heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

芸術とは、美とは、周囲の景観と一体となって真価が顕れるもの

俺の住む町は都会でも田舎でもなくて、その中間くらいでしょうか。

年末なので、あちこちで道路工事が増えてきました。やってもやらなくてもいいような事で地面を掘り荒らすことに血税を使うくらいなら、本当に困っている人たちの為にそのお金を使ってほしいです。

昼間っから、混雑する狭い道路を掘り荒らすから、仕事で車を運転している人の足が止まって皆が迷惑しています。予算通りに帳面のつじつまあわせをする為に、血税を使いながら道路工事する事によって、今まさに稼がなければ食ってけない人たちが足止めされて迷惑しているのです。

話は変わりますが、田舎町に突如として近代的なカフェが一軒だけポツンと建てられました。なんだか浮いてます。

建造物の美の真価が顕れるのは、周囲の景観と一体になっても違和感なく溶け込んでいるという条件があればこそだと感じます。

周囲の寂れた町並みや、空き地など、あらゆる外部の風景と、その建造物が調和してこそ、はじめてその建造物の価値が顕れるのだと感じます。

その近代的なカフェは、周囲の空気がまるで読めていない、一種異様な雰囲気さえ感じられました。俺はこんなカフェには入ろうとも思いません。駐車場に車を停めることすら何だか気恥ずかしく感じられるからです。

俺の住む町は都会ではないので、妙に気合の入ったファッションをする人も非常に目立っています。ファッション誌からそのまま飛び出して来たような斬新なファッションをした人は、何だかとても浮いています。

芸術とは、美とは、

周囲の景観と一体になっても違和感なく調和するという条件の下に、その真価が顕れるのだと感じています。

追記: 自分だけの美に拘りその芸術性を誇示しても、それが周囲に溶け込んでいなければ、どんなに美しくてもそれはノイズでしかないです。

goo blog funamushi2 - 2006-11-16 20:58:41 コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

コメント

Unknown (A氏)
2006-11-16 21:39:13
その前衛的で、違和感だらけのノイズがむしろ誇らしいと感じるひともいる。それがモードにさえ思えてくる。捉え方は方は人それぞれですからね。
ノイズ、と例えたのが面白かったのでコメントしてしまいました。失礼致しました。

A氏さん、はじめまして。 (hashigotan)
2006-11-17 00:54:23
面白かったですか?うれしいです。
面白いといえば、俺が過去に読んだ記事では以下の記事とか心に残っています。
http://d.hatena.ne.jp/wami/20060712
工場の機能美について述べられているのですが(有名サイトのようなのでご存知かもしれませんが)、機能を重視して美と捕らえる人も居るのだなと新鮮な感動がありました。
俺の場合は、調和性を重視して美の価値を決めているので、 流行り廃りでめまぐるしく入れ替わる美の価値観には永遠が望めないので、そこに失望してしまうのかもしれません。
コメント有難うございます。

こんばんは。 (aki)
2006-11-17 23:57:35
あまり記事とは関係ないけど。
はてなをずっと観察していたけど、頭よくなりたいと思った・・・。
というか激しい妄想癖を直したい。
どうやったら治ると思う?
ネットから離れた方がいいのかな?
お腹すいた。カレー食べたくなった。

Unknown (aki)
2006-11-18 00:06:29
hashigotanさんも見ている人も、なんで注意してくれないの?

akiさん、こんばんは。 (hashigotan)
2006-11-18 00:08:32
嗚呼、解りますその気持ち。はてなの一部の有名ブロガー達や、やたらuser数の多い人たちを見ていると、何でこんなに博識なんだろうって不思議に思いますよね。
でもそれは目立っているごく一部の人たちだと思いますから、あまり気にする事はないと思います。俺もそうゆう有名で頭が良い人たちについては気にしないように普段から適度に距離を置いて過ごしています。
例えば詩人さんのブログとか、料理関係のブログとか、そうゆうブログの人たちは、あまり難しい理論詰めじゃなくて各々が自由にやりたいことを追求して楽しんでいますよね。
俺はどちらかというと、そうゆう人に成りたいと思うんです。
人には得手不得手があるから、自分にあった道を進めばいいと思いますし。妄想するのもとても素敵な時間の使い方だと思いますよ。
今日はたまねぎペーストを入れた上に、更にタマネギを4個入れて二種類のルーをあわせてカレーを作りました。すごく美味しかったです。


ただいまコメントを受け付けていません。