読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

人をはねました。さらに借金をして車を修理しました。

この間、会社を辞めて、今は元ヤクザの彼に毎日メシ食わせてもらっている、そんな情けない人間です……なのに煙草はやめられなくて、いや、むしろ不安定になるほど煙草に手が伸びてしまって、その煙草代も彼に出してもらっている状況で、彼なしでは、今のところ生きてゆけない。かなり依存している。

なんで会社を辞めたのかはまた後日語るとして、実は最近、車で人をはねてしまい、ソニー損保の自動車保険には加入していたのですが、9:1で、あきらかに私に否がある状況で、、その日は彼とのデートの待ち合わせ時間に間に合いそうにないので、小道でかなりとばしていたので、左側を走る原付を思いきりはねとばしてしまいました。

一瞬がとても長く感じましたが、逃げようとは微塵も思わず、すぐに近くの空いているところへ車を止めました。

やっちまった……

軽くうなだれて、しばらく車の中から出られず、煙草を何本も吸って心を落ち着けてから、ようやく車を出て、大丈夫ですか?と、地面に転がり起き上がったばかりの青年に声をかけるのが精一杯だった。

青年は腹立たし気に、私を指さしながら、近隣住民と共に「あいつです!」と睨んでいたが、私はようやく手に入れた車に乗れなくなるかもしれないという今後の不便な生活を思うだけで、車の中に閉じこもって煙草に火を付けまくった。

警察に色々、事故当時の状況を聞かれたが、いちいち覚えていないので適当に返事をしていたら、私に対して警察がかなり怒っていたけれど、じゃあ覚えていないものを嘘を吐いて答えろと言うのか……どのあたりで衝突して、どのくらいのスピードだったかなんて覚えていない。

ソニー損保の対応は迅速で、何も問題はなかったが、車両保険に入っていなかったので、自分の車の修理代で10万ほどかかってしまった。ちょうどその頃に色々あって会社を辞めることになったので、給料もないのに車の修理代10万を払うのはキツかった。

彼が半分払ってくれると言ってくれたが、それは断った。いくら待ち合わせで急いでいたことが原因でも、人をはねたのは自分なので彼には関係ない。

まあでも、私がはねた青年が比較的軽傷で、レントゲンでも異常がなく、人身ではなく物損事故として話し合いに応じてくれたおかげで、免許停止にもならず、罰金も警察に払わずに済んだ。

もし、はねた相手を半身不随にしたり、殺してしまっていたなら、私の人生がそこで終わっていたといっても過言ではない。もしかしたらニュースに出ていたかもしれない。

高い授業料になったが、もう懲りたので……どんなに後続車があおってきても、小道ではとばさないようにしている。

特に私の住んでいる愛媛県松山市では、車を運転する人のマナーが悪く、前の車をあおってきたり、クラクションを不必要に鳴らしたり、方向指示器を出さずにいきなり横から割り込んできたり、妙に遅くて流れに乗らずに後続車に迷惑をかけたり、カーブでサッと曲がらずにモタついていたり……

だからよその県に行くと、車のマナーの違いに驚くんですよ。田舎者ほどマナーを守らず、滅茶苦茶するし、譲り合いの精神も持たない。四国が本州から切り離されて新幹線も通らない不便な地なので、閉鎖的になる中で、人々の心はヘンなカタチに歪んでいるのかもしれない。まあ、愛媛県松山市に車で来てみてくださいよ……マナーの悪さに驚くでしょうから。

長くなりましたが、というわけで今お金がないんですよ……伊予銀行の残が11万ほどしかなくて、今月27日の楽天カードの引き落としが13万あるので、カードを止められると生活できなくなるので、60万ほど借りてるプロミスから1万円借りました。でも25日にプロミスに17,000円返済しなくてはならなくて、月末は車のローン支払いもあるし、月初めには伊予銀行のカードローンで6000円返済をして、家賃34,000円と駐車場代も払わねばならず、彼がいてメシ食わせてもらってるのにこの状況なのです……

プロミスに63万と、伊予銀行のカードローンに30万と、楽天カードの分割払いの蓄積で50万なので、143万くらいの借金があります。で、今、無職です。なのに煙草はやめられません。車も手放せない。

というわけで、格好悪いのだけど、また近日中にアドセンス貼ります……控えめにですが。

こんな私がお伝えできることは、とにかく借金だけはやめておいたほうがいいです。一度でも借金をしてしまうと、感覚が麻痺して、年間にしていくら消費者金融にお金を吸い取られているかなんて思考の外に完全に放り出して、常にその場しのぎの、後のことを考えていない日々を繰り返すだけで、いつかスクラッチやサッカーくじが当たるとか妙に楽観視しているところもあり、ようするに、今しか生きてない。借金があるのをつらいと思うのではなくて、あー当たり前が続いてるという感覚で、借金で死のうと思ったことはない。死ぬとしたら借金が原因ではなく、今日一日を生き延びるための楽天カードが使えなくなった時だ。だからカードさえ使えれば、また分割払いにして先へ先へと支払いを延ばしながら生きてはゆける。まあこの程度の借金で死ぬほど命軽くないですけど、でも少額の借金でも思い悩んで死ぬ人もいるのでしょうから……

私にとって借金は、もうお友達なんですよ。強がりでもなく、そう言い切れる。この、お金のない不安も、逆に危機的状況が続くのを楽しんでいるというか、頭おかしいんでしょうね。