛について、ぐだぐだ考えるまでもなく必然的に嫁と子を持って落ち着くところに落ち着いてしまったという雰囲気を感じる。口にはしないが、見えないところでは何人かの女達と恋愛してきたようにも見受けられる。それを語る必要はない(いや語る機会が無い?)という姿勢にも、嫁や子を愛する良き父親としての温かみを感じる。

多分えっけんさんは真面目な人なんだろうと思う。アフィリエイト画像はオッパイ写真が多いけど、根が真面目だって雰囲気は文章の節々から伝わってくる。

えっけんさんの文章力があれば、ブログ論以外の社会的な話題について綴っても良い記事が出来るんじゃないかと思うんだけど。でも社会的な事については言及しないようにしてるみたい。2004年の記事で、「> 僕はこのblogでは、主義主張については触れないようにと思ってます。」と言ってる。どうでも良さそうな事に意義を見出す時間に価値を感じているようだ。ブログでまで小難しい話はしたくないという雰囲気を感じる。ネットは遊び場だと割り切っているのかもしれない。だから俺みたいに「俺はブログに人生を綴るんだ!」みたいなブロガーは「ん?」って思ってるかもしれない。

えっけんさんの過去のエントリーで、とても良い記事があるんです。特に良かった部分を引用します。

君を忘れる努力 (2004.07.14)

 >ネットにつないで、彼らの中の誰一人とも、その日の交流が出来なかったとしたら、僕はその日のテンションが下がりまくりです。僕はかなりネガティブな思考の持ち主なので、その下がったテンションを再び上に向けるのは時間がかかります。そんな時でも、彼らの誰かと接触することで、気分が明るくなったりします。

 >正直なところblogを閉鎖する為に、彼らを忘れる努力も、なんどかしました。

えっけんさんは元々人付き合いがそんなに好きな方じゃないけど、好意を持って近づいてくれる人達の優しさに引き摺られるようなかたちでブログを続けているようだ。だから感謝の意を込めて「えっけんファミリー」とかいう仲間意識が存在するのかもしれない。俺がその仲間に入れてもらえてるかどうかは解らないけれど、もしえっけんさんの意識の中で認めてもらえてるとしたら凄く嬉しい。あ・・、凄く図々しい事言ってしまいました。すみません。:゚(。ノω\。)゚・。

goo時代の頃の雑記とか読んでると、ベルサイユ宮殿に住んでるような凄い人じゃなくて、ごくふつうの何処にでも居そうな気のいいお兄さんという雰囲気。コンピニでおにぎり買ってレジに並んでるえっけんさんの姿なんて、ブログで強気な姿からは想像も出来ないのだけど、でもそうゆうありふれた日常話に萌える。fc2に移ってからは、goo時代の温かみが少し無くなって、現代的になってしまった気がする。いや俺は、かなり出遅れてファンになったので全然詳しくないですけど。ただ、えっけんさんの持つ全体的な雰囲気に惹かれているので。だから俺は、えっけんさんのブログ論じゃなくて、えっけんさんがありふれた日常に対して日々どのように感じながら生きているのか?という事の方に興味持ってるかもしれない。

最近は[これはひどい] って言われる事が多いんだけど、酷い俺でも見てくれてるんですか!!!?嬉しい!って、心臓のドキドキが止まらなくなって意味もなく部屋の中でジタバタ暴れてしまうほど一人で悶えています。fc2時代のえっけんさんから知った人は、goo時代のえっけんさんの過去記事も読んでみるといいですよ。特にブログ持って駆け出した2004年の記事が、現在とギャップが凄くてそれが魅力的です。

うわ、なんか凄いクネクネしててキモイ記事ですね、すんません。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/9ca4589d3cba15f7359bf729e69d34f7

goo blog funamushi2 - 2006-09-23 15:33:12 コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

コメント

Unknown (えっけん)
2006-09-23 16:20:26
うんこうんこ!

えっけんたん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-09-23 17:35:09
えっけんたんがコメントくれて嬉しい。
今日は保管してるgoo時代のえっけんたんの過去記事を読んでいました。今のえっけんたんも素敵なのだけど、小説のようなものや、雑記のような記事も読んでみたいです。あ、でも今のブログ論メインのままでも好きです(ぽっ。

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-09-23 17:36:31
あ、えっけんたんとか呼んで慣れなれしくてスミマセン;;

Unknown (ゆがんだはしご)
2006-09-23 22:44:54
kurokuragawaさんにブクマで気色悪いと言われたのだけど、確かに俺はキモいキャラなので反論できませんが、特に気にしていません、って言うと嘘になるけど、こうゆうのは慣れてるので大丈夫です。
で、こうゆう事があると、大抵の場合は傷付けられた本人よりも、その周囲に居て見守ってくれてる人達の方が傷付いてしまうものなんですよね。俺について心配してくれた人がreitokiさんの他にも居たとしたら、心配しないで下さいね。今日は、えっけんさんが来てくれて嬉しかったにゃあ。

おはようおはよう。 (reitoki)
2006-09-24 05:44:54
かえって気を使わせてしまったみたいですね。
自分が「気色悪い」と書かれたらやはり気分のよいものではないです。
そう思って書いてしまいました。
えっけんさんとはしごたんのふたりだけの世界にコメント書いちゃってごめんなさい。お邪魔しました…。

reitokiさん、こんにちは。 (ゆがんだはしご)
2006-09-24 16:36:47
昨日はkurokuragawaさんのコメントでちょっぴり傷付いたのですが、そんなときreitokiさんが心配してくれてたので、少し目がうるんでしまいました。
俺は普段から人をDisってばかりなので、報いがきたのかなって感じなのだけど、今回気付いたのは「きんもー☆」よりも「気色悪い」と言われる方がグサっとくるのかなって事でした。気色悪いと言われると、冗談には聞こえないので・・ ゆがんだはしごの中の人(実体)のほうが傷付いてしまうようです。
昨日は自業自得とはいえ、なかなか眠れなくて。何に対して不安になってるのかよく解らないのだけど・・。でも、えっけんさんへの想いは大切な場所にしまってあるので、俺の気持ちが変わる事は無いことに気付いて、目覚めた朝は安心しました。うわ、何か乙女でキモイですね(汗。 reitokiさんの気持ち、とても嬉しかったです。

Unknown (LSTY)
2006-09-25 15:30:21
リンクされていたえっけんさんの記事、とても良いですね。彼自身からするとあれは「恥ずかしい記事」なんだろうけど。それも含めていい感じですね。

lstyさん、こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-09-25 21:36:16
今のえっけんさんは、コメントレスしてもしなくても良い考えのようですが、 ブログ開設当初はとても丁寧にレスされている姿から、えっけんさんの中の人の真面目な性格が顕れていて、とても信頼出来る人物だと感じています。
井戸端会議的なノリが苦手と言いながらも、井戸端会議な雰囲気に呑まれてしまっているようなご様子が何とも微笑ましいですし、人間同士の繋がりの温かみを感じさせるコメント欄で素敵だと感じていました。嗚呼、この人は好意を断りきれない人なんだなあってのを感じるし・・そうゆうところも素敵ですね。見捨てない人なんだなってのを常々感じています。
goo時代の過去記事が残り続ける限り、えっけんさんの本質的な部分について何度も再確認しては思いを馳せてしまう日々です。
あっ、でも俺なんかよりlstyさんの方がずっと、えっけんさんのストーカーだったんですよね。俺にとっては今こうしてlstyさんとお話出来る事さえも、指をくわえて見ているだけだった去年の今頃から考えれば奇跡みたいなものなんですよ。。


ただいまコメントを受け付けていません。