heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

くだらねーラブソングかけてねえで有線でゲーム音楽でもかけろってんだよ!

亡くなられた羽田健太郎さんの「組曲ウィザードリィ?リルガミンの遺産」のサントラを聴いていた。ゲームは遊んでないけど、ゲーム音楽のレアものを集めるのが趣味なので、、「カント寺院?」とか、綺麗な透明感のある楽曲を作られる御方ですね。(確か、サントラにはカント寺院の楽譜が付いていた)

桜庭さんのテイルズオブファンタジア オリジナルサウンドトラック[完全版]の「FIGHTING OF THE SPIRIT(アレンジ・ヴァージョン)」は何千回聴いても飽きない… 私の超お気に入りの一曲です。この一曲の為に買っても後悔しない。ギターアレンジのほうだけが好きなんですけどね。

「ヴァリキリープロファイルOST」はバトル曲(?)を爆音でヘッドフォンで夜な夜な聴きまくってた。このサントラは神がかってる。。。奈落の底にある歪曲、とか曲名もカッコイイ…(ゲームは遊んでない)

スターオーシャン2の曲は、エンディングの「We form in crystals」がとても好きだ。CGがとても綺麗で。すすり泣くようなストリングスの音色がとても美しい。私は、アレンジサントラの中にある6分以上ある同曲を聴いてます。スターオーシャン2は戦闘がド派手で中だるみもなく、飽きなかった。。。

東野美紀さんの「幻想水滸伝」の1と2のサントラはほとんど聴いてないけど、持ってる。ゲームもクリアした。このゲームは画面からはみ出るくらいデカいボスの迫力と、重厚感あるバトル曲が記憶に新しい。三つ首の巨大竜と、狼。ボスはこうでなくちゃってのを実践してくれてプレイヤーとして思い残すとこはないという素晴らしいラストバトルだった(弱いけど)。2の後半で、1の通常バトル曲に戻る演出が良かった。重厚感と音質の生々しさは1のほうが勝るので、2は惜しい。

レアものでは、青木佳乃さんの「ブレスオブファイア3 オリジナルサウンドトラック」があります。通常バトル曲が♪ダカダン・ダンダカ 鳴っててイカスんですけど、残念ながらサントラ内ではSE入りになってます。カテクトぉ~ ぼわぁぁ~ん… キャー!…うっ!…テラブレイクッ!でやぁぁあああー!!!… とか。全曲アレンジで原曲から変貌しすぎているので勿体無い。このゲーム、結構イイ曲が多いのになあ… フィールドの曲でめっさイイ曲あったんだけど、その曲が入ってないorz(選曲センス悪いぞ!) でラスボス戦でかかるノリのイイ曲「あやかし千年」もアレンジされてスローテンポに変貌してます(いらん事すんなー!)。良いところ無さそうなこのサントラですけど、ジャズアレンジされた「Sigh of the fairy~KOTOMONASHI Acid jazz style」は良い曲です。これは気に入ってます。

思い出深いものでは、「ファイナルファンタジーinUSA ミスティッククエスト」サントラのバトル曲は全部カッコイイです。高校生の頃、ゲーム好きの女友達から借りて急いでクリアしたんですけど、ゲーム自体も面白かった。「Last Castle」は勇ましく、「Dungeon of Waterfall」「City of Wind - Windaria」は物寂しく… 哀愁漂う良いメロディーの曲が多い。スーファミ時代は音域が限られているから、メロディーにこだわるしか無いじゃないですか。だからメロディーに注目してみると、プレステよりイイ曲が多いかもしれない。

イトケンさんの「カルドセプトサーガOST」は、イトケンさん担当の曲が特に素晴らしかったです。ファンなら買っといたほうがいい。イトケンさん以外のショーダウンもスゴかった。「帝都アルシオン-Capital Siege-(戦闘)」「光の大神殿オーメンガルド(戦闘)」「輝ける祭壇(前半)(後半)」の迫力に惚れた。バグだらけのゲームにこんなスゲエ音楽もったいねえだろ、みたいな。音楽だけが空回りですね。

ミンサガは「情熱の律動」のラーアア… ァァ 歌ってるカルメンぽい曲と、大空飛竜戦で渋かった「A Piece Of Courage」のノリが素敵。グレイでプレイしてたけど、古刀イベントが面倒で嫌になって放置してる。。。

シャドウハーツ2OSTの「Astaroth (堕天使戦闘)」と「The 3 Karma (決戦)」「Evil Gate Opener(要塞出現)」は最高だと思う… 要塞出現 ?は爆音でヘッドフォンで聴いてると鼻血出そうになる(ブラスバンド部の人なら何てことないんだろうけど)。ラスプーチンも好きだったので(昔勤めてた会社の店長に似ている…)

あとキングダムハーツの序盤戦闘の「Night of Fate」の冷たい地を這うような淡々とした旋律とか…

ゼノギアスの通常バトル曲「死の舞踏」、今あらためて、しっかり聴いてみるとコ、コレは渋い…ゼノギアスはかなりハマってた。後半の絵本みたいな展開はちょっと待てぇな感じだったけど。バトル曲が硬派でイカスゲームだったなあ。アレンジの「CREID(クリイド)」は、「神無月の人魚」と「BALTO」がとても良かった。後の曲は全然聴いてないけど。

自分の中で、神だなと思うサントラはやはり浜渦正志さんの「アンリミテッドサガ」です。「バトルテーマEX」とラスボス戦の曲は何千回聴いた事か… 俺はこの曲の中で死ねる!ってくらい大大大好きです。FF13が超楽しみです。

何か好きだ好きだ言ってるだけですけど、そんな感じです。恋愛がどうとかグダグダ悩んでたけど、俺はゲームが思う存分出来て、ゲーム音楽聴きまくれたら、それで充分だー!って思わないでもない。ゲーム音楽最高!おらー、有線でくだらねーラブソングばかりかけてねえで、ちっとはゲーム音楽でもかけろってんだよ。

お店に入れば、ファイナルファンタジーのバトル曲がかかっていた!とか、ドラクエのテーマがかかっていた!とかさ、そうゆうの面白くない?「目覚めたら隣に君が…」とかキモい歌ばかりかけてんじゃねーよ、ゲーム音楽をかけろってんだよバッキャローーー

アマゾンリンク貼るの面倒なので、良かったら、→サイドメニューのアマゾンバナーから何か買っていって下さい。イライラすることばかりの世の中だけど、オタクで何とか乗り切りたいぜ…

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/79129b0af341c73c58c4210916ba1e1d

goo blog funamushi2 - 2007-06-10 01:27:05 コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

コメント

以前オジャマしたNMと申します。 (NM)
2007-06-10 17:57:10
いいですね~、このゲーム音楽に対してあふれ出るパッションだかパトスだかが止まらねー感じが。つかFFUSAはなつかし&しぶすぎです(笑)
その、あまり音楽のテクニカルな部分を語るより、好きなもんは好きなんだーっつう情熱を率直に爆発させちゃうhashigotanさんのエントリが僕は好きです。
こういう”好き好き系”のエントリって、ともすれば「オマエのオナニーだろ」なんて言われがちみたいですけど、確かにそうかもだけど、そうやってクールにヒトのオナニーを笑うなよと思ったり。
それに僕みたいにこういうの読んで爽快になる読者もいるので、必ずしも筆者のオナニーで完結していないというか。て、人のコメ欄でこんなこと言う僕が一番キモスでしたすいません(汗)
また機会があれば、ゲーム関連記事書いてください。hashigotan推薦曲群、折に触れて聞いてみようと思います(音楽は基本中古屋探訪なので中々難しそうですが・・・汗)。

NMさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-06-11 01:26:37
ストーカーさんですね。いただいたコメントしっかり覚えてました。
FFUSAは、サントラ内にアレンジ曲が2曲含まれていて、メドレー状に繋がってます。 その中でバトル曲がギターアレンジされているので、なかなかカッコイイですよ。
アレンジ以外に、リミックス曲も1曲あって、「Dungeon of Waterfall」等、静かな曲がメドレーになっていて、とても落ち着いて聴ける静かな雰囲気です。
テクニカルな部分はまるでトンチンカンなのですが、、でも知ったかぶりしてソレらしい文章綴っても、そこら辺にいくらでもあふれている評論と並んだら、自分なんて霞んでしまいますし…
なので「好きだ」という気持ちだけ素直に綴ってゆけばイイんじゃないかなという感じで… 両手に持てるだけの言葉を駆使して何とかこの「好きだ」という感動を伝えたくて文章にしてます。。
一昔前の、ブログが流行る以前なら、私のような意味不明なファンは何処にもこの想いを伝える場所がなかったです。。サイトを持つ人たちの文章はライターレベルの知識が豊富な人ばかりでしたから、、 いやはや、ブログがあふれる今はイイ時代になったなあと思います。。私のような音楽に無知な人間でも、語れる場所があるってことがスゴク嬉しいんです。
あっ、テイルズ完全版のアルバムは、「FIGHTING OF THESPIRIT(アレンジ・ヴァージョン)」以外の曲はあんまりパッとしません。。。この曲は、埼玉最終兵器さんのHPでもアレンジされているのですが、こちらは高速でとてもカッコイイですよ。
http://www.ssh.ne.jp/
私も中古屋で、エー!?ってくらい安価でレアものが出てることが稀にあります。。

Unknown (NM)
2007-06-30 03:55:31
いやぁ、テイルズもサルことながら、アンリミテッドサガのボス戦をようつべで今一度見直してみましたが、エフェクト等含めて、ホント音楽良いですねあのゲームは。
しかしゲームのサントラと言っても、お目当てのものは中々見つからないですね。中古では(汗)つかゲーム店すら減ってますが。
…あ、度々すみません。
ストーカーいや、一ファンです。
今回はサントラでなくゲーム自体についてお伺いしたいんですが、hashigotanさんは『シルバー事件』っちゅうPSのゲームはプレイされたことありますか
と、下らない質問でコメ欄を消費してしまい、恐縮であります…。色々とお忙しいでしょうし、何ならスルーで全然構いませんので…。

NMさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-07-02 01:19:45
シルバー事件は初めて聞きました。
アンリミテッドサガは通常バトル曲も素敵ですね。
浜渦さんのサントラでは、サガフロ2のバトル曲も全部良かったです。
ゲームのサントラは、私はレアでオークション出せばウン万円にはなるだろうCDを何枚か所持しているのですが、いつのタイミングで売れば得をするか思案中です。

Unknown (NM)
2007-07-02 03:55:56
書き終えて気づきましたが、どえらい長くなってしまました。読んで頂きたい気持ち半分、即刻削除して下さいという気持ち半分です……すみません。
わざわざお返事ありがとうございます!
そうですか、もしプレイされていたら、出来たら感想を聞いてみたいなあという思いが個人的にあったもので…。
その、このゲームを特にお奨めしたかったとかそういうのではないんです。”ゲーム”としては色々と「ウーン」な部分が多くて…。
ただサウンドという点では結構良くて、それともう一点、シナリオについても思うところがありまして。
以下、自分語りで恐縮なんですが、hashigotanさんの文章、特に「過去」と、過去に受けた理不尽な苦しみが消え去ることなく残る「現在」の日常、それらを綴っているエントリを読んでいると、僕はそこからいつも悲しみと同時にある種の”純粋さ”を伴った”狂気”を感じます。
音楽記事にしてもそうかもしれません。”純粋さ”という上の表現が適当かどうか分かりませんが、エントリに著される音楽への情熱にしても、加害者へのむき出しの怒りや、狂い出しそうなほどの憎しみ(当然の感情であると思います)にしても、ある意味対象への意識にブレや雑念が無いというか、分散していません。
いつか、hashigotanさんは『面白い』と無礼なことを言ったように思いますが、他の人には中々無いそういったある種の”純粋さ”や”狂気”、そこに僕は強烈に惹きつけられています。
てコレ、僕の幻想も多分にあるでしょうが(汗)
長々すいません…そこでこの前思い出したのがシルバー事件でして…。
http://www.grasshopper.co.jp/silver/
↑にゲーム概要がありますが、当時5~6年前だったか、作中の『HANA』というシナリオを終えて、僕は涙しました。
hashigotanさんのエントリを読み進めていったときも、僕は涙しました。両方とも、とても悲しい気持ちでした。
ゲーム内容とhashigotanさんの過去や今にそこまでの類似性は無いですし、そもそも架空と現実という絶対的な差異があるのは承知ですが、どこか通ずるものがあるのかな、感じていたのかなと思ったんです。
要するに、30日のコメントでの質問は、そのとき僕の内にこうした勝手な符合があってしたものでした。
ただ、書いていて気づきましたが、ナンダカンダ、結局対岸の火事という感覚なのかもしれません。だから無神経にゲームとhashigotanさんとに共通点があるなどと言えて、感想が聞きたいというのも、そういう意識の上でのことだったのかなと、自己嫌悪です。
だからお前は何ナンダという感じですよね。ホント長々すみませんでした(汗)

NMさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-07-03 23:17:48
「> ある意味対象への意識にブレや雑念が無いというか、分散していません。」
↑ …。
私が加害者に対して綴ってきた文章に、私がどれだけ魂込めてきたかを読み取っていただけて嬉しく思います。ゲーム音楽好きだけあって、深いところまで感じてくれてますね。
いや、私の文章読んだ一部の読者は、「つじつまが合わない」とか言うんですけど、そうゆう人は私の文章を表面しか読めてないと思うんです(なんだか偉そうな物言いでスミマセン。。
ええっ… 私の文章で涙したんですか?(汗。。
それはおそらく、そのゲームのストーリーの記憶がNMさんの脳裏にずっと残っていて、私の体験談を読むことで、そのゲームの感動とリンクしたという事でしょうか?
あー、でもそうゆうのはあるかもしれませんね。
今、涙を流したり、怒ったりするような感情の引き金は、過去の体験の積み重ねがそうさせているのかもしれませんね。
きっかけはどうあれ、私の体験談を読んで感じていただいたようでありがとうございます。


ただいまコメントを受け付けていません。