読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

あんまり束縛されたくないけど、押しの強い彼が怖い……

今月、二か所面接に行って、なんとか働けそうな仕事を見つけたのでとりあえず働いています。仕事に行っている間は、しんどいけれど、生きてるなあと感じることもあります。人に必要とされていると、明日も頑張れる。

それで、だいたい12時間は仕事で家に戻れないので、それが原因で今付き合っている彼との仲が険悪になることが増えていて、私が仕事をすることについて理解を得られないことに悩んでいるけれど、とりあえず元気です……

数日更新がなかったのは、仕事から戻り、シャワー浴びて、ソファに横たわってようやく一息つけると思ったら……すぐピンポーンが鳴って彼が家に来ているので、もう来たのか……って思いながらノロノロとドアを開け、スゲー疲れてるのに無理して機嫌良く振舞う自分は本当は「いまは一人になりたい……」って心を閉じ込めてる。

封を切っていない郵便物の山が、時間がないことをうんざりするほど物語っているのに、そんな中で彼には会うのって何か矛盾してると自問自答しつつ……珈琲を二人分用意して笑顔を作るのに心は晴れない。まず自分の用事のほうを優先するのが普通なんじゃないか。

恋愛って必ずしも一番に優先するようなものでもないよな……仕事で得られる責任感とは違う。いつ気まぐれに裏返るかわからない。自分が言ったことも都合よく忘れて相手のほうを責めるなんてザラで、それが心の中で思ってるだけならいいけど口に出してしまう人もいるしな……とにかく、その程度のものだと思ってる。

私が疲れている顔をしていると、彼が不機嫌になり「そんなに疲れる仕事なら辞めろ」と言うけれど……仕事を限界まで頑張って疲れて帰ってきて、それ言われるとガクッとくる。

「仕事辞めても大丈夫だから、俺がなんとかする」「仕事と俺との時間とどちらが大事なのか」……など、回答に困ることを言われ続けて、現実味のない話だなと曖昧に笑うことしかできなかった。確かに専業主婦に憧れていたけれど、でも男に養ってもらう代償に、上から押さえつけられたり、自由な時間を失くすなら、ずっと貧乏でもいいから一人で暮らしていたい。私が欲しいのは、ただラクできるという堕落ではなく、苦労しても自分で手に入れる自由で、働いて得る充実感がないままに金だけ面倒みてもらうなら飼い犬や飼い猫と同じで、生きていようとは思えない……

働きながら、恋愛をするなら、いつ会えるのかって問題についてちゃんと話し合わないと、一緒にいる意味がないって考え込んでしまうのもわかるのだけど……でも、恋愛と同じに仕事も大事で、人としての基本だからなあ……それが出来ない人は信用がないってことになると思う。でも彼は二人が会う時間を優先することのほうが大事だと思っている。それで責められている日々なので、仕事へ行くことが、この苦しい恋愛から逃げるための口実にもなっている。

今付き合ってる彼が先のスケジュールまでたてて私の時間を拘束するタイプなので、こんなの初めてで精神的に少々参っていて、、毎日時間がなくて。

スマホで一日一回は例のスレをのぞいたりしているけど(俺の名前入ってるし……)、それくらい自由がなくて(俺の身の安全を心配している人がいたけど有難う)。まあブログ更新は別に……長いだけで何の結果も残せていない自分なので、そんなに気負うことないと思うんだけど、高校卒業してからネットばかりで生きてきた人間なので、まったくネットできない日が何日も続くと、煙草を切らした時以上にヤバくなってくる。

なんでこんなに時間がないのかなって思うと、原因が彼に行き当たるので。

本当は、誰かに束縛されてみたい……だなんて、憧れていたけど、実際に束縛されると、最後は自殺……まで考えるほど追い詰められることを知った。

会わない時間の大切さをわかりあえる人でなければ、恋愛は難しいと思った。彼は一人の時間をとても退屈に感じるから毎日でも一緒にいたいと考えているのに、私は一人の時間を糧に生きてきたのでそんなには一緒にいなくてもいいと思っているので、お互いの時間の過ごし方については話が通じ合わない。彼が帰ったあとでようやく眠りにつこうとした時に、目を閉じても不安で眠れなくて、怖くなった。色々余計なことを考えはじめる。純粋な恋愛だと信じていいのか、もしかすると利用価値がどこかにあるから今はいい人なのか、自分のすべてを失うのが怖い。

この間、彼との仲が険悪な雰囲気になって、なんでここまで縛られなくちゃならないのかと疑問で、そこから逃亡したくて仕事に没頭したら、今度は、二人が会う時間が減ることで責められて言い訳に疲れるから、もう彼のほうから終わりにしてくれたらどれだけラクになれるかと思うこともある。でも元夫との関係が終わってしまったのもあり、彼と別れて一人でただ仕事だけをこなす人生……というのも不安はある。

でも本当の心は何も言えなくて、それは彼が元極道で前科持ちというのもあるのだけど……まさか殺されはしないだろうと思うけど……

あんましナメたことしてると、ヤバいことも考えられるので……そういうヤバい人と付き合うのは、自分が誰かに傷付けられた時に守ってくれる安心感みたいなのはあるけれど。世間一般にはタブーとされる感覚を受け入れながら、自分が常に諸刃の剣を抱いているような不安感と共に生き続けることになるのだと思うと、この先が怖くて……

結婚も考えてくれているようなのだけど、もう結婚には懲りたので……そんな面倒なことはしたくないし、その時々に彼氏がいたらいいかな程度(どうせ飽きるし)。

結婚するとどうなるのかなって……今日初めて真剣に考えた(布団の中で)。家や車を購入する時に保証人になることも考えられる。私の親まで巻き込む可能性を考えると夜も眠れず、今後の付き合いを続けるかどうかをこれ以上先延ばしにしすぎると取り返しのつかないことになりそうで……(服とか靴とか食費とか、いままで彼は相当お金を使ってくれているのだけど、私がそれに恩を感じると思ってやっているのだとしたら怖い……)。

でも彼が会いにくると、どうにも断れなくて、本当は一人になりたいことも言えなくて、一緒にいる時間は楽しいことが多いのだけれど、少しでも私が彼の意にそぐわぬ言動をとれば、その一つ一つを彼は真剣に考えているようなので……なんか真剣すぎて怖い。そういった時の彼の言動の中には、私の意志を通り過ぎて(あんまり考えてくれてない)、さすがに元極道らしい妙な押しの強さが全面に出てくるので、このまま傍にいると、私は、親まで巻き込んでいつか大変な目に合う不安と恐怖が日を重ねるにつれ強まっていて、彼の目に付かないところに今すぐ消えたいと思うこともある。金があるなら引っ越してる。本当に不安だらけの日々です……まだ死にたくないので、言い返すのが怖い。怖い怖いって繰り返すけど、本当に怖いんですよ(-_-) 卑屈で、何も反論できない自分がこの頬を殴りつけてくるのに、抜け出せないでずるずると一緒にい続けて、最後には彼もものすごく傷付けるのがわかるのに何も言えなくて、唯一の救いは今仕事があることと、車があることくらいです……まだ齊藤さんと付き合ってるほうがマシだった。こんな苦悩を背負うことになるとは……