heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

世の中の非常識な子連れ主婦に対して注意したい事(俺が納得するまで続く)

専業主婦に望むものについては今まで語ってきたけど、もう一度、新たな文章でまとめてみました。

1. 病院などの静かにしなくてはいけない場所に子供を連れてくるなという事。理由は、病院内で診察待ちの患者の中にも子供嫌いな人間が大勢潜伏しているからだ。本来、病院は静かな場所のはず… けれどその空間に子供が一人存在するだけで周囲の空気は一変する。ギャーギャー泣き喚く子供の声や、ドタバタ走る子供の足音で精神的な苦痛を感じ、ストレスによって症状が悪化する恐れもある。子供が患者の場合を除いては、不必要に病院に子供を連れてこないでくれ、本当に迷惑なんだよ。俺はお前ら主婦に給料貰ってるわけじゃねえんだ、お前らの子供の騒音を我慢する筋合いなんか1ミリもねえんだよ。騒音による精神的苦痛の被害請求を出したいくらいだ。自分がいかに子育てに苦労しているかを余計なため息や子供への悪態で周囲に「私はこんなに苦労してるのよ解ってよ!」と表現する事ばかりに躍起になっているようだが、それよりも我が子の騒音が他人にどれだけの迷惑をかけているのかとよく反省をし、恥じる気持ちがあるならば、子供を不必要に病院内に入れないでくれ。どうしても子供を連れてこなければならないならば、普段から、「病院では騒ぐなよ」と子供に躾をしておけばいい。

2. 用もないのにスーパーに子供を連れてくるなという事。スーパーで追いかけっこをしたり、地べたに座り込んでギャーギャー泣き喚いてダダこねる子供が居るけど、スーパーの食料品コーナーは子供の遊び場ではないので、子供を連れてこないでくれ。惣菜品コーナーでは、子供にお手伝いで惣菜品を選ばせる母親がいるが、後ろで忙しい大人たちが待ってるんだからチンタラせずに早く済ませてくれ。何でも体験させてみよう、じゃなくて現実に時間に追われる周囲の他人の足をストップさせてまで、我が子に体験学習させる行為は何も微笑ましい光景ではないし、時と場所を選んでくれ、母親が惣菜取ればいいだろって思いながら後ろで待ってる俺の苛立ちも察して早くそこをどいてくれないか。そして子供がドタバタ走ると、角でお年寄りや足腰の弱い人が驚いて怪我をする恐れがあるので、子供が走らないように注意しておいてくれないか。あと商品を袋詰めする台の上に子供を座らせたり、土足で立たせたりしないでくれ、何故叱らないんだ?そこは食料品を置く場所だから不衛生だろ。全然、躾してないだろ?観察していると、よく解るよ。

3. 車の後部にBABY IN CARのステッカーを貼るなという事。理由は、不妊治療中の女性、子供の産めない女性、性暴力の被害の記憶から抜け出せず苦しむ女性に対して極めて”挑戦的”かつ挑発的な行為と見て取れる為。私は子供産みましたけど?って喧嘩売ってるようにしか見えないんだが… 想像してみてくれよ、お前の後ろの車に乗っている女が子供嫌いな場合、「赤ちゃん乗ってますから注意してください」などという注意書きを見て、どんだけ不愉快かつドス黒い感情に支配されてハンドル操作せねばならぬか容易に解るはずだろ。怨みを持たれて追いかけまわされたくなければやめろよって話。警告をうながす相手によっては、むしろ何も余計な事をしない方がお互いに気持ちよく譲って譲られての運転が出来ていたのに…って事になりかねない。 女なら本質的には子供は一人は欲しいという思いは誰もが持って自然なはず。けれど子供を持たない女性が多いのは何故か、と一度くらいは真剣に考えてみて欲しい。子供が本質的に嫌いな女は居ない、けれど彼女たちには子供を遠ざけねばならない深刻な理由があるのだ。賢い女ならば、BABY IN CARのステッカーは貼らない。

4. 妊婦が生まれるギリギリまで会社に来ると、周囲の同僚が妊婦に気遣いをして余計な労力を強いられるので、貴方が無理してこなくても会社の業務はおそらくそんなには問題はないはずだから、無理して来なくていいですよという事。あつかましい女に多い言い草に、「私が来ないと貴方だけじゃ無理だから」みたいな決め付け口調があるけど、それは思い込みであって、会社は一人くらい女社員が欠けても業務はそんなに支障でない。いくらでも下から機会を狙っている人間が存在するし、再雇用や派遣で貴方の変わりや、むしろ貴方以上に使える人物はいくらでも居る。となると何故、妊婦が無理を押してまでデカい腹ひきずって会社に来るのかというと、人様に迷惑かけてでも稼ぎたいからです。そしてそんな貴方を、周囲の同僚の女たちは、表面上は笑顔で迎えようとも、心の中ではけして快くは思っていません。他人の好意を、額面通りに受け取らないでください。

5. ママチャリに子供を乗せて走るなという事。昼間から自転車の前後に二人以上の子供を乗せて、さらに荷物も乗せて走る主婦をよく見かけますが、貴方がもし転んだ場合、子供の頭がアスファルトの上でカチ割れるか、放り飛ばされて車道で車にはねられるかの大事故につながる可能性が高いです。貧乏で自転車しか手段がないから放っておいてよ、貴方が変わりになってくれるとでも?などと逆ギレしないで、自分は本当に子供の安全を考えているのかとよく反省してください。そして車や原付を運転する私たちが、貴方のママチャリから放り飛ばされた子供をはねた場合、私たち他人が迷惑するのです。万一、お前の子供が死にでもすれば私たちは業務上過失致死罪に問われる可能性もあるからです。そんな事心配しなくても私の自転車運転技術は確かだから転ぶなんてことはまずあり得ない… とかご自分の能力をくれぐれも過信しないでください。世の中に絶対という事はありません。警視庁への提案としては、ママチャリの補助椅子に乗る子供にはヘルメットを被せ、長袖の上着を羽織らせる事を早急に義務付ける必要があると思います。

ざっと以上だけど、一番迷惑なのが「騒音」だよ。俺は子供の泣き声を聴くと、色々過去の辛かった事を思い出して頭の中が真っ白になるから、本当に、子供の泣き声はやめてほしい。殴ってでも止めてくれないか… 世の中にはな、黙って普通に過ごしているように見えていても、子供時代に虐待を受けたころの自分の泣き声と、お前の子供のわがままな泣き声がリンクして「もういい加減にしてくれっ!」…って心の中で必死で耳を塞いでいる大人たちが大勢潜伏しているんだよ。お前の子供はそんな他人に迷惑をかけていないだろうな?躾をちゃんとしてくれよ、頼むから、な?

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/465fbc56ab24dec8cfd5a359bdcd56a5

goo blog funamushi2 - 2007-10-05 13:58:05 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )