読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

離婚するなら最初から結婚するなよ。 説教すんな!

昨日、ののかさんにコメントレスしてからどうも体調が悪くなった。俺も一部の人にはメンヘラーだと思われてるんだろうけど、ののかさんもなかなかのメンヘラーだよな。お互いにメンヘラー同士なので会話すると疲れる。ののかさんも疲れただろ。俺が話通じないとか思ってんだろうな。

俺の過去ログ読めば解るだろうし、ののかさんは俺の過去ログ読んでくれたらしいから知ってるだろうけど、俺は根暗なポエムで死にたい死にたいとか言うような人間だから、ののかさんに説教できるような立場じゃないんだよ。実際、ろくな生き方してないし、職場も転々としてきたから。

ののかさんも離婚の件で今ごたごたしてるとこだから、余計に落ち込んでるんだろうけど。そうゆう気分のときに、働けとか言うのも酷な話であるし。まあでも正直なところ言うと、恋愛できるだけうらやましいというか… これはののかさんに限らず、すべてのブロガーの皆さんに言いたいんだけど、思うまま望む人と恋愛できるだけ自分らは幸せだと思わなきゃいけないよ。俺からすりゃあ、想い人と一度でも迷いなく体を抱きしめあえてキスできるだけ幸せじゃないかとしか思えないから。セックスするかどうかは別としてな。そのささやかな幸せをもっと大事にすればいいのにとしか思えない。俺の気持ちなんか誰にも解らないだろうな……

離婚する人が多いようだけど、離婚するなら最初から結婚するなよ、と。俺ら独身者が結婚式場に呼ばれてどれだけの無駄金をはたいてきたと思ってんだ?と言いたいわけですよ。人間は一人のままで生きてゆくべきであって、二人寄り添って生きるのはルール違反です。なにツガイになって寄り添いあって助け合ってんだよ、俺は一人だ。お前らは二人で一つか?ふじゃけんなぼけぇとしか思えんのだ正直なところ。嗚呼、頭痛い。俺の本当のことを全部ここにブチまけてしまいたいぜ。

で、ののかさんは、S嬢さんによくお説教されているけど、

説教される側と、説教する側を、客観的に見ている者としては… んーと、S嬢さんは障害を持つお子さんを持っていて苦労なさっていて偉いとは思うんだけども、性暴力を一方的に振るわれてそのショックで子供も成せないののかさんの一体なにが解るのかなあ、と。俺なんかは思うわけです。

説教する側・される側の、それぞれ歩んできた道のりがあまりにも違いますから。すべての意見のルーツが根本から違うわけですから、そりゃあ、ののかさんの出す答えがS嬢さんの望むとおりになるわけがありません。

なにかと人に説教されやすい人と、そうではない人がいると思うんだけど。実は説教する側の人のほうが、いろいろ勘違いしたまま思い込みで説教してるだけの場合も多い。でも説教したがりの人は、自分は説教するだけの生き方をしているのだと疑いもないままに説教をしているので、手が付けられないです。俺もそうゆう悪い面があるのだけど、気をつけたいと思う。S嬢さんを反面教師にしますよ。

実際のところ、人様に説教できるほどご立派な人生歩んでる人なんか居ないでしょうから。だから人に説教できる者など、この世には誰一人として存在しないです。

説教されやすい人は、物言いがお坊ちゃま・お嬢ちゃんキャラっぽかったり、などのように実は雰囲気だけで「こいつは説教しやすい」とレッテル貼られて、「だから俺が説教してやらなければならない」という思い込みを持たせやすいのかもしれないなあ…

でもフタを開けてみりゃあ、説教される側も、する側も、そう大した違いはないわけです。そんなご立派な人生歩んでる人間が存在するわけがないじゃないですか。

つーわけで、ネットに繋いでると頭が混乱して爆発しそうなので、丸一日はネットから離れてFF12に没頭しようと思います。ほなさいなら。

Hatena Bookmark - http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/funamushi2/e/84b91b710fde649df5708bebd8b6c466

goo blog funamushi2 - 2007-02-08 19:15:59 コメント ( 19 ) | Trackback ( 1 )

コメント

Unknown (お客さん)
2007-02-09 00:47:29
このブログに以前一度少しぶしつけなコメントをした者です。あのコメントは反省しています。ところで、この記事はいい記事ですね。確かに離婚するなら、最初から結婚しなければいいわけですよね、ボクもそう思います。世の中には、いつの間にやら結婚して、その時はこの人となら一生幸せに生きていけるとか何とか思っていたんだろうに、結局離婚してしまうような人が大勢いるわけです。その一方で、人との愛を絶叫したいほど欲していながら、結婚どころか恋愛もできない人もいるわけです。残酷ですよね。

お客さん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-02-09 22:38:00
既婚者には既婚者なりの苦労があるのでしょうが、でも大概の場合それは自分たちが望んで選んだ道ですから、その結果が離婚ってのは… これは結婚式場に呼んだ人間全員に頭を下げるべきだろとすら思えます。
結婚式っていうのは、ほとんどが当事者の自己満足で完結するものですから。
でも実際は俺のような独身者の心に、その結婚式場での華やかな風景がいつまでも抜けない楔となっているのです…… なので、その幸せを得ることが叶わぬ人たちを一方的に傷付けた代償として、せめて自分らが選んだ道を最後までまっとうしろよと、俺は思うのです。
何のために皆に祝福されてんだよ?と思いますし。幸せな人ほど、幸せの中で麻痺しすぎてしまって、その有難さってのがわからなくなってしまうのでしょうかね。本当に残酷な話です。
記事中で述べたののかさんという女性については、また特殊な事情があるので、一概に普通の既婚者とはまた事情が大きく異なってはくるのですけど。

う~ん (ののか)
2007-02-10 00:49:11
私は別にhashigotanのも説教だとは思っていないから、そんなに気にしなくていいと思うよ。

ののかさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-02-10 00:59:12
昨日はパソコンの電源切ったあとで、ゲームしようとしたんですけど物凄い吐き気がして何も手に付かなくなったのですぐにベッドに入りました。
でも寝れないので一旦パソコンのスイッチを入れて、ののかさんのぽよぽよ日記を読んだのですが、怒っていないのを確認して安堵したので、また電源切ってそのままベッドに転がり込みました。
今夜はよく眠れそうです。

Unknown (hashigotan)
2007-02-10 01:10:01
ぽよぽよ、ってのは良い響きですね… 

Unknown (ユタカ)
2007-02-10 12:06:04
僕には説教というよりも双方のしがみつきに思えました。

ユタカさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-02-10 22:52:44
状況は違えど性暴力を受けた立場としては、この記憶が邪魔して結婚生活もままならないのか… と彼女の生き様をみていると俺もこの先に不安を感じてしまうんです。

Unknown (ユタカ)
2007-02-10 23:01:44
なるほど、そうだったんですか。
でも男女の違いはありますから。僕が感じたのは女性同士のしがみつきという意味です。女性は男以上にしがみつきあうように感じることもあります。ののかさんは医療系の仕事をされていたようですね。患者側にはみえない病院のいろいろを知っているのではないかな。それをうまく使えるといいですね。はしごさんもののかさんも身近な人たちの力も大事にして体に気をつけてください。

ユタカさんへ (hashigotan)
2007-02-10 23:42:02
女性同士のしがみつきあいについては、それは似通う状況だからこそ互いを癒せるんじゃないかなあと… 思うので。
例えばご主人の居て子供も居る女性ならば、それと同じ状況の女性同士ならば心から解りあえるのではないかな、と。 
また不妊治療中なら、それと同じ状況の女性同士で。
障害児を持つ女性ならば、それと同じ状況の女性同士で。
失礼を承知で言いますが、どう見ても俺の目には、S嬢さんの一部のコメントについては上から見下し口調であるようにしか見えないんですよね… いや、俺はS嬢さんに過去に一度だけ構っていただいたのみであって、詳しくは知らないですし、障害を持つお子さんを育てて前向きに生きてる姿は大変素晴らしいとは思っているのですが… でもなあ、とちょっと腑に落ちないところもあるんですね。
人様の交友関係にいちいち口出しするのも野暮ですけど、目についちゃったんです… で、俺がS嬢さんを盾にしてののかさんにあーだこーだ言ってるのも、見る人が見れば充分説教なのかもしれないですが、、 難しいなあ。
でも利口な人間は、そもそも人様に説教なんかしないんですよね。その点では、いつも謙虚な姿勢を通してるののかさんは偉いと思うなあ。

Unknown (hashigotan)
2007-02-11 00:08:06
ちょっと余計なこと言い過ぎたかなあ…
S嬢さんに見つかって言及し返されたら怖いんで、この辺でやめとこう。

Unknown (ユタカ)
2007-02-11 02:56:44
状況や環境だけでなく過去の何かが似通うなどもしがみつき行為のもとになりますよね。その理由はすぐわかるものでもないけど。僕はS嬢さんのことを書いているわけではないんですが、関係というのは時に世話してるようにみえるほうが世話をされてたりということもありますよね。
見下し口調について僕はそのコメントなどを読んでいないのでわからないのですが、対等ではないということかな?インターネットの中で上下の位置を作るとしたら、互いにその関係を作ってるのかもしれませんね。互いに役作りにしがみついてるのかな?見下しというのではなくて、助ける人と助けられる人という関係なのではないですか?S嬢さんがののかさんを助けたいという関係かな?でもそうだとしたら、ののかさんはすでにいろんなことに気がついてるのではないかなと思います。ののかさんは助ける側だったわけですから。相手のしてることがよくわかると思いますね。
僕はののかさんは治療もされているので、急ぐ必要はないと思うんですが。ののかさんにはののかさんの歩調があると思うし、もちろんはしごさんに対してもそう思ってますが。インターネットとかコメント欄のみでできることは、歩調をどちらかに合わせることではなくて合うときをじっくり待つことなんだと思います。そのあたりののかさんはよく理解されてるのかもしれませんね。だから常に謙虚でいられる。医療系の人は病を患ってこそ本物になるのではないかな?ふところが深くなるというか。僕がもし助ける側に立つなら、インターネットをたまには休んで好きなことでもやったほうがいいよとぐらいしか書けないな。

ユタカさんへ (hashigotan)
2007-02-11 05:32:13
説教臭いかどうかは、相手の話をきちんと聞いているかどうかも関係しますね。
相手の意見を話半分に聞くだけで、「それはもうかまわん」と頭ごなしに押さえつけたり否定したりしながら、自分の意見だけを一方的に押し付けようとする人は、それは説教臭い以外の何物でもありません。
俺がとあるコメント欄にてS嬢さんとののかさんのやりとりを見て感じたのは、そうゆう事だったのです…
説教する側は常に余裕がなくて、説教される側というのは余裕があるって事かもしれません。
つまりS嬢さんはののかさんを助けたいと思うあまりに余裕なく次々と言葉を投げつけてしまうといった状況で、ののかさんはそのS嬢さんの焦りを察知して黙って聞いているといった状況でしょうか。
うーん… ののかさんが治療しているから焦る必要はないとは思わないです。離婚をして、しかも精神科に通っている女性をお嫁にもらってくれる男性というのが果たしてどれだけ存在するのか… 現実的に考えてもなかなか難しい。実存さんも精神科通ってるんだったかな、とにかくそこそこイイ年齢になった女性が精神科に通いつめているというのは倦厭される原因になりやすい。本気で恋をしようと思っても、相手が精神になんらかの障害をわずらっていると解れば、うーんと考えたくもなるので。そうゆう女性ってのは何か暗い影を背負ってるのがありありと見て取れるほどだと思うんです。
そんな状態で働けもせず、一体どこに何を求めて生きてゆけばいいのか、これはとても深刻な問題ですね。
そして俺も人のこと言えないですし、…なので焦りすぎないようにしたいけど、でも適度に焦らなきゃいけないよ、って感じです。

Unknown (ユタカ)
2007-02-11 10:53:56
焦る理由もわからなくはないですど、病気も同じですがなろうと思ってなるわけではなく完治もあるようでなくいつくるか、何をきっかけにするかは分からないと思います。みなさんの性的な事件も同じく。求めていたわけではないけれどやってきた。
求めて病気になったなら、求めることをやめなければならないのかもしれないですよね。恋したい結婚したいというのは人情ですがそうしないで生きてる人もいます。諦めるということは求めることより難しいのだと思います。諦めるという意味は負けるのではなくて、前向きになって一つずつそこから離れていくというものに近い意味だけど。
治療をしているのだから焦る必要はないと思うというのは、少なくても他人の力を体で知る場所があると思えるということです。小さいきっかけが積み重なっていく場所を手放さないということに僕は焦るよりもゆっくり積み上げていく必要がある時期だとも思っています。強く生きていけない時期は人なら誰にでもあるし、その時期はそれでいいと思うんですよね。逆にその時期に何を積み上げられるかが大切かもしれないけれど。

Unknown (ユタカ)
2007-02-11 14:14:21
僕の上のコメントで、諦めなければならないということを書いているのではなくてしんどいときはあまり多くのものを求めることを考えないということに近い意味で書きました。あれもこれもそれもしなければならないと思うとますます大変ではないでしょうか。
時期があると思うし、その時期がくれば結婚も恋もそれこそやってくることもあると思うんですよ。求めてはいなくても。ネガティブに考え続けることは悪いことではなくてそれにのめり込む自己陶酔みたいなものさえ避けることができれば、ネガティブな思考や予測を持つことはその道に陥らない脳内予行練習かもしれません。
説教のことでも言えると思いますが被害者は似たような心理を持ち回復もまた似たようなステージを通るけれど、その先は同じようにはならないでしょう。その違いをつくりだすのは、落ち込んでいるときの経験だと思うんですよ。どれを選ぶか何を選ぶか。そしてどうそれを使っていくかのような。僕は今やれることをやっていくほうが大切だと思うんですよね。回復したいと焦るよりも。これは僕のような今のところ病気がない人間にも言えると思います。例えば僕に今はしごさんにできることは説教でも応援でもないですね。痛みを見つめる時期には見つめるしかないこともあるとかそんなことを書く以外にできることは見つからないな。性的な被害があってそれに全てが影響されてしまい不幸な人生になってしまったのだと考えるのと同時にどんなことがあっても侵されないものを持っているのも人だと思うんです。それを忘れて欲しくはないなと思うことはあります。

こんばんは (ななしたん)
2007-02-11 23:27:31
はしごたんこんばんは。
この記事の冒頭に出てるおふたりのことに関しては状況を知らないのでなにも言えませんが、「説教」に関しての内容はいい文章だなと思いました。
実は自分ははしごたんがたまに怒りくるって感情にまかせて書いてるように見える文章が怖いときがあり(これは自分が感じるだけなのではしごたんははしごたんの思うままこれからも書いてくださいね)、申し訳ないと思いつつRSSから外させてもらいました。
なので、ずいぶんとここを拝見させて頂いてなかったのですがとある方を経由してこのエントリの存在を知りました。
誰だって大した違いはない、というのはそうだなあと思います。

あのー、ユタカさん・・・ (しんかいぎょ)
2007-02-12 01:08:46
俺はhashigotanではないので、hashigotanがどう思ってるかは今のところ分からないし、その明文化されていない他人の気持ちに言及するのは危険なことだと思うんですが、敢えてコメントさせていただきます。
率直に言います。ユタカさん、あなたのコメントの仕方は少し考え直したほうがいいと思います。
まず、もうちょっと沢山改行をしてください。読みにくいと思います。
前に僕もこのように膨大な量の文章をコメント欄に書いたことがあるのは認めます。ですが、そのことは今ではよくなかったことだと思っています。
俺の意見では、コメント欄はあくまで本文で発信された意見への反応であり、当然それが否定的であっても肯定的であってもいいわけですが、自己表現の場ではないです。
ここまでびっしりと書かれると、そのブログ主は正直閉口しちゃうんじゃないかなーとおもうんですよ。
とくにhashigotanの場合は、コメントレスを特に大事に思ってはるみたいですから、度を越えるとプレッシャーみたいな物まで与えてしまうんじゃないかと思います。
こんなにも伝えたいことがあるのなら、自分のブログに書き付けて、それを確実にhashigotanに伝えたいなら、俺は使ったこと無いですがなにやら「Track Back」という便利な機能があるらしいですから、そいつを利用してはいかがでしょう。
あまりブログの本文からかけ離れた内容を書き込まれると、ブログ主は気分良くないとおもうんですよ。
それからもう一つ。
>僕はののかさんは治療もされているので、急ぐ必要はないと思うんですが。
等の部分は、このブログよりののかさんのブログに書くほうが良いのではないですか?
「ぽよぽよ日記」でブログ検索したら53個もあったから、ののかさんのブログにそのことが書いてるか否かは確認は出来ていないのですが・・・。
とまあ、おれも大概長くなっちゃったわけですが、えー、ユタカさんがもしこのコメントについて長くなるようなら、
それはどう考えてもhashigotanからしたら余所でやれだと思うので、自分のブログから俺のブログに「Track Back」して下さい。
hashigotanはもし、「え、こいつ何いってんの?」ってなったら、遠慮なくそう言ってください。その時は、二人ともに謝ります。

ユタカさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-02-12 20:13:43
ユタカさんのコメントを今日になって何度か読んだのですが、うんそうだな、と思えるということは、多分ユタカさんが無難なところに落ち着く良い意見を述べている証拠だと思います。
「> 求めて病気になったなら、求めることをやめなければならない」
というのは、うつ病などの精神障害者のことですね。
確かに精神障害については自分が思い込みで作り出している部分もあるでしょうから、ユタカさんが言うようにそこから離れてゆく努力は必要だと思います。
治療を焦るかどうかについては、やはり第一の目標として国の保護の下から脱却するというのが大事ですね。
精神障害で国の金を摂取しながら療養生活をする人については、お国の財政のためにも一刻も早く自立して借金でもこさえるなりして自分の力で生きてほしいと願ってやみません。ユタカさんのように、まあいいじゃないかと精神障害者で国の保護を受けるような人間を大目に見る人も居るかもしれませんが、俺はそうは思わないです。
精神障害者が国の財政を追い詰めるのが原因で、俺のように借金こさえながら精神科も行かずに生きてる人間が、やれ独身税だのナンだのと課税をされて間接的に迷惑をこうむるからです。 …で、ちょっとそれは置いといて気になることがあるので後で記事にするかもしれません。

ななしさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-02-12 20:15:27
俺の文章が怖いですか?なるほど…、
いや自分でも避けられてるのは薄々気付いていたんです。参考になる率直な意見をありがとうございます。
あまり俺のブログを読んでいない方からも「はしごたん」と気さくに呼んでいただけるのは嬉しいです。
根暗な記事が多いブログですし、既婚者の方や恋愛を謳歌している方からすれば不快なブログなのかもしれません。

しんかいぎょさん、こんばんは (hashigotan)
2007-02-12 20:17:03
や、当たってます。よく解りましたね(汗。 お前は俺か!?と思ったほどです。
あ、ユタカさんのコメントが読み難いというか、何か息が詰まるような苦しさを感じる(失礼だけど)のは、「改行」がないからなのですね。意見の内容自体はなかなか感じさせる良いことを言ってると感じるのですが、何故か非常に読み辛かったです。
なので、しんかいぎょさんの推測通りで俺は正直閉口していました。俺はコメントレスは大事に考えているのでプレッシャーみたいなのもあったし、結構なダメージ受けちゃいましたね。
で、ユタカさんは自分のブログでも持てばいいんじゃないかと意見したことがあるのですが、ユタカさんはブログを持つ意思はないようでしたorz 
ユタカさんが俺を気遣うあまりに言葉を丁寧に選びすぎて、だから回りくどくなっているのかもしれないですし、悪意があるようには思えないんですけど… でも疲れますね。
でも俺からすれば、二人の男がここまで俺について考えてくれるってことだけでも本当に有難いというか、嬉しいんですけどね^^; はぁ~、欲求不満で性欲だけは有り余っているので、イイ男が欲しいです。
いつも俺が困ってるときにコメントくれて有難うございます。


ただいまコメントを受け付けていません。